google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

中高一貫校

60b3b1b458cab1fc6aae5621219e249a_s

追記事項あり:2018年4月17日
削除事項あり:2018年4月18日
追記・リライトあり:2019年7月24日


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

現在中3の私立中高一貫校に在籍する我が子ですが、中1から学校独自の実力テストもありますが、「べrネッセ学力テスト」を定期的に利用して、子供達の学力チェックを行なっています。


入学後初めての時は、びっくり仰天の結果でした。中2、中3となると総合的な学力と、どの教科が苦手かがはっきりと見えてきて、特に中3となると1学期に受けた結果を元に夏休みの勉強方法がわかります。

そこで、今から中学受験を目指す子供さんの学校で行われているか、もしくは学校で導入されている場合でどういうところをみるかを紹介していきます。

追記事項:2018年4月17日
ベネッセ関連のテスト類については、生徒の手元には、
順位などの分析シートは返却されます。

解答用紙のコピーは3者面談時などに確認できますが、学校側で保管になり、当日の問題冊子については、回収となっております。

そのため、テスト関係の画像や問題内容については、学校側からの指導もあり、公開できませんのでご了承ください。

削除事項:2018年4月18日
個人成績に関する記述がありますが、一部の識者ならびにライター様より指摘があり、個人情報保護と本人特定ならびに本人の安全確保の観点よりテスト結果部分は削除といたします。ご了承ください。



9月に実施されたテスト内容について

この記事を初めて公開してから、非常に注目をされていることは気が付いていました。

駿台の模擬テストもありますが、超難関校や医学部系コースで採用になっていて、ベネッセのテストは、中高一貫の私立中学及び公立中学で実施されています。

公立校については、中高一貫校で採用され始めています。
超難関校は参加している学校はあるかもしれませんが、高校や中3時に駿台などの模擬テストを利用していることでしょう。

コースなどの配慮は一切なしで、国語・数学・英語・総合融合(これが曲者)の4科目で実施し、基本の3教科後半部分は先生からの指示で解答する大問指定があります。

総合融合というのは、科目関係なしで何が出題されるかわからないということで、
生徒たちの中でも驚いたとのことですが、今回子供から聞けた話としては、「文章を読んで、その文章について推理して理論を書いていく」ということでした。

次に実施されるときは、またパターンが変わると、中1時の担任の先生に説明を受けました。

その後は、総合融合は、様々な組み合わせで出題されて、応用力が効くかということを試されました。

返却されてびっくり!信じられない結果に!

2017年11月の三者面談で、中間テストの結果とベネッセ学力推移テストの結果報告ファイルと解説が、
当時の担任の先生から行われました。

中間テストは、上がった教科もあれば下がった教科もありましたので、順位は少し下りはしましたが、テコ入れは必要だとはわかりました。

ところが、ベネッセの方はびっくりするような結果に固まりました。

評価は、1・2・3の3段階評価とC〜AとSの評価が入ります。弱点も分析されたものが出てきます。
裏面にも詳しい解説が印刷されています。

例えば成績が優れている場合は3Sという評価されて、結果表に印字されます。

我が子の成績については、総合融和が非常によくて、他の科目単体での成績はそれほどではないという結果が出ています。

その他には、全国順位(参加校の人数による)と偏差値、学校内順位と単元ごとのグラフと、弱点に対するアドバイスも結果表に印刷されて渡されます。

中2になると、各科目の結果が代わり、数学が苦手だったのに、急激な変化が出て、数学が成績がよくなり、何が起こったか今でも不明です。

中3では、総合が入っていないパターンのテストを5月に受けていますが、ここでも数学が異常によく、英語が少々苦手という結果が出ています。

ネット内でも様々な意見あり、中学では弱点を見抜くのにいいかも

中間一貫校でも、このテストに参加した学校の親御さんの意見は別れています。
しかし、中学生の段階では自分のお子さんの基礎学力を確認して、何が不得意でどういうところを伸ばす必要があるかということが見抜けます。

うちの子供の場合、語彙力や漢字は得意なのですが、記述式の抜き出し問題がかなり苦手で、その波が大きすぎるということが国語と総合融合で見えました。(これは中1時)

中2以降は、苦手科目が英語とはっきりわかり、文法面で頭の中で固く考える癖があることがわかりました。

子供に聞いてみると、問題をざっと読んで見る癖はいいのですが、「あ、これは難しい」という概念ができてしまうとうまく実力が出てこない。

つまり、「問題の選り好み」をしてしまう癖があるということです。

たまたま総合融合では論説文で自分の得意分野だったので、ずばずば書いたことと、理論的解説が得意だったことも大きく出たのも見えました。

このテストに対する意見は、賛否両論が出ていて、中高一貫の高校生が受験した場合は、評価にも響くし、志望校の合否もわかるので、中堅校で開かれたところのお母さんがたはこのテストにはかなりシビアかつ批判的なご意見は出ています。


公立で行われる学力テストよりはシビア!

公立中や公立小で毎年小6と中3で実施されている学力テストの内容よりはかなりシビアな内容と言われています。

ベネッセ学力推移テスト(正式名称はベネッセ学力推移調査)はきちんと個人の結果は公表されますし、
何が苦手だったのかを知ることはできます。

高校生になると、志望校選定に反映されるので、中学時代であれば、子供さんの学力の定着度がはっきりわかります。

定期考査では見えなかった部分が、はっきりわかるテストですね。

まとめに

難関校はそれなりに独自テストを導入して管理はしているはずです。

ベネッセ側としては、中堅校に対してこのようなサービスを実施するとともに、在籍しているお子さん達のレベルなどを分析して外部へ偏差値などの提供をしていくものと見ています。

私立中学の段階では、学力の定着を見るという目でお母さん方が暖かく見てあげるか、対策を考える資料にするといいですね

スポンサードリンク


f0372a1ce1564e9b8867773e0ab0162e_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日、今年入学ほやほやの親御さんのSNSでの書き込みがありました。「この人は、学校説明会や入学説明会で何を聞いていたのだろう」とびっくりしました。

今、我が子は中3生ですが、合格後に行われた「入学説明会」と入学式後に保護者に配られた中学三年間の各教科数のコマ数表が配られました。
※校外秘なので、公開は控えさせていただきます。

今も保管はしていて、学校説明会の時やパンフでも、ちょこちょこと授業内容については紹介されていて、心配であれば、受験させる前に聞くのが筋で、入学させてから慌てるというのもどうかなと思うのです。

というわけで、過去に私立中高一貫校関連ブログも確認した上で、私立ならではの、授業方針などを紹介します。

※最近、関東からの読者様から「間違えている」という書き込みがありますが、変わっている場合もありますので、こちらではなく、志望校の説明会などで確認してください。こちらは、個人ブログです。



水泳の授業について

1d222ee94b5f72d73414c58154582d71_s
※「写真AC」様より提供をいただいております。

私自身は、高校から私立・女子校出身者ですが、高校時代はプールはありませんでした。なぜなら、人クラス19組まである学校でしたし、物理的に(お寺の中の学校)プール建設が難しいので、プール実習はなしでした。

高校卒業後、外部の大学に進学しましたが、短大の体育の実習で「水泳」があり、別施設まで出かけて、泳ぎの達者の子だけ「日本赤十字水難救助員」の資格取得の授業はしました。

我が子は、別の女子・中高一貫校の中3生ですが、この3年間は「水泳」の授業はないです。その代わり、「創作ダンス」の授業はあります。

関東圏・関西圏ともに、「水泳」の授業を行なっているのはわずかで、プールがあったとしても、「水泳部」「水球部」のみ使用としている学校もあります。(灘中・高がこの例にあてはまります)

最近は、「女の子で生理中に無理やり水泳の授業に参加させるのはいかがなものか」という問題もありますので、あえて水泳の授業をしないという学校はあるでしょう。
「生理中でもこの器具を使えば」と紹介しているサイトはありますが、まだ体が未熟な中学生には無理な話です。

関連記事:「生理中の水泳の水泳の授業 産婦人科として考えた」BuzFeed News

また、我が子の学校の年間行事表(うちは4月にもらえます)を毎年見ているのですが、設備面(学校が狭い!)の問題があるのと、1学期の中間テストが終われば、授業では補えなかった分を強化する「講習会」が行われたり、林間学校・臨海学校がある学校はあります。

そして、希望者のみということで、7月〜8月にかけて、海外(今はカナダ・オーストラリア・ニュージランドが人気)への研修旅行に最高1ヶ月へ出る学校もあります。

設備面や学校行事に対して我々はどうしようもないので、「水泳の授業がない」となれば、それに従うまでのことです。

子供さんで、「水泳の授業のある学校がいい」という希望があれば、学校説明会で個別質問に応じてもらえるので、先生に確認を取るのがよいでしょう。

ワイルドな行事を入れる学校もありますよ

c41f29f487ebe39897e6b560efbeb745_s

体を動かす系での行事となると、関東圏での学校は確認がとれないのですが、関西圏ではわずかながらも、中高生全員6年間必ず参加の「登山」行事を取り入れている学校はあります。

雪山登山を実施している学校もありますが、必ず登山グッズの購入と指導を行なって、学生全員参加という学校もありますね。ただし、体力差や体調面のことがあるので、コース変更や不参加で待機ということもあるそうです。

そのほかにも、希望者のみでスキー講習会がある学校もありますし、学校によっては、家族では今までできなかったことを、学校が面倒を見てくれるという行事があるので、水泳にこだわらずに、様々なことに学校がチャレンジさせてくれるというのは、よいでしょう。

宗教系の学校で親が参加できるなら参加してほしい行事はあります

仏教系やキリスト系の学校では、その宗派に基づいた行事が行われます。

仏教系なら「花祭り」は4月8日に行われることが多いのですが、入学シーズンということで、後日行うケースは多いです。
超難関校になると、省略する学校もありますが「情操教育」として、宗教を取り入れている学校であれば、「花祭り」を5月ごろに行う学校は多いです。

浄土真宗系の学校であれば、親鸞聖人の命日とされる日(11月26日)に「報恩講」を開いて、生徒たち全員で「正信偈(しょうしんげ)」というお経をあげます。

キリスト教系でもカトリックであれば、12月24日の夕方もしくは昼間に「クリスマスイブの夜のミサ」を実施するところは多いです。特にカトリック系であれば、洗礼を受けているご家庭が多いし、お子さんでも信者となっている子が多いので、かなり重視するところはあります。

学校によっては、「日頃宗教教育について、子供さんにどのような教育をしているのか?」ということを公開してくれるし、生徒さんの様子を見ることができるので、お招きしてもらえれば、参加することをお勧めします。

特に、仏教系の場合は、同じ宗派のお寺さんで特殊なお仕事に付いている方の「法話」は面白いので、親御さんにもよいですし、カトリックのミサも荘厳で、信者でなくても「これが正式なのか」とわかるので、勉強になります。


副教科であまり心配することもなく、メインの教科で頑張るべし

女の子をお持ちのお母さんなら「家庭科がない」とびっくりされる方もいらっしゃるようですが、我が家は、1年の後半から「家庭科」「技術」が入りました。

家庭科といっても、ミシンを縫う程度で、今は調理実習をしています。
(話を聞いていて、少々不安なので、家で暇な時に教えたり、一緒にご飯を作っています)

技術については、ICT教育をやっているついでというのも、書き方が悪いかもしれませんが、「プログラミング」をしています。
どの言語を使っているかは教えてもらっていませんが、非常に楽しそうにしています。

まれに、「茶道」「生け花(流派は学校で違います)」を取り入れている学校もあるので、特に女子校で取り入れているケースはあります。

ちなみに、今後の大学入試改革のことを考えると「副教科」は「教養や体力づくりや知識を得る」と考えるとよいのではないでしょうか?

どうしても、設備面や生徒数でどうしても「できる・できない」ということは出てくるので、どこかで踏ん切りをつける必要はあると思います。

スポンサードリンク

74d792510fb7cf6ad371d3b26945cd23_s
photo by 写真AC

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker23)です。

昨日(2018年4月9日)から子供が通う私立中学校(中高一貫校)も始業式が
行われ、今日からは中2ということで短縮授業ではなく、通常授業で
授業が行われます。

昨日、いろんなプリント類が渡されたり、年間行事表をいただいたのですが、
子供がかなり困った顔をしていることと、年間行事表を見て
「これ、絶対苦情くるよね」という内容を見つけてしまいました。

多分この1年間のうちに、保護者と学校側での話し合いが出てくるのではないかと
みていますが、私立校へ行かせている保護者様のブログを読んでいて、
「あ!うちも当てはまる」と気づいた点があります。

というわけで、どういう点がどう変化して、問題になってくるかを
クラスの保護者の方で連絡が取り合えた点を紹介します。

中途退学者が出てきました

子供のコースは1クラスしかなく、特殊クラス(国際的な人材育成コース)
なので、クラス替えはなく、基本人数の変更もありません。

しかし、担任(変更なしで行く模様です)から生徒に聞かされたのは、
一人退学願が出されて受理、地元の公立中学校へ編入したとの話でした。

その子は、入学当初からみんなに馴染めず、子供がお昼ご飯の
時間に誘っても断っていたと聞きます。

私立校にありがちな話ではあるのですが、入学したものの
理想と自分の現実と合わないために、なんとか通ったけれど無理だったと
いうことで、親子で話し合って退学を申し出ることはあります。

それ以外に、非常に問題になっていることは、
「いじめ」問題です。

入試説明会や入学式でやたら「うちはいじめはあります。だけれども、
お預かりするお子さんはお守りします」とうちの子が入学した学校で
やたらと校長先生が話すのが気になりました。

さて、なぜ「いじめ」について強調する私立校があるのか。
次に説明します。


スクールカーストや厳しい指導の先生による嫌がらせ

生徒同士のいじめは、私立校であってもありますが、
保護者が申し出れば、早めに消火活動に出ます。

ところが、学級間のトラブルもあります。
同じコース、いえ違うコース間でスクールカーストが出ていて、
上下関係を勝手に作り出してしまうんです。

うちの子のクラスも別のクラスから嫌がらせを受けて、
保護者同士で申し合わせをした上で、
対策をお願いしました。

しかし、中2になってふたを開けてみると、
逆にうちの子達のいる特殊クラスでは、その教科を特化させる必要が
ない厳しい先生がやってきて、生徒達も噂に聞いているので、
戸惑ってしまい、親達からも不安の声がすでに上がっています。
(科目については、学校が特定されるのであえて公表しません)

娘は、すでにクラブの同級生から噂は聞いていたし、その科目は
大の得意なので何を言われても大丈夫と行っていますが、
よその学校では、年に6人中途退学をさせてる先生もいると聞きます。

「先生のいじめ」は小学校ではあったとしても公表されることは
ありませんし、いじめ認定について、公立校の場合は、
市区町村の教育委員会にあがることになっています。

ところが、私立校では、私も私学出身者で特定の生徒へのいやがらは
確かにありました。
そこをうまく切り抜ければ、痛くもかゆくもありません。

ところが、生徒間のいじめ・先生からのいじめについては、
学校が隠そうとするので、公表されることがなく、
耐えきれずに退学するしかない子が続出するわけです。

厳しい指導をしたところで、前年度にいろいろ問題を起こした子が
態度を改善することはなく、厳しい指導をしたところで、
先生への信頼を成績ができる子からもなくしてしまう結果になります。

娘の友達のお母さんからも連絡がきていて、
かなり怖がっていて学校に行くのが怖いと行っています。

今日の休み時間ぐらいに、先生に対する対抗策などは
子供達で話し合いをするかもしれませんが、
それは非常に危険だということで止めてはいます。

ただ、今後問題が出てきた場合は、保護者同士で話し合いの上、
学校に申し出ます。

妙に納得した話。複数回行われる入試説明会と校長交代

私はたまたまこのかたのブログに辿りついて、妙に納得しところがあります。

作家・内藤みかのメインブログ

気になったことが書かれているのは2014年の話ですから、お子さんはもう
大学生ぐらいだと思います。

気になった記事は、

受験倍率のからくりに注意。<追記部分あり>

でした。

娘が行きたいと決めていた学校は2〜3校。
そのうち、説明会が1回だけだったのは、1つのみ。

残りはプレテストや複数回で説明会があったり、文化祭などの
見学ができました。

現在通っている学校は、見学会があって、体験授業がありました。
プレテストもあったで傾向が掴めたのですが、
やたら説明会が多いのは気になっていました。

もうひとつの学校も説明会は多めでしたが、
「東大、東大」と東大合格者を多く出したいの一心か
聞いていてしんどくなって、受験をやめました。

そして、今の通っている中高一貫校に合格して入学したのですが、
校長先生が別の方に変わっていて、中2にあがった今も、
いろんな先生が入っています。

内藤さんのお話では、やたら入試説明会を実施したりする学校は
在校生よりも入学生獲得を優先して、自宅学習日を
増やして学力を下げてしまうという指摘をしています。

これで、中高一貫校でなくなって、高等部も取るとなると、
別の日に説明会を多数実施することも考えられるため、在校生は
ほったらかし状態になりかねません。

それと気になったことは、「校長が頻繁に交代していること」です。

私たちが話を聞きに行った時の校長先生が入学式の時には、
別の私学から引き抜いてきた先生が校長先生になっていました。

内藤さんの指摘では、「校長先生が頻繁に交代するのは、
学校内でなんらかの内部もめが起きている証拠」と
出ています。

確かに説明会でいただいた資料を見てみると、3~5年間隔で校長が
交代しているということに気づきました。

説明会時の校長先生はとても穏やかな方だったのですが、
入学してからどうも腑に落ちない点があったので、
調べてみると、やはり理事長一族とあまりいい関係ではないと
わかりました。

急激な学校での変化が起きている時は要注意!

実は、以前からよくない噂は聞いていたので、用心していましたが、
案の定、入試制度で大きな変化が起きて、受験者が倍増しました。

しかし、入学者はわずかに増えた程度。

そして、娘の学年、しかも娘のクラスに対しての手厳しい先生達の配置。
娘は慣れっこと行っていますが、子供さんは絶対にギリギリまで
親御さんに「つらいこと・かなしいこと・SOS」を出しません。

小学校時代にいじめを受けた経験者なので、
はっきり言えます。

環境が変わった時に、必ずと行っていいほど、学校に行けなくなるぐらいの
問題が出てきます。
そういう時こそ、親の力が必要です。

ところが、私立校は文科省の管轄からはずれるので、
いじめ問題がもみ消しにされてしまう傾向が非常に強いのもあります。

だから、説明会などではっきりと釘をさしておくことで、
親に受験をさせるかさせまいかを決めさせるというのは
あるのかもしれません。

手厳しい指導者がいる学校自体も本当は問題があるのですが、
それを放置しておくというのはよくないので、
個人で言いに行かずに、保護者一同で申し出て解決してもらうと
いうのが、今はいいでしょう。

まとめ

昨日の今日なので、どうなるかわかりませんが、
学校行事についても、かなり宗教色が強くなっているので、
今時の一部の保護者様から、「やめてほしい」という話は
出てくるものがあるでしょう。

私個人は慣れているのでいいのですが、
かなりのテコ入れをしたようで、そのテコ入れがよしとでるか、
逆効果で生徒達の反発を受け、保護者からも苦情が出るかも
しれません。

他校でも、学校内の内紛や揉め事で授業ができなくなって、
休校して保護者会を開いた学校があるとも、聞いています。

中学受験は「子供のために、将来のためにいい教育が受けられる」と
考えて受験させるお母さんは多いし、私もそうでした。

ところが、私立というのはある意味個人経営的な面があるので、
内紛があれば、怪しげな先生を入れてしまうという
ブラックボックス的な一面はあります。

私自身も、高校の時にやられてイラっとしましたが、
負けずに成績で倍返ししています。

しかし、高校生だからできたのであって、中学生のお子さんで
倍返しをできるかというと、かなりの精神力を使うことになります。

ですから、今の時期などは、一番多感でピリピリしているはずなので、
お子さんの変化には気をつけてください。

スポンサードリンク


IMG_1011

photo by ぺんぺん

こんにちは。ぺんぺん(@penpenwaker23)です。

今日(2018年3月23日)は、子供の教科書を買いに学校と提携している本屋さんに
教科書を買いに行きました。
私立中学で中高一貫校です。

公立中学校なら、教科書は全て無償ですが、
私立中学の場合は、国からの無償教科書と「準教科書」を使うケースや
独自教科書を使うケースに分かれます。

私立中高一貫校の中学の英文法指導で教科書兼ワークブックとして使用されて、
評判が高いのが、「5STAGE」です。

なぜ、人気が高いのかを紹介します。



市販の問題集を買いに行って気づかされたこと

うちの子供、英語でも英会話は得意で、ネイティヴスピーカーの先生と
簡単な会話ができるレベルに今(2018年3月の時点)は上がっています。

ところが、成績表を見てびっくり!

英文法が今ひとつ伸びが悪くて、少しだけ誤解をして覚えている部分が
あるので、市販の難しめの問題集を買いに行きました。

実は、今まで市販の問題集を購入してやらせていませんでした。

「復習」ということでレベル的に高めのを選んで、中1と中2とを
買おうとして、娘に見せて見ました。

「ママ、悪いけど問題集の中身、全部やってるわ」
と一言。

びっくりしたので、中2の問題集もじっくり見てもらいました。
「そーやなぁ。まだ習ってない部分もあるけど、ほぼ全部できるよ」
とまたびっくり発言。

家に帰ってから、学校で使っていた英文法の教科書と、
今日購入した教科書を確認すると、中1で「5STAGE BOOK1」を
完全にしていて、中2はBOOK2を購入していました。

中1で教科書を買う時に、英語の教科書類が公立とは違う路線を
走るのは聞いていたのですが、ここまで違うことにびっくりしました。

ちなみに、国からの教科書の「NEW CROWN」は、
一般的な英語を教える時間と英会話の時間に使用しているという話です。
*学校によって、国からの教科書が異なります。

国の無償教科書と準教科書の違い

国から渡される無償教科書は、義務教育期間中の子供に
渡される教科書で、よくニュースで「検定問題」と騒がれるほど、
審査が厳しいです。
なので、別名「検定教科書」と言われ、私立中学生にも配布されます。

「準教科書」というのは、本来は教科書の扱いではないけれど、
各科目で追加する必要があると学校が判断して、教育委員会に届け出て
使用することが認められた教科書です。

私立中学で特に中高一貫校は、学校ごとで考え方は違いますが、
・国の教科書だけでいく
・国の教科書と準教科書とを使う
・独自路線教科書で教える(国の検定教科書は形式的なことが多い)

と大まかに分かれまして、準教科書と独自路線教科書は有料で購入と
いうことになります。

今日、子供の在籍するコースについては他コースより英語と国語の部分で
多めに購入となりました。

話は戻りまして、「5STAGE」に関しては中1でもBOOK1のみで
中2のほぼ多くを補えるのはなぜでしょうか?

作った人を紹介すれば納得します。


現役灘中高の英語教員が作った英文法教科書だから!

この5STAGEを作成された「木村達也」先生。

実は、現在は西の名門校灘中高の現役英語教員で、
過去の経歴は、大学卒業後に自動車会社の営業マンとして勤めてから
奈良の進学校「西大和中高」に勤務したのち、
現在の灘中高で教べんを取られています。

私立中学・高校では、準教科書やドリル的なものをやらせても
定着が悪いということで、木村先生が考え出して
発表されたのが「5STAGE」というわけです。

「和訳させる」「英語で書かせる」「CDを使ったヒアリングで
聞こえてきた英語を書かせる」
という方法で定着させるという
指導方法で、英文を書くことが苦手な子供にとっては、
いい修行になっています。

これが、多くの私立中学校の英語教員に導入要望が高く、実際に
採用されている理由です。

木村先生は、私立中学校で使えそうな準教科書やドリルはあるけれど、
これから先に実施されていく、「自分の意見を自分で英語に置き換えて
書いていく」という指導には繋がらないのではという考えから
「5STAGE」を作られたとご自身のブログで書かれています。

木村先生の願いとしては、様々な角度から英文法をマスターして欲しいと
いうことと、早めに英文法をマスターして欲しいということで、
公立中学で使う教科書とは違う角度で作られています。

ちなみに木村先生のブログでこの教科書誕生秘話はこちらからどうぞ。

そして、5STAGEは個人購入(書店販売や通販)はしてくれませんので、
ご注意ください。

私立中学校がなぜ公立と比べて指導速度が早いのか?

5STAGEのBOOK2を見たのですが、中2で中学で教わる英文法は
ほぼ終了になりそうです。

もちろん中3から高1の授業がスタートするのは、中高一貫校では
ありがちです。

「それってずるいじゃん!」と思う方は多いかもしれませんが、
私立中学校・高校のこれが強みというところで、
高校2年生までに、高校課程の全てを終えて、高3では大学受験に対応した
指導をしていく訳です。

ただ、最近は国内の大学を目指すのではなくて、一旦国内の大学に
進学するものの、途中から海外の大学を目指す子もいるし、
はなから、海外の大学にいくつもりで勉強する子が増え始めていると、
「プレジデントファミリー」最新刊で紹介されています。

私立の中高一貫校は、公立学校ではできないことをすることで、
早めの大学受験準備に備えることが長期的にできるというのが強みです。


まとめ

市販の問題集を買いに行った時の子供の発言にびっくりしましたが、
ここまで早い教育をしていて、塾なしで定着していたことに
びっくりしました。

成績表を見ましたが、本人の頑張りもあって「塾に行きなさい」
司令は学校から出ませんでした。
場合によっては、学校から塾(個別指導でないと無理)にいくように
言われて、いくことがあると聞きます。

ちなみに、私立中学校の英語教科書では、「プログレス」も人気があって、
国の検定教科書ではなくて「プログレス」を使用するケースがあるとか。
確かに通信教育をとるか考えた時に、「プログレス対応」と書かれていたで、
気にしていたのですが、「5STAGE」は優秀な準教科書ですので、
今後の子供の様子も楽しみです。

最後になりますが、木村先生は英語関連の有名著書をたくさんだされて
いますので、ぜひ探して見てください。








d22e6540ef42b3be3a00d4aa9ab4b60f_s
photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

この記事については、「必ずしも私立中学校が公立よりはましではない」という
警鐘も込めて書いています。

「私立中学校に行けば、落ち着いた環境で勉強できる」と希望をもって
入学されるお子さん、これから中学受験に挑むご家庭に知ってもらいたいという
ことで書きます。

他にも、「私立の中高一貫校で学級崩壊があった」という記事を書かれている
お母様もいらっしゃいます。
ということは、「学級崩壊」というのは、公立・私立関係なしに起きると言うわけです。

うちの子のクラスも学級崩壊を起こしていて、該当する子の家庭には通達と、
保護者会もありました。

これから先の話は、私の子供の証言や他の保護者様からの話、子供の証言から
学校へ上申書をあげて、すでに職員会議にかけられています。
不名誉なことですが、これも実情です。

では、うちの子のクラスのケースについて参考になればということで、紹介します。


スポンサードリンク


入学式から雰囲気がおかしかった
子供の学校は3コース制の学年編成で、子供のコースは1クラスのみでした。

入学式に親は私一人で出席したのですが、
後ろから見ていると、落ち着きのない子がいて先生に注意されている
光景がありましたし、どうみてもその筋の道の保護者様もいました。

入学式中にずっとLINEをしているお母様もいるし・・・

教室に移動してから、担任の先生からのご挨拶などがあって、
子供たちだけでの集合写真への移動が先でしたので、
その間に、PTA役員や親のクラス委員の紹介を受けました。

「なれないことも多いかということで、卒業生のお母様に
お願いをさせていただきました。」

う?確か入学前に「小学校でPTA役員の経歴について」って
アンケートあったよね?


なにやらもやもやすることがすでに始まっていました。


入学後のお泊まり会などで問題に

本格的に授業が始まると、授業なのにうろうろする子、
「先生、わからない!」など、これ以上は書くことができないほどの
生徒からの暴言が始まりました。

先生が注意しても、「先生が怒った!先生嫌い」と
休み時間に黒板に嫌いな先生の名前や下品な言葉が書かれるという始末。

GW前に、親睦やコース特有の学習方法などを理解してもらう為の
お泊まり学習会がありましたが、ちょうど学級委員を勤めていた
子供への暴言は反抗がありました。

うちの子供は、小学生時代にちょっとしたことで、クラス総動員の
いじめにあった経験がありましたけれども、どう対応していけば
いいかということ知っていたので、それ相応の対応はしました。

反発する子は、お泊まり会でうちの子供をいじめようと企んでは
いたようですが、矛先をいろいろと変えながら、反論してこない子を
狙っていじめていたといいます。

この件については、被害にあった子供の保護者や私からも
「どうなってるのか?」という手紙や電話を入れさせてもらっています。

一度、担任の先生やコース主任の先生、生徒指導の先生を交えての
話し合いの場を設けて、一時落ち着いたのですが、一旦落ち着いた
ものの、元にもどってしまいました。

学級委員をしている我が子は、授業中なのに歩き回る生徒に、
「あのさ、授業中なんだから座らないと!座って!」というと、
「小学校時代、私いつも嫌な授業こうしてたから。楽しいじゃん」と
言われて、呆れてしまい、担任にも相談しました。

担任も未経験の学級崩壊!親は知らないのか?

担任の先生も初めての経験というよりも、中学受験を経験して
入学してくる子供さんで、毎年中1ぐらいは落ち着かない時期があって、
学校生活になれ始めると落ち着くようです。

ところが、ちょっとしたことで他のクラスをも巻き込む大事件は
最近の私立中学校ではあるようで(学校の性格によると思います)
子供の学校も、入学式の日に「ちょっとした問題はおきますが、
全力で対応します」とは聞きました。

落ち着く時期を待っていましたが、いつになっても落ち着かない。
担任の先生やコース主任の先生も想定外!
生徒指導の先生までどうすべきか考える!
ついには職員会議にかけられることになりました。

我が子供やクラスのお友達とお母さんからも、情報をもらおうと
連絡をとったのですが、落ち着きのない子供がクラスのほぼ半分で
クラスとしての存在維持が難しいのではないかという意見でした。

問題のある親御さんは知っているのかというと、恐らく知らないのではないか
というのが共通の意見で、中学受験についてどう乗り越えたかということに
ついては、ここでは公表しにくいので控えますが、
まともな受験をしていないということになります。


今後の対応について

校長先生の耳にまで入ったので、抜き打ちで教室での授業を見学して、
実態を確認したということを聞きました。

該当するお子さんと親御さんには学校長名での手紙が届いている
ということで、詳細は不明ですが、保護者会で中2以降に行われる
ICT授業で活用するiPad Proの購入と含めて話があるとお知らせがきました。

クラスの約半分が大暴れしていたし、校長が直に確認しているので、
言い逃れはできないでしょう。

子供も「うるさくて、まともに授業が聞けない。しんどい」と
担任の先生に伝えていたし、他の生徒さんも困っていたので、
私や他の保護者様も伝えていたのに、かなり後手後手回った感は
あります。


まとめ

私立中学校でも落ち着いた環境の学校はあるのは当然で、
最近は、医学系コースの人気が高いので、大暴れする状況下では
ないとは思うのですが、子供の話では、ハイレベルコースでも
一時期学級崩壊していた時があると聞きます。

中学受験で、心もボロボロに疲れ果てて、親御さんも中学受験が終われば、
お子さんの行動について自由にしてしまう部分もあるのかもと
考えました。

それなのに、話を聞いてみると小学校時代にも同じ行動をしていて、
注意されていなかったというのはご家庭でのしつけの問題はあります。

それぞれのご家庭のしつけの問題になりますが、
遠いところからその学校に惚れ込んでやってきた子供さんや
教育について期待をしている親御さんもいるので、
早急に解決することを望みます。

スポンサードリンク



↑このページのトップヘ