google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

中2

fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

2018年もあとわずかになりました。
子どもも、学校の講習会が終わり、やっと冬休みに入り出された宿題や、休み明けに行われるテストの勉強に追われています。
基本としては、お正月3が日はお勉強はおやすみしますけれどね。

さて、私立の中高一貫校でも中堅校に採用されている、ベネッセの「学力テスト」が三者懇談会の時に返却されて、結果などがわかりました。

中2生になると、どのような変化が出るかを、紹介していきます。



中2になると大きな差が出やすくなります

懇談会の時に、見せていただいた成績をみて、「驚き」しかでませんでした。

事前に子どもから聞いていたのですが、成績が1年の時よりかなり落ちていました。

話が後になりましたが、ベネッセの学力テストは、国が行う「学力テスト」とは異なり、
私立の中高一貫校の中堅校が採用しているテストで、一部の公立校でも採用しています。

国の学力テストと異なる点は、小6と中3だけでなく、中1から連続して毎年受けることができるということで、1年間の学力推移が見やすいということです。

私立中学は、実施した時にどこまでの単元を終了させているかで、この学力テストの点数に差が出やすいという弱点はあるものの、国語や英語はそれほど差が出にくいので、1年の時からの学力を知るにはちょうどいいでしょう。

ただし、数学については、学校やコース制次第で、大きく差が出て、我が子のコースの場合、一次関数をする前に、学力テストが行われたので、できなかった子が多く出たと聞きました。
塾に通うのは禁止されているので、どうしようもなかったのですけれど、他のコースと差をつけていたというのは、少し問題があるのかもしれません。

中2は一番中だるみが出やすい時期

中1の時は、成績がよかったはずなのに、がくんと中2の途中になって下がってしまう生徒さんは確実にいます。
私自身も中2の2学期にかなり成績が落ちて、高校受験のために、塾に通っていた時にちょうどドスンと低下したのも中2の2学期でした。


図解で解説しましょう。(下手くそでごめんなさい)

解説図 2
入学時は、中学受験で習った内容が高校生級のことをしてきているのと、まだ中学受験時の勉強癖が残っているので、成績はキープされます。
しかし、クラブ活動や、科目ごとに先生が変わるなどの小学校時代とは違う環境に置き換わるので、勉強方法や生活リズムが変わります。

入学時のレベルをキープすることが徐々に難しくなることと、中高一貫校であれば「高校に余裕で進学できるよね」という油断から、勉強時間や読書時間を減らす生徒さんはいます。

そのつけがくるのが、中2。

中2でキープしているか、成績をあげてくる子もいるのですが、「成績の中だるみ」が出やすいのが、中2です。

子どもも、最近囲碁の腕をあげているのはよいのですが、国語と英語の先生が苦手だということから、読書量が減ったり、文句をぶつくさいいながらやっていました。

先生への反抗心から今まで積み重ねてきたものを、自分で壊していたということになるので、当然のごとく、成績は落ちてしまいます。

学力をあげるなら、冬休みと3学期の勉強次第で大きく変わる

私の経験と、先生からのアドバイスとが一致したので、お話できますが、学力テスト終了後、すぐに「間違えたかも」という単元に対して、見直しをしなければ、いつまでも学力修復にはなりません。

後日、テスト結果を返却されたとしても、間違えた場所の見直しと自分での再テストを行なって、苦手部分の克服をしなければ、学力復活への道にはなりません。

冬休みの宿題は、3学期に対応した宿題や2学期までにした単元のドリルなどが渡されていますが、それを期日前に片付けて、はい終了では意味がありません。

もう一度、見直しをして、間違いがないかのチェックと、宿題をしていて苦手だったところを普段使っている教科書や問題集で、定着させることが大事です。

さらに、3学期になれば、クラスメイトの子などが自分なりの勉強方法で復活してくるので、自分も復活しないと、取り残されてしまうということになります。

親御さんとしては、「ど、どうしよう」と焦るかもしれませんが、勉強方法については、中学受験時に自分の方法ができていたはずなので、お子さんにその時の勉強方法を思い出してもらうしかないです。
特に中2は「反抗期」に入っているお子さんが多いので、親御さんがやいのやいのというと、反抗して成績がさらに下がる要因になります。

まとめとして、あげるもさげるもお子さん次第

簡単にベネッセの学力テスト中2編を紹介しましたが、私立校での進度がはっきりわかるのもこのテストの特徴です。

我が子の成績としては、受験母体数からの計算でいくと、さがったとはいえ中間層のレベルでした。
しかし、子供のが満足している成績ではなく、がっかりした内容でしたので、先生からもしっかりとお説教を受けることになりました。

実は、同時に期末テストもどんと落ちていて、落ち込むことにはなるのですが、自分の勉強の甘さを汁ことになったので、ベネッセの学力テストの返却と、期末テストの返却はいい薬になったといえます。

スポンサードリンク


ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker23)です。

先日、小6と中3の子どもさんに対して行われた「全国学力テスト」。
実際にテストを解答した子どもさんの反応はいかがでしたでしょうか?

私立校は、あまり参加しない傾向だったのが、今回は外部業者が作成すると
いうことで私立中学校でも参加した学校が若干増えている傾向が今年は
ありました。

さて、我が子供の学校はというと全国学力テストは不参加で、
本日(2018年4月23日)学校独自の学力テストが中学生全員にコース関係なしで
行われました。

結果は来月5月の保護者会で個別に渡されることになっています。

今日の学力テスト前哨戦ということで、本来は中3の子供さんが対象の
全国学力テストを解いてもらいました。
まだ習っていない部分がありますが、びっくりする結果です。

スポンサードリンク



挑戦したのは、数学A

IMG_1117


中学生は国語・数学・理科の3教科。
国語と数学はA・Bに分かれます。Aは知識力を試す問題、Bは知識力からさらに応用が効くかを
試す問題構成なので、前哨戦として数学Aをやってもらうことにしました。

私立完全中高一貫校へ入学した子どもですが、今入っている中学校より実は
レベルの高い学校を狙っていた影響があったので、中学は進学後大好き科目になっていました。

全国学力テストは中3のお子さんが4月に受けるということで、中2までの知識を
持っているということが前提になりまよね?

テストが行われた翌日に問題と解答例が新聞に掲載されていたので、
問題と解答は抜き取って、昨日我が子に聞いてみて、「数学A」やってみたいと
いうことでやらせてみました。

反応はというと、どうなったでしょうか?

まだ教えてもらっていない単元はあったけれど、解答可能問題あり!

ケタケタ笑い出したので、何がどうなったのか聞いてみると、
「中学受験で教えてもらってるのあるよぉ〜」という反応でした。

例えば、大問3の(2)より

x:20=3:4が成り立つ時、xの数値を求めなさい。
という問題ですが、正解は15になります。
比例式の問題なのですが、中学受験でも出題される単元で、中学受験で出題するときは、
xは□に置き換えられて出題されます。

IMG_1118

この問題は、
1個200円のプリント1個120円のドーナツを書います。
プリントドーナツを合わせて12個買ったとき、代金の合計は2160円になりました。
買ったプリンの個数とドーナツの個数をそれぞれ求めなさい
という問題がまず出ていて、連立方程式がすでに出ていますが、一つだけ
完成できていません。
      x+y=12・・・①
 (    )・・・②
この()内の方程式を問題から考えて、着目する数量を下のア〜エの中から選んで
方程式を作るという問題でした。

これも、実は中学受験の中で連立方程式とは言わずに、xとyを□と△に置き換えて
答えさせています。

連立方程式関係では、この問題の上に、
  5x-2y=10
       3x-2y=2
をときなさいと大問3の(3)で出題されていますが、yの係数が揃っているということが
わかっていればすっと答えがでます。
(答えはx=4、y=5)

これも実は中学受験の勉強の中で、係数について教えられていたので本来は
これから習うところなのですが、すっと答えていきました。

スポンサードリンク


中学受験で出題されることは中学・高校で必ず役に立つ

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s


他の問題については、図形関係の投影図で即答していて正解しています。

ということは、現在私立中学にいてる生徒以外で、中学受験に失敗した子でも
しっかり勉強している子どもさんなら、勉強法の癖は抜けていないので、
簡単に答えられるということになります。

また、現在私立中学で勉強している子は、この問題を解いてみると
自分がいかに中学受験準備の勉強で、自分の実際の学年以上のことを
勉強していたかがはっきりわかります。

中学受験は、中学生3年までのレベルはそれぞれ目指す学校は違っても
中学・高校ではちょっとした知識が入っているので受講しやすいと
いうことと、先生方もやりやすいということになります。

公立にやむおえず進学することになったとしても、
ふと該当の単元に当たっても困ることはないというわけです。

まとめ


うちの子供の学校はいわゆる中堅校ですが、国が行う全校学力テストには
参加しませんでした。

今回、我が子に解いてもらって「なぜ参加しないのか」という理由はわかりました。
ハイレベルな学校なら、なおさら瞬殺範囲なので参加は絶対しないでしょう。
参加することで、結果がわかりにくくなるということになりますからね。

というわけで、この記事については、我が子自慢というわけではなく、
なぜ私立中学校が参加しないという立証実験にもなったので、
変な意味に取らず、私立中学がどうして参加してこないかという理由と、
中学受験で教わることがどのぐらいの範囲なのかという参考に
していただければ幸いです。

中高一貫校はどうしても学力にこだわる面がありますが、情操教育にも
力をいれているところはあるので、誤解のなきようよろしくお願いします。

スポンサードリンク

02611d1beeb0a4c1079c124cb021f53a_s
photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

私立の中高一貫校に入学して、中2に進級した子どもですが、退学者が出たものの
新体制で中2生活が始まりました。

もうすぐ5月の大型連休が始まり、今年入った中1生との接触率も増えてきます。
そのせいかどうかはわかりませんが、中2ライフが始まってから中1の時の様子と
ガラッと変わりました。

入学時には聞いていたのですが、どういう変化が起こったかを紹介します。

スポンサードリンク


騒がしかったクラスに落ち着きが出てきます

入学式の時に、「しばらくはいろんな生徒さんをお預かりするので、クラス内でもめごとは
出るかもしれませんが、その時はこちらにお任せください」と言われました。

子どもに話を聞いてみると、中1の時はまさしくカオス状態で、教室を歩き回る子や
気に入らない先生に対して、集団で暴言をいうこともあったと聞きます。

流石に違うコースの子から、なんらかの嫌がらせはあって、泣いたこともあるとか。

ところが、中2になるとクラスのメンバーは同じでも、騒がしかった子も落ち着いて
授業を聞くようになり、先生たちを困らせるということは消えていると聞きます。

5月に授業参観と保護者会があるので、詳しい話は聞けますが、中1の時、
いつも疲れ果てて帰ってきた子どもが今では余裕があるのか、ニコニコ笑顔で
帰ってくる日が続いています。

新しい先生にビビっていたら実は違った(でも怖い)

6caa3c304b43ad76f5abbc7352eac5fd_s


中2になって、教科ごとの先生にも若干の変更が行われましたし、科目も
増えています。

時間割や各教科の先生からの授業にあたってのプリント類をもらってきてから、
なぜかブルブルと怖がっていた子どもでした。

内容をみると、「まぁ、守って当然でしょう」という内容なのですが、
中1の時に、一部の生徒が大騒ぎした科目があるので、予防ということでしょうか?
注意書きプリントをもらって、準備していました。

実際の授業については、真面目にしていれば大丈夫ということで、中1の時の
先生よりもっとわかりやすい解説ということでクラスの子ども達も落ち着いて
聞いているとか。

ただし、間も無く中学部全員に対しての学力テストが行われるので、
高得点を取っておかないと成績に反映させるという先生もいるから、必死になって
勉強している最中です。笑

スポンサードリンク


ユニークな授業が導入されます

子どものコースについては、ICT教育が導入されるので、各科目の先生方はもちろん
子ども達もiPad Proを使います。

iPad Proはうちは購入制なので5月ぐらいにお支払いで現物が渡されます。
ICT教育についてはこちらを!

英語や数学に対してはとても強いのがICT教育なのですが、学校の設備面で
今トラブルが出ているので、生徒達に端末が行き渡るまでに修理を完了しておくとの
話です。

18070b9150e8f655009fb370944d6665_s


そして、女子校ならではですが、「茶道」「華道」「創作ダンス」の授業が
入り始めます。

「東大!京大!絶対合格!」という学校やクラスなら、導入しないか自習時間に
行うところはありますが、成績にははいらないものの「情操教育」ということで
導入する学校は多いです。

男子校なら「剣道」「柔道」が根強いと聞きますが、我が子の学校では
投げ技はなしの柔道の授業を体育の時間ですると聞いています。

時代の流れなのか、女子だけの学校でも武道を取り入れる学校はあります。


もうこれは流行?!留学生の受け入れ

049a5f265c24ce3c6c19420e80f7dedb_s


私立校でも海外からの留学生受け入れに熱心な学校は多く、
我が子の学校も、オーストラリアとニュージランドとカナダの学校と
提携校を結んでいて、一部のご家庭がホストファミリーとして
受け入れをしています。

逆に学校からも留学希望者を募って、提携校へ留学する生徒さんはいます。

中1では少なかった留学生との交流が、中2以降になると交流会が増えて
4月中に週1で行われました。

どんどん英語で話す機会が増えてくるので、英語力の向上に繋がるでしょう。
ただ、喋らなければ英語力はつかないので、どんどん進んで話す必要は
出てきます。

まとめ

中2になって、最初のスタートは少し悲しいことはありましたが、
授業内容をみてみると、とてもユニークな授業が導入されることに
なっていて、どんどん進められています。

子どもの入学したコースが少しユニークな教育を導入しているところなので、
のびのびと教育を受けることができるのでしょう。

私立校にありがちな詰め込み教育ではなく、ユニークな授業の
導入は今後の成長や人付き合いに反映されるので、親としても今後が
楽しみです。

スポンサードリンク


0412933dba63afd973da0aee5beb7393_s
photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

一昨日(2018年4月17日)に行われてた小6・中3に対して毎年行う全国学力テスト
に関する記事がテスト前後そして今でも人気記事として読まれていること、
本当にありがとうございます。

昨日(2018年4月18日)の朝刊でも今年度のテスト内容と正答例が出ていました。
私は、ネットで公表されている問題を見て内容を確認しました。

実は、中2の我が子に忙しい中さっと見てもらったのですが、
「理科は理屈さえわかっていればできるかもよ」と指摘があり、
数学や国語は解答に時間がかかるので後日チャレンジするらしいのですが、
数学に対しては、習っていない箇所はあるものの中2でも解答できるものは
あるという意見でした。

今回は、私立学校・国立学校も参加していますので、結果が出る7月下旬が
注目ですが、問題を実際に子供に見せてみた感想からの考察を紹介します。

スポンサードリンク



中1からの基礎学力が定着していれば解答に問題はないのでは?

今回から外部業者によるテスト使用で、ベネッセが中学の部を作成していますが、
中身を見たところ、子供が小6時に受けた学力テストとほぼ同じ仕様で、
私立・国立も参加するという点から、不公平感が内容に基礎から少し応用を
つけた問題であるとみています。

学力テストを受けたのは中3生。
もしかすると高校受験の為に通塾している子供さんなら、もうそろそろ
追い込みをかけているので、全国学力テストをぶつけられても痛くはないはず。

さらに、私立・国立は中学受験を通り抜けて在学している子なら、中3の時点で
高1の授業を行なっているし、中学受験で中学級のことは学んでいるので、
さらっと解答できてしまうことになります。

ということは、中1からの勉強の積み重ねと基礎学力がきちんと定着
していれば、解答に苦労することは一切ないわけです。

現実としては全国の学力をあげるのは一苦労かも

公立中の場合は、各都道府県の教育庁と各市区町村の教育委員会の
各学校への指導の資料にあります。

すでに各都道府県で「教育格差」が出ているので、学校だけで
学力を上げていくというのは難しいのではないかと見ています。

常に上位に上がっている都道府県はありますが、決して大都市ではなく
地方という皮肉な結果が上がっていますが、実際の進学率などを
見ていくと、大都市集中になってしまい、国内での「頭脳流出」に
なっています。

私立は私立で独自路線を歩んでいるので、定着のさせ方が各校で違います。

塾に通えている家庭はまだいいものの、通えていないお子さんに対しても
よりよい教育を受けるには、教える側の工夫・通塾や通信教育にかかる
費用援助といったものを充実させてあげる必要はあるかもしれません。

(塾によっては、通塾が厳しい子供さんへおじいちゃん・おばあちゃんから
支援を受ける制度があるのですが、税法の関係上、複雑な手続きが必要です)

スポンサードリンク


基礎部分と理論と好奇心がこれからの課題

今回理科がプラスされましたが、今後3年に1度英語が中3生にプラスされると
発表されています。

問題をさっと見させていただいたのですが、子供からの指摘通り、
頭の中で「こうなるとこうなっちゃうんじゃないの?」という理論の
組み立てと、問題を見た時のキラキラ好奇心を養うことが課題に
なります。

これは全教科に言えることと感じたのですが、普段の授業が興味がもてる
授業内容に工夫していかなければ、全体的な学力アップにはつながらないのでは
とも感じます。

しかし、教師の先生方の労働問題や、指導力問題などで、
なかなか難しいという点があって、全国的に学力を統一させるというのは
至難の技であって、家庭でも中3生の子供さんをしっかり見てあげるのも
家庭事情でむずかしいでしょうけれども、勉強に対する「好奇心」は
必要です。

残りの「基礎学力」「理論」は普段からの積み重ねですから、
学校側でも指導していく必要はあります。

まとめ

ベネッセなど外部業者がテスト作成をしたということで、今後どのような業者が
その年に作成するかはわかりません。

今回はベネッセが中学の部を担当したということで、ベネッセ学力テストに
関する記事を読みに来られたというのがわかりましたが、
全国学力テストのフォーマットと設定学校が違う為、読んでいてもすぐに
離れていったという分析もしています。

ですが、今後同じようなテストを行う場合は、ベネッセ学力テストの話は
公立中学でも通用してくる時代になるでしょう。
その証拠が3年に1度行うと言われている「英語」です。

今後は、英語教育について力をいれていくということなので、
ますます教育格差というものがくっきりと見える結果になります。
この格差を国がどう見て、改革に望むのかを期待したいですね、

スポンサードリンク

0412933dba63afd973da0aee5beb7393_s
photo by 写真AC

どうも。ペンペン(@penpenwaker23)です。

とある私立中学に昨年の4月入学し、いろいろと戸惑いながらも
中1生活をそれなりにエンジョイして、中2に進級します。

実は、娘の学校は3コース制で、娘は英語特化コースに在籍していました。
上には医学・薬学コースと特進コースがありまして、
娘のコースは中2進級時のみにコース変更ができる権利がありました。

実際の結果はあとにして、中2から明らかに中1とは違う授業が始まります。

では、どんなことになるかをさらっと紹介します。

スポンサードリンク



コースごとでの授業内容と授業スピードが変わってきます

コース制をとっていない学校は事情がかわりますが、
まず授業の進行スピードが早くなってきます。

中高一貫校ならではの話になりますが、
中3で高1の授業に入れるように、中2から徐々に授業の進め方が
早くなります。

コース制を入れている学校なら、そのコース独自プログラムや
補講、特別授業がバンバン入ってくるので、
ついていける生徒とついていけなくなる生徒の差が出てきます。

授業についていけていない子は、小テストや定期考査ではっきりと
結果でわかるので、学校によっては親御さんに「塾に通ってほしい」
「放課後に補講を受けてもらいます」という話が出てきます。

3月中に中2で使う教科書を買いに行く(国からの無償教科書ももらいます)
のですが、購入する教科書もコース別で変わってくるケースがあり、
他コースより高くなるケースも出てきます。

過去に見学会に行った学校では、独自の教科書をメインに使っているケースも
あるので、各校で教科書代がどんと変わってくるのも、中2ぐらいからでしょう。


ICT教育を導入する学校がどんどん増える予感

最近、ICT教育について肯定派と否定派にわかれていますが、
娘のコースは、海外の提携校の生徒さんとの英会話タイムに
スカイプは導入していましたが、本格的ICT教育を中2からスタートさせます。

すでに、デスクトップパソコンを置いている教室で、
簡単なプログラミングやパワーポイントなどの操作指導は中1で受けていましたが、
中2からiPad Pro(サイズや容量は不明)を使ったICT教育が始まります。

他校では、全員にiPad Proを購入してもらって、アップル社からのサポートを受けている
学校はありますが、娘の学校はまだまだテストパターンということで、
教員で技術サポートチームを組んで、トラブル時に対応はとります。

(実際のところは、アップル製品大好きな先生がトラブル対応を得意としているので、
最悪のケースはその先生が対応するという話です。)

説明会を聞きに行ってきましたが、将来的には全生徒にタブレットを持ってもらう
ようで、紙ベースで保護者に渡しているプリントを生徒が持つタブレットで
電子認証するシステムを組み込むと聞いています。

しかし、親が子供のiPad Proを触りたがっている傾向が強いなあと
説明会で感じましたねぇ。

実際の使い方は、いろいろあるようでこれからどんどん風呂敷を広げて
くれるようですが、端末代(娘の学校はWi-Fiモデル)や設定費用と保険代
(アップルケアには入らず独自保険に加入)などの初期費用が高めと
いうことと、その後の維持費が学費にプラスされるのが、痛いです。

運用の仕方もお聞きしたのですが、それは導入が5月からということなので、
わかり次第解説していきます。

まず利点は、欠席時の授業を動画配信で見れることや、
家庭学習での活用などなど、今わかっているのは、今の所ここまでです。

スポンサードリンク


コース変更ができた子はこれからが大変

Image 3
イラストbyペンペン

コース変更でも、上のクラスに上がれた子は、すでに中1の段階で指導内容や
進行速度が違うので、春休み中に補講や新学期からついていけるようにと宿題は
やや多めにでます。

逆に下のクラスに落ちてしまった子は、ショックではありますが、
指導内容が変わるので、柔軟に対応できるように、春休みのうちに勉強しておく
必要は出てきます。

変更がなかった、もしくはコース制がない学校は、春休みの宿題をこなすけれど、
下克上になった子も含まれますが、必ず新学期に学力考査が行われます。

進級後まもない時の学力で、それまでどういう勉強をしてきたかも
わかってきますから、先生たちの指導もどんどん厳しくなることは
確実です。


で、うちの娘は?

昨年11月に上のクラスへのコース変更願いを出してはいました。
成績は上位5位以内でいたのですが、審議の結果、
現在のコース保留という通知がきました。

娘の在籍コースは、中1から進級するときにしか下克上の
チャンスがないコースでした。

日頃からの生活態度から様々な角度からの審議になるのですが、
成績にムラがあったので、提出してから「無理だろう」とは
見ていましたが、やはり変更はダメでした。

ですが、今のコースは、2020年に行われる「大学入試改革」の
英語に対して強いコースであることや、
他のコースでは行われない、茶道や生け花の授業、
ディベートの授業が含まれています。

東大至上主義ではない、おおらかな授業をしていくので、
本人の頑張り次第では、海外へ飛び出す方が楽になる可能性も
あります。

実際に、東大に行ったものの海外の大学の入試に合格して
楽だったという子も出てきています。
*プレジデント・ファミリー最新号で、実際に東大から
イギリスの最難関大学に進学したお子さんが紹介されていますので、
興味のある方はご一読ください。


まとめ

Image 4


イラストbyペンペン

実は、娘は上のコースにいけるかなあと、ちょっとは期待していました。
親の私も「いけたらいいなぁ」とは期待していました。

しかし、最近の娘の明るさや頑張りを見ていると、上のコースに行って、
のんびりした自由がなくて、「勉強、勉強」と追い立てられるよりは、
少し縛りがゆるいコースでいる方が、成績も伸びやすくて、
人間性も豊かになるのではと考えていました。

そして、結果はダメでした。

当然、娘は通知を見て、泣いてはいました。
その10分後、立ち直って「私新しいことやってみる!」と話していました。

中高一貫なのであと5年同じクラスメイトとの付き合いになりますし、
いろいろと新しい出会いも出てくることでしょう。

その子に合わせた教育を受けさせるということが大事なことですね。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ