google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

別室指導

movie_tokusatsu_kaiju
初稿:2019年12月7日
追加・修正:2020年6月23日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今ぐらいの夏前ぐらいには、中学受験をする子供さんはほとんどが中学受験に必要な特殊問題に取り組んでいるかもしれません。

学校で習うことをすでに終える「先取り授業」をするからです。

ところが、本番間近になって、いやそれより前に、塾や学校で「問題行動」を起こして、親御さんが悩んでしまうケースがあります。

小5でも出てくるのですが、小6で問題行動を起こしていれば、受験そのものに影響が出てます。さて、「中学受験での問題行動」はどう、そしてどこへ影響が出るかを私が把握している範囲で紹介します。



中学受験生特有の問題行動とは?

まず、中学受験をする子供は「先取り授業」を行っているので、小5ぐらいで小6の授業を塾でほぼ消化していることが多いです。

中学受験では、特殊問題が出るので、基本となる小学校での教育を早く終わらせる傾向が強いので、学校との授業速度が違って当然です。

すると、「塾の授業の方が楽しい」「もうそこ塾で勉強したよ」と、学校の授業を馬鹿にする生徒が現れて、授業妨害を行う生徒が現れます。

もしくは、塾でレベル別にクラス分けが行われますが、「授業についていけない」「先生との相性が悪い」など、その子が持つなんらかの気持ちから、塾の授業を妨害する子が出てきます。

妨害の仕方は様々ですが、代表例としては、「大声で歌う」「机をガタガタ揺らす」「他の生徒に手を出す」など、授業そのものを妨害することを行います。

学校もしくは塾で授業妨害を行えば、当然親の呼び出しはあります。

なぜ子供が授業妨害をしてしまうのか?

中学受験をする子供は、早期に入塾した子(小1から小3)に入塾した子は、先取り授業はまだ行わず、「勉強をする楽しみ」を教えていきます。

しかし、小3の2月から塾では「新学年の新学期」と捉えて、徐々に授業速度をあげていきます。その結果、小5では小6の授業をしているという塾は出てきます。

優秀な生徒なら、もっと先取り授業を行っているケースがあります。

学校で授業妨害を行うのであれば、
  • 担任の教え方が面白くない
  • すでに塾で勉強していることを、また勉強って面倒
  • もっと複雑な問題をしたいのにつまらない
  • 家で勉強したいのに、なぜ学校に出なければいけないのか
というところでしょう。
他にも、その子にとって、学校というものが「つらい場所」になっていて、不満の吐口として授業妨害を行うということはあります。

塾でなら、
  • 中学受験に対する考え方が変わった(中学受験をやめたい)
  • 指導する先生が気に入らない
  • 自分がいるクラスに不満がある
など、どこから手をつけていいかわからないというケースはあります。

ただ、学校や授業で「授業妨害」をする子の共通する点としては、「不満」があるということ。その不満は、何に対しての不満かというと、それぞれ違うのですが、親御さんが子供と向き合って、「なぜ問題行動をするのか?」を聞き出すことです。

解決策を見つけるしか「問題行動」をなくす手段はありません。

問題行動を起こすとどうなるか?

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

もし、問題行動を起こすと、学校では「別室指導」として、保健室などで個別授業を受けることになります。塾での場合は「退塾を考えませんか?」とかなりきつい話を出されることになります。

学年が低ければ、親御さんが「何が原因なのか?」と話し合いをした上で、問題行動をなくすことはできますが、もう受験間近での問題行動となると、学校はもちろん塾からも厳しい話が出てきます。

一部の中学では願書とともに「内申書」、出願時不要で入学手続き時に学校側から出す「6年間の指導記録」などでは、出席日数は参考程度として見ていきますが、あまりにもひどい「問題行動」を起こしている場合は、学校長や担任の考えによりますが、学校でした「問題行動」が記載されてしまう可能性は高いです。ただし、学校側の名誉ということもあるので、書かないかもしれないかもしれません。

問題行動については、我々保護者は内申書や指導記録などにどのように記載されるかはわかりませんが、合否に影響がでるかと言われると、「影響が出ないという確約はできない」というのが、私の意見です。

おそらく、出席日数と受験日の合格点が合否の決め手になりますが、その後の中学生活のは多少いろいろと言われるかもしれないでしょう。

まとめとして

92db84d25376aac9bc2879f8f90ce740_s


塾や学校で問題行動を起こすのは、親子関係や小学校での問題、塾での問題と、複雑な要素が絡み合います。

子供の問題行動は、「子供からのSOS」「助けてー!」という悲鳴と同じ物ではないかと思うのです。

中学受験は、かなり子供に無理なことをさせることがありますし、他の子供達と違うことをするので、反抗期が始まれば「どうして自分には自由がないのか?」と悩み出します。

性格としてはっきり言う子はいますが、言語化して不満を言えない子供はいます。

もし、問題行動が出てきた時は、親が冷静になって行動して、もし学校や塾で抑えきれない場合は、学校をしばらくおやすみさせるか、転塾できる時期であれば、変えると落ち着くこともあるので、慌てず落ち着いて、子供と相談しながら、中学受験と向き合ってください。

【追記 2020年6月23日】
この記事では「小学校時代に先取り授業をすることがつまらないことになる」とどうなっていくかを紹介しました。

しかし、私立校に入れば、先取り授業はもちろん行いますし、かなり学年相当から離れた授業を行う学校はあります。私立校は在籍生がどの大学や学部にいくことで、学校の質を問われるので、親がみていて「きつい内容」をみっちりします。

学校に入学してから、その学校の本当の姿に気づいてから「ついていけない」というケースが出てきます。

「ついていけない」となると、退学に繋がることになります。

公立小学校での授業と中学受験専門塾でのギャップに苦しむのが第一段階とすれば、希望の学校で「ついていけない」とギャップに苦しむのが第二段階と思います。

小学校時代と中高時代で「スピードの差」の感じ方が変わりますが、小学校であまり困っている様子でなければ、中高ではほぼ問題は出ないでしょう。

中高は、ちょうど反抗期まっしぐらの時ですので、急に「つまらない」「ついていけない」など、勉強を嫌がる時期は出てきます。

その時は、成績で持って痛い目にあうしかないけれども、親御さんは叱らずに「何がどういけなかったか?」とゆっくり話し合いを持つようにして、学校生活を楽しくする道を探ってみてください。

スポンサードリンク


b68d016d09e071d27f67b9a83d78017b_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子が通う学校は、基本完全中高一貫校ですが、本年(2019年)から3ヶ年高校過程コースができたので、少々事情が変わってしまいました。

ですが、中学から入学している子と高校からの入学者とでは、指導速度が違うので、高校で同一クラスになることはまずないです。

その前に、どの私立中学でも問題視されているのが「不登校」で、入学してから不登校になる生徒さんが少しずつ増えはじめているとも言われています。

中高一貫校なら、上の高校へ行くことはほぼ強制ですが、どうしても「無理」となることは多いですし、高校進学後に不登校になるケースも出ています。

中学受験準備中に少しでも頭の片隅に入れておいてもいい話ですので、紹介しましょう。



いじめがらみというより環境になじめないケースがほとんど

7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s


過去に当サイトで私立中学校でのいじめ問題に関する記事を掲載しましたが、「不登校の子って結構いるよ」という子供からの話を聞いて、驚きました。その後、冷静になって、不登校から脱出したものの「高校は別の高校へ進学する」という子が、私の子供に打ち明けた話を聞きました。

協力してくれた子は、国公立有名大学の目指す理系コースに入り、部活も大活躍していました。
しかし、違和感を感じたのは中1の後半。徐々に学校での学習についていけなくなったこと、学力定価でご家庭でかなり叱られたことなど、複数の理由から、ある朝突然起き上がることができなくなりました。

学校へ行きたいと思っても、嘔吐を起こすなど体調に異常が出て、学校に通うことができなくなりました。病院で検査をしても分からずで、小児心理に詳しい病院を紹介してもらいました。

受診したところ、「学校と家での成績のプレッシャーでつらい」ということがわかり、カウンセリングなどを治療を受けて、中2で少しずつ別室授業ながらも、学校に通えるようになりました。

その子は、うちの子と同じ部活でしたので、部活が息抜きの場所になっていました。ところが、「高校はもうついていけないから、やめるねん」という話を聞き、他校を受験する準備を始めています。

昔は、学費問題が中途退学や高校への進学をあきらめるのが多かったけれど、最近は「授業についていけない」「学校になじめない」という理由から、不登校になることが私立校で増えつつあります。


親と子の間での考えに隔たりはありませんでしたか?

21e97afeec4c84ebda939cb983ebc676_s

我が家が3年前いえもっと昔になりますが、小4の時に「中学受験をしてみる?」ということは、子供とはかなり慎重に話し合いをしました。

塾に通い出してから、親である私は確かに「この子にはこの学校に通わせたい」という夢はありました。

実際に通塾を始めてからの成績を見ると、私の思いとは裏腹でお世辞にもいい学力ではありませんでした。子供の考えを聞いてみると、私の考えとは違い、将来の夢も全く違うものでした。

そこで考え方を変えてみて、成績面や学歴面アップだけを考えるのではなく、「学校で何をしたいか」「将来の夢につなげられること教育を受けられるところへ」という考え方に変えました。

小5以降から、塾開催の説明会は多々開催されたのと同時に、ぼちぼちと「通いたい学校」情報を集めてました。小6から見学会などに行きましたが、好き嫌いがはっきりしとした子だったので、本命と第2志望までにとどめました。

実は、小6時に小学校でのいじめ問題で不登校にさせて、親の私が学校側と交渉をしました。いじめられ方がひどかったからです。この時の対応は忘れることはありません。

結局、一番気に入ってた学校に合格・入学後に、結構中1から中2にかけて、学年が変わる時に退学者が出たことや不登校時は出ました。そして中3では「別の学校に行きたい」という生徒さんの話も少し伝わっています。

「私立は面倒見がいい」と言われていましたが、今は「高学歴者を出す大学・学部」への思考が強いのか、子供と親の意見の食い違いが出てくるタイミングが受験前ではなく、志望校合格・入学後に出てきて、親子で悩むということが多いです。

無理をさせると逆効果。環境や親の考えを変えると子供は変わる

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

不登校になる原因のひとつは「心が疲れ切っていること」です。自分に合わない世界で「頑張れ!頑張れ!」とむちを振るうようなことをされてしまうと、子供はとてもしんどいです。

子供の心が疲れているのに、無理に成績をあげようというのは、無理な話です。それでは、もっと成績を下げることにもなるし、「自分って一体なんのために勉強しているの?」という学校へいく意味も分からなくなります。

面倒見がいいという学校でも、最近成績の伸びが悪い生徒を見捨ててしまう私立校もあって、入試説明会などの話と食い違っていることが出てきています。実際、我が子の学校の「エリートコース」で、塩対応があって、コース変更を希望している子さえ出ています。

不登校をなんとか克服しようとして、学校へいくものの、クラスでの指導速度についていけず、別室指導を受けている子も結構います。それでも自信を取り戻せない子はもちろんいます。

親としては、せっかく頑張ったけれど「自主退学」や別の学校に通わせるということは避けたいでしょう。

しかし、子供の気持ちを考えると、仕方のない対応を取らなければいけませんん。

不登校を続けさせるというのはよくありませんが、様子を見ながら、違う道を歩かせるということはできます。

最近注目されているのが、「フリースクール」です。中学は義務教育期間なので、フリースクールに3年間通うとしても、高校からがどうするかになります。

高校は義務教育過程からはずれるので、将来大学に通いたいとなると、大卒認定を受ける必要があります。

最近のフリースクールは、大学進学を希望している子供にも対応できるようにしていますが、「フリースクール」が不登校の子供を救えるかというのはというと、断言はしにくいです。

どうしても外へ出ることができない子もいるので、通信制で大卒資格をとるという道もありますし、もっと子供にあった道は調べるとたくさん出てきます。

大学入学がゴールではなく、成人して独り立ちできるまでが「まず学生時代の一旦終了」です。遠回りになっても構いません。

「自分が求めることを勉強できる。通いやすい環境。」を親も考えてあげて、一緒に見つけていきましょうね。


まとめとして

実は、今日から我が子の学年は修学旅行に3泊4日で出かけています。
帰ってくれば、進路についての調査が入ることになっています。修学旅行中は楽しいけれど、本当は心の中で葛藤している子もいることでしょう。

帰ってきてから、相談するということになるご家庭はありますが、修学旅行中だけは思いっきり楽しんで笑顔で帰ってきて欲しいですね。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ