google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

制服

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

10連休という、今まで経験したのことのない長期連休で、まだまだ休み疲れが取れないと思います。この春、私立中学校(国立・公立も含む)へ入学した子ども達は、これから本格的な授業がスタートに立つ時期です。

我が家は中3ですが、上の高校へ大きな問題がなければ、簡単なテストを実施の上で進学となりますが、すでに高校進学にあたっての注意を受けています。

さて、新1年生の子どもさんを持つ親御さんにとって、子どもさんのことは大変気になるし、大学進学について、すでにご家庭でかなり先取り勉強を行なっているところもあるようです。

なぜ、そういう情報がくるのかは、SNSで過去に「中受垢」として運用していた親御さんが入学後も、細かい情報を流しているからです。

少し間違えれば、子どもさんの身の危険にもなりますので、なぜSNSで入学後のことを発信してはいけないか、どこまでなら許されるかを解説します。


男子校・女子校へ子どもさんを通わせている場合は要注意!特に女子校

f82862a5b4e5e47b5a808cd73060f59e_s

長期間の中学受験準備で、希望の学校に入学できたと大変喜んでいる親御さんは非常に多くて、SNSで子どもさんの学校生活を報告している方は結構多いです。

しかし、細かい授業内容や制服の話、特別な学校行事についての話をSNSで書き込んだり、写真を流してしまうと、個人特定に繋がってしまいます。

筆者は、近畿圏でも神戸・大阪・和歌山のいずれかに該当しますが、子どもの学校の話を書いてしまうと、すぐに特定可能です。

例えば、大阪での事例をあげれば、大阪府の私学課が学校数を公表していますが、
男子校は3校、女子校は14校、共学校46校、合計63校と認定しています。

参考資料:大阪府 私立中学校の一覧

男子校は非常に減り、女子校も減りつつあります。制服について、憧れの学校の制服が家に届けられたりすると、親御さんも気分がアップしますよね?

写真は載せずとも、詳細を書いてしまうと、女子校の場合はすぐにバレてしまうことが多いです。少し変わったご趣味の方がいるので、すぐにバレてしまって、怖い目にあうことも考えられます。

まだ、登下校で先生方が見守りとして立ってくれる学校はありますが、ある時期になると、やめる学校も多いです。クラブ活動で帰りが遅くなる場合は、集団下校をさせている学校がほとんどでも、駅でそれぞれ別れてしまうと、ひとりでは不安になることもあります。

関東圏の場合は、事情が変わってくるのかもしれませんが、あまり学校行事や制服について、細かい情報を書いてしまうと、どちらにせよ危険ということです。

先取り自主勉強はいいけれど、学校のペースに合わせること

f74e4b3ecdb28c595d2f33662fc16609_s

お子さん自らが、自主的にすでに中2で習う内容を勉強されているケースはありますが、授業との誤差が出すぎてしまうと、今は大丈夫でも、将来的にどこかでつまづきを起こして、成績の伸びが止まってしまうことがあります。

私の子どもの部活友達の友人が、入学したての時に、このパターンで自主的に短期間で、中2の内容の勉強をしていたのですが、2学期以降急激に成績が落ちて、親御さんがかなり叱りつけてしまったために、不登校となったケースがあります。

その子は、結局学校でのカウンセリングなどで、「学校が教えてくれるペースで十分だ」と気づいて、先取り授業は、学校のペースに合わせるとして、部活も子どもの所属している部に入ってきてくれたということです。

実は、学校の考え方次第になるのですが、多少の加減をしながら、高2までには高校で習うことを終わらせて、高3は大学受験に備えるようにカリキュラムを組んでいる学校は多いです。

親御さん側がかえって、お子さんの早すぎる先取り勉強にブレーキをかけて、中学でしかできないことをさせてあげる必要があります。

1学期の成績で、部活や特別研修旅行をやめさせない!息抜きの場所は確保

学校によっては、7~8月に中1でも参加できる海外への特別研修旅行を実施するところはあります。我が子の学校は、中1生は参加できませんが、参加するにあたって「成績が下がったからと、研修旅行に参加取りやめはやめてください」と注意されると聞きました。

同時に、中間テスト・期末テストで、成績が落ちてしまうと、親御さんが部活を休部もしくは退部させるケースも多くあります。(学校側から休部するよう指導する学校もあります。)

中間テストは、まだ中学生活というより、自分なりの中学での勉強方法が確立できていないので、どうしても入試の時より下がることはあります。

自分でできるコツが発見できれば、すぐに成績は上がってくるので、楽しみにして入った部活や特別研修旅行などは、成績が悪くても一度許してあげて、その後の成績のあげ方を一緒に考えてあげましょう。

ちなみに、我が子は初めての入試はむちゃくちゃ悪かったのですが、部活はやめさせず、勉強方法を見直してから、期末テストはかなり成績があがりました。

秘訣はというと、電車通学ですから、暗記ものは電車の中で全て行い、学校で勉強した方が覚えやすい科目があるらしく、わかりにくいところは、先生に放課後に聞きに行くようにしたからです。
「自分からわからないところは聞きに行く」という癖は、中2以降も大切です。

簡単にまとめましたが、もうそろそろ落ち着きませんか?

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

子どもさんが、新しい学校生活に順応しようとしている時なので、SNSに細かい情報を流すことや、子どもさんが自主的にしていてもやっている「過度な先取り勉強」、一時的な成績低下で心のゆとりを奪ってしまうのは、子どもさんには何もとくなことはありません。


特に、SNSで写真をアップしたり、学校行事について細かく書く方、制服の様子、隠語での学校名表示、こちらが一番怖いです。

本当に、子どもさんを危険に晒してしまうことになるので、すぐにやめましょう。

そして、せっかく頑張って入った学校なので、息抜きをさせてあげるよう、逆に親御さんが今度受験モードから切り替える時期です。

切り替えることはなかなか難しいことかもしれませんが、もう新しい生活そして、上の高校進学へと繋がっているので、学校の気風に馴染めるように親御さん方もチェンジしていきましょうね。

スポンサードリンク

ca85ad6c47c20811eff52ceca6c75098_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。
中学受験をした子どもさんは、ぼちぼちと卒業のことと、中学入学への準備が始まっていることでしょう。

卒業・入学シーズンに「これはどうしよう」という問題が「学校制定品」の今後のことです。
小学校卒業時には、ランドセルのその後問題があり、私は過去に、娘が使っていたランドセルを、クラレさんに寄付させていただきました。

関連記事:※「6年間使ったランドセルを寄付しませんか?

今回は、公立私立問わず、そして中高問わずに、買い取ってもらえるお店があるかとリユース品として購入できるお店を紹介します。



制服の買取やリユースにはちょっと気をつけて欲しいこと

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


メルカリやラクマなどの売買サイトやオークションサイトでは、学生の制服・体操服の売買は、クリーニングをしていても売買禁止としています。

「出品禁止品」という決まりごとを見ていただけるとわかるのですが、制服・体操服については、出品しても即削除されて、最悪アカウント凍結になります。
理由は「青少年の健全な育成のため」ということです。
売買サイトやオークションサイトは、今や中高生でも利用できるようになっていることもあります。

制服類の買取やリユース販売は、「公安委員会」の許可制になっています。
「子どもの制服に金銭的に困っている方」が買うのではなく、変わったご趣味の人の需要はあり、有名校やお嬢様学校などになると数十万円で取引されるケースもあります。

公安委員会の許可を受けて買取をする「制服買取専門店」「リユース販売店」であれば、買取価格や販売価格が明確にサイトもしくは実店舗で掲げられていています。
買取が決定すれば、持ち込みかお店が用意する梱包キットで送ることになり、買い取ってもらえれば、指定した振込先、もしくは現金で渡していただけます。

公立・私立、中高に関わらず買取をしてくれるし、リユース品として販売もしていただけます。
カバン類などの小物もあれば、一緒に売ることはできますが、損傷がひどいものは流石に断られるので、注意してくださいね。


買取専門でオススメなお店

まず買取のみのお店で、実際にサイトなどで確認してオススメできるお店を3店紹介します。
3店ともに公安委員会および古物商取り扱い免許を持ったお店です。


第1位:スクユニ

img_sukuyuni

中高生の制服買取専門では、一番人気のお店です。
人気の秘密としては、だいたいの制服の査定相場を書いていることと、多少のほつれや汚れがあっても買い取ってくれることです。
査定時間も早く、高額査定になるコツも書いています。

第2位:リユース758
img_reuse758

買取専門店ですが、こちらも査定のスピードは早かったです。しかも、買取が決定すると、お店に送るための梱包材を用意してくれますし、一番の売りはLINEでの取引ができるので、LINEを使いこなしている人にとっては便利でしょう。
こちらもだいたいの買取価格を提示しています。

第3位:制服屋
img_seihukuyasan

こちらも公安委員会の許可を受けて、制服の買取を行なっています。
LINEでのやりとりや、梱包材の準備をしてくれるという点はいいのですが、企業様の制服の買取も行なっているので、制服以外の買取にも力を入れているようでした。

この3点に全て共通していることは、
  • 冬・夏一式セットでの買取は高額になる
  • 体操服の買取もする
  • 部活で着用していて不要になったものも買取OK
  • カバン・靴・校章もあれば一緒に買取OK
  • ネーム入りのものは、外して個人情報は漏らさないようにする
という点です。体操服やネームが入っていると、個人情報が漏れるのではと心配される方は多いのですが、名前が書かれているものは、ネームは全て取り除きます。

ここからが重要なのですが、実は、制服買取店について、買い取ったものはどうなるのかと気になるでしょう?

買取専門店の場合は、怪しいご趣味の人にわたることはなく、リユース専門店へ売り渡すか、海外へ寄付するという活動をしていて、フィリピンやその他地域へと無償寄付が行われています。

カバンなども、日本製は品質が良いため、ランドセルの寄付同様に人気が高いです。

買取からリユースにまで特化しているお店「さくらや」

さくらやは、小規模ながらも全国展開しているお店で、買取専門ではなく、ネーム類の除去やほつれの修理をした上で、再販売(リユース)をするお店で、幼稚園から高校までと取り扱い範囲が大きいお店です。

取り扱いの制服の規模が大きいことと、その地域での人気ある制服の買取強化もしていることと、制服専門店で購入するよりも、リユース品ということで安めに販売してくれるので、「制服が高すぎて困っている」「買い直しをしたいけれど、高いしね」とお困りのお母さんへの、強い味方になることでしょう。

海外への寄付はもちろん、地元との交流もかねて、制服販売会も行なったりしているので、リユースでという方はこちらをおすすめします。

そして、制服の痛み具合がひどいし、売れそうにもない、でも何かの形で残したいというお嬢さんには、制服からポーチを作るサービスも行なっています。

さくらやのホームページはこちらから

高く売れる秘密と気をつけたいこと

高く売れる秘密は、
  • 冬・夏フルセット揃っている(リボン、ネクタイ類も)
  • 損傷度が少ない
  • 体操服類も一緒に売る
  • 制カバン・サブバッックもあればなおよし。
  • 制定の靴下で新品もセットにする。
  • シャツ・セーターもあれば出す。
  • 靴や上履きもあればよし
でしょうか?部活で来ていたものも、買取をしてくれるので、部活の用品購入で困っているご家庭にとってはよいでしょう。
特に「さくらや」はリユース販売に特化していて、扱っている年齢が広く、規模も広がっているお店なので、個人的には「さくらや」が安全なお店ではないかとみています。

気をつけたいことは、必ず「公安委員会認定あり」かを確認することですが、汗染みがひどくて、本来は引き取らないものを、高額で引き取るお店がまれにあります。
その場合は、怪しいルートに流れる恐れがあるので、要注意です。

思い出として残すもよし、社会貢献するもよし

買取やリユースについてはノーマークでしたが、調べてみると面白く、しかも良いお店は海外貢献や地域貢献(地元の手芸好きの人へのネーム外し依頼、地元での制服リユース品販売会)をして、人気を保っています。

ただ、子供さんによっては、「売らないで!」という強い希望から売らないご家庭はあります。
思い出が深いと売りたくなくなるのも当然でしょう。

私も自分自身の高校時代の制服とカバンは今も保管しています。
他のものは処分しましたが、思い出がたくさんある学校のものは、処分し難いものです。

我が子は、ランドセルをクラレさんが企画しているランドセルの寄付へとしましたが、その中に鉛筆やノートも入れました。

処分するも社会貢献としてリユースするもよしでしょう。

スポンサードリンク


ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s
 photo by 写真AC

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

昨日(2018年4月17日)全国学力テストが行われたと報道があり、小6と中3の
お子さんがチャレンジしました。
夏休み中に授業計画を立てやすいようにということで、結果発表は7月に出るとのことで
個人的には結果を楽しみにしています。

話は変わりまして、そろそろ中学受験をするご家庭で今年度が本番のお家では
志望校の説明会や見学会、公開授業などの日にちをチェックしているでしょうか?

すでに3月下旬から説明会をしている学校もあり、これから先の教育について
心配して、私立へ進学させたいという傾向も見受けられます。

学校で行われる受験生向けイベントでぜひ気をつけておきたいポイントを
紹介しますので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


志望校で説明会・見学会が1度しかない学校がないかチェック

以前は、説明会のみを1回しか行わない学校がありました。

説明会の時に、願書や募集要項などの書類や資料をいただけるのですが、
最近は、少子化・学校の人気度の低下などで、生徒確保の為に、
複数回の説明会を行うケースがあります。

見学会すら行わなかった学校が、今年度の募集要項を
ざっと調べてみると、今年度から見学会を行うところも出てきています。

見学会でも、保護者向けに簡単な学校説明会は行われるので、
学校の特色などざっくりとした情報は聞けますが、
本格的な試験情報や願書類の配布は、入試説明会で行われます。

もう小6ぐらいになると、複数校の候補を決めているはずですので、
通塾していれば情報も入りますが、自分でも説明会・見学会などの
日にちは確認して、絶対見ておきたい・資料が欲しいという学校は
ぜひ参加してください。

見学会では校内の様子や生徒さんの対応もチェック

我が家は3校見学会に出かけましたが、全て5月に集中しました。

日にちを確認してみると、全て重複することがなかったので、
それぞれ参加しました。

塾側からも言われたのですが、受付で
  • 受験生の名前
  • 保護者名
  • 学年(小5生でも参加OKの学校あります)
  • 通っている塾名
は必ず記入でした。

女の子の子供さんなら、かなり気にするのが「トイレ」
いまや洋式トイレで主流で、女子トイレでパウダールーム的な
場所がないと嫌われる傾向が出ています。

同時にお母さん方が気になるが「制服」で女の子供さんも
かなり気にする部分です。
それはやっぱりおしゃれに敏感な子ならチェックはいれますね。
お母さん達は、デザインはもちろんですが、手入れのしやすさと
金額面でしょう。

中高一貫校のほどんどが、いろいろと施設を作っている
学校だと、見に行きたいクラブの教室がわからないなどもあります。

OB・OG、PTA役員など大人は、大人目線からの
学校での生活などの相談会を行なっていますが、
一番よく見ておきたいのは、在校生の様子です。

よくしつけが行き届いている学校では、在校生の態度は
とても丁寧で、校内で迷子になった時の対応も早いです。

その中で我が子がとても気に入ったのが1校のみでした。

スポンサードリンク


公開授業・体験授業があれば絶対参加すべし

見学会や説明会とは別に、普段の授業公開をしている学校や、
中学受験で出題されやすい問題を使って、
その学校がどういう指導を行うかの体験授業があります。

私どもは、2校公開授業と体験授業(算数)に参加しましたが、
1校での公開授業は、英語でオールイングリッシュ!
日本人教員でしたが、学校の方針で英語の授業は英語しか使わないと
いう指導方法でした。
さらに、ベルリッツと業務提携をして、少人数制の英会話授業を
していて、子供がびっくりしてしまい、受験をするかどうか
迷う要因を生み出してしまいました。


もうひとつの学校は、体験授業が得意な算数を選んだものの、
参加しているお子さんが少なく、親の私たちも見学できました。

その時の様子でわかるのですが、余裕で早く解答しているお子さんと
途中でわからなくて鉛筆を投げ出しているお子さんとはっきり
わかります。

途中で投げ出してしまっている子は、レベル的に無理をしていると
いうことが考えられます。


あとで、きちんと先生の解説が入るのですが、子供の感想と
実際にその問題ができたかは必ず聞いてあげて、志望校にするかを
決めるとよいでしょう。

(ちなみに、我が子は正答を出していて、教え方も上手だったと
気に入って、今の学校を受験して通っています)

入試説明会は1回だけでもOK!プレテストをするのなら行くと安心

大体のところで、夏以降から入試説明会に突入して、
その年の募集人数や前年度の入試問題、場合によっては
出題ポイントを少し披露する学校はあります。

ただ、入試説明会の回数が本校で行われるのに、複数回
行われる学校があって、毎回行かなければいけないのかと
いうことになりますが、子供さんの体調や、他校の説明会との
兼ね合いで1回しかいけないというケースはあります。

複数回入学説明会を行う学校には、少し裏事情があって、
学力が低下し始めている・学校内で内輪揉めがあるなど
生徒数が減っているケースで、生徒をなんとか確保する為というのも
あります。

*いきなり、完全中高一貫校だったのが高校からの入学者を
とるという方針に変わったり、人気を取り戻す為に
制服変更を行う学校がありますが、生徒数現象の影響もあるので、
合格後の学校生活に馴染めるかの判断にもなります。


入試説明会は出願方法と初年度費用が分かれば十分なのですが、
もしプレテストがあれば、参加しておくと安心はできます。

プレテストはいわゆる「学校が作った模擬テスト」できちんと
合否結果や弱点などをデータ化してくれます。
一応合否の目安にはなりますが、外部テスト結果・塾内のテスト結果を
総合して、塾の先生と相談してください。

まとめ

小5の子供さんはまだ見学会だけで十分なのですが、小6の子供さんとなると
最終の見極めになります。

もし体調不調で、1回だけの説明会を逃してしまった場合は、
学校側に事情を説明すれば、日にちを決めてくださって個別対応
してくださるケースはあります。

できれば、大勢の受験生の雰囲気を味わっておく方が、今後の
受験への姿勢について考えるいい機会になるので、
見学会や説明会は必ず出てくださいね。

最後になりますが、これらの行事は絶対親子で行くというのが原則ですので、
親だけ参加というのはやめましょうね。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ