YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この記事を買いているの7月中旬。ぼちぼちと中学受験をする子供さんや塾では、テコ入れもしくは難易度が高めになった問題を解く季節に入ると思われます。

受験科目をみると、国語と算数は基本科目として入ってくるので、塾も「ここだけは落とせない」と個人に合わせた課題を用意するところはあるかもしれません。

最近は、小1の子供さんが早くから中学受験専門塾に入塾して、勉強しているとも聞きます。

我が家の子供はというと、小4から専門塾に入塾しましたが、それまでは市販ドリルかプリント学習塾に通い、中学受験合格後の中2から数学に目覚めて、今はトップクラスにいます。

中学受験に出題される算数は、ほぼ数学と考えていいのですが、中学受験をするしないは別として今まで我が家がやってきたことをご紹介します。



一般的な市販ドリルや通信教育はダメでした

赤ちゃんの頃からベビーチャレンジを取っていた延長戦で、「子供チャレンジ」を小1からしていましたが、付録に心ひかれるばかりで、全く本編の学習ドリルはしませんでした。

小1〜小3まで、私の持病の都合で学童に短時間預かっていただいていたのですが、学童から帰ってきても学校の授業に時間がかかり、教材に手を付けない日が多々ありました。

しかも、「問題文がわかりにくい」という指摘があり、私も一緒に読んでみたのですが、私でも理解し難い問題でした。問い合わせ窓口にも申し入れをしたのですが、納得のいく回答がなかったので、思い切ってやめさせています。

その後、Z会やポピーも受講しましたが、全く受け付けず状態でした。

今から思い起こせば、うちの子には通信教育はその時は合っていなかったのです。お母さんがつきっきりで「やりなさい」というと余計反発していて、自分のやりたいようなリズムがなければ無理と気づくまで、時間がかかっています。

よく、算数の計算能力をあげる市販ドリルで「100マス計算ドリル」が今でもありますか?




「うちの子に使えるかな?」と買ってみて、ドリルをやらせてみました。

最初は足し算でマス数も少ないのですが、徐々に多くなるというのが、100マス計算。

本人に渡してみて、しばらくの間「このドリルをやる時間」を設けたのですが、1週間ほどしてから「もうやりたくない」と泣き出しました。

なぜなんだろう?

本人に理由を聞いてみると、「縦と横を追いかけるのがしんどい」とあっさりしたというか私が考えていなかった返事でした。

確かに100マスで掛け算をしようとすると、目で追いかけるのに時間がかかる子はいます。うちの子は、目で追いかけておいて、その数字を覚えて計算するのが、当時は苦手だったので、買ったのはいいけれど、相性が悪いドリルでした。

無理にやらせるよりは、自分がやりやすいものがいいと気づかされたのも、このドリルからでした。


プリント学習塾は選択ミス。専門塾に入塾してからがよかったかもしれない。

個人で開いているプリント学習塾に通わせましたが、先生の目が行き届かないという弱点がありました。

プリント学習塾は、塾にきた日のノルマが100点満点になるまで返してくれないです。間違えた部分をお直しして、100点にならなければいけません。

プリント塾にありがちなことですが、教員免許を持っていない方が多く、チェーン展開の教室となると、指導がうまくできない先生はいます。

我が子は、「指導がうまくできない」タイプの先生であり、他の子がうちの子を通りざまに叩いたりして、怪我をさせていました。

教室内での管理能力がないと気づき、すぐに辞めさせましたが、うちの子供に危害を加えていた子供と親からは謝罪はなしでした。

プリント学習塾は、大手でも指導がしっかりしているところはもちろんあります。しかし、通っている教室次第では、嫌な思いしか残らないケースがありますね。

結局は、私が高校受験で通っていた塾が中学受験専門コースを解説していたので、そちらへ入塾して受験勉強をしました。

塾での教え方はやはり違ったし、親が付き合えるのはほんのわずかでした。

入塾して、しばらくは集団授業で受講していましたが、本人が合格点を取れないと泣き出すのでという理由から、個別指導コースへ移り、希望校に対応できる先生から指導を受けることになりました。

算数に関しては、100マス計算ドリルは一切なしで、極々普通の計算ドリルを使用していました。ただし、なかなか算数の成績があがらず志望校2校では「四則計算」が第1問目に10問出るとわかりました。

先生も気づいて、家庭でも「早く工夫して解けるようにと」独自プリントが課題として出されました。

毎朝起床後すぐに5分間10問のプリントを次回分まで渡されて、毎朝タイマーセットをして解いていました。
丸つけは自分で行っていましたが、解答集は私が保管し、いる時に渡していました。

親の私や仕事では研究職をしている主人の二人で、中学受験の問題にチャレンジしましたが、「小学生の計算方法で問題を解かなければいけない」という中学受験独自の世界では、全く手も足も出ませんでした。

数学を使えば簡単ですが、中学受験をするのは小学生。

基本問題だけはなんとかいまでも解けますが、あの時に中学受験のすごさというものを知りました。だから、怒ることも減りました。

合格をしたけれど、数学の才能が開花したのは中2

中学受験は、いじめ問題などから、ランクを下げることと1校午前午後受験で一髪勝負に出ました。

午前中に受験したコースで合格したのですが、入学後どのくらいの点数で自分が合格したのかは公表さsれていません。しかし、コースのクラスメンバーからいうと、中ぐらいのレベルだったようです。

最初は数学の世界に入り辛かったようですが、いきなり数学の成績があがったのは、中2でした。

それまでは、30人編成で10位以下。中2に上がってから5位以内。

どこでどう変わったかはわかりませんが、数学の先生の授業がわかりにくいからと、「チャート式」を購入してからガラッと変わりました。


画像は中3のものですが、数件出版のチャート式「赤」を使うのは、国公立大学や私立大を目指す生徒さん。青は基本より少し応用を聞かせていて、これが理解できなければ、数学の基礎固めが難しいのではと言われています。

この本のおかげで、自己学習が捗るようになり、今では数学の実力テストでもトップクラスを走っています。

まとめとして。算数・数学の向上に王道はなし

主人は、国立大の理系組で、受験の時には赤チャートシリーズを全てこなしたと話しています。もちろん、我が子の学校で、医学系コースの生徒さんは赤チャートを副読本代わりに購入しています。

ですが、算数・数学については、個人で勉強するとなると「自分にあった勉強方法」があり、覚えやすい方法や自分にあう参考書に出会えないとなかなか伸びてきません。

もちろん、よき先生に出会うことが最優先なのですけれども「これが正解!」という方法は、数学にはないようです。

その子が「算数(数学)楽しいぜい!」と思えるように、導くのも親の役目だと思います。

中学受験の問題がどのようなものかを親御さんも経験するのはよいけれど、親が教えるというのはよくないです。

指導は先生に任せ、勉強への取り組みは親が見守り、塾とタッグチームを組むという考え方でいくとよいと思いますよ。

スポンサードリンク