google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

勉強

05891a27c89fe9c35153a3c61ad44f0a_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2020年5月21日)に京都・大阪・兵庫でCOVID-19(新型コロナ)に対する「緊急事態宣言」が解除されて、徐々に休業要請自粛の解除や、教育へのフォローが始まろうとしています。

特に京都・大阪・兵庫は私立校が多く、超難関校も含まれる地域です。中学受験専門塾にとって、急塾措置は厳しく、来年の冬に受験する子のやる気をそぐことになったかもしれません。
オンライン授業に早く切り替えた塾はありますが、様々な心配の声が上がっています。

さて、過去に何度も情報が入るたびにお伝えしていますが、今受験準備中の子供さんへお伝えできる範囲で、親御さんができることをお伝えします。



出席日数のカウント。内申書に影響は出ないの?

163344

中学受験では地域によりますが、「内申書」の提出を求める学校はあります。

内申書は以前書いた記事でも「出席日数の確認程度」と紹介しています。兵庫・灘中学校は出席日数14日以上ある子は特別な事情がない限り受験できないという規定があります。



公立小学校では休校中のカウントをどうしたかは気になるところだと思います。分散登校が行われた日や、何にもCOVID-19の影響を受けなかった岩手県での対応が気になるところです。

私立小学校から別の私立中を受験する場合も、どのように出席日数をカウントするか疑問です。

これは、まだ確定ではないのですが、今年を境に「内申書」が必要かということが見直されるかもしれません。

課題のみで新学期を過ごした子供さんがいれば、公立小学校でも自力でオンライン授業を頑張った学校もあるので、出席日数の扱いは難しいのではないかと思われます。

もしかすると、課題提出やオンライン授業参加の回数を、出席日数とカウントする可能性はあるかもしれませんが、課題提出は「成績」として評価されるものとし、「公立小学校は義務教育」という考え方から、内申書提出を今年のみか今後も取り消す学校は登場するかもしれません。

ただし、超難関校や伝統校はそのまま内申書提出を求めるかもしれませんので、心配な場合は、在籍している小学校と受験予定をしている中学と問い合わせてみてください。

(私立中学校は、今は自校の授業再開をどうするかなどでパニック状態かもしれませんので、電話問い合わせなどは入試事項発表までは控えてくださいね。)

現在、私の子供が在籍する私立中高一貫校は、分散登校を行っていますが、登校時の移動で「怖い」と感じつ場合は、休んでもよく「欠席扱いにはしない」としています。

特に高校からは指定校推薦に欠席日数が選考基準になるので、不利益にならないようにしています。


長すぎた休塾期間。5月からどう巻き返すか?

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

何もなければ、中学受験専門塾では、中学受験のスケジュールに余裕で間に合うスケジュールと、難易度に合わせたカリキュラムで授業をしていたはずです。

「緊急事態宣言」で休業要請に「学習塾」が含まれたので、オンライン授業にすぐ切り替えられたとしても、双方向か一方通行かの授業で、差がついたのではないかとみられます。

双方向授業なら、子供達の表情やライブ配信なので、わからないところの質問をしやすかったと思うのですが、一方通行授業では、子供さんが集中して授業動画を見て理解できたかがわかりません。

特に一方通行授業であれば、先生が作った動画の作り込み方次第では、子供を飽きさせてしまいます。子供は素直ですから、つまらない授業とわかれば、動画配信を見なくなります。

現在、中学受験合格を目指す親御さんのブログを少しずつ拝読していますが、塾から送られてくるテストや課題に手をつけていない子供さんが増えてきているようで、叱ってもやっていなくて、塾から電話がかかってきているご家庭もあります。

私の子供の学校でも、オンライン授業の内容をみることができたので見てみました。

とても上手に短時間でもわかりやすい動画やオンタイムでの解説を聞いていて、説明が上手な先生は生徒から人気でしたね。オンタイムで双方向で授業をしてくれた先生は、特にわかりやすいと公表でした。
反対に動画作りに慣れていない先生だと、みんながあとで「つまらないし、わからない」と評価します。

塾側は、おそらく塾運営が通常に戻ってから、子供からのアンケートを取ってから「第二波」がきて、また休塾にした時の対応をどうするべきかを検討するはずです。

あとわずかで5月が終わり、6月に入ります。6月あたりから志望校をはっきり決めるシーズンなのに、テストなどができず、偏差値もわからないまま、授業を続けることはかなりの頑張りを求められることになります。


いきなり中学受験を目指す子が今年は増えるかもしれない

b84e1914.jpg

今回のCOVID-19で、公立中学と私立中高の対応がかなりわかれました。よくネット上で言われたのが、「私立校の方が対応が早い」と言われました。実際は、4月の初旬からすぐにオンライン授業から切り替えられた学校は、全国でもほんのわずかで、5月から導入できた私立校でも5%と言われています。

ICT教育で大阪では有名だった近畿大学付属中高で、4月16日以降から開始しています。出遅れた学校は、先に学校から自宅の「ネット環境調査」から始まり、家庭のネット環境(回線や端末類の台数確認)をして、手探りながらも授業を開始しています。

公立中学で、オンライン授業ができた学校は一握りで、ほとんどの学校が課題を渡されて、親御さんや分散登校日に持っていくパターンでした。

対応が早かった私立中学をみた親御さんが「少しでもいい環境で勉強させたい」「教育費を削ることになるけれど、公立校の対応はひどい」と、かなりハンデキャップを背負うことになりますが、小6もしくは小5から中学受験準備を始める子が増えるのではないかとみています。

実際には、小6からは難しいかもしれませんが、本人の努力次第と学校選び次第では、いまからでも遅くはないので、中学受験にシフトする子は増えるでしょう。

まとめとして

現在、我が子の学校では、オンライン授業と分散登校で対応し、緊急事態宣言が解除されたました。しかし、通常授業に戻す段取りと来年行われる受験問題のチェック、そして「第2波・第3波到来」の為の対策作りで、かなり先生方も疲労困憊になっていることでしょう。


オンライン授業の様子をみていましたが、教え方が上手な先生は資料作りも上手でした。高1なので、これから先の成績は、もし指定校推薦を希望する時に何をもって評価するか見えないので、子供自身不安がっています。

中学受験は、今回コロナの影響で、もしかすると難易度を下げるかもしれませんが、超難関校は手を抜くことはないと考えられます。勉強を怠らない真面目な子は、自分から志望校の為に勉強は何も言わなくてもしています。

今年は、もしかすると、「休塾でも頑張ってきたぞ」という個人の頑張りが報われないということが多発するかもしれません。

親御さんの不安は子供さんにはすぐに伝わるので、不安な中の受験となり、それが「不合格」に繋がるからです。

今後の不安はたくさんありますし、私も高1の子供を持つ母親ですので、「子供の将来が不安」と感じることは多々あります。

今は、少し親御さんは疲れるかもしれませんが、少しでも心の休憩タイムをとるようにして、この厳しい環境でも乗り切る勇気を持っていきましょう。

スポンサードリンク






YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V (1)


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

そろそろ、中学受験専門塾などに入り、中学受験準備の勉強を開始していると思います。もしくは、小学校に入学する前にと、幼稚園・保育園の子供さんにちょっとした書取りをさせるご家庭もあるでしょう。

そこで、最近未就学児の子供さんや、小学生の学習雑誌で「リビリング学習」が紹介されていま。共働きしているご家庭のお母さんが、子供さんが勉強しているか家事をしながら見ることができるので、注目されています。

子供さんの質問にも答えることができるのも、リビング学習のいいところですが、この方式の勉強方法はどこまで続くでしょうか?

我が子の経験も踏まえて、紹介しますね。



子供さんの成長や勉強の進捗では自室勉強になります

675209

保育園・幼稚園時代の年長さんで卒園前あたりから、文字を書くことを勉強させるところはあります。
ドリルも渡されて練習することも出てきます。

もしくは、早くから習字を習う子供さんは出てくることでしょう。家でのお稽古にとお母さんが、家事をしながら様子を見ると、子供さん自身の安心感はあります。

小学校に上がれば、宿題という子供さんにとっては苦手となるものが出てきます。そばにいればお母さんやお父さんがいれば、勉強をみてもらえるというのは、心強いものです。

これで中学受験を目指すとなると、小1から始めている子供さんにとっては、親御さんがそばにいることは、塾で勉強して疲れてきた心の癒しになります。

しかし、年齢や塾通いでの勉強方法次第では「リビングでの勉強はいらない」という子供さんが増え始めます。

「自室学習したい」と言い出すのは、私の経験上では、早くて小5遅くて小6後半ではないかと思います。

特に中学受験が本格化する小5後半あたりになると、リビングの生活音やテレビ音が、勉強の妨げになります。

リビング学習は、成長とともに「分離タイプ」にしてもよい

「え?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お母さんが料理をしながら子供さんの勉強を見るのが「リビング学習」ということでもありません。


子供さんだって、じっと自分の勉強をしている様子をみられるのはいやですからね。

それならば、もしリビングの横に和室やモダン和室など、少しキッチンやリビングと区別されたお部屋を、子供さんの勉強部屋として、リビング学習に使わせるというのはいかがでしょうか?


9d5c97aadccb1629bdc92a89d06fb08f_s

手前がリビングやダイニングで、奥が和室という構造のお家はあるかと思います。「ずっとみられたくない」と子供さんから意見が出れば、奥の和室を勉強部屋にしておくのもよいでしょう。

最初は一人で勉強できているか心配になるかと思うので、リビング学習から急に切り替えるのではなく、写真のようなお部屋があれば、ワンクッション置いてみた「自室学習」のレッスン部屋からスタートしていてはいかがでしょうか?

それから、切り替えてみるというのもよいです。

我が家の例

我が家も中学受験をして、今の私立中高一貫校に入学しました。小4の5月からスタートしたのですが、私がある持病をもっていてい、5年の後半あたりから体調がすぐれなくなり、自宅から実家が近いということから、私と娘は実家に6年の本番までいることになりました。

通塾には影響はでませんでしたが、実家と家での勉強場所に悩みました。

娘専用の勉強部屋なんてないので、集中して勉強させる為に取った対策は、古い家ですし、応接部屋で辞書などで囲みを作って、イヤホンを耳栓がわりにしての学習でした。

rivinggakushu-04091

当時の勉強方法の様子を再現してみましたが、いかがでしょうか?

ある程度の雑音は入ったものの、それを無視できる力もつくので、集中力アップにもなったと思います。
今は中学生ですから、自室学習もしくは英語や数学で私たち両親に聞きたいことのみリビングと決めています。

子供さんによって、自学スタイルは違うものの、低年齢でのリビング学習は付かず離れずが一番です。そして、成長に合わせて、リビング学習から離れていくとよいでしょう。

まとめとして

リビング学習については、学習専門雑誌においては「かなり重要」と紹介されていますが、子供さんによっては、完全に当てはめることは難しいのではないかと思います。

リビング推奨の雑誌は多いけれど、それはやはり多くの子供さんを取材した結果ですので、間違いではないです。

ただし、鵜呑みにせずに、子供さんの様子をみながら、リビング学習について考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
私自身、先日より胃腸炎でダウンしていました。

今日から子供は学校が始まり、始業式にいきました。中学受験をしたのがもう3年前なるとは、驚きです。今春からは上の高校へ進学します。1月から3月は、高校進学のための手続きなどで忙しくなります。

さて、来週の1月18日は、関西圏の中学入試初日が集中します。毎年のことですけれど、「インフルエンザ」「風邪」「胃腸炎」が流行するシーズンにあたります。

特に本番直前や本番当日に、インフルエンザになると別室受験になるか受験不可になります。とすれば、受験生の子供を学校へいかせるかどうか悩むところですよね?

では、入試前は学校を休ませるべきか、我が子のケース(特殊でしので)を合わせて紹介します。



基本は学校へ行かせると考えておきましょう

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s


入試前とはいえ、基本の考え方としては、入試前でも「学校へ行かせる」としておきます。

学校へ行かせることで、生活リズムが整うので受験本番にはいつもの生活リズムで挑戦できます。生活リズムが整っているのは、健康にもつながります。

ただし、注意したいのは、学校で冷暖房完備ではない学校は少なからずありますし、座席の位置しだいでは、「寒い」席はあるので受験前の防寒対策は大切です。


思い切って休ませていい時は?

896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

学校に行かせると、受験勉強でイライラしている気持ちを楽にすることはできますが、思い切って休ませた方がいい時があります。

  • インフルエンザが流行して学級閉鎖が増えてきた時
  • 塾の先生から過去問などのできがよくないと聞いた時
  • 学校でいじめなどで外の世界にいづらい時
この3点があれば、入試直前で願書一式を提出していれば、学校を入試終了まで休ませた方がよいかと思います。

学校で学級閉鎖が増えた時は、自分の子供もインフルエンザに感染する率が高くなります。インフルエンザにかかれば、5日間の外出禁止は医師から指導されるはず。それなら、本番に向けて体調を整える意味で休ませていいでしょう。

志望校の過去問や苦手問題が克服できていない場合も、精神的に学校でもそわそわして、入試当日に精神面で不安感をもったままでは心配でしょう。

そして、今どこでも問題になっている「いじめ」。
解決していないまま学校に行かせると、中学受験のことが知られれば、さらにいじめに拍車をかけることになります。

これら3点について、先生にはっきり「中学受験間近ですので休ませて欲しい」と伝えると、案外すんなり受理されます。

担任をされている先生であれば、すんなり「わかりました」と返事をくださいます。
※まれに「なぜ休むのですか?」としつこく食い下がる先生はいるので、その時は学校長へ相談してもいいです。

話はそれますが、都内の中学受験で2月となると、すでに1月半ばから学校を休む生徒さんは多く、本番に学校へくる生徒はクラスで3人ほどというケースはあると聞きます。

地域によって、受験人数が違いますが、特に中学受験で休むのはケースによって、問題はないでしょう。

我が子の時はどうしたか?

うちの子供は、前年の11月にいじめを長期間受けていたことがわかりました。すでに精神面にダメージが出ていたので、不登校にして学校側との話し合いを始めました。

子供は、塾と相談して授業コマ数はそのままで、年末の特別講習は参加させて、大晦日から3日間の特別講習会は、学校を思い出させるからと学年担当の先生が不参加の手配をしてくださいました。

年が明けても学校へ行かず、家と塾での勉強をし、生活リズムを朝方に変えていきました。

志望校は1校のみで、午後受験がある学校でしたので、午前に本命コース、午後にチャレンジという「一発勝負」に出ました。結果、午前で受験した本命コースで合格しています。

学校側はというと、子供が休んでいる間に「いじめ調査」を行い、確かにいじめていた子達がいて反省文を書かせるだけに止めていて、子供への謝罪はなし。親への謝罪のみでした。

その当時は、小学校側の対応に腹を立てました。今はというと、「あれが、日本の学校の対応なんだ」と呆れるばかりでした。

まとめとして

基本は学校に行かせるのがいいのですが、最近のインフルエンザの症状を聞くと、本番前にかかってしまってはと不安になるのは当然です。

実は、うちの子供は、正月にインフルエンザにかかり、休日診療を受診して勉強をストップしました。塾の先生方も慌てましたが、特別勉強会を休んだことでゆっくり休めたので、回復は早かったです。

これから、全国的に中学受験本番とインフルエンザ大流行が同時並行しますが、体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。


スポンサードリンク


042bdb3f767d7431d90e76c39e287a11_s

初版:2017年9月6日
加筆・修正:2018年4月30日

「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

うちの子供が、私立の中高一貫校へ入学しました。
コース制を取っている学校で、英語と国語に特化させる少し変わった
授業体制をとるコースです。

現在(2018年4月末)は、中2になってすっかりクラスのメンバーも落ち着き、
中1時代の世界はなんだったのだろうかというぐらい変わりました。

入学してまもない時のもやもやしたことはなんだったんでしょうか?

では、どういうことがあったのかを紹介します。

スポンサードリンク


入学後、勉強をする子としない子がはっきり出ます

我が子の学校は3コースありまして、医学専門と特進と英語・国語特化の3つに
なります。

うちの子はいじめなどの影響で、英語特化と特進を併願で受験しましたが、
英語特化コースで合格しています。

学校ではまず第一段階で中1から中2に進級時にコース変更を行う
チャンスがありますが、我が子が入ったコースは中2進級時の1度きりで、
チャレンジしましたが、1学期の成績が響いてダメでした。

医学と特進での入れ替えは激しくなりますが、英語特化は一度
下克上を逃すともうチャンスがありません。

医学と特進では、激しくコース変更や細かいクラス分けが行われますが、
我が子が入ったコースは、1度だけのコース変更チャンスを逃せば、
残りの5年間はずっと同じメンバーということになります。

特殊コースということで、ICT教育や経済学など海外で通用する教育を
受けられるということで、熱心に勉強する子はいますが、
現実と理想とがかけ離れて勉強意欲をなくす子や、
中学受験で燃え尽きてしまっていて、勉強しない子も出てきます。

1学期の段階で、勉強に対する姿勢が2極化しするのが中1生の
特徴です

怒られるとすぐに切れてしまう子

普通なら、自分たちは生徒なので偉そうにはできませんよね?

ところが、自分達がしっかり勉強をしていない、授業中に
おしゃべりをするということで、先生が注意をすると、
「あの先生、私たちを怒らせた、嫌い。授業聞かない」と
反発しているというのです。

それでは、普段からの小テストなどでいい成績は上がって来ません。

真面目に勉強を受けている子供たちからすると、
すごく嫌な気持ちになるのは当然でしょう。

ところが、中2に上がると教科ごとの担当教員が変わり、中1時代に
先生に反発すればどうなるかも知ることになるので、
中2になると少しはガヤガヤした雰囲気は消えていきます。

スポンサードリンク


いじめ問題がでやすいのが入学後すぐ

いじめ問題は私立校は、早めに消火する傾向が強いのですが、
中1生の場合は、様々な家庭事情の子供が集まって、
どう付き合えばいいかわからないので、大きないじめ問題もでやすいです。

実際に、我が子のクラスで小さないじめ問題が出ましたが、
すぐに対応ということで親としては安心しました。
実際はというと、対応の遅い私立校もあって、陰ながらに噂が出て
評判が落ちてしまうケースはあります。

高校に上がれば、自分のことで精一杯状態になって、
落ち着くことは落ち着きますが、中学校時代は、
多感な年頃ですので、先生にお任せるしか方法がありません。

スマホが普及して、中学生への普及率は上がってきていますよね。
我が子にもスマホは念のため持たせてはいますが、本人の希望もあって、
LINEアプリややりとりはさせていません。

一番、いじめの温床になっているのもSNSで、特にLINEでのトラブルが多く、
学校側からも注意喚起がでています。

うちの子の考え方

級長をしているので、結構クラスの取りまとめなどで忙しく、
ぐったりして帰って来ていますが、放置していても勉強しているし、
わからないことで、私が教えられることは、教えています。

気がついたのですが、理系頭で、我が夫や実家の父とそっくりなのです。
数学が大好きで、理科も好き。理科は実は生物がたまらなく好き!
英語は、小学校からの癖で、ヒアリングとスピーキングは
大好きだけれど、ライティングはNO!

「ママ、まぁ真面目にしていたら大丈夫。宗教の時間が面白い」と
マイペースなので、焦らずマイペースという点で
助かっています。

まとめ

以前から、いろいろと問題があるとは聞いていて、先生もお困りのようでした。
5月以降に保護者会があるので、中2に進級しても、様々な課題や問題点についての
意見交換は出てくるでしょう

中2以降になると、劇的に子供の友人関係や学校への考え方はガラッと変わるので、
中1時代が一番きついところですが、慌てず落ち着いて子供さんの様子を見ると
いいですよ。


PAK105215431_TP_V

こんにちは。ペンペンです。

昨日のブログで中学受験後の「下克上」について紹介しましたが、
今日は、せっかく中学受験で合格したのに、その後の成績次第では、
あらぬ方向に行ってしまうこともあるって紹介していきます。

中学受験は、確かに厳しい!
そして合格すれば、ヤッホー!の世界。
だけれども、脱力していく子がいるってことも覚えておいてください。

中高一貫教育だからと行っても、高校へ上がれないケースがある

完全中高一貫校という学校、高校からでも生徒をとる私立中学校は
ありますが、「中高一貫教育をしています」と入試説明会でしていても、
必ず上の高校へ進学できないお子さんは必ずいます。

入学後中1から中3までの定期考査や、学校が行う
学力テスト、外部の学力テスト、日頃からの小テストで
赤点や合格点に満たない子は、学校側は補講は行って
フォローして、3年間の成績は親にも伝えられて、学校側も
データ化して保管しています。

補講を行っても、成績が上がってこない、ずっと赤点地獄で
授業についていけていない様子の子は、各教科の先生も
管理して共有しているので、高校の授業についていけないと
判断されれば、せっかく入った中学の付属の高校への
進学は断られ、外部の高校への進学となります。

それぞれの私立中学で判断基準や、念のために、
外部進学者と同じ入学試験を行うことなど、いろいろと
判断材料はありますが、あまりにも日頃から成績が悪すぎると
高校進学ができなくなります。

なぜ落ちこぼれてしまう生徒がいるか?

うちの子供の学校も、あまりにも成績の悪すぎる子は、
完全中高一貫校だけれども、高校にはあげてもらえないと聞いています。

子供から教室での授業や、テストの話を聞いているのですが、
どうしても落ちこぼれて赤点地獄のお子さんはいると話してくれます。

中学受験が終わってから、長期間遊べないという状況下でいるので、
反動で勉強をしなくなってしまう子もいますし、
親などでつてがある子など、本来はその学校の授業についていくことが
難しい子もいて、勉強することを諦めてしまう子もいます。

他にも様々な理由から、「私の望んだ学校生活ではなかった」と
勉強放棄をしてしまうお子さんは多いと、受験前から塾の先生に
話は聞いています。


お母さんが一番のキーパーソン

我が子の学校は、定期考査や学力テスト、小テストのファイルを、定期的に
親が確認できるように渡してくれて、チェックを入れることができます。

入学当時は中学校での勉強テクがわかりにくかったようですが、
私が見てやれる範囲のことは、しっかり教えてやりました。
国語と英語と理科(食塩濃度や元素関係)数学の一部は得意で、今でも
教えられるので、特に英語はしっかり教えてやりました。

いつも、このファイルを渡すときに「叱られる」と思うようですが、
平均点数と最高得点から、テストの難しさを判断した上で、
逆に私は叱ることはしません。

叱ると子供の性格上、よけい落ち込むのを知っているので、
頑張った部分と間違えてしまった部分を検証していきます。

ここで、お母さんがお子さんの成績だけを見て叱りつけてしまうと、
私立中学の勉強方法はスパルタ形式なところが強いのに、
子供さんが勉強することを諦めてしまいます。

塾へは行かさず、自力でやる努力を教えてやる!

学校から、通塾や通信教育の受講を禁止されている学校で、
やはり成績アップの為に、塾や通信教育をさせているご家庭は
確かにあります。

でーすーが、塾や通信教育は、ある程度学校の進捗状況を
知っていても、学校で教える方法で教えないので、
お子さんに迷いが出てきて、学力低下の原因になりかねません。

自力で市販の問題集をやることや、学校で使っているワークブックの
復習で、実は十分なんです。

お母さんが見てあげれればそれは理想で、うちはたまたま
私がまだまだ高校級まで教えられるからできる技です。

ほとんどのお母さんができることは、お子さんの精神面の支えと
成績が悪いとき、すぐに担任の先生に相談することや、
勉強の仕方をアドバイスしてあげることです。


さいごに、

成績がかなり悪い子のほとんどの悪い癖、実はスマホやDSでゲームをしていたり、
LINEやYouTubeを見て、勉強の時間数が少ないという、保護者会での
報告を聞いています。

文字の本をしっかり読んでいる子や、自然と勉強漬けにならずに勉強する癖を
身につけている子は、勝手に成績が上がっていっていると
聞いています。

我が子は、さてどうでしょう?

切羽詰まった文面でないということは、実はトップクラスに
立ち始めているということです。

中学受験をさせるのは自由ですが、お子さんの意思を尊重して、
希望の中学に進学させるか、中学受験そのものを取止めるか、
要するに自分がやってみたい夢に進むルート次第と
考えてあげてください。



↑このページのトップヘ