google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

制服変更

321a6dd6da1bfd14c78be2fae6ce331a_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もう来月は12月。関西は1月が受験本番で、関東は2月ですよね。
関西の私立中学校を受験する子にとっては、今がいちばんん焦るときではないでしょうか?

もう志望校の入試説明会に行かれたはずですが、在校生では、「え!そんなばかな!」というお知らせが来て、保護者としてびっくりすることが多々出ています。

ほんの一部ですが、紹介しましょう。
今後は、もっと変わっていくことも増えるはずです。


え? 男女共学に変わるーーーー!

関東はどれぐらいかは謎ですが、関西圏の大阪にある学校で、男子校・女子校と男女別々の学校は、ほんのわずかになっています。

男子だと、
  • 大阪星光学院
  • 清風学園
  • 興国学園
  • 明星学院
女子だと
  • 四天王寺学園
  • 大阪女学院
  • 大阪・大谷学園
  • プール学院
とほんのわずかになっています。(もし間違えがあれば、ごめんなさい)
過去、桃山学院は男子校だったのですが、今は制服ありの男女驚愕にかわり、女子校では東大谷が場所も移転して、男女共学になっています。

トイレなどの設備変更が必要になるので、在校生には早めに告知されるはずですが、かなり在校生側は動揺することになりますね。

それと、共学化することで、学校の成績が落ちるかというと、学校の指導方針に揺るぎがなければ、偏差値に変更はでません。
しかし、超難関校であった清風南海が共学化した時にわかったことで、女子の方が勉強を頑張って、男子を抜くケースが多いという結果が出ています。

完全中高一貫校が高校からの受け入れもありとするケース

これは、関西では大谷中学・高校の話になります。
今まで、こちらの学校は、完全中高一貫校の女子校で、高校からの編入もしくは高校入学はなしとしていました。

しかし、来年度(2019年度入学)から、高校からの受け入れを始めるとし、80名を定員として、募集することが発表されています。
詳しくはこちらから

中学からの入学者と、指導スピードが違うということから、高校からの入学者に対しては、コースを別として、授業を行うとしています。

どのぐらい高校からの入学者が出るかわかりませんが、今後は、完全中高一貫校は消えるかもしれないということです。

このことについては、在校生のお母さんで、卒業生である方から「完全中高一貫教育がよかったのに」という不満の声は出ていると聞きます。

制服が高校から完全に入れ替わる学校が増えている?!

これは、最近制服で学校を選ぶお子さんも増えての対応と、高校からの受け入れ枠がある学校での対応です。

ネクタイやリボンだけを変更する学校は、少額で高校への進学時に済みます。
中学は学ラン・セーラーだった学校が、高校からブレザーに変更となるのが、定番化しています。

中高一貫校としても、高校進学時に入学金を納付しなければ学校がほとんどで、さらに制服の変更があるとなると、中学の入学時とほぼ同じぐらいの金額がかかると考えておく必要があります。

ですから、入試説明会の時に、高校進学時の制服変更の有無は聞けなかったとしても、入学説明会の時などで、聞けるタイミングはありますが、ホームページでも制服の変更などは見れるので、チェックしておくとよいでしょう。

ちなみに、先ほど紹介した大谷中学・高校は、来年(2019年)高校進学するお子さんは、セーラー服から新しいデザインのブレザーへ変更となります。

金額については不明ですが、かなりいろいろと購入するものがあるようなので、親御さんも驚いていると聞いています。

まとめに、変更があってもブレないこと

希望した学校に、様々な変更が出たとしても、学校側の運営がしっかりしていれば、学校の評価が下がるということはありません。

ただ、入学してから多くの変更が発生するようでは、少し考えなければいけないかもしれません。
基本としては、制服や共学化については、親御さんとお子さんとの話し合いで、その希望校を受験するかは、しっかり相談してください。

気をつけて欲しいのは、学校長がしょっちゅう変わっていたり、やたらと受験直前まで入試説明会を行なっているところは、学校運営に問題がある可能性はあるので、見極めるのは難しいかもしれませんが、説明会の時の様子などを思い出して、判断してくださいね。





e0cb44d94d9722bafbcdb42ce19c83d1_s

どうも!「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験生は、夏期講習もどんどん重要単元に突入して、必死になっている季節でしょう。
同時に志望校を絞り始めている時期でもありますね。

この時期に、見学会を特別に開く学校はあります。
同時に、新聞社などの主催で合同説明会が開かれることがあり、参加校の制服を見ることや、今の成績で十分合格できるかの判定を、気になる学校の相談ブースが設けられていて、効率よく志望校の情報を得ることができます。

受験は、本人の夢が最優先なのですが、女の子が気になることは、「制服」と「トイレのきれいさ」と言われています。

最近になって、老舗の女子完全中高一貫校だった学校が、高校からの受け入れを開始することを発表し、制服も今までセーラー服だったのを、高校からはブレザーという方針にすると発表されています。

制服問題も子供さんにとってはショックなことですが、親御さんがその学校への思い入れが強いと、受験にも影響がでるかもしれません。
ということで、私が知り得た情報ということで、制服や高校からの受け入れ変更がどのような影響を与えるかを紹介します。



完全女子中高一貫校から、高校からの中途入学を認めた「大谷中学校・大谷高校」

大谷中学・高校といっても、「大阪」にある完全女子中高一貫校である方の大谷中学・高校でのお話です。
ここの学校は、かなり歴史が深く完全女子中高一貫校で、高校からの入学は一切受け付けないことで有名な学校でした。

我が子も見学会や説明会に参加しましたが、高校からのお子さんを一切取らない(帰国子女は除く)ということで、卒業生のお母さん・おばあさまからの支持に支えられている学校でもありました。

医学部・薬学部を目指す「医進コース」や有名国立・公立大学や私立大学を目指す「特進コース」、英語など海外での実力を発揮するように指導する「凛花コース」と別れていました。

ある口コミ掲示板で「来年度から高校からの入学者も取るのが残念」という書き込みをみましたので、早速公式サイトをチェックすると、来年度(平成31年度)から、中学からの進学組とは別に、新たなコース2コースで、入学者を募るということを発表しています。

大谷中学校・高校の公式サイトはこちら

「プレミアム文理コース」と「アドバンス文理コース」それぞれ40人合計80人を取るとし、中学からの進学組と同じ制服とするとしています。現在は中学生・高校生ともに、黒にブルーのネクタイのセーラー服ですが、来年度から内部進学する子は、高校からの入学者と同じブレザーに買い換えることになり、今中学校に在籍している子は、高校へ進学すると制服や靴を買い換えるということになります。

中学生在籍組からは反発の声もあり

IMG_0015

ちょうど、説明会に参加した時に制服を撮影できたので、パチリ!
ですが、この写真3年前の写真です。説明会では、子供が入学する年の子が高校へ進学の時に制服変更を行うと発表されていました。

ところが、口コミサイトや公式サイトを見ると、来年度(平成31年度)高校入学者に適用となっていました。しかも、「特進コース」と同レベルのコースを高校からの入学者に対して設けるという話です。

ということは、中学から「特進コース」に在籍している子にとっては、少々高校にあがってからは、強力なライバル的な存在となります。

ちなみに「医進コース」「凛花コース」は中学から特殊プログラムで授業を進行しているので、高校からの入学者が入ることはできません。

一番怖がっているのは、「特進コース」にお子さんを入れている親御さんが不安を感じるのではないかと見ています。
まさか完全私立の女子中高一貫コースだった学校が、伝統をやぶることをするのですから、卒業生のお母さんで、お子さんを「特進コース」に入れて入れば、脅威になるでしょう。

高校からの入学者を入れることで何が起きる?

321a6dd6da1bfd14c78be2fae6ce331a_s

唯一、完全な中高一貫校を貫いてきた学校なので、この学校を知っている方にとってはびっくりでしょうし、中学受験で大谷中学を受験して、不合格したお子さんにとってはリベンジ受験のチャンスは出てきます。

ここで、問題となるのが、高校からの入学者を受け入れていない、いわゆる高校入試を行なっていないので、赤本類は一切ないという状況下で目指すことになります。

学校側も、ホームページで模擬テスト会を開いてくれるというイベントは開いてくれますが、塾側も多少は情報は得ているはずなので、もし受験を決めるなら、学校側が開くテスト会などは積極的に参加して、情報をもらうのが必要でしょう。

入学後は、実際に入学生が入ってみないとわからない部分は出てきますが、急に完全中高一貫をやめてしまったというのが、不可解なところで、何かに慌てているようにも感じました。

少子化ということですが、大阪圏では有名な「四天王寺中学」「大阪女学院中学」「帝塚山中学」などに人気が偏りつつあり、「西大和中学」「清風南海中学」といった共学でもハイレベル学校にも、生徒さんを取られているという背景もあります。

そこで、高校からの受け入れを解除したというのも考えられますが、寝耳に水の状態で、保護者の方はびっくりされたのではないでしょうか?

まとめとして

高校からの受け入れを決めた経緯はよくわかりませんが、全校保護者に説明があったのかというのは謎です。

しかし、口コミサイトに上がっているということは、説明会など受けた可能性はありますが、突然の話では驚きもするでしょう。

徐々に女子校も減りつつあり、最終的には男女共学にもなりかねないでしょう。

他の学校も、少子化の影響で徐々に共学になる可能性はありますが、伝統的な学校なら、やはり、男子校・女子校と単独で頑張ってもらいたいものです。

スポンサードリンク




↑このページのトップヘ