google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

体育祭

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日からコロナで自粛要請が出ていた「全国の移動」がOKとなりましたね。
地方の有名校への見学などもいけるかもしれないと、お考えのご家庭もあるはず。

しかし、まだコロナは終わったわけではないので、中学受験を目指す子供さんの学校はもちろん、受験先の学校も、厳重体制の中で授業をしています。

私の子供の学校も、毎朝の検温はもちろん、友達同士での会話、お昼の食事、部活動でできることの制限がついています。

一昨日、久しぶりの部活で今年の活動について、話があり大会などが開催されるかが問題となっています。

中学受験関連にも、多少の影響は出ると思われますので、こちらで知り得ていることをお伝えします。
なお、感染状況によっては、中止となることもご理解ください。



オンラインでの授業見学や説明会の導入

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

親御さんでも、仕事で在宅勤務をされている方はオンライン会議をされている方は多いでしょう。

学校によっては、三密を避ける為に見学会や入試説明会をオンラインで行う学校が出始めています。

願書類の発行については、学校ごとで変わるものと思われるので、志望校のホームページや説明会でしっかり確認して、指示に従ってください。

願書提出は、今後は親御さんが提出しにいく・郵送のみとする学校はあるかと思います。
コロナのことを考えると、今後はネット出願を採用する学校がますます増えることでしょう。

子供の学校は、あるクラスの授業をオンラインで公開する予定で、ネット回線の問題上、人数を制限して公開するとしています。

学校で行う説明会や出張説明会は、今年は日にちや時間を分散させる傾向にあります。
なるべく3密を避ける為です。

気になる学校を一度でも見たい場合は、ホームページで必ず実施スケジュールは確認してください。

文化祭・体育祭の見学が今年はできないかもしれません

学校によりますが、すでに文化祭や体育祭を中止もしくは生徒のみで実施した学校はあります。

中止にしていたけれど、生徒達の声でオンライン文化祭を開いた有名こうさえあります。

9月以降に文化祭や体育祭を行う学校は、感染状況によりますが、ひどくなければ実施を予定しています。

しかし、受験予定の生徒さんが学校に入れるかというと、学校判断になりますが、基本「今年は無理」と思っておいてもよいでしょう。

子供の学校では、すでに文化祭・体育祭で保護者の来校は禁止にすると発表されました。

加えて、合唱や楽器演奏、食品提供も中止になるかもしれないとしています。

部活動の出品も制限が厳しく、体育祭での競技も減らす予定だと言われています。

そこへ、受験予定者の方がどのぐらいくるか?

実際に学校の様子を見てもらうのが、受験の判断基準にはなりますが、今年はコロナの影響で身動きが取りにくいものと思われます。

オンラインやYouTubeでの限定公開が今年は多く出るかも

internet_school_e-learning_woman

今年は、生徒も感染予防の為に、気を使っているぐらいです。受検生の子供さん達は、さらに体調管理に気をつけなければ、本番の受験ができないことも出てくるでしょう。

ちょうど、受験シーズンはインフルエンザも流行る季節なので、今年は記憶に残る受験になるかもしれません。

今年は、親子で学校に赴く機会はかなり減ってしまうかもしれませんが、オンラインでの説明会や見学会は活用していくとよいですね。

まれに、学校がYouTubeのチャンネルを開いて、公式チャンネルで普段の授業や学校内の設備、卒業生の話を聞けるでしょう。

ただし、YouTubeの中身は、編集が入ったり実際の学校の姿を誤魔化している部分はあるので、あまり間に受けず、参考としてみればいいかと思います。

今回のまとめとして

今年は、いつどこで大きな感染が出るかわかりません。

東京方面では、連日二桁台の感染者報告が出ていて、毎日不安を持ちながら過ごしているご家庭は多いでしょう。

塾も自粛要請からはずれたものの、子供さんが「ついていけない」など体調不良や精神的にまいっている状況も出ていると聞きます。

娘の学校では、特に体調不良などの話は出ていませんが、遅れている授業数を取り戻す為に特別講習が毎日続いています。

帰りが遅くなるので心配ですが、体調がやはり心配です。

来年の冬、受験する子供さんは塾でも遅れを取り戻す為に、かなりハードな授業体制かと思います。

体調がすぐれないなどの異変に気づいた時は、すぐに専門医に相談して、休める時は休ませるようにしてあげてください。

今は、まだ遅れていても十分間に合うので、無理は絶対避けてくださいね。

スポンサードリンク


e51ad388385eafa6a7ea5068667b2d00_s


「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もうじき5月のゴールデンウィークに入り、一部の塾では大型連休でも講習会を
行いますが、実は私立中学・高校ではゴールデンウィーク中に文化祭や体育祭が
行われるケースがあります。

ところが、真逆で学校見学会や入試説明会を行う学校が多いのも5月。

親御さんとしては、どっちが先なのか悩みますよね?
塾側も特にどっちが優先かというアドバイスは明確にはしてくれないので、親御さんでの
判断になります。

あわせて、日にちについては「自分で調べる」が原則です。

さてさて、どうすればいいのでしょう?
ということで、実例をあげて紹介していきましょう。

スポンサードリンク


超難関校の今年の様子(毎年恒例なのだが)

f8a9b8671ba955e91b14491eec9cdfe1_s

超難関校になればなるほど、文化祭や体育祭を5月〜6月に回す傾向はあります。
9月か10月に実施している学校はありますが、超難関校になると、高三生が大学受験の
追い込みに入るので、5月~6月に学校行事でも大きな行事を回す傾向はあります。

ちなみに、東京で自由奔放規則ながらも東大などへ大量の合格者を出している
麻布中学はホームページでの情報では、5月2日〜5月4日に文化祭を開催し、
一般開放してくれますが、人気校で校長先生のお話がユニークであることが有名なので、
学校側からは、在校生保護者の方は混雑緩和のため、5月2日に来て欲しいと呼びかけています。

麻布中学の文化祭情報はこちらから

一般開放している学校もありますが、学校によっては受験生が入っていることができる学年を
小5・小6と限定している学校はあるので、志望校のホームページは確認は必要です。


まだ低学年、もしくは説明会に参加していないなら見に行く必要なし

有名な中学受験専門塾で低学年(小1〜小3)の場合や、小5・小6で入試説明会に
参加していないご家庭。

学校行事について、受験生なら開放しているところもあれば、無制限で一般開放している
ところはあります。

しかし、低学年で文化祭や体育祭の印象次第では、実際はもっといい学力のところに
いけるかもしれないのに、行事につられてしまって、受験校を高学年で決める時に、
学校行事での楽しかったイメージで、受験校を固定化してしまうということになります。

塾からも成績は優秀なのに志望校について話しても、気に入ってしまった学校に
固執して、逆にいい結果に結びつかないという場合も出て来ます。

小5・小6でも、同様で入試説明会をまだ受けていなくて、学校行事の見学の雰囲気で
簡単に志望校を固定することがあるので、入試説明会にまだ参加していなければ、
無理に行く必要はありません。

スポンサードリンク


入試説明会は親子で行く方がベスト!文化祭や体育祭は最悪いけなくてもいい

84915e3f71cad748a033176dc6384665_s

子どもさんが学校の楽しい面だけを見てしまうと、他にも子どもさんにとってよい環境の
学校があるはずなのに、選択肢を狭めてしまうもとになります。

「親だけ入試説明会を先に行きなさい」と指導する塾はありますが、文化祭や体育祭は
見れなくても構わないので、選択肢を広げて上げるためには、「入試説明会を先に行く」と
いうのは鉄則と私も中学受験をさせてみたものとしては同感です。

ただし、学校見学会や模擬授業をする学校があって、同時に入試説明会を行う学校も
少なくないので、学校の雰囲気を知るためには、子どもさんを連れて入試説明会に
行くのがベストです。

地域にもよりますが、入試説明会に子供さんを同伴させないところもありますが、
私個人としては、連れて行けるのなら連れて行くのがベストと経験からおすすめします。

複数校受験なら、学校行事よりも説明会を重視!

もし、今お子さんが何年生かわからないという想定で書いていますが、
複数校受験を考えているご家庭なら、今は学校行事よりも入試説明会の
だいたいの日程を調べておくことを優先して、スケジュールを組んでみてください。

先に説明会やプレテスト、公開授業で学校の雰囲気をお子さんに見てもらって、
授業をする学校の雰囲気で、どの学校を重要視するかを決めるためでもあります。

文化祭や体育祭を見ると楽しいのはわかるのですが、
本来の授業はどうなのかを知っておかないと、
合格して入学してからギャップの激しさにしょんぼりしてしまう子供さんは出て来ます。

お子さんが楽しく学校に行くには、学校行事を先に見て楽しむよりも、
学校全体の雰囲気を子供さんが感じ取ってもらうというのが最優先です。


まとめ

我が家のケースでは、小5ではまだ志望校確定が不安定だったので、
小6の5月ぐらいから複数校で説明会や見学会に参加しています。

見学会が先の学校では、軽く入試説明会がありその後クラブや体験授業を
受けています。

複数校回りましたが、文化祭や体育祭が見学できる学校はありましたが、
もう受験についてかなり詰めていかないとまずいという状況でしたので、
一切見に行きませんでした。

本人に後から聞いて見ると、「もし見入っていたら、そこしか考えないように
していたかもね」と話していましたし、私の同じ立場なら、楽しそうなところを
最優先するでしょう。

地元へのいろんな還元ということで、一般開放している学校はありますが、
不審者などの問題から、自由に出入りできない学校もありますので、
もし、学校行事を見学してみたいとお考えの方は、事前に学校のホームページなどで
確認してから出かけてください。

まぁ、個人的な意見としては、楽しみは合格してから取っておくのが一番ですよぉ。

スポンサードリンク

IMG_0215
photo by ペンペン
 こんにちは、ペンペンです。

昨日(9月29日)は、娘の学校の体育祭でした。
娘は、私立の女子のみの中間一貫校で、高3生のお子さんが10月からは大学受験の準備に
入るので、文化祭がこの間なら、体育祭は2週間後に行なっています。

とある有名野球場ドームを平日にお借りして開催するのですが、
「私立だから金持ちだし」というのではなく、
生徒数が多すぎて、学校のグランドではできないので、学費からちょっとは
レンタル料は取られています。

ちなみに、私の出身高校も私学ですが、2年に1度某有名ドームで中高合同でして、
今は5月に開催していると聞きました。

中高で合計約1000名の生徒さんが参加するのですから、自分も経験していながらも、
また違うということで、平日ですから、私1人で行ってきました。

IMG_0218
    photo by ペンペン

入場は、入校カードを持つ保護者か、事前に入場券を持っている家族のみ。
もしくは、OGの方しか認められていません。(入場券は事前郵送)

とにかく、最初は吹奏楽部(マーチングコンテストは出ていないけれどなぜか衣装あり)が
最初入場行進して、あとから全生徒入場しまして、開会式をしました。

やはり、ドームでの開催ということで、やることが違って、
全国大会にも毎年出ていて、上位に食い込むバトン部が花を添えるという演出。

しかも、仏教の学校ですから、最初に朝礼で歌う歌など礼拝の時間はありました(汗)。


さて、ここからが面白い!!
(女子校という点から、ここから先の写真掲載は控えますのでご了承ください)

女子校だから「なよなよーん」とした演技や競技はあっても、本気モード!!!
踊りは、さすが女の子らしいものが盛りだくさんですが、
走る競技は、むちゃくちゃ本気出し、5人6脚・台風の目・ムカデ競争・パン食い競争は
クオリティー高すぎる!

普通は、「あー、こけちゃったー」というのがありがちなのですが、
とにかく、どの競技もむちゃくちゃ速い!
脚をくくる競技では普通に走っているし、
台風の目で振り落とされる子なんて1人もいない!

怖い、怖い、そしてすごすぎる!

騎馬戦が女子校なのにあるっていうのもびっくりでした。
最近は、運動会問題で騎馬戦も行わない学校が多いのですが、
女子で騎馬戦をやるというのに、びっくりでした。

ただし、女の子同士ですから、真正面から戦うのではなくて、
頭脳戦で戦うというのが、「さすが悪じゃのう」という戦いで
賢い戦い方するなぁと関心しました。

つまり、一気の敵の馬を2騎で追い込んで、逃げ場をなくてから
帽子を取り上げるという作戦であまり危険ではない方法で
攻め込んで行っていました。(もちろん先生方が判断の上で、すぐに
4人ほどガードに入っていました)

ほかの競技はというと、玉関係の競技がたくさんでした。
大玉転がし、玉入れ、PTA玉入れ、大玉運びと、
玉玉玉玉玉と玉関連行事が続いて
最後まで謎でした。(PTA玉入れに参加しましたが、
どこかのご父兄のお父様にぶつけてしまいました、すみません!)

途中で応援合戦がありましたが、男の子顔負けの応援合戦、
袴を履いて素足の女の子とお揃いのハッピをきた女の子の男の子顔負けの
口上!もうサンシャイン池崎級の応援でびっくりしました。

クラス対抗リレーなんて、陸上部はハンデ(スタート地点から500mハンデの
スタート)ありなのに、ぶっちぎりトップで、みんなでブーブーと
大会委員に言いに行くという、女子校らしい風景も!

最後は、高3生によるお揃いの浴衣をきた踊りで締めくくり。
担任の先生も浴衣をきて参加されていました。
そこはやっぱり女子校だなぁと。

そして、クラスで紅白で分かれて開かれた体育祭は、
紅組が優勝しました!

これで、中1生としての大きな行事は終わるのですが、
毎年呼んではくれないのかなぁとちょっと寂しく思っていると、
「ママは毎年きていいよ」と声をかけてくれたので、
ちょっとだけ嬉しくなりました。

いつかは呼んでもらえないかもしれないけれど、
呼んでくれている時は幸せと思い、そして、
呼んでくれなくなったら、「新たなる成長」と見るようにしています。

あぁ、本当に楽しかった。

でも、どうして玉関連が多かったのだろうか?
卒業まで謎になりそうです。




↑このページのトップヘ