google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

個別指導


<初投稿日>2018年3月15日
<再編集・追記>2019年7月24日

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のぺんぺんです(@penpenwaker231)です。

2018年3月のTwitterで「くもわ、はじき」に関するツイートについて、個人塾の校舎の責任者さんが呟いた内容で、一時論争が出ました。

挙句の果てには、Twitterで話題になったことをまとめる「toggeter」がまとめに入りました。

toggeterで集められた意見や、私の友人や家庭教師をやっている知り合いからも見解を聞いてみました。
私(現在40代)ですが、「みはじ」を学校で習っています。

「子供をダメにする教え方か?」と言われると、中学受験で通用してもその後困ることも出てきました。

記事の見直しと同時に、私立中学へ入学した子供の後ほどの困り方も振り返り、この公式問題について紹介します。



70年代で習っている人多数!


Image
イラストbyペンペン

まず「みはじ」についてですが、私(40代)と同じ年齢や前後の方でなら、「あ、それ学校で習ったよ」「それ知っている」と言う声は多くありました。

「くもわ」は勝手に求める式を組み立てられたので、同じような図を書いて覚えるということはありませんでした。

小学校教育は、池上先生のある本では「ゆとりと詰め込みは交互にやってくる」と言われるぐらい教育方針は揺らぐので、学校で習うこともあれば、習わずに大人になってからはじめてこの図を見ることもあるわけです。

同じ年齢でも知らない方はいましたが、恐らくその地域で採用された教科書に掲載されていても教えなかったか、掲載なしだった可能性はあります。

完全否定する先生の言い分

「くもわ」「みはじ」の図式を完全否定する先生の意見をまとめてみました。

・そういう指導図式は文科省が許可していない!教育指導法に違反している!
  

・理科の教員からするとこの図嫌い!思考停止の解き方になる
 

と、この図を使った速さの公式を覚えるということは、今後、中学以降の数学や理科の計算に影響は出るというのが、それぞれの意見です。

中学受験では「お守り」、覚え方は公式ではなくひとつのヒント

「くもわ」「みはじ」を図で覚えても、中学受験で、簡単に割合を求める問題や速度に関する問題を出すわけがありません!

割合も、そのまま「くもわ」を使って解答できるものなんて一切出しません。


「みはじ」なんて、特殊算の花形の旅人算・通過算などで活躍するかと思えば、そのまま当てはめて解答することは不可能と思ってください。

問題を読んで、問題文の中から使えそうな数字を拾い出して、数式を組み立てていきます。

中学受験では、中学・高校レベルの問題を小学生が解答していきますが、「なぜ速さを求めるのに、この式になるか」と理論的に徹底して理解しておく必要はあると、子供が中学に入学してから気がつかされました。

あえて、書くとすれば、問題用紙やノートの片隅にお守りとして書くぐらい。

「みはじ」を公式と思われた方もいらっしゃるでしょうけれども、道のり(距離)・速さ・時間を求める時の式を思い出せない時のおまじないにすぎません。

他にも覚え方はあるから、この問題の図での覚え方だけが全てではなく、覚えやすい方法を塾の先生が教えてくれます。(例えば、ミッフィーはなぢぶーとかね)

今回のツイート主の目的は?

この件で、他の大手塾などTwitter上でアカウントを持っているかを確認しましたが、Twitter社認定の公式アカウントはありませんでした。

この覚え方に異論を流したことについては、「この図式で速さなどの公式を覚えてしまうと、将来困るよ」という警告のように感じます。

実際に、今回の図式で覚えて、入学した子が中学受験でもそして中学の理科で習う「食塩水の濃度計算」で戸惑ってしまうという現象が出ていて、我が子も中1の時に、つまづきました。

その後、主人が数学や理科を教えて、公式と「なぜこの式が成り立つか」という理論を解説して、ようやく納得して、得意な分野になりました。

この図式には「理論を覚えずに楽に考えられる」要素はありますが、入学後に再整理すれば、問題はないのではないかといえます。

今回の件で、次のようなツイートを流されています。


私もこの方のツイート内容には賛成で、型に当てはまる指導もあれば、
どうしても飲み込めない子の為に、コツをオリジナルで教えることも
塾講師の勤めで、個別指導ならば「オーダメイド指導」で
教えることだってできるはずではないのでしょうか?

まとめ

toggeterを読んでみて、むちゃくちゃな理論を展開している人はいました。

この「みはじ」や「くもわ」は公式ではないです。重ねていいますけれど、
公式じゃないからね!

理屈さえわかれば、この3文字から解放されるわけで、「お守り」代わりに知っておくだけで十分。
知らなければ、知らなくて十分!

まぁ、この大きく広がった問題について、本部がどう対応するか?
この覚え方を肯定的にしている塾もあるのだし。

小学校の授業の最後あたりで、中学受験問題を解かせようとする動きが子供の卒業時に教科書で出てきたけれど、効率的な解き方なんてもんじゃなかったです。

先生用教科書には参考書代わりになる「副読本」があって、
教え方なるものが出ているのですが、それでも教えられない先生が頼り
にするサイトだってあります。

日本の教育について、まだ低学年のお子さんのお母さんでも情報収集は必要というわけですね。

スポンサードリンク



4e85cd51451954b4f5b828519aa4bf9e_s



更新日:2018年2月23日
加筆・修正日:2018年7月26日

どうも! 「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。
来年度の中学受験に向けて、もう中学受験専門塾では夏は「合格をかけた天王山」と言われています。

我が家は、私が高校受験時に利用した塾が、中学受験対応もしていたので、個別指導コースで合格しました。生徒の様子をこまめにチェックして、少しでも異変がある、もしくはかなり深刻な問題が出た時は、迎えに行った時に聞かれるか、緊急懇談をしてくださいました。

個別指導であれ、集団指導であれ、中学受験をするお子さんを預かる先生の心のうちってどうなんでしょう?受験間近の時や、受験日当日と発表会にヒートアップしているご家庭を見ただけに、先生方の気持ちはどうなんだろうと、考えさせられます。

ブラックな面もありますが、ちょっとのぞいてみましょう。





中学受験を受け持つ先生ってどう?


中学受験最大手専門塾というと、
  • サピックス
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 浜学園
  • 馬渕教室
これらの塾は中学受験業界では、かなりの有名塾としてあがってきます。

もちろん、他にも中学受験部門で最難関中学への合格者を出している塾はあります。

集団指導では、実力と志望校とでクラス分けがおこなわれますし、個別指導だと、志望校とお子さんの性格や成績などを考えて、担当の先生が選ばれます。

中学受験は、高校で習うことを、小学校で習う方法で解くことが求められますが、なかなか成績があがらないお子さんを持つ保護者は、「先生が悪いんじゃないの?」と攻め立てることはあります。


中学受験は「特殊な受験ワールド」と理解している先生が担当しています。

不合格者を大量に出してしまうと、塾の信用問題に関わってくるので、塾は「正社員採用」のベテラン先生が受け持ちます。

インターネットでググっていると、「超有名中学●名合格!」
個人で経営している塾もあれば、特定の有名校専門の家庭教師を
している方もいます。

なぜ個人でできるか?

それは、教員免許を持っていて、自分自身が中学受験経験者であるからです。

塾で採用される中学受験担当の先生は、中学受験経験者です。

塾で超難関校合格者を出した先生が、実績を買われて、私立校の教員採用試験で採用される確率は高いです。(教員免許を持っていることは必須です)

相性などが合わずに困ることも


塾側の正直なところは、「超難関校合格者が多い!」と宣伝をすると、次年度の生徒呼び込みになります。

私は前年度の実績などは気にせず、見学と相談会に行ったことと、子供に体験授業を受けさせたことで入塾を決めています。
知名度と合格者実績で決める親御さんは少なくありません。

知名度も重要なのですが、体験授業を受けたのに実際に違ったという例はあります。

それぞれの教科に担当講師はつきますが、
  • 塾の体質そのものが厳しいところ
  • 講師の指導が塾の方針から離れている(かなりきつい指導を行う)
  • 生徒さんをきつく叱り続ける(体罰を加える先生もいたと聞きます)
これらの事情から、お子さんが塾に行くのが怖くなってしまうケースは多々あります。

逆の例として、お母さんやお父さんが熱心になりすぎて、お子さんの成績と志望校への合否が難しいのに、塾からのアドバイスを聞かずに受験をしているご家庭もあります。

中学受験の怖いところは、塾も親も熱くなりやすいということです。冷静になってみれば、ご家庭に不協和音を起こすことはありません。

ここまでバラすか!ブログ「中学受験をわらう」


81745c68.jpg
photo by 写真AC

合格後、偶然偶然見つけたブログ「中学受験をわらう」は、今読むと「あぁ、それ納得」ということでさらりと読みました。

都内で個別指導塾で講師をしている自称「黒い講師」さんが運営しているのですが、受け持っている教え子(もちろん匿名です)もう周りが見えていない親御さんへのきつい意見、塾の内部事情などが出ています。

かなりSNSも巡回しているようで、ブログ更新度は1日で15回している日もあります。

中学受験で合格を目指す親子を、指導者なのにかなり冷ややかに見つめ、分析しています。かなりショートなので、読みやすいです。

子供さんの実際の成績とかけ離れた学校を望む親。
親のいいなりになり続けている子供。
過熱しすぎている中学受験。

ブログでは特にこの3点を痛烈批判しています。

「黒い講師」さんは「中学受験に踊らされてる」家族や生徒を
匿名でさらして面白がっているのではなくて、要するに

「中学受験の中でいかにまともな精神でいられるか?」
という問題提起をして考えさせてるブログと見えます。

<最新情報>
「黒い講師さん」、実は2016年に本を出版されていて、賛否両論で今も買われています。


私は、最近書籍化されていることを知りましたが、ブログの方が充実しているという書評が多い本です。すでに受験を終えたご家庭なら、あえて読む必要はないです。今から受験を考えている、もしくは塾に対して疑問を持つお母さんには、塾の裏世界を見せることになるので、落ち込む方は出てくるでしょう。

私は、実際にこの手の講師の方から指導を受けたことはあります。あながち「黒い講師さん」の伝えたい中学受験の裏側を知るには、いい本かもしれません。

講師と話せるなら冷静にそしていい関係を!

6944985b.jpg

「黒い講師」さんも指摘しているのですが、お子さんの成績と志望校の偏差値が離れすぎているのに、
塾の学年担当の先生に相談しない、ヒートアップしすぎて、助言を受け付けずに、ランクダウンさせない親御さんが多いことです。

同時に、なんとしても合格させようと、大金をかけすぎて結局は塾の食い物にされている親御さんが多いということです。冷静な判断はとにかく必要なのです。

無理な受験の結果、見事に不合格になっている姿も隠さずに書いています。

我が家の例では、送迎時や塾で用意されている連絡用サイトで、それぞれの先生に相談をしていたので、無理とわかった時に、すぐに志望校を子供と相談して、納得のいく受験で無事に合格することができました。

中学受験は、本当に長期戦で精神力が問われます。

塾で困ったことは素直に塾へ相談し、決して攻撃的にならずに現実をしっかり見つめた上で、「中学受験」について考えていきましょう。

まとめ



子供が無事に志望校に入学し、友達がどんどんできてから、それぞれの塾の特徴や、ひどい対応などたくさん聞きました。

我が子が通った塾は、私が通塾していた時とあまり指導方針は変わらずで、居心地が悪くなるようなことがない塾でしたから、安心して子供を預けました。

私自身、「ココナラ」という自分の特技を売ることができるサイトで、
「中学受験経験者の母親から見た相談」開いています。

「中学受験関連」の相談部門は、かなり激戦で個人塾の講師の方が対応するサービスに、相談が集中しています。
私自身、「お試し枠」があった時に数人お伺いしたのですが、どう考えても受験自体が難しいというお子さんも見かけています。

→ご興味があれば、こちらをご覧ください。

「中学受験をわらう」は一見ひどい内容なのですが、支持される理由として、
・「中学受験」を甘く考えている家庭への痛烈な批判
・中学受験を終えた家庭からの共感

この2本柱で2014年から続いて一時閉鎖もありながらも、今も続いているのでしょう。

講師全員がブラックな考え方をしてはいないと信じたいのですが、現実はそう甘くはないということは、これから中学受験を考えているご家庭に知ってもらいたいです。

スポンサードリンク





627282325820ea34c1ea2df2f3c92842_s
 photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験のためにテストを受けて、入塾を済まされたご家庭。
まだどこの塾にしようか迷われているお母さん。
もしくは、すでに入塾しているけれど、ひっかかることをもつお母さん。

超有名名門の中学受験専門塾であれば、集団指導での指導になります。

ところが、集団指導コースがありながらも個別指導も引き受けるコースを
開設している塾はあります。

個別指導専門の中学受験対応での個人塾もありますが、
さて中学受験での個別指導はいいのかと悩みませんか?

お子さんによっては、個別指導が合うケースもあるし、塾側もそれなりの
対応をとります。

では、中学受験での個別指導で合格を目指すご家庭のために、メリットと
デメリットなどを紹介します。




中学受験で個別指導コースもありと考える理由

大手塾でも、個別指導コースを設けているコースはもちろんあります。
よく中学受験で名前が出てくる専門塾は、基本集団指導です。

なぜ、集団指導をとるかというと、「競争心をあおる」ためです。
まだ小学校入学したてのお子さんに集団指導は、小学校の授業の延長に
なります。

ただ、学年があがり志望校や自分の偏差値がわかって、成績が塾内に
張り出されると、「この子には負けたくない」という心理が動き初めて
「競争心」が生まれるわけです。

塾内で成績がさらされるということが苦手な子もいれば、いくら先生が
成績のことで、塾内で優秀な子との比較をすると泣き出すケースもあります。

この手のお子さんは、いつかは集団指導タイプの塾には馴染めなくなります。
そこでいいのが、個別指導です。

個別指導であれば、塾が責任をもって、お子さんの性格や勉強パターンなど
様子を見てから、合格できるようプログラムを組んで指導に当たります。

個別指導でも1対1と2対1のパターンあり

個別指導といっても、マンツーマンタイプ(1対1)と2対1とあります。

マンツーマンの場合は先生ひとりと生徒ひとり。
2対1タイプは生徒ふたりと先生ひとりで指導します。

2対1の指導は大丈夫かどうか、お母さんとしては心配ですよね?
我が家も個別指導組ですが、2対1指導と聞いた時は不安になりました。

塾でどう生徒を組み合わせるか変わってきますが、受験に必要な科目や
苦手科目によっては、同学年のお子さんと組む場合と、
中学生のお子さんと一緒という場合があります。

びっくりされるかもしれませんが、少しだけでも聞こえる中学生の授業内容が
中学受験に出てくるケースがあるので、受験校によっては、わざと
中学生と一緒に指導することがあります。


同学年のお子さんとの授業については、組み合わせ方は塾の考え方と
それぞれのお子さんの性格などを考えて、一緒に勉強するお子さんを
選びます。

我が子は国語で同学年のお子さん、算数と理科は中学1年生のお子さんと
一緒に指導を受けました。

指導する先生は、もちろん中学生の指導もできて、中学受験対応可能な
先生を選抜します。

マンツーマンの場合は、科目で講師を変える場合と全教科同じ講師の
ケースに分かれます。

志望校によってオリジナル教科書やコマ数を調整します

個別指導のいい点は、お子さんの目指す学校に対応する塾内での
オリジナル教科書を使うというところです。

個人で運営されている個別指導塾は少し事情がかわりますが、
大手塾の個別コースとほぼ同じ対応です。
もしくは、講師の先生が作成した教科書を使用するケースも
あります。

集団授業のお子さんと違うプログラムになることで、
気持ちとして楽に感じるお子さんが多く、一気に成績が
上がるケースはありますが、オリジナル教科書や指導が一番
そのお子さんにとっていいということがあります。

個別指導コースでの指導は、苦手科目ができて、なかなか
成績が伸びづらいという時期が出てきます。

先生から指導コマ数増加の話がでる場合はもちろんあります。
我が子も、小6の後半で算数の成績が落ち始めて、
担当講師と学年主任の先生からコマ数変更の話がでました。

かなり深刻だったのですが、金銭面の問題はもちろんでました。
先生方と話し合いの上、勇気を出してコマ数を2コマ増やすことで
話は落ち着き、子供の成績ももとに戻りました。

日頃から生徒の様子も見ているので、異変もきがついていて、
その時期に、子供は学校で深刻ないじめを受けていたので、
塾と相談して、精神面のフォローにも協力していただきました。

コマ数を増やすと確実に塾代は増えました。
しかし、いじめ問題を抱えていたので、何としても合格をさせないと
いけなかったということで、節約して塾代を出しました。

個別指導のいいところは、生徒の異変に早く気が付いて報告してくれると
いうところもいい点です。

親へのフォローは欠かさない

個別指導で大丈夫だろうかと思う親御さんは大変多いです。

私自身も、集団指導の中学受験専門コースに入れようとしましたが、
子供の性格上無理ということで、個別指導での指導をお願いしました。

最初は心配でしたが、子供がその日どういう授業を受けたかを
教えてくれなくても、毎月担当講師からの指導レポートが
送られて、弱点や講師から見た不安点が書かれていました。

レポートのおかげですぐに講師の方に連絡をとって、
自宅での勉強について、親がどう動くべきかを相談することが
できました。

同時に講師から親に「最近何かありましたか?元気がないようで」と
塾での様子を聞いて、子供に親にも話しづらかったことを聞く機会が
もてたので、助かりました。

集団指導でも、個別懇談会があって普段の授業態度などを聞けますが、
個別指導では、懇談会がありながらも通塾時に心配なことを相談しやすいので、
中学受験をするにあたって、個別指導でもいいですよ!

まとめに

我が子は、個別指導で最後までやり抜いて、無事にある私立中学校に合格しました。

今振り返ると、講師との相性がよかったこと、面倒見がよかったこと、私ひとりでは
無理だった精神面のサポートなど、個別指導ならではのいいところで救われました。

ふといろいろと見ていると、集団指導の有名塾に通いながらも、成績向上がないので、
個別指導塾もしくは家庭教師を使ったという方は少なくありません。

ただ、集団で授業も受けて、個別指導も受けて、家庭教師までつくというのは
小学生のお子さんにはかなり精神面で負担をかけるのではと心配します。

それならば、集団指導塾から個別指導塾もしくは家庭教師に切り替えるという方が
お子さんの成績向上がしやすいのと、精神面の安定にはよいです。

中学受験は長期戦で、精神面が一番不安定な時期の受験。
無理は絶対にさせずに、のびのびとした環境を確保してあげてくださいね。


↑このページのトップヘ