fe871d451ff3496113050fb8ced48b39_s

photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@kyusaiwaker23)です。
どんどん、中学受験本番が日に日に迫って来て、学校の宿題どころではなくて、
受験合格を最優先に考えていることでしょう。

うちは、学校でのトラブルで不登校になり、その分は塾でフォロしてもらえて、
解決の方向に進むまでというより合格の声を聞くまでは不登校にしました。
(詳細は申し上げることは控えますし、問い合わせが来て一切お断りします。)

塾側も必死になるので、とんでもないことが発生してきます。
先日、お母さんが注意するべきことを紹介しましたが、
学校や塾とのお付き合いも出て来ますので、紹介します。



内申書が必要な時に中学受験がバレるけれど、気にしない

最近は、内申書提出を求めない学校が増えて来ていて、もし内申書を出せと言われても、
合否には影響は一切出て来ません。

もし見るとすれば、出席日数ぐらいで参考資料程度です。

ただ、小学校で書いていただかないといけないので、
中学受験をすることが知られてから書いていただけない先生は
一部にはいらっしゃいます。

拒否をすれば小学校のイメージ問題になるので、
拒否された場合は、校長先生に直接申し入れをすれば、
書いていただけます。

これは、合格後に小学校6年間の教育指導や健康記録を引き渡す為に
直接校長先生にお願いすることにもなりますし、拒否すれば
学校の問題になりますから、すぐに手続きをしてくれます。

塾の先生との連絡はしっかりと!

この時期に、成績がふらつきやすくなったりすることはあります。

親御さんとしても心配は出て来ますし、お子さんの精神面も
学校との兼ね合いで辛くなりがちです。

しかも、受験シーズンは小学校の冬休みの宿題もどんと出されるし、
塾の冬季講習や受験勉強の自習で、お子さんが疲れて、
塾での様子がおかしいと、塾の先生から連絡がくるケースはあります。

さらに、お子さんから「塾にいくのがしんどい」と
何らかの事情で通塾を拒否することがあるので、
少しでも異変を感じた時は、塾の先生が冬季講習などで忙しくても
合否に関わることなので、相談の時間をしっかり作ってもらいましょう。

学校の宿題は、忙しくても代行は頼まずに自分でやらせる!

冬休みの宿題は必ず出て、この時期に必ず中学受験者向けの
宿題代行業の仕事案内や、得意分野を「商品」として売り出すサイトで
「冬休みの宿題代行します!」という方は出没します。

しかし、その方にお願いしてしまうと、学校の先生は、
「この子が書いたものではない」とすぐに見抜いてしまいます。
中学受験そのものには影響はでませんが、
お子さんのためにはなりません。

我が家は、一応不登校中に専門の先生が来てくださって、
宿題を持って来てくださって説明を受けて、
きちんと学校の冬休みの宿題はしっかりとやりました。

というのは、中学受験でとっくの昔というより小6の春には
完了しているので、今更っていう感があるので、すぐにできるから
一種の中学受験前の軽い頭の体操にはなりますし、書道が出ていれば、
息抜きになります。

忙しい中でも、基本に戻れるタイミングになるので、冬休みの宿題は
しっかりやってもらいましょう。

受験前に学校に行かせるべきか、休ませるべきか?

中学受験をするとなると、まず塾の先生に「3学期の受験時は休ませますか?」
と聞かれますが、親御さんの判断次第だと考えます。

学校に行けば、焦っているのに学校の宿題やインフルエンザの心配が出て来ます。

家にいれば、体調面の管理はできるし、中学受験することを知っている
クラスメイトからの嫌がらせなどの精神面フォローはできます。

我が家のケースは、学校での問題があったので、解決できるまでは
学校には行かせなかったことが、かえって精神面の安定になったし、
塾へ行く時間が増えたので、助かったというのはあります。

こればかりは、私もはっきりとした回答が出せないのですが、
直前の1週間だけでも学校をお休みさせてもいいので、
お子さんとお母さんとの話し合い次第になってきます。

お子さんの精神面など普段の様子から判断するしか方法はないでしょう。


まとめに

これから12月後半が塾側もデットヒートしてきて、親も大変になってきます。
夜遅くまで勉強をするということになりますが、実は12月ぐらいから
夜中モードにせずに、徐々に朝方モードに変えてやる必要があります。

受験は午前中スタートで、家から学校に向かう日は、かなり早朝に
出発しなければいけません。
我が家では朝4時に出発しました。

塾の先生も、普段は優しい先生が必死に生徒さんを合格させるために、
頑張るのですが、頑張る方向性がおかしくなる時もあるので、
お子さんの話は、この時期はしっかり聞いてあげて、然るべき対応が
必要な場合は、対処方法を考えてくださいね。