google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

入学前

304d074c83319742fc1d8943814ef588_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

関西圏の中学受験が終わり、今度大きくくる中学受験の山は、2月始めの都内の私立中学校の中学受験でしょう。

まだ地域によっては、中学受験中というところはあり、そして全ての受験が終了して入学手続きを終えている方も多いことでしょう。

我が家は、現在私立中高一貫校の中3で、そのまま上の高校へ進学するので、高校への入学手続きがそろそろ始まります。書類もいただいていますけれど「納得が行かないことが多いなぁ」というのが正直なところで、正直にいえば「この学校に子供を預けていいのか」と考えています。

この3年間の学校の様子をみて「本当にブラックな学校はある」とわかりました。

すでに中学への入学手続きを済ませた方、これから中学受験に向けて勉強を進めている方に「もしこういう点があれば」ということで、ご紹介したいと思います。

途中で嫌になって、家族で泣きをみるというのはつらいことです。



校長・教頭が変わると、学校方針や先生の態度も変わる

「え?そうなの?」と思われる方もいるでしょうけれど、校長・教頭が変わると、学校の教育方針がガラリと変わります。

例外として、仏教系でもお寺が運営している、キリスト教なら修道会が運営している場合は、それほど教育方針のブレはおきませんが、つい最近、仏教系の学校でも学力重視をしているが為に、手厳しい教育方針をとる学校はあります。

我が子の学校の場合、学校見学会や入試説明会の時は、温厚な校長先生と教頭先生でしたが、入学してから、男子校から招いた校長先生と教頭先生に変わり、すっかり学風まで変わってしまいました。

異常なぐらいに医学・薬学コースに対して熱心な指導をする為に、他のコースに、指導が上手な先生が配置されにくくなります。

子供のコースでも、中2までは科目によっていい先生が配置されて、毎日笑顔でした。中3になってから、いい加減な指導をする先生や、「自分の世界」を作って生徒がどう対応していいのか困る先生もいます。

ところが、医学・薬学や有名国公立大学を目指すコースであっても、生徒が泣きをみるというケースは多々あります。

「面倒見はいいですよ」といいつつできない子を置き去りにすることも

子供が、去年の夏にたまたま海外語学研修旅行に参加をした時に、別のコースにいる子と友達になって、インスタグラムや教室でいろいろと話を聞くことができています。

説明会の時に気がつくべきところなのですが、異常に「東大!東大!」と何度も教務指導の先生や校長先生が話していると、受験時にどんなに成績がよくても、入学後に成績がおちれば、簡単に生徒の質問などに応じない先生は必ずといっていいほどいます。

母親である私は、高校から私立でしたが、質問に気軽に答えてくれる先生はいたけれど、成績がよくても塩対応をする先生はいました。その時は、自分で先生の癖を見抜いて、どういう勉強方法をすればいいかを研究します。

それができる子はいいのですが、成績が悪すぎると、本当に授業中でもひどい言葉を投げられて、不登校になって、最終としては学年末もしくは高校進学時に退学していきます。

しきりに
  • しっかりできないところは教えます
  • 面倒見はいいです
  • いじめは見つければすぐに対応します
  • 生徒の気持ちに寄り添います
と、入試説明会や入学説明会でかなりいうのであれば、簡単に生徒を見捨てていくという姿勢は見えてきます。

コース制の学校では、成績によってはコース変更を行うことはあります。昔は成績と本人の希望により、コース変更をすることが普通のはずなのに、なんらかの条件をつけてくる場合はあります。

納得のいかないコース変更条件をぶつけられるのであれば、その学校に対しての考え方を変えていく必要はありますし、もし中1・2年生、入学前に気づいたのであれば、進路変更はしてもよいでしょう。

これは実際に出ているのですが、厳しい指導のあまりに、授業についていけずに不登校になり、卒業近くになっている今の時期でも学校に来ていない子は結構います。

医学・薬学系でも、クラブに入ることを認めてもらえないこともある学校もあります。これでは、学校生活は「子供が優先」のはずが「学校の都合・実績」最優先になっています。

もちろん、このように学校の雰囲気が悪ければ、悪質ないじめや少し間違えば警察通報案件も出てくる恐れはあります。


威圧的な先生の対応・学校教育で問題があれば即相談

私の子供の指導教員で、話を聞いてみると「もうどうしようもない先生がいる」と数名の名前は聞いています。

学校を変えるかと考えたのですが、中3となってはもう間に合わないので、このまま上の高校へ進学はします。ただし、あまりにも塩対応が続くようであれば、都道府県庁にある私学課へ相談し、それでもダメなら、
※各都道府県の法務局でも対応していただけますが、受付時間に注意してください。

へ電話でまず相談してみてください。あまりにもひどい対応が学校で行われているという証拠を用意して、しかるべき対応はしてよいでしょう。

ただ、法務局といった公的機関へ相談したことによって、子どもさんやご家庭にとって不利なことが起きるかもしれませんが、その時は思い切って在籍しているもしくは、入学予定の学校を離れるのがいいと思います。

まとめとして。私立だけが全てではない

私は、自分が高校から私立で教育もしっかりした学校でしたので「やめたい」と思ったことはありませんでした。たまに、少し思想や思考が怪しい先生がいて、みんなで話し合って応戦したものです。

しかし、我が子が小学校で受けたいじめを考えれば、私立であっても「ブラックな学校」で問題はあるのだと思います。

特に私立校は、卒業生が有名大学に進学してくれることで、学生を集めるという「教育ビジネス」をしているところはあるでしょう。中には「今後の日本のために優秀な生徒を!」と昔通りの教育にこだわる学校もあります。

最近、驚くような話もちらりと入りますし、高校からの指導について奇妙な話も聞いているので、どの学校でもブラックになる確率はあるわけです。

「私立なら安全では?」と思われる親御さんもいらっしゃいますが、私立より実は公立校の方が実力がある地域もありますし、必ず中学は私立ということはありません。

このブログにおいて、中学受験の情報をお送りしていますが、最近の中学受験の傾向を見ていると、少々この先の私立中学の教育方針がおかしくなるのではないかと心配しています。

親御さんも、子供さんに中学受験を勧めて準備を始める時に、説明会などで少しでもおかしい情報が入れば、志望校について、子供さんが納得のいく進路を一緒に考えてあげてくださいね。

我が子はというと、迷いながらの進学ですが、自分で自分の道が開けない時はそっと手を差し伸べて支えて行きます。

スポンサードリンク


e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験が終わり、入学校から宿題が出されている子や、入学式前に学力テストがあり勉強している子、小学校卒業ということで遊んでいる子、それぞれいるでしょう。

制定品の購入などもあって、今が一番楽しい時期なのではないでしょうか?

で、ここからリアルな話になります。
私立中学校に入ってから、様々な真実を知ることになり、親御さん側でも戸惑うばかりです。

先日、ある記事で関西と関東との温度差も知ることになり、いやな気持ちにもなりました。
4月から中3生になる娘からの話と、私が保護者として考えさせられたことを、話しましょう。



合格発表で違和感を感じませんでしたか?

2年前に我が家は中学受験をしましたが、学校での合格発表は、ネットと学校での掲示板でした。

ネット発表は掲示板より1時間前から閲覧可能。掲示板は10時に学校内で出されました。
私たちは、親戚の家が受験校の近くだったので、泊めてもらって、ネット発表で確認してから、掲示板を見に行くかとしていました。

しかし、サーバートラブルで閲覧不可になったので、学校へ見に行くことにしました。

学校へ入れるのは、受験生と保護者のみ。受験票をもっていなければ、塾関係者は入ることはできませんでした。

掲示板で合格を確認して、塾側へ連絡し、私たち夫婦の実家へ合格の連絡をしました。
家族で記念撮影をしているところもあれば、不合格でお子さんをカバンで叩いて泣いているお母さんも見かけました。

さて、東京ではNHKでさえも中学受験での有名校の様子が報道されていました。
関西では灘中ぐらいで、灘中でさえも最近は校門までしか入れないという状況です。

それを明確にしてくれた記事がこれです。

※ 難関中学が合否をウェブで発表しない理由

これを読んで、「はぁ、ここまできたら、学校も塾もビジネスだねぇ」と呆れてしまいました。

つまり、難関中学はネット発表をせず、掲示板で合否発表をし、その様子をマスコミや塾側に撮影させることで、学校の知名度をアップすること、塾側は生徒を特定して嬉し涙を流しているのを撮影し、新年度の生徒説明会でPRとして流すというわけです。

知名度をあげれば、学校も塾もホクホクというわけです。

塾で悩みながら受験かと思えば現実はもっと非なり

娘がお世話になった塾は、私が高校受験時にお世話になった塾で、指導方針は知っていましたし、集団説明会でたとえPRビデオを見せられても、情に流されず、冷静に見ている人でした。

学校説明会で、PRビデオを見せられた時は、少々興奮はしましたが、常に冷静であるべしという姿勢で、資料などをチェックしていました。

塾はというと、学校のいじめ問題と並行して悩みながらも、受験勉強をしていました。
その後、希望の学校に合格し、楽しい学校生活が始まるかと思えば、現実はそうでもありませんでした。

クラス編成で、コース別でクラス分けはあるものの、そのクラス分けは、受験時の得点順で編成されているということを1年後に知りました。学校によっては、入学式前の学力テストでの点数でクラスを決めるとか。

学校によりますが、1年後に自分がいるクラスはどれぐらいのレベルのクラスかと知ることになります。

さらに、クラス内で友人グループができ始めると、どこの塾に通っていたか、目指していた学校や、小学校時代の話がわかります。

実際に、我が子のクラスで、受験3ヶ月前に家庭教師の人に教えてもらって、見事合格しているというお子さんもいるし、希望のコースに入れなかった子、有名塾で体罰を受けていた子など、様々な事実を知ることになります。

いろいろと言えるようになるのは、中2以降から

子どもも親も、学校生活に慣れるためには1年かかり、先生の癖や学校の方針を理解し始めます。
入学前の説明会と、実際とは本当に違いますし、「ヤラレター」と思うことは多々出てきます。

SNS上で、いろいろと分析をされている方はいますが、各学校の様子がわかるのは、中2の後半ぐらいからでしょう。

先生の質や、学校の本当の方針は、入学してからはっきり見えてきますし、中1と中2とで比較ができて、先生のレベルというのもはっきり見えてきます。

我が子の学校のケースでは、医学系コースや国立系大学を目指す子のコースでは、少しでも成績が落ちれば、部活ができないと聞きます。
それと、厳しい学校の授業がつらくなって、不登校になってしまう子や、別室授業を受けている子はいます。

塾でかなり厳しい授業を受けてきたはずなのに、学校の授業やテストが辛くなって、しかも息抜きになるはずのクラブを禁止されてしまっては、心の息抜きができなくなってしまいますよね。

さらに、学校が主催する海外研修旅行でも、成績が少しでも下がれば「研修旅行をキャンセルします」と申し出るお母さんもいると聞きます。

せっかくお子さんが希望したことなのに、参加できなくなるってのも、悲しい話です。

さて4月から中3になりますが・・・

終わりに。

我が子は、4月から中3にあがり、入学したコースが特殊コースなので、この3年間は、全くクラス替えはありませんでした。
その間に、退学した子はいました。

中3に進級する時に、まさか退学する子はいないとは思いますが、この2年間に退学した子は2人いました。入学前と入学後で違ったことからの退学でした。

今年の10月には、高校進学説明会がありますが、全員進学するのかどうかはわかりません。
中学の間に、クラスの中で団結ができたし、今更よその学校に移りたくても、勉強速度などが違うので、むしろそのまま上の高校へ進学する方がよいのです。

子どもがどういう選択をするかはわかりませんが、今後の様子を見守りたいと思います。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ