fab38c22c2011f8f0defc9d973de82c9_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ネット上では、有名塾や中学受験コンサルさん、が各私立中学の合格実績人数を発表しています。その中で、中学受験を支えてきた親御さんのブログで、毎年のことながら最終結果を発表しています。

今年、一番気になった言葉があります。「こんなに受験したのに○勝○敗だった。」と子供の受験を将棋か何かの戦いのように表現していることでした。

中学受験とはそういう性質のものでしたでしょうか?子供さんは、将棋のコマだったのでしょうか?

おそらく、今後の中学受験ブームを考えると、この手の考え方が染み付いていく恐れがるので、これから受験を考えているご家庭に、「中学受験とは?」と問いかけ、考えていただきたいです。



中学受験を「戦い」に例えるのはやめましょう

05891a27c89fe9c35153a3c61ad44f0a_s


もし親御さんが「中学受験は複数校、合格が可能な学校を受験させる」と考えているなら、少し考え方や教育費を異常に使っていることに、気がついていてみませんか?

中学受験が全てではなく、ただ公立中学とは違う教育を受けさせたいという「親心」から生まれたものではないでしょうか?

中学受験を考えた時、子供の将来を心配して「私立中学ならよい教育を受けられる」と期待して、受験を始めたという家庭はあるでしょう。

私が住む関西圏は、受験数が大きくならないようにという配慮から、解禁日は統一されていました。まれに、かなり優秀な生徒さんは、関東の有名校を受験しにいくいことはあります。

受験校が多ければ多いほど、そして「いい教育を受けさせたい欲」が高まると、受験を「戦い」という塾や親御さんが生まれるのでしょう。

それは、大きな間違いだと思います。

子供にも人格があれば、進路を選ぶ権利はあります。その反面、子供は自分が行きたい学校については、まだまだ小学生ではわからないから、親御さんの言われるままにという部分もあります。

学校見学をして気分が盛り上がり、あそこもここもと受験したくなって、ついには親御さんも中学受験の独自ワールドに引きずり込まれます。

塾側も、各年の受験校実績を上げるために、無理な受験を勧めることはあるので、受験校が増やす考え方はあります。

有名中学に合格させたい。その気持ちは、私も理解できますが、子供が行きたいという学校は、子供に選ばせる権利があり、親も冷静になって子供が耐えうる受験校数を選択しないと、親子で精神的に疲弊していきます。

子供は「戦いの道具」と表現するのは、おかしくありませんか?

親のシナリオと子供のシナリオをは違います

親が子供の中学受験に対して、勝敗をつけてしまうのは、同じ中学受験のご家庭に対する牽制やマウンティングではないだろうかと思われます。

冷静に考えて欲しいのは、「中学受験を目指した理由はなんだったのか?」ということです。

最初は「公立よりいい教育を受けられる」という期待から、少々難しい有名塾や個人指導などを選択して、挑戦したはずです。

気がつけば、周りの親御さんの目や、他の子供さんの成績にイライラして、受験校をどんどん増やしていく要因になったのではないでしょうか?

特に、関東圏は情報を得る限り、有名大学と直結している付属中高が多いし、教育の質が高い、そして近郊にも有名な学校があります。

地域での様々な格差が広がるのは、お金や仕事も含まれますが、教育も一極集中型になっています。

一極集中型になれば、親が考える進路のシナリオに幅は出ますが、子供さんが考える将来のシナリオは違います。

そのことに気づいてあげましたか?もし気づいていなければ、子供にとって、今後不幸になるかもしれないです。

これは経験談。子供には受験の勝敗は関係ない。その後の生き方で変わる

これは、私の娘の小学校時代のお友達が、別の学校に中学受験をして、日程を調整しながら、最大3校受験したという話です。

国立大学付属も受験し、日程を変えて受験をしましたが、全て落ちました。

それから、卒業するまでしょんぼりしていていました。卒業後、地元の公立中学に進学しましたけれど、私の娘をボコボコにいじめた子達が一緒に進学し、心がぽっきりと折れて不登校になりました。

時々、娘とは他の友達と会っていましたが、結局不登校がひどくなり、フリースクールへ通うようになり、高校過程もそのフリースクールで過ごすという話でした。

我が家の場合、同じ子達にいじめを受けて、私から自主的に不登校にさせて、なんとか合格できたけれども、入学後は厳しい現実をみてきました。

優秀な生徒として特待生待遇に入学しても、今では特待生から外れて落ち込んでいる子、学校の方針が突然変わって、ついていけずに進級時にやめた生徒さんは多々います。

中学受験の勝敗という表現がおかしいというのは、受験には「勝敗」という文字は相応しくなく、親御さんには子供を将棋の駒のように表現して欲しくないのです。

まとめとして

中学受験は、本来は不必要なものかもしれません。でもなぜ受験させるかというと、その地域の公立中学では教育面に信用をもってのことでしょう。

しかし、現実の私立中高一貫校は、そう甘くはありません。かなりの有名中高は自由な校風というところはありますが、勉強面に関してはシビアです。

子供さんの思った現実とのギャップでやめてしまうということはあります。
私の子供も、最初は戸惑ってイライラした日はあったし、今高校進学時の話で「そんなの聞いてない」ということが出てきています。

私立だから公立だからというので、子供の人生は将棋盤にある駒として考えてはいけません。子供には子供の人生がある。それを見守るのが、親の役目だと考えています。

これから、中学受験を考えている親御さん、どうか子供に対しては「様々な選択肢があること」を教えた上で中学受験に取り組むように、一緒に歩いてください。


スポンサードリンク