google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

中学受験をわらう

character_program
こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

2020年度の中学受験が終わりをつげ、新たな中学受験挑戦の子供たちが受験準備に入ろうとしているかと思います。

我が家の場合は、小4の5月からスタートしたので、本来は準備には遅いかもしれない組でしたが、なんとか今の学校に入学し、春からは上の高校へ進学します。

さて、毎年あるブログがGoogleからの注目を受けて、いつもこの時期には私も読んでいるブログがあります。

「中学受験をわらう」というサイトはご存知でしょうか?
このサイトは、これから中学受験に挑むご家庭にとっては耳が痛いかもしれないし、すでに中学受験を終わった方からすると、「それわかるわ」という意見と賛否両論が出ます。

このブログは一度は読んでおいた方がいいのでご紹介と、私が読んだ感想とご一緒に紹介します。
(「中学受験を笑う」の内容は転載・引用は全て禁止になっています)



関東圏の塾関連者かと思われるブログ「中学受験をわらう」

さて、紹介させていただくブログはこちらです。



ブログ管理人である「黒い講師」さんは、内容から関東圏の中学受験請負の講師の方であると思われます。

このブログは、私の子供が受験本番期にみつけたブログで今でも継続されています。
内容は転載や引用禁止となっていますので、ざっくりとしかお伝えできませんが、中学受験であたふたする子供や親御さんの様子から見た「中学受験への皮肉」ですね。

しかし、決して「黒い講師」さんがお伝えしていることは、非現実ではなく本当に実在しがちなことなので、中学受験を終了してもう3年経ってからなら「それはわかる!」と逆に共感してしまうのです。

我が家も同じことをしていたかもしれません。たぶん、このブログに登場する親御さんと同じ行動をしていたかもと思いますし、子供もそうしていたかもしれないと思えるから、続けて読んでしまいました。

このブログ、炎上の話は一切聞いたことはありません。陰で言われているのかというと、調べたところ一切なしです。

文句の付け所がないから、炎上しないのでしょう。

今の中学受験への批判と警鐘

ひと記事ひと記事が短編で、文句を言わせないようにしているという徹底ぶりは、ブログ運営者としても勉強させられる部分が多いです。

そのひと記事の内容の短さが、とても的を得ていて、反論のしようが全くありません。中学受験の業界にいるけれど、「子供や家庭に対し無理をさせて中学受験をさせる家庭」「ランクを下げなければ合格できない子の親からの注文内容」など、中学受験を含め、高校受験から大学受験まで通じる話なのに、中学受験だけがヒートアップする様子を、淡々と書いています。

中学受験は、私も思うのですが、子供の現状を見失って無理をさせてしまいがちな部分はあります。見失ってコントロール不能になってしまった家庭はさてどうなるか?

子供の学校でも、無理をしてランクが合わない学校、もしくは自分の望む世界ではない学校だと知った子は中1終了時で退学しています。

「黒い講師」さんは、過激な中学受験をさせた家庭がどうなるかを、面白おかしくは書いているものの、冷静な視点でとらえながら、更新しています。

嫌味なブログかもしれませんが、中学受験のいやらしい世界を見せつけたうえで「よく考えてみなよ」と警鐘を鳴らしているのかもしれませんね。
(勝手な考察ですが、たぶんそうでしょう)

中学受験は魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界

私の子供も、中学受験準備を始めた小4の5月の時点では「中学受験を諦めた方がいい」というぐらいの偏差値で、正直あきらめるつもりでした。

でも、子供本人が通ううちに「ちょっと頑張ってみたい」と言い出して、それから本格的に準備をスタートさせていきました。

時々、私がヒートアップして子供を叱りつけたことはありますし、なかなか成績が上がらず、先生と一緒に頭を抱えたり、さらに怒った時期もあります。

その後、いじめを受けていたと知ってから、塾にも相談しながら余裕で合格できる学校への変更も行い、本人の気持ちを確かめながらの合格でした。

学校に入学してから、様々な境遇の生徒さんを知りましたが、「デキる子」と「え?その成績で入れたの?」と不思議な子がいました。

無理のない中学受験というのは難しいかもしれませんが、子供の気持ちに添わずに、親の気持ちだけで走るのはとても危険です。

子供は親の姿をよくみていますから、後々うらまられることにもつながります。


まとめとして。いちどは読んで欲しい!

今回は「中学受験をわらう」からみた中学受験の世界をざっくりと紹介しました。

中学受験はよくテレビで取り上げられて、これから先は高校受験が消滅するのではないかとも言われるぐらいですが、よくみると大都市圏でしか加熱していないとわかります。

関東圏は特に中学受験に入れる熱量が違うので、私ですらも話を聞くだけでしんどくなります。

中学受験の熱量と現場講師の温度差の違いを、見事についてのが「中学受験をわらう」でしょう。

私自身もこのブログを読んで振り返りをした時に、いかに自分が恥ずかしいことをしたかを思い出させてくれました。

中学受験は、どんどん低年齢化が進んでいます。すると準備期間中に本番まで進めない子供さんは出てきますから、中学受験本も大切ですが、いちど「中学受験」とブログ検索をして、いろんな方の体験談を読むのもおすすめします。

スポンサードリンク


4e85cd51451954b4f5b828519aa4bf9e_s



更新日:2018年2月23日
加筆・修正日:2018年7月26日

どうも! 「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。
来年度の中学受験に向けて、もう中学受験専門塾では夏は「合格をかけた天王山」と言われています。

我が家は、私が高校受験時に利用した塾が、中学受験対応もしていたので、個別指導コースで合格しました。生徒の様子をこまめにチェックして、少しでも異変がある、もしくはかなり深刻な問題が出た時は、迎えに行った時に聞かれるか、緊急懇談をしてくださいました。

個別指導であれ、集団指導であれ、中学受験をするお子さんを預かる先生の心のうちってどうなんでしょう?受験間近の時や、受験日当日と発表会にヒートアップしているご家庭を見ただけに、先生方の気持ちはどうなんだろうと、考えさせられます。

ブラックな面もありますが、ちょっとのぞいてみましょう。





中学受験を受け持つ先生ってどう?


中学受験最大手専門塾というと、
  • サピックス
  • 日能研
  • 四谷大塚
  • 浜学園
  • 馬渕教室
これらの塾は中学受験業界では、かなりの有名塾としてあがってきます。

もちろん、他にも中学受験部門で最難関中学への合格者を出している塾はあります。

集団指導では、実力と志望校とでクラス分けがおこなわれますし、個別指導だと、志望校とお子さんの性格や成績などを考えて、担当の先生が選ばれます。

中学受験は、高校で習うことを、小学校で習う方法で解くことが求められますが、なかなか成績があがらないお子さんを持つ保護者は、「先生が悪いんじゃないの?」と攻め立てることはあります。


中学受験は「特殊な受験ワールド」と理解している先生が担当しています。

不合格者を大量に出してしまうと、塾の信用問題に関わってくるので、塾は「正社員採用」のベテラン先生が受け持ちます。

インターネットでググっていると、「超有名中学●名合格!」
個人で経営している塾もあれば、特定の有名校専門の家庭教師を
している方もいます。

なぜ個人でできるか?

それは、教員免許を持っていて、自分自身が中学受験経験者であるからです。

塾で採用される中学受験担当の先生は、中学受験経験者です。

塾で超難関校合格者を出した先生が、実績を買われて、私立校の教員採用試験で採用される確率は高いです。(教員免許を持っていることは必須です)

相性などが合わずに困ることも


塾側の正直なところは、「超難関校合格者が多い!」と宣伝をすると、次年度の生徒呼び込みになります。

私は前年度の実績などは気にせず、見学と相談会に行ったことと、子供に体験授業を受けさせたことで入塾を決めています。
知名度と合格者実績で決める親御さんは少なくありません。

知名度も重要なのですが、体験授業を受けたのに実際に違ったという例はあります。

それぞれの教科に担当講師はつきますが、
  • 塾の体質そのものが厳しいところ
  • 講師の指導が塾の方針から離れている(かなりきつい指導を行う)
  • 生徒さんをきつく叱り続ける(体罰を加える先生もいたと聞きます)
これらの事情から、お子さんが塾に行くのが怖くなってしまうケースは多々あります。

逆の例として、お母さんやお父さんが熱心になりすぎて、お子さんの成績と志望校への合否が難しいのに、塾からのアドバイスを聞かずに受験をしているご家庭もあります。

中学受験の怖いところは、塾も親も熱くなりやすいということです。冷静になってみれば、ご家庭に不協和音を起こすことはありません。

ここまでバラすか!ブログ「中学受験をわらう」


81745c68.jpg
photo by 写真AC

合格後、偶然偶然見つけたブログ「中学受験をわらう」は、今読むと「あぁ、それ納得」ということでさらりと読みました。

都内で個別指導塾で講師をしている自称「黒い講師」さんが運営しているのですが、受け持っている教え子(もちろん匿名です)もう周りが見えていない親御さんへのきつい意見、塾の内部事情などが出ています。

かなりSNSも巡回しているようで、ブログ更新度は1日で15回している日もあります。

中学受験で合格を目指す親子を、指導者なのにかなり冷ややかに見つめ、分析しています。かなりショートなので、読みやすいです。

子供さんの実際の成績とかけ離れた学校を望む親。
親のいいなりになり続けている子供。
過熱しすぎている中学受験。

ブログでは特にこの3点を痛烈批判しています。

「黒い講師」さんは「中学受験に踊らされてる」家族や生徒を
匿名でさらして面白がっているのではなくて、要するに

「中学受験の中でいかにまともな精神でいられるか?」
という問題提起をして考えさせてるブログと見えます。

<最新情報>
「黒い講師さん」、実は2016年に本を出版されていて、賛否両論で今も買われています。


私は、最近書籍化されていることを知りましたが、ブログの方が充実しているという書評が多い本です。すでに受験を終えたご家庭なら、あえて読む必要はないです。今から受験を考えている、もしくは塾に対して疑問を持つお母さんには、塾の裏世界を見せることになるので、落ち込む方は出てくるでしょう。

私は、実際にこの手の講師の方から指導を受けたことはあります。あながち「黒い講師さん」の伝えたい中学受験の裏側を知るには、いい本かもしれません。

講師と話せるなら冷静にそしていい関係を!

6944985b.jpg

「黒い講師」さんも指摘しているのですが、お子さんの成績と志望校の偏差値が離れすぎているのに、
塾の学年担当の先生に相談しない、ヒートアップしすぎて、助言を受け付けずに、ランクダウンさせない親御さんが多いことです。

同時に、なんとしても合格させようと、大金をかけすぎて結局は塾の食い物にされている親御さんが多いということです。冷静な判断はとにかく必要なのです。

無理な受験の結果、見事に不合格になっている姿も隠さずに書いています。

我が家の例では、送迎時や塾で用意されている連絡用サイトで、それぞれの先生に相談をしていたので、無理とわかった時に、すぐに志望校を子供と相談して、納得のいく受験で無事に合格することができました。

中学受験は、本当に長期戦で精神力が問われます。

塾で困ったことは素直に塾へ相談し、決して攻撃的にならずに現実をしっかり見つめた上で、「中学受験」について考えていきましょう。

まとめ



子供が無事に志望校に入学し、友達がどんどんできてから、それぞれの塾の特徴や、ひどい対応などたくさん聞きました。

我が子が通った塾は、私が通塾していた時とあまり指導方針は変わらずで、居心地が悪くなるようなことがない塾でしたから、安心して子供を預けました。

私自身、「ココナラ」という自分の特技を売ることができるサイトで、
「中学受験経験者の母親から見た相談」開いています。

「中学受験関連」の相談部門は、かなり激戦で個人塾の講師の方が対応するサービスに、相談が集中しています。
私自身、「お試し枠」があった時に数人お伺いしたのですが、どう考えても受験自体が難しいというお子さんも見かけています。

→ご興味があれば、こちらをご覧ください。

「中学受験をわらう」は一見ひどい内容なのですが、支持される理由として、
・「中学受験」を甘く考えている家庭への痛烈な批判
・中学受験を終えた家庭からの共感

この2本柱で2014年から続いて一時閉鎖もありながらも、今も続いているのでしょう。

講師全員がブラックな考え方をしてはいないと信じたいのですが、現実はそう甘くはないということは、これから中学受験を考えているご家庭に知ってもらいたいです。

スポンサードリンク



↑このページのトップヘ