google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

夏休み

IMG_3644


久しぶりの更新になります。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日関東方面に台風が上陸して、被害が大きかったという報道を見ました。
去年の今頃、私ども関西方面も台風被害で、4日間の停電ライフを経験しました。笑

さて、我が娘ですが、もう某関西の私立中以降一貫校の中3生になり、来年は上の高校へ進学と考えていまして、秋に進学説明会が開催される予定です。

一応そのまま上の高校へ進学予定です。だからこそできる、今年の夏休みの過ごし方がありました。
今年の夏休みはどうだったのかということの報告と、今後について、お話します。



海外の姉妹校への語学研修旅行へ参加しました!

cc5a140fc8791d53c8f1906a44eadaa8_s

娘の学校は、海外(オーストラリア、ニュージランド)の私立校数校と姉妹提携をしていて、
オーストラリアとニュージランドとそれぞれ参加できる学年が違い、ホームスティとファームスティと
分かれます。

娘は、去年ニュージランドへの研修旅行に行くのはためらい、今年オーストラリアの語学研修旅行へ参加しました。オーストラリアの方が滞在日数が14日で、ニュージランドの方が若干短い日程でした。

ニュージランドはファーム(農場)スティになりますが、オーストラリア組は、ホームスティで、事前に個人データ(家族構成、ペットの有無、アレルギーの有無、趣味、特別な配慮など)を先方の学校へ渡して、家族構成などがよく似ていると考えられるご家庭に泊めていただき、いろいろとよくしてもらったようです。

提携校は田舎町にあるので、ステイ先のお母さん(オーストラリアは共働きが当たり前だそうです)が
ランチを作ってくださって、送迎もしていただきました。

ホストファミリーに日本食を振る舞おうとしたところ、日本には数回きたことがあり、キッチンには、炊飯器もあって、時々日本食を食べているということで、ホストパパが「オーストラリアの料理を食べて帰ってよ!」と色々と晩御飯をふるまってくれました。

521a4a26dc255f428a5bf64411b08346_s


オーストラリといえば、コアラとカンガルー。現地では、カンガルー料理がふるまわれて、恐る恐る食べたところ、おいしくて、カンガルージャーキーまで買ってきました。

それと、牛肉が嫌いだったのに「大好き!」と牛肉嫌いを克服して帰ってきたことも驚きました。英会話については、出発前から、ネットでのメール交換をしていたので、ある程度のコミュニケーションは取れていました。

やはり、1日目でホームシックになって、ホストママが「Are you OK?」と話しかけてくれて、ホストシスターもハグをしてくれたりと、慰めてくれたおかげで、すぐにホームシックは治ったという話です。

提携校の先生で日系3世で、日本語が話せる先生が、ホームシックになっていて、泣いている生徒さんに「あなたがホームシックになるってことは、日本の家族に愛されて、思い切って、海外へ出してくれたという愛情が込められているからよ。だから、思いっきり落ち着くまで泣いていいからね。」とホームシックで落ち込む生徒のフォローにしてくださっと聞きました。

日本の先生にも、こういう留学生への気遣いができる人はいるとは思うのですが、今の教育事情を見ると、「留学生だから」という前に、生徒への気遣いが足りないように、思うのです

今後、いろいろと世界情勢も変わってくるし、経済状況が変わってきていて、日本の中が、今病んでいるように思うし、ささやかな心遣いや思いやりは、今後本当に大切なんじゃないか、教育の現場から解決するところじゃないかと考えさせられました。


海外の雰囲気に触れて変わったこと

54f6c7eb582bbe7a4b81e35b97f0a4a3_s

日本を飛び出して、海外に出たことは良い刺激になったようですし、一人でホームスティをしたことで、一人でなんとか解決する力をつけたこと、日常英会話ができることは大切だということも学んで帰ってきました。

ホームスティでは、朝ごはんはあちらのお母さんが用意するのではなく、自分でシリアルやパンを取り出して、朝食を用意しなければいけません。そして、洗濯は一言声をかけて、自分で洗濯をしなければいけません。一緒に洗ってもらえる場合もありますが、基本は「myself」です。

お手伝いも率先してしなければいけませんし、日本のように勉強漬けではなく、お家のお手伝いをするのは海外では当然で、普段からお手伝いをしていない子や、ホームスティでは少しつらいと思います。

そう考えると、少々お金はかかりましたが、ホームスティができる研修旅行に参加させてよかったと思います。

ちなみに、ホストシスターとは今でも連絡を取っていています。趣味がアニメ鑑賞と漫画鑑賞で、オーストラリアから日本のショップにわざわざ注文をするほどでして。笑
ネット動画で、日本のアニメを一緒に見ていたと聞きます。

今、ホストシスターとの連絡手段は、メール、InstagramのDM、ディスコード(チャットなどができるツール)で、謎の会話をしています。お互いの言語を教え合っているようですし、いい経験ですね。

この旅行をきっかけに、海外に目を向けるようになり、海外の教育制度も教えていただいたようなので、今後の進路になにかしら影響は出そうです。


上の高校へ進学するかしないかの考える2学期

さて、夏休みが終わり、2学期がスタートしました。

1学期の懇談会で「そろそろ進路を考えておきなさい」と言われていたのですが、上の高校へそのまま進学するのか、別の高校へ進学するかの選択を迫られる時期になっています。

娘の学校は、中高一貫校とはいえ、中学から高校へ必ず進学と言うわけでもなく、選択制の学校で、ある一定数の生徒さんが抜けると最近知りました。

中学3年間の学校生活で、思い描いていたことと違っていたことなどから、高校は別の学校へ行きたいと考える生徒さんもいるようです。

娘のクラスは、ほぼ全員そのまま上の学校へ進学しますが、他のコースでは、若干名が他の高校へ進学するかを検討していると聞いています。

同時に9月以降は、体育祭に文化祭、中3生は修学旅行が控えています。
今、娘のクラスで、文化祭の取り組みについて、問題が出ていて、一部の生徒さんにかなりの作業負担がかかっているので、不満の声が出ていると、娘が嘆いていました。

うちの子もは、オーストラリアの語学研修旅行に参加しているので、文化祭では、
  • 語学研修旅行に関する展示物制作と設置と当番
  • 部活での出し物の当番と次期部長のため、設置など生徒会とのやりとりが必要
  • 副組長なのに、なぜかクラスの出し物の企画と設営に必要なものの準備などの作業
クラスの出し物については、組長さんがリーダーとして取りまとめをすることになっているのですが、先生側の考え方が、なにやらおかしいらしく、一部の生徒(我が子も含む)にかなり負担がかかっていて、特に海外研修部と部活の出し物のほぼ責任者として動いている我が子には、そろそろしんどさが出てきています。

さすがに負担が大きすぎるので、娘も部活の先生や海外研修部の先生に相談はするとは話していましたが、クラスの方で悩みが深いようですので、必要とあらば、何らかのヘルプは出してあげるように他のお母さん方もご存知のようですので、助ける予定です。

中3は、とかく、高校進学についても関わりが9月以降は大きくなるので、メンタル面でのフォローは必要になります。


まとめとして<重要なお知らせも含みます>

えーとですね、中学受験が終わり、中3まで退学することなく頑張ってきました。いやな面はありますが、面白い授業の取り組みもあり、最初は不慣れな面はありましたが、たくましくなりました。

しかし、高校受験はない(一応形式的に実施はするようですね)ものの、高校へ進学するまでに、将来の進路を考えること、特に将来何になりたいかは、徐々に形にしていく必要があるようです。

2020年の大学入試改革で、来年以降は子供達に「必要かつ求められるスキル」が、今後はどんどん変わっていくと思いますし、勉強詰め込み主義の学校は、どこかで悲鳴を出し始めると考えられます。

勉強詰め込み主義では、子供達が悲鳴をあげてしまいます。
そうならないように、親御さんたちの「子供さんへ望む学歴や将来の夢」は、子供さんに考えてもらい、親御さんは、本当に「精神面と金銭面で助ける」というだけで十分です。

学歴至上主義は、いろいろと考えてみたのですが、「親御さんのエゴ」でしかないとも見えてきました。私は、子供には、海外での教育などを一度短期でもいいのでみてもらうことで、日本の教育制度がなにかいびつであることを知ってもらいたくて、将来多分「海外研修」に出ることを想定して、貯蓄はしていました。

今後のことは、子供に任せてみようと考えています。

そして、ここからが大切。

実は、このブログは「ライブドアブログ」の無料ブログを利用していましたが、今後WordPressに以降させて、中学受験だけでなく、ファイナンシャルプランナー3級(2級はしばらく再チャレンジ延期)の知識も使って、今までの積み重ねも整理しつつ、日本の教育や中学受験、教育費のお話など、紹介しようと思います。

今後とも「ペンペンのぺたぺた知識欲」、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク



01dabc4bee4b13ce7f67a44f4c165b51_s

「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

これは冒頭でのこっそり宣伝。
某節約・家計・金融サイトで「お金X教育」部門をしばらくの間執筆させて頂くことになりました。
(詳細なサイト名は、クライアント様との契約上伏せさせていただきます)

7月に入り、公立中学・私立中学共に期末テストに入って、ぼちぼちと個人懇談会(3者面談)でこっぴどくお灸をすえられるか、頑張っているかのお褒めの言葉をいただくかのいずれかにはなるでしょう。

小学校もそろそろ個人懇談(2者面談)で先生とお母さん(もしくはお父さん)との激しい攻防になるかさっと終了するかといずれかでしょう。
特に中学受験を目指す小6のお母さんにとって、1学期と2学期の成績表の記載内容は気になるところです。

なぜかといえば、受験志望校先で内申書が必要になるケースがあるからです。

過去に中学受験での内申書の扱いについて紹介させていただいています。
→関連記事:「中学受験に内申書は必要なの? 重要視されるケースあり」

受験志望校が内申書不要だとしても、合格後してから卒業後に出身小学校は6年間の指導記録を進学先中学に提出する必要があります。

しかし、納得のいかない評価をつける先生もまれにいるのは事実ですし、これから夏の乗り越え方次第で中学受験そのものがどうなるかということになるので、我が家の記録を思い出しながら紹介します。




不当評価が出てきた時は要注意!

60b3b1b458cab1fc6aae5621219e249a_s

これは我が家は2年間担任が変わらず、この担任が曲者で中学受験をするらしき子をマークして、気に入らない子の成績操作をされました。

他にも成績操作をされて、テスト返却の内容と成績表のあまりにも違う評価に学校に申し入れをしたものの、小6時にはもっとひどい操作を受けました。

後日、運動会の練習でムチウチになった際、担任がコルセットをしていることについての注意を怠った為に、いじめられることになり、不登校にさせて学校と交渉に入りました。

合格後は、子供が「教室に入るのは怖い」という理由から誰にも知られない部屋で、同じような境遇のお子さんと学年を超えて匿われましたが、卒業式本番には出させないという結果をも生み出しました。

内申書不要の学校は、合格して入学手続きを行なった時に学校長に「小学校6年間の指導記録・健康診断記録・歯科検診記録の引き渡しのお願い」が入学決定校から渡されることになりますが、小学校側としては、中学校側には「いじめ」や「成績操作」の事実は知られたくないので、かなり改ざんされて渡されているケースはあります。

*これは、我が子の初めての3者面談時の先生との会話でわかり、後日小学校から引き渡された記録と照らし合わせて発覚しました。

もし、不当評価が行われていると成績表でわかった場合は、テスト類と成績表持参で、学校や教育委員会を通り過ごして、法務局の「子供人権100番」へ相談してください。
これは後から知ったことで、教員が自分が気に入らない生徒に対して、成績評価を操作することは人権侵害に該当するので、法務局もすぐに対応してもらえるということです。

テスト類を返却されていない場合は、返却をもとめることも大切で、返却されていないケースでも「子供人権100番」に相談しても構いません。教育委員会に申し出ても、いい対応はありません。

学校の夏休みの宿題は、塾の夏期講習と同時進行

これは、小5ですでに実践しているお子さんなら大丈夫かと思われますが、小6になると夏期講習で塾に縛られる時間数や特訓勉強会など盛りだくさんでやってきます。

「夏は受験の天王山」と塾側もいうぐらい、夏の過ごし方次第で左右やすいです。

学校の夏休みの宿題は小6でも容赦なしで出されますし、塾の夏期講習の宿題とも重なるので、
塾で習う内容を最優先ということで、学校の夏休み系の宿題は塾の夏期講習が本格化しだす前にはなるべく完了させましょう。

ここで、読書感想文が学校の宿題で含まれているケースは多いにありますが、絶対に代行業にお願いすることなしで、ちょうど長文読解の練習にもなるので手抜きなしでお子さんにやらせるようにしましょう。

日記系は、真面目に毎日こつこつと書いていきましょう。

体調管理に気をつけてね

毎年夏は猛暑で、夏バテもしやすい時期。
塾の講習会は、午後からか夕方からが多く、昼間は家でのお勉強も多いでしょう。

家では、電気代節約ということで、クーラーを午前中は控えるという家も多いかもしれませんが、この時期だけは、体調管理ということで、暑さにバテないような健康管理をしてあげてください。
クーラーをずっとかけっぱなしにするのも、体調面では秋ぐらいにだるさが出るので、適宜で使うように
してあげてください。

それと、夏の講習会では、宿題量も普段の授業より大量に出るので、夜遅く勉強することも出てきます。
夏の夜の暑さは、案外疲れを貯めやすいので、適当な時間で寝るようにお母さんも見守ってあげてください。

お盆休みの過ごし方も考えておくべし

世間でのお盆休みシーズンに、特別勉強会が入る塾は大量にあります。

例年の過ごし方は、各家庭で違っているのですが、中学受験の年は特別な年で、旅行はほぼ無理と思っておいてください。(多分塾側から注意されるとは思うけれど)

塾によっては、少し息抜きにと「お盆休み」を設けてくれるところもあるので、旅行は無理でしょうけれども、近場で気晴らしができるところに出かけるといいですね。

ずっと受験勉強ばかりしていると、心の疲れがたまるので、適度に気晴らしをさせてあげることは大切です。


まとめとして

学校側の問題が発覚したときは、対応に追われることになりますが、合格して入学手続きを完了させれば、何も文句は言われることはありませんが、対応中に親御さんがかなり疲れてしまいます。

そして、塾の夏期講習が始まると、送り迎えや受験校のイベントへ走るということも出てきて、親御さんもお子さんも疲れやすいのが夏です!

十分体と心を大事にしながら、適宜おやすみをとって、この夏を頑張って乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク




↑このページのトップヘ