google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

休校

bb6bb7e497ba35ecfe43f7abd8a2f84f_s


みなさん、こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

地域によっては、自治体から出ている小中高の休校期間が終ろうとしている頃でしょう。中学受験専門塾では、塾で異なりますが先週(2020年3月13日が平均的日にち)から再開しています。

休校中の塾の休みは、子供や親御さんにとっては不安要素だったことでしょう。
しかし、情報通の方は、ネットを通じて勉強できるサイトを上手に使っていたようですね。

実際に利用されていた方の様子など、今後もまたコロナウイルス次第で休校は考えられます。進学先でも、オンライン教育が重要視されているので、どのようなサービスがあったかを紹介します。



大手教育指導会社によるオンライン教材の提供

すでにサービスを終了している会社がありますが、ベネッセなどが休校中に教材の無償開放をしていました。
大手教育指導会社側として、商売として考えるなら「新規生徒の確保」につながったものと思われます。

しかし、サピックスなどの有名中学受験専門塾としては、痛くもかゆくもなかったのではないでしょうか?実際に利用していた子供さんは、休校前までに習ったことのおさらいになったと思います。

特に、小6生でハイレベルクラスに在籍していた子供さんには、オンライン教材の提供は、今までのおさらいとして活用していたことでしょう。

オンライン授業の弱点

自分が今通っている塾の進め方とは違うし、習うスピードが違うことで戸惑ったかもしれません。そして、オンラインでも双方向で教えてくれるというわけではなく、一方方向指導なのでわからないところは「自己解決」するしかなかったでしょう。

私自身、ある資格取得の為に勉強中の身です。大手教室に通うのがベストなのですが、遠方なのでe-ラーニングで勉強しています。

教室によっては、質問・不安な点などがあれば双方向でその場で連絡するか、メール方式で説明を入れてくれますが、一方通行のオンライン授業では、誰に相談すればいいか大人でも悩みます。

子供さんとなると、その時にわからないことが出てきても、双方向指導でなければわからないまま勉強を進めることになります。

今、大手塾は集団指導(コロナ対策をしながらですけれど)で授業を再開させています。しかし、欧州で爆発的に流行が進めば、日本とてまた新学期に罹患者が出れば、休校になるのでオンライン授業導入を考えなければいけないでしょう。

今こっそり増えつつあるオンライン授業塾

実は、コロナウイルスで勉強(特に中学受験対策)に困ったご家庭向けに、オンラインでしかも双方向で授業を行う塾が、少しずつ増えています。

しかも、通っている有名塾が休校した時にも対応し、併用してもらうことも狙ってだと思われます。
難関校を目指す子の家庭であれば、今回のような休校騒動になれば、オンライン授業塾は貴重な存在になることでしょう。



ただし、大手塾側も万が一に備えての対策を、これからとるはずです。ですので、この手の塾は一時凌ぎで終わるか、大手塾よりもよりよい指導を用意するものと思われます。


まとめ


e9df00f201cd723dccdd15d6a971a201_s


自分が通っていた塾が再開されて、ホッとしている生徒さんが多いと、教育系新聞で紹介されていました。一方通行のオンライン授業利用では、かなり不安だったのではないかと思います。

そして、教室にいる仲間が競争相手になって、いい刺激を受けるのに家で閉じこもっていると物足りなかったこともあることでしょう。

今のところ、授業再開をした塾は、大量に人が集まってしまう説明会などは中止としており、授業も感染対策として、座席などの配慮に苦心されていると聞きます。

来年の中学受験は、どうなるかというのはまだ見えてきていませんが、今年の中学受験は意外なところからの出題など話題が多かった反面、休校中にしていたことが本番に反映されるかが試されるかもしれません。

休校や春休み中の過ごし方は、スタートアップ時期で大切な時でもありますので、適度に息抜きをしながらも、しっかり基礎中の基礎は抑えておきましょうね。

スポンサードリンク

83292a4a647921c28b9b0b0d52bbc70b_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日(2019年10月12日)、日本へ台風19号が接近して、三重県や関東圏内に被害を与え始めています。明日、どういうことになっているか、予測がつかない状況です。

本来、私の子供の学校は、通常授業と受験予定者の相談会がある予定でしたが、休校となり相談会も中止となりました。

関西圏以南は台風に対しての対応は慣れているせいか、早め早めの対応をとるようにしています。
今、SNSにとんでもない書き込みがありました。ちょっと勘違いされると困るので、台風時などの私立・国立の中高一貫校の対応と、中学受験時の天災による対応の違いについて、解説します。

ただし、学校によって少し対応が異なる場合はありますこと、ご了承ください。



情報が早いおかげで早めの対応をしてくれます


a67ecec23d7e1aae898eb97cbac2007c_s

私は、高校から私立に入学した組です。その当時は、気象情報の分析が遅く、違ったコースを進むケースが多かったので、学校に着いてから、「休校だから帰りなさい」ということが多く、電車が止まるかもしれないという時間帯に帰ったものです。

ですが、最近は気象情報の分析がよくなり、かなり正確な予測を出してくれるようになったこと、学校へ1時間かけて通っている生徒もいます。電車の運休状況も、早めに出してくれるので、学校側も判断しやすいというわけです。

特に、台風がよく地域は、どうなるかという予測はついているので、子供達の通学の安全に対しては判断が早く、前日の夕方前には緊急メールなどで連絡がきます。

我が家は学校側で薦められた「ミマモルメ」を利用していること、ICT教育の一貫であるアプリ「Classiィ」で連絡がすぐにきたので、今日が休校になることがわかりました。そのおかげで、予定や食事面など組み立てやすかったというのはあります。

遠くからきている生徒さんにとって、早めの判断をしてくれることは、ありがたいし、メール連絡などで確証を得られるので、便利です。

本来休みだった日は振替になるか否か?

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s

本来授業日だった日を休校にする場合、公立中ならそのまま振替授業は行わないかもしれません。

しかし、私立・国立中高の場合はどうなるでしょうか?

今回はまだ正式発表されていませんが、たまたま中間試験前ということもあり、今のところは振替授業や後日講習会に組み込むということはないようです。もしかすると、授業日数上どこかで振替授業は行うかもしれません。

私立学校については、学校内での裁量となるので、後日振替授業や講習会ということはありえるでしょう。

試験についての連絡もついでにきましたが、高2以外は通常通りの日程で行うという連絡がきました。
高2は修学旅行の日程上、他学年より1日早く実施する予定だったのですが、台風で休校になったので、1日目を最終日に回すという決定をくだしています。


学校によってはこういう対応も

e95b9fc08da3ddc530b6c3012bede43a_s

我が子供の学校では、昨年の大阪北部地震で帰宅が難しかった生徒さんが数名でました。
「万が一、帰宅が困難になった場合を」ということで、在校生全員分の防災グッズセットを購入し、専用倉庫にて保管しています。購入費は諸費用から出しています。

水や乾パンもセットになっているので、購入日と賞味期限をチェックして、賞味期限が迫ってきたものは新しいものと交換購入するとなっています。

学校からの説明では、賞味期限が迫ったものについては、家庭で消費するようにと説明を受けました。乾パンを使った料理って思いつかないので、おやつがわりに食べるしかないのかなと考え込みます。

しかし、天災は規模が大きくなっているので、学校側での危機管理や対応は必要になるでしょう。

我が子は、1時間近くかけて通学していますが、万が一のことを考えて、学校近くに住む親戚のもとに行くようにということも話しています。
天災で学校周りが危険とわかった時は、学校でいることの方が安全かもしれません。

天災時は、学校からの連絡や対応など、必ず確認しておきましょう。


中学受験のデモンストレーションということはしないで

たまたまSNSを閲覧していた時に、「今回の台風で中学受験本番の移動ルートを確認できるね」という書き込みを見かけました。
(本当のツイートは晒すつもりはありません。)

中学受験は関西なら1月中旬、関東県なら1月下旬から2月初めまで。

台風が発生する時期は、理科を勉強している子供さんなら理解しているはずなので、台風が起きる原因を理解しています。台風や大雨時と雪の時期との対応策は全く異なってきます。

台風や大雨は命に関わる天災なので、学校側も対応を変えてきます。雪の場合でも多少の考慮はしますけれど、まだ身動きが取りやすいという点から、全く対応は異なります。

移動時のデモンストレーションと取る考え方は、絶対やめてください。
(これ、本当に書いてるお母さん方多かったです)

まとめとして

今、この記事を書きながらニュースをみていますが、かなりひどい被害が出そうです。

通過中は怖いのですが、本当に怖いのは通過後です。停電や断水、食料ない、通信回線が使えないということが出てきます。

学校側も事前に、通過後の対応についてお知らせしている学校はあるかもしれませんが、台風経験が少ない地域では、柔軟に対応してもらえない学校があるかもしれません。

去年の台風21号の時は、通過後は学校側も停電の影響を受けたので、1日だけ休みになりました。ところが、自宅が4日間停電(断水はなし)したので、お弁当やご飯の支度、帰宅後の勉強に苦労しました。

私自身は、ファイナンシャルプランナー3級の試験4日前でしたので、合格できるかとかなり焦りました。同時に実家や自宅の片付けもしなければいけなくて、泣きそうになりました。

これからは、温暖化で大型災害は頻繁にくると思われるので、子供さんの身の安全については、日頃からしっかりと教えてあげてください。

スポンサードリンク

71454e7dc3f04cf0d7cb26f5f4ef74ce_s

「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

9月4日に、近畿地方を台風21号が直撃し、我が家と私の実家は被災しました。
(主人の実家は大阪北部でも被害なしでした)

大阪南部にある我が家と実家で、停電が4日間続きましたし、まだ物資面でも困っているところはあります。そして、近畿圏でもまだ停電や断水が続いているところはあります。

我が家はカーポートのパネル1枚、実家は屋根(昔ながらの瓦葺き)が損傷していて、ブルーシートで養生してもらって、修理待ちしています。

写真関係は、停電での都合であまり撮影していませんが、お伝えできる範囲で、今回の恐怖を紹介します。

スポンサードリンク


台風接近前に早めの休校と休業。翌日は休み

今回の台風は、大阪湾を通過するコースでした。「大阪湾を通過する=紀伊水道を通過する」コースは、70歳代以上なら「一番危険なコース」というコースです。

紀伊水道を通過するコースは、過去に「室戸台風」「ジェーン台風」など被害が大きく出やすいコースと言われています。過去に、紀伊水道通過の台風で多くの死者と家屋破壊を出しているからです。

私が物心ついた頃から考えると、台風が来てもそんなに恐怖を感じないコースばかりでした。しかし、今回は台風の右側が我が泉州地域に当たるということで、要注意となりました。

娘の学校は、前日に「明日9月4日は休校」と出ましたし、主人の会社は、「明日は休業」と指示がでました。台風最接近が、4日の午前中からお昼ということでしたので、電車などの公共期間も、「9月4日の午前中の特定時間には止めます」というアナウンスを流しました。


前日にやったこと

まさか、長期停電になるとは思わなかったのですが、念のために、足が少し不自由な両親を我が家に避難させることにしました。

近所でしたが、車で迎えに行きました。(我が家はカーポートに2台停められますので)
戦中から建っている家なので、万が一のことを考えて、我が家にいる方が安全だろうということで、いることにしました。

実家の雨戸は全部閉めて、戸締りはしっかりしました。

我が家でしたことは、インスタント品(カップヌードルなどのお湯で簡単に調理できるもの)や飲料水(お茶やお水、様々な飲み物)を早めに買いに行き、懐中電気を人数分揃えて、予備の乾電池を用意するぐらいでした。

ところが、忘れてしまったことは、
  • スマホの充電バッテリーの確保(私のiPhone用の1台のみ)
これは、とても痛すぎました!

オール電化のご家庭は、さらに「カセットボンベのコンロ」がなければ、かなり不便でした。

台風通過当日

9月4日。学校は休校になり、主人の会社も休業。
電車は、JRだと午前10時が最終になりました。我が家もシャッターを全て閉めて、通過を待つことにしました。

すると、午前11時ぐらいから、風がきつくなってきて、雨きつくなってきました。我が家にいる動物達(チワワとうさぎ)のうち、チワワの「マロンさん」がブルブル震え出して、怖がって机の下に隠れました。

そして、台風本体が来たというぐらいの風の音がして、ふっと室内の電気全てが落ちて、外からは何かが飛んでくる音がして、「メリメリメリ」と何かが剥がれる音がしました。

シャッターには「バーン」と何かがぶち当たる音がしたし、子供は悲鳴をあげ、私も思わず「きゃー」と叫びました。

この状態は2時間ぐらい続き、そして風の音が消えていき、外へ出ても大丈夫かもっていう状態になりました。

我が家の被害

IMG_1692


まず、主人と外に出てみると、カーポートの屋根1枚が剥がれて飛んでいっていました。(あとでご近所さんが「これぺんさんとこのとちゃう?」ともってきてくれました」)

IMG_1694

我が家の地域は、水洗トイレですが、汲み取り式で定期的に浄化槽の掃除に来てくれます。浄化槽のふたは、通常は風などで飛ばないようにロックがかかります。

ところが、前回の清掃の時にロックを忘れていたようで、浄化槽のふたがどこかに飛んでいっていました。

カーポートに停めていた車(我が家と実家用)は無事でしたが、よそのお宅では、飛来物で窓ガラスが全部割れていました。

屋根は我が家はなんともなかったのですが、我が家がお付き合いしている工務店さんの話では、屋根が全部吹き飛んだ家もあるということです。

工務店さんの話では、我が家よりひどい被害の家が大量にあるので、カーポートのみの修理であれば、かなり修理の順番はあとになるので、しばらく待ってほしいとなりました。

台風が去ってからは、ご近所さんで飛来物の交換会と掃除をしましたが、両親が実家に帰りたいということで、主人と相談して、私と娘が実家に行くとして、実家から通学になる可能性も考えて学校へいくのに必要なものなどを用意し、実家に向かいました。

ここで<その1>を一旦終了


実家へ向かう時に、撮影し忘れてしまったので、申し訳ない。

このtwitterのツイート以外に、フェイスブックでも多くの写真が公開されているけれど、いつも利用している道路の電柱が道を塞いでいる状態であったり、信号機が動いていない、もしくは信号機がまともな方向を向いていないという被害が出ていました。

お巡りさんも出て、交通整理に当たりましたが、これはあくまでも序章で、台風通過の日から、我々は大変なことになるのでした。

今日は、ここまでということで失礼します。



↑このページのトップヘ