google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

助け合い

f82862a5b4e5e47b5a808cd73060f59e_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

最近私自身の資格取得試験で、かなり更新をしていなかったのですが、ようやく更新できるようになりました。

我が子が中学受験をしてからもう3年になるのでしょうか?小4から準備を初めて、いろいろと学校での問題を抱えながらも合格し、現在中3生になりました。関西のとある中高一貫校の生徒ですので、そのまま、上の高校へ進学ということになりますが、イレギュラーもあるということで、11月に高校進学の説明会は開催されます。

我が子の学校はコース制で、すでに中3レベルを終えようとしているコースがあり、我が子のコースの場合は、英語を最優先に高1レベルに突入し始めています。

それよりも、教育方針や各コースの特性からか、少し困ったことも出ています。ご紹介できる範囲となりますが、学校選びの参考となればと思います。


学年カーストと成績カースト問題


036bf785cc3e3b2796153e9d716abf80_s

中1の時から、コース制ではっきりと「医学部・薬学部コース」「国公立・私立コース」そして「特殊コース(例えば英語特化系、スポーツや芸術などの生徒さん受け入れなど)」と別れていると、入試内容は同じであっても、合格点が異なるので、入学後に生徒間で優劣をつけてしまう傾向があります。

コース制がなくて、成績順でクラス分けをしている場合は、入学後いろいろと生徒間での情報も入るので、自然と学年内でのポジション争いに走りがちになります。

そのバックには何があるかと言えば、「親からの圧力」です。

我が家は、最初はそんなに成績がよくなくて、少しは焦りましたが、叱らずにどうすればいいかを自分で考えさせて、勉強の仕方を工夫してもらいました。

ただ、ちょっと特殊なコースに入学したので、何も知らない生徒さんから、嫌がらせは中1の時に受けて、泣いていたことはありました。

結局、現在中3になってから、球技大会などで他のコースとは一線を画すようにしているのと、学校側が企画する研修旅行に積極的参加はしています。

中1の間に、学年内とクラス内で上下関係、いわゆるカーストができてきて、カーストをどう砕くかというのに、子供が悩んでいた時期はありました。中3になってからは、あまり気にしないようになっています。

先生が見放してしまうこともあり

成績の悪い子はどうしても出てきます。
中学受験時に成績がよかった子が、入学後に学校の教育方針についていけなくて、成績が落ちるということはあります。

面倒見のいい学校はありますが、あまりにも改善されないと言う場合は、その生徒さんへの個人指導などを行わないということもあります。

気がつけば、自主退学を学年が上がる時にしているということもあって、我が子のクラスでも2年生進級時にありました。

今、我が子のクラスでは、塾や通信教育で勉強不足分を補っている子もいますが、1クラスしかないということから、ある特定の科目が得意な子が、赤点に悩んで見捨てられた子に対して、面倒見てあげるという「助け合い」をしています。

他の学校はどうか知りませんが、先生たちのやり方を一番よく知っている子供達が協力し合っているというのもレアなケースなのかもしれません。


意地悪な先生がずっとつきまとう科目もあり!

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

公立中学校や高校でもあるかもしれませんが、私自身は高校から私学でしたので、事情はよくわかります。私の高校時代、英語グラマー(英文法)で、意地悪な問題出題や宿題、小テストでの意地悪をされて、イラっとしたものです。

結局、その先生の出題傾向を分析して、「ここ出してきそうだなぁ」という点を見つけ出して、低い得点続きだったのを、覆したという経験はあります。
私立だから、「意地悪な先生はいないでしょ」と見てはいけません。

強烈な先生は確かにいて、かなり意地悪をふっかけてきて、生徒を困らせる先生は確実に各学年に1人はいます。

その先生にどう立ち向かうかというのは、科目ごとで変わってはきますが、子供さんからの話を毎日聞いてあげて、どう対処していくかを話し合ってみましょう。

あまりにも理不尽対応をする場合は、三者面談がある時や、クラス別の保護者会が開かれる時に申し入れをすると、改善される場合はあります。

しかし、その先生がなんらかの特権をもっているという場合もあるので、子供さんからの話をよく聞いた上で、対応してください。(学年主任、生徒指導など生徒にとって怖い立場だと言いにくいですよね)


部活はできる限り入っておく

中3になると、高1とほぼ同じ扱いを受けるようになります。部活に入っているかどうかというのも、担任から注意を最近受けて、我が子は文化系のクラブに入っていましたから、問題はなしでした。

しかし、俗にいう「帰宅部」の子は、最近行われた2者面談でいろいろと言われて、困っていたと聞きました。ご家庭での事情で、どうしても部活に入れないということがあるので、もしいろいろと言われるようであれば、お母様から何らかの手段で、事情を伝えておくといいでしょう。

しかし、外部の高校へ進学を考えているというのであれば、部活に入っていたかということが影響することがあるので、できる限り部活に入っておくとよいでしょう。

部活といっても、お金があまり必要でない、週1、気楽に楽しめるというクラブは必ずあるので、できる範囲内ということで、入っておくのもよいですね。


まとめとして。私立中高は本当に独特の世界

中学受験自体が、大学受験とほぼ同格に難しいことを要求されてきて、入学先の学校が超難関校ということになれば、「勉強一筋」で頑張ってきたという子がいるので、友達との付き合い方など、少し感覚がずれてしまっているということはあります。

その影響か、中1時に一番学年内で問題が出て、我が子も一番中1がしんどかったと話をしてくれます。
特に我が子が在籍しているコースは1クラスしかなく、特定の教科や指導方針が違うので、厳しい指導内容に苦しむことはありました。

中2あたりから、徐々にみんなで協力するという授業が取り入れられたり、海外の留学生さんと一緒に授業を受けるなど、面白いカリキュラムがあったから、「助け合い」の精神が生まれたのだと思います。


しかし、「東大一直線!」という世界の学校では、どうなのだろうかと、私の中では想像がつかない世界です。

もともと東大や京大へという考えはなかったし、子供がやりたいことを最優先しての中学受験でしたから、あまりガミガミ怒ることはしていません。

学校でもかなりのプレッシャーをかけられるところもあるようなので、これから中学受験をする子供さんを持つご家庭、そして今入学したての子供さんを持つご家庭、いま一度選んだ学校について、学校見学会などで情報を仕入れておくとよいですよ。



1457ce7f83bde788881819ec4dbc5161_s

こんにちは。「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

今週月曜日(2018年6月18日)朝、大阪北部を震源とする地震が発生しました。


私はちょうどゴミ出しをしていて、「なんか揺れてるなぁ」と思っていたのですが、家に戻ると
セコムが鳴り響いて、近所に住む私の実家を見に行くと同じようにセコムの震災ブザーが鳴り響いていました。

ふと気がつくと、ちょうど子供が学校につきそうな時間ですが、学校が導入している登下校確認システムの「ミマモルメ」で登校したというメールがなかなか届かず、届いたのがかなり時間がたってからでした。

主人とはすぐに連絡がつきましたが、子供と連絡がついたのは、地震発生から1時間後。
スマホの所持は認められているものの、電車通学生は駅のホームから電源オフとなっているので、
子供の安否がかなり気になりました。

その後の対応がどのようになったのか、そして今回の震災での中学生以上のお子さんで
電車通学をしているお子さんはどうすべきかを紹介します。



あわてて学校へ電話をしないこと。子供からの連絡を待つ

我が家から学校まで電車と徒歩で1時間。
学校の規則でスマホ類の電源は駅のホームでオンオフするという決まりがあり、校内での使用は
禁止です。

どうしても心配だったので、学校に連絡を入れたのですが、やはりどこのご家庭も心配で
電話が通じませんでした。
もともと地震の直後は電話がつながりにくいものです。

子供の証言では、友達と通学中でしゃべっているとシャッターがガタガタ揺れて、
街灯が激しく揺れたので、その場で友達とカバンを頭に被ってしゃがんで揺れが止まるのを
待ったと言います。

揺れが落ち着いてから、前を歩いていたクラスメイトと急いで学校に走ってみると、
校内に入らないよう指示が出て、グラウンドでクラスごとにあつまり人数確認が
行われたと話しています。

全員の登校を確認して、校内の安全を確認してから、先生方で帰宅させるタイミングの
会議が開かれていましたが、どの路線も午前中は動かない状況でした。

子供が校門を通過したのは午前8時16分とメールがきたのはちょっとタイミングが遅れてからで、
無事は確認できましたが、慌てて学校に電話をしても学校もパニックを起こしていますので、
しばらくは待ちましょう。


スマホのスイッチオンの許可が出てからの対応

地震発生後2時間経過してから、子供から私のスマホに連絡がきました。

緊急事態ということで、学校側が特別にスイッチをオンにして、家族と連絡をとってもいいという
許可が出たということで、帰宅指示が出るかもしれないけれど、どうするかどうかを決めておくように
という話が先生から言われたとのことです。

学校の近くに叔父夫婦の家があるのですが、大阪市内の被害がどうかわからないということも
あったので、まずは家にたどり着ける路線がないか確認していたところ、大阪メトロの一部が
動くかもしれないということで、自宅から父の運転で学校まで迎えに行くことにしました。

子供はどうやって帰宅するかを伝えなければいけないので、子供には我々が迎えに行くことと、
着く前に連絡を入れるので、連絡が入ったら学校を出るよう伝えました。

自宅から学校まで高速を使えばあっという間の距離なのに、全ての路線は封鎖でしたから、裏道を迂回しながら走りましたが、トラックや普段は走ったことのない人が大量にきていたので、学校に辿り着くまでに3時間かかりました。

無事に子供を学校から出して、途中で大人たちは昼食を食べて帰宅しました。
帰りはちょうど高速の閉鎖も解除となっていたので、1時間たらずで帰ることができ、
その後、主人は会社を早めに出て徒歩で電車が動いているところまで行って、日の明るいうちに帰ってきました。

ちょっとこまったご家族も

実は、帰宅指示が出た時、まだ大阪メトロの一部しか動いておらず、大阪環状線・南海本線・阪和線・阪急電鉄など大手電車系は全く不通で最悪学校で泊まるかもという話が出ていました。

自動車で迎えにくる家庭に対して、学校側は生徒に同じ路線で通っている友達がいれば、なるべく一緒にいけるところまで乗せてあげてほしいという通達を出していたといいます。

しかし、実際はというと、子供のクラスメイトはほとんどが大阪メトロ利用で運行再開地域の子ばかり。
普段一緒に通っている友達は、その日スマホを忘れていたので、お願いされてスマホを貸してあげて同じ路線だから、帰れる所まで乗せてもらえたらと思っていたら、さっさと帰ってしまって、かなり不安になったといいます。

しかし、他にも帰れなくて困っているクラスメイトがいたので、気を紛らわそうと借りていた本を読んだり、ICT教育で持ってきていたiPadでWi-Fi不要のアプリで勉強していたということでした。

帰りの車で車窓から外を眺めていると、複数の生徒さんが車に乗って集団で帰っているのを見かけました。緊急時にはこういう助け合いも必要かと思うし、遠くから通っている生徒さんも多数いるので、学校側も生徒さんたちが帰る手段を報告した時点で保護者の方にもお願いすべきだったのではと考えます。



まとめ

私立校ではスマホやガラケー禁止という学校はまだまだ根強いのです。

震災の時は多いに役に立つのですが、そうそう震災は来ないので持たせるべきかというと学校側も
ためらうでしょう。

たまたま、子供の学校はスマホの持ち込みは基本禁止ながらも、今回は特別事情ということで解放してくれたので助かりましたが、クラス全員の帰宅ルートを把握していなかったために、子供が同じ路線の友達が先に帰るのに帰れないということも出ました。

スマホの所有有無の問題よりも、学校側でも生徒たちの帰宅ルートの把握と、帰宅難民にならないような対策、もし帰宅難民になりそうと判断した時の対応は決めておいてほしいです。

同時に、家族間で帰宅難民にならないよう、震災でも頼っていける家や帰宅ルートは子供でも教えておくことや、夜間の移動は危険なので、コンビニなどに避難するなど安全対策を日頃から教えて起きましょう。

スポンサードリンク



↑このページのトップヘ