google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

一斉休校

66582fbf053f0b2bbe1102f13dabcf2f_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

私どもは大阪在住で、全国が「緊急事態宣言」となる前に「緊急事態宣言」が出された7都市に含まれています。ニュースによると、ゴールデンウィーク中に5月7日以降から授業再開をするかどうか検討すると発表されました。

そして、GWに入ってから緊急事態宣言延長を発表するかどうかに入っていますが、日々の感染者数からいけば、間違いなく延長に入ります。

緊急事態宣言が出て、つい最近に入り「オンライン授業の導入」と「9月入学論」が湧いてきました。両方とも、公立・私立・国立ともに試験が関わるもの全てに影響が出ますし、今年の春4月に入学した子供達にも影響が出ます。

さらに嫌なことに、私立中高一貫校在籍というだけでの、ネットでの嫌がらせは出てきています。蓋を開けてみれば、公立でも独自で頑張っている学校はあるから、どこがいいどこが悪いとは言い切れません。

さて、オンライン授業の実態と、9月入学について、私が今知りえている範囲で紹介します。



オンライン授業。公立私立で差別化はないし面白い取り組みもあり

オンライン授業については、今どんどん導入をしているのは、公立・私立・国立の一部の学校で、まだまだ全国で満足のいくスタイルで行っている学校は、ほぼなしです。

なぜ、普及が遅れているかといえば、よく言われることを書きますと、
  • 機材がない(タブレットやパソコン)
  • ネット回線を引いていない
  • オンライン授業の為の家計からの支出が難しい
と言われています。

我が子の学校は、私立校ですが入試の出願時は、ネット出願のみでしたから、パソコンやネット回線に困ることがありませんでした。当時はケーブルテレビのネットサービスを利用していたのを、つい最近eoひかり回線にキャンペーンで切り替えたところです。

その為、速度が早いので便利と言えば便利です。しかし、最近大人でテレワークをする方が増えたので、ある一定の時間になると、速度が遅くなって、Twitterやインスタグラムの写真部分が出てこないという事例はあります。

国としては、この緊急事態(コロナウイルスによる自宅待機)で急に「オンライン授業」を進めていきたいところですが、タブレットやパソコンは高額ですし、ネット回線をひきたくても、月額使用料や工事費を払えないご家庭は多いです。

そして兄弟姉妹が多い家庭では、それぞれに端末を与えなければ、その時間に行われる授業に参加できなくなるので、現在iPadの一番安いモデルで仮に12万円とすれば、2台買うと24万円。富裕層と言われていた家庭でも、今はコロナ不況で貸付制度を申告している家庭では、悲鳴をあげるばかりではないでしょうか?

公立校でも、自治体によっては「オンライン授業」普及の為に、独自で端末の貸し出しと、電源を差し込むだけで大丈夫なWi-Fi機器も貸し出しを行っているところはあります。
お若い先生が必死に動画を作成して、YouTubeで「限定公開」として公開している学校もあります。

我が子の学校は、形だけICT授業は進めていたと思っていたのですが、さらなる非常事態宣言があるかもと予想したのか、つい最近、事前に「家庭でのICT機器保有について」という調査がきました。

その結果から、5月11日からある双方向システムを使って、しかもひとつのクラスメイトが一斉に入れるシステムでオンライン授業を始めると発表しました。

今も、ICT教育のテストコースとして娘のクラスは存在していますが、徐々に先生達が研修を受けて、時間差はあるものの、質問に答えるなどの「やや双方向やりとり」が始まっています。
しかし、私立学校でも、あらゆるツールがあるにもかかわらず、3月頃に渡した課題だけでそれからの展開がない学校もあると聞きます。

私立が先端を走っているわけではない!とんでもない誤解

max16011508-3_TP_V (1)

これは、ある知り合いの方の誤解から「嫌だなぁ」と思った話です。

私立中高では「オンライン授業に力を注いでいます」と注目されている学校は多々あります。もちろん教育系雑誌や新聞に紹介されるほどの学校はあります。

しかし、私立中高全てが、オンライン授業に特化しているわけではありません。昔ながらの板書授業を大切にしているところはあります。そして、オンライン授業をしなくても、「在宅中にやれることを考えて実行し、また再開できる日までに発表できるようにしなさい」と教えている超難関中高もあります。

あえてオンライン授業をせずに、自分でどういう勉強方法をすればいいかわざと模索させるというわけです。

しかし、一昔前の考え方を根強く持ってる世代や人によっては、「私立はずるい。なんでも最先端だ」という考え方で、「お金があるからできるんよね。」と言われた日にはかなり落ち込みました。


今は、大人がテレワークで困っているのに、子供がオンライン授業で困らないように操作しやすいツールの選定や授業をどう進めるべきかは、学校の先生だけではなく、システム管理者や外部SEの意見を聞きながらでなければ、できないです!

趣味でYouTube配信をされている先生や、保護者で動画制作に携わっている方がいる学校など、公立私立を問わず、どんどん実施を進めている学校はあります。

しかし、機械が苦手な先生や高齢の先生にとっては、オンライン授業は難しいという壁は確かにあります。そこは、若手の先生がフォローに入ることでしょうから、心配はほとんどないのではないかと思います。

授業料をまだ払っていないのに?9月入学論

1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

すでに、授業料の請求がきて期日が決まっていることかと思いますが、我が家も例外なくきています。
高校生なので、4月1日締め切りとなっていた国からの「私立高校の授業料無償化」の申請は行いました。(所得では減額になる程度です)

そして授業料やそのほかの費用については、3期分割払いと案内がきまして、7月頃に国と大阪府同時で「私立高校の授業料無償化」の申請を再度行います。親の収入(所得税など)が6月に確定するので、もう一度申請を行うことになります。最終決定は10月になるのですが、そこへ「なんで今頃?」という
話が出てきました。


コロナの収束がつかないのなら、諸外国と同様に「9月を新学期としていいんじゃないか?」という話が出てきて、6月に会議が開かれると言われています。


まだ入学式にも出ていない、クラスメイトとの再開も果たしていないのももちろんですが、先に授業料の納付を行ってから9月新学期はいかがなものかと考えさせられます。

日本がまだ4月入学を貫いているのは、企業が4月が新規事業年度としている都合もあるからで、まさかコロナという疫病で子供達の生活に影響がでるのは想定外の話です。

入学式はない、授業を一度も受けていない、オンラインのこともうやむやにしてしまって、9月入学は少し無責任かなというのが、私の感想です。

一番可哀想なのは、小1と小6、中1と中3、高1と高3、各学校のお節目の学年がいちばんの被害者かもしれません。

夏に一括して1学期の授業の埋め合わせを夏休みにするという案を出しているところはあります。
しかし、それは先生も子供達も疲れさせてしまいます。それはよくないです。

まとめとして、今はどうするべきか?

今は、オンライン授業ができる環境作りを最優先にして、9月入学は様子を見ながら先送りでもいいのではないかと思います。

オンライン授業は、自治体の力や学校のサポート力があれば、普及できるはずですし、保護者で詳しい方が3密にならないよう気をつけながら、サポートに回っていくというのはどうでしょうか?

あくまでも理想論ですが、今は子供達の不安を取り除いてあげることを大事にしなければいけない時期です。親御さんも今後のことで不安でしょうけれども、正直私も不安な中で生きています。


子供に不安感を与えることはありません。予測としては、このコロナをきっかけに、オンライン授業のノウハウが生まれ、緊急事態になった時にすんなり授業スタイルを切り替えることができると思います。

不登校や病気で授業を受けられない子達の救済になるので、学校や自治体が経済も大切ですけれど、是非考えて欲しいと思います。

スポンサードリンク


082243

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今、新型肺炎ウイルスの猛威で、徐々に休校していた学校が新学期開始の延長を発表し始めています。我が家は、高等部の入学式が延期にはなっていますが、感染者が激増しているので入学式がどうなるかが心配です。

新学期や部活動もいつから開始になるか見えない状態です。

今、お父さんやお母さんでリモートワークとして、在宅勤務に切り替わっている方が多いですよね。連絡ツールを使われている方は多いのですが、子供の授業に使えないかという声が上がり始めています。

オンラインでの授業やクラスメイトとの会話はできると思うのですが、私達親や学校でできることって、そうすればいいでしょうか?



かなり遅れている日本のオンライン授業

bb6bb7e497ba35ecfe43f7abd8a2f84f_s

新たな教育指導要領には「プログラミング」が入りましたが、実際には「オンライン授業ができない。もしくはなかなか難しい」です。

数年前(我が子が小学校高学年)から、先生がパソコンを使った授業を一部行ってはいましたが、Wi-Fi環境下での授業ではありませんでした。

それから、中学受験をして私立中高一貫校へ入学し、ICT教育導入クラスに在籍していますが、全校Wi-Fi整備が入っておらず、各クラスからオンラインで授業が成立するかというと、今のうちに学校全てにネット環境、特にWi-Fi環境を整備する必要が出てきます。

モバイルWi-Fiを緊急導入するという方法があるかもしれませんが、今後のことも考えて、早めにネット環境を学校側が導入し、先生もオンライン授業に使うツールやソフト・アプリに慣れておく必要があります。

慣れていない先生が多いので、ネット関連でサポートできる先生などの配置は必要です。

そして、ご家庭ではタブレット端末やパソコンを購入するという経済負担が出てきます。同時にネット回線を引いていないご家庭もあります。

国は、低所得者向けで尚且つ小中学生家庭に、モバイルルーターを無償提供すると発表しました。



ところが、通信費は使用者が支払うということで、通信量が多ければかなり高額出費になるのではないかと思われます。

家で子供一人でパソコンやタブレットを操作するとしても、小学校低学年・中学年は一人では操作するのは無理なので、親御さんが見てあげる必要があります。ということは、共働き家庭では誰かがひとり家にいなければいけないとなります。

さらに、自分で買ってきたパソコンやタブレットを子供に与えるのはよいのですが、悪質なサイトへ入ったり、勝手にゲームアプリを入れて課金する恐れがあります。

WindowsパソコンとMacで年齢制限をかける方法はあります。しかし、簡単に子供は解除する恐れはありますし、ウィルス感染の危険があるので、本来は学校側が提供する端末類を使用するのがいいのですが、どこまでするべきかが問題です。

慌ててパソコンやタブレットを買う必要はなし。

SNS上では「オンライン授業が始まるかもしれないから、タブレットを買おうと思います」という投稿をいくつか見かけましたが、慌てて親が買いに走る必要はないかと思います。

自治体や学校側から貸し出しを受けられる場合もありますし、すでに全校ICT教育を実施している学校では、既存のアプリで対応することも考えられます。

この機会にと、学校側からタブレット購入の案内があるかもしれませんので、学校からの連絡待ちでも遅くはないと思います。

学校によっては、子供さんが持っているスマホを使って、オンラインで英会話授業に使っている学校もあります。既存のものを利用できるのなら、新たに購入は控えてもよいです。

問題なのは、すでにICT教育を行っている学校では、生徒が勝手にアプリを入れらないように、プロテクトをかけていることがあります。

子供の学校で購入したタブレット端末がこれにあたり、年1回行われるアプリ追加のプレゼンテーションで、追加できるアプリを決めて業者さんに入れてもらっていました。

プロテクトがかかっていて、親御さんが会社で使っている会議ソフト(Zoomやスカイプ)が入っていないので、どうすればいいかと子供達の間で話し合い中です。
しかも、2年間かなり使い込んでいて、調整などをする為に3月に業者さんへ預けるはずでしたが、一斉休校でできなくなり、今は不調の中で使っています。

今後、オンライン授業に移行するにしても、全員の端末で不調が出ているので、代替え機が必要になりますが、親のパソコンを利用する方法に移行するかもしれません。

まとめとして

新型肺炎については、長期化する恐れがあるとされていますが、長期化すると教育面でどうすればいいかと悩むところですね。

オンライン授業についても、いますぐに導入したくても、完全スタートしたくても時間がかかるのではないかと思います。

今すぐにとはできませんが、準備期間中はもし手元に新しい教科書があれば目を通すだけでもよいし、ドリルをやっておく、前の学年に習ったことの復習など。

おうちでできる範囲でもいいので、いつオンライン授業が始まってもいいような姿勢はしておいて、今までの復習をしておくとよいでしょう。

焦る気持ちはありますが、慌てて先に購入してしまってから損をすることもあるので、学校側の連絡も待ってみましょう。

スポンサードリンク

1975e09955a5bc527b2e4221ccf7171f_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

無事、我が子が私立中高一貫校の中学部を卒業しました。といっても中高一貫なので、形式的になりますが式をしていただけました。

新型ウイルス感染問題で、本当なら来賓や中2生と保護者も参加できるはずでしたが、中3生に関わった先生と中3生と校長先生のみで行われました。

一斉休校で本来は期末テストが行われるはずが中止になり、成績がどうつけられるかわからなかったし、
オンライン授業などないままでしたので、どう過ごしていいかは悩みました。

結局、全員同じクラスのまま高校部へ進学になりましたが、一斉休校になってからの対応など、今後、同じ状況になった時の参考になればと思います。



期末テストはなし。3学期は空欄の通知簿。そして総合評価は?


c475f97e93bf7ab57fa2464a07f92153_s

3学期は、中学入試や高校入試の関係で、定期考査は期末テストのみでした。一斉休校に入ったのがちょうど期末テスト1週間前。

休校になるかも不明だったのですけれども、国や自治体からの指示に基づいて休校になりました。期末テストが消えた代わりに大量の宿題は出ていますが、春休みの宿題も兼ねていて、高校部へ上がったときの学力テストの範囲にも入ると説明を受けていました。

卒業式終了後のホームルームで、成績表や3学期初めに行われたベネッセの学力テストが返却され、成績表を見たところ、3学期の成績は空欄でした。

一斉休校で期末試験を行わなかったこと、その他で判定する要素がないことなどから、3学期は空欄になっていました。

そして3年生の総合評価はといいますと、1学期・2学期の評価で付けられたものと思われますが、1年生からの成績推移をみると、「私、この教科が嫌い」という科目がこの3年で変わっていき、成績も全体的に上がっているのがわかりました。

5段階評価ですが、「5」の評価がついた科目は1年と比べると多くなっていました。(あとの成績は個人情報になるので、公表しません)

3学期始めに行われた学力テストの結果をみると、苦手だった「国語」がいきなり高得点を取っていました。2学期から単独指導が始まっていた「古典」で成績アップしていて、国公立挑戦クラスの生徒さんに負けない成績を取っていたことになります。

といっても、

数学と英語はそれほど悪くはないものの、これから英語は最重要科目なので、これから頑張らなければいけない科目。春休み中にアップするような勉強方法に切り替える必要はあります。

コース変更という下克上がありました

国公立などの厳し目の授業を行うコースや医学系をめざすコースで、どうしても授業についていけない生徒さんはいました。

よほど嫌な場合は、在学中に別の高校への進学準備をして、卒業式でお別れになります。もしくは、途中で「肩たたき」を受けて自主退学した生徒さんはもちろんいます。

別のコースに変わりたいという生徒さんから、条件付きで下のクラスに落ちるシステムはあって、高校進学時にそのチャンスはありました。

下から成績上位のクラスへあがるという子は、たまにいますが、今回はなかったそうです。

子供のクラスは英語特化コースなのですが、違うコースから2名編入と聞いています。私も高校時代は私立だったので、違うコースから編入してくる生徒さんはいました。

最初は慣れなくてしょんぼりしているものの、慣れると元気になって、馴染んでいました。今回編入で入る子は、どんな生徒さんかはわかりませんが、きっと馴染んでくれることを信じています。

ある条件は公開できませんが、今年はおそらく難しいのではないかと思われることです。今後、どうなるかはわかりませんけれど、今回編入が決まった子は良い結果になるかもしれません。

入学式開催は?予定ありだけれど微妙

中学から高校へそのままエスカレートですが、1月にすでに入学金や一部変わる制定品の購入は済ませています。ただ、まだ教科書を購入していないので、新型ウイルスが蔓延している外に子供が出かけて、買いに行くというのも、配慮にかけるかなとは思います。

しかし、教科書に関しては、学校の体育館などで購入日を決めて登校させるのは危険なので、学校指定の本屋さんへ締め切り日はありますが、個別購入となりました。

入学式はというと......

当初の予定から少しずれて、中学部と高校部と分けて入学式を行います。

ただし、保護者2名までで、高齢者・体調がすぐれない人は当日は遠慮して欲しいと注意書きが書いていました。

現在(2020年3月27日)、東京での感染者増加で週末は不要・不急の外出は控えて欲しいと通達が出ていますし、関西方面も入学式シーズンに東京と同じ対応になるかもしれません。

今年は特殊事情から、入学式出席も控えなければいけませんし、学校が正常に4月からスタートするかわからない状況です。

こういう時に、オンライン授業や配信をしてくださるとありがたいのですが、気がついていないようですので、少し残念です。(学校によっては、YouTubeのチャンネルを持っていて、学校紹介などに使っています)

まとめとして

ca85ad6c47c20811eff52ceca6c75098_s

まずは無事にこの3年間「もう学校へ行きたくない」と言わず、頑張って通っていた我が子。そして、笑顔で通ってくれた3年間は、本当に長いようで短い3年間でした。

高校進学後は、評価などが変わるのでいろいろと嫌な気持ちになるかもしれませんが、きっと乗り越えて行けると思います。

これは忘れてはいけないのですが、私立中学を卒業しそのまま上の高校へ上がる場合、「私立高校授業料の実質無償化」の手続きが発生します。(所得制限で受けられない家庭はあるかもしれませんが)

子供の学校から提出資料が送られてきましたが、我が家は申請できる所得なので、必要書類を揃えて提出します。ところが、締め切り日が4月1日消印有効なので、市役所で取らなければいけない書類もありますし、間に合わせるように提出します。



自治体によっては、国制度と併用になって年間の授業料負担金や適用範囲が違うので、送られた資料を必ず確認してくださいね。

そして、このブログは、子供が高校進学後も続けていきますし、私立高校へ進学した様子なども紹介は続けていきます。これからもよろしくお願いします!

スポンサードリンク

max16011508-3_TP_V (1)


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験が終わり、4月から合格した私立中高一貫校に入学される皆さん、おめでとうございます。しかし、現在は新型コロナ問題で、4月以降の予定が不透明な状況で、不安な気持ちで過ごされていると思います。

そして、2021年度中学受験組の子供さんをもつご家庭は、「今年の受験はどうなるのだろう」と心配されているでしょう。

我が家は付属高校へ進学しますが、4月以降の予定は変動する可能性が高く、明日(2020年3月25日)卒業式を保護者や来賓抜き、在校生は終業式なしとしています。

この数日間、情報収集をしていましたが、今後はどう中学受験の傾向が変わり、対策をしておくべきことを私の個人的考察を含め紹介します。



今年度の中学受験の傾向

関東と関西との違いはありますけれど、関西圏の受験状況は新聞でチェックしていましたのですが、例年とほぼ変わらなかったのではと思われます。

ただし、少しずつ医学部系を目指すコースに人気が集中しているのは確かで、医学部系のある学校を日にちを分けるか同日午後受験で勝負をかけている生徒さんはいたことでしょう。

関東圏内については、交通の便から、幅広い地域を受験する傾向は変わりはありませんでした。しかし、「しっかり勉強をさせる」「のびのびとした勉強環境を」「超難関校チャレンジ」とばらつきは出てきていると推測されます。

交通の便がよい点から、選択肢が広いことと富裕層の居住率が高いこともあるせいか、「学校の教育方針」が学校の決める指標にはなりつつあります。

まだまだ「東大至上主義」はどこの地域の私立校でもありますが、一部の家庭では「子供にあった勉強環境」と学費面を重要視したのではないかと思われます。

今年度受験は、コロナウイルスの影響が広がる前か広がっている中での受験でしたから、かなり精神的に辛かったことと思います。

その中で合格したということで、精神面の自信がついたのではないでしょうか?


今後、共学校が増える傾向はあるかもしれません

f82862a5b4e5e47b5a808cd73060f59e_s

関東圏の私立校の事情をリサーチしていますと、今まで女子校だった学校が男女共学に変わる学校が増えていました。私は関東圏の学校は全て名前は知りませんが、有名なカトリック系の学校が男女共学に変更しているという話は出ています。

関西では、数年間から男女共学に変更している学校は増えています。男子校だけでみると3校のみで、女子のみの学校もかなり数少なくなっています。

少子化世代が受験していますから、学校自体、入学してくる子供が少なくなることは学校経営に影響がでますので、昔からの方針を変えている学校が増えています。

私の子供は、女子のみの学校ですが、今回のコロナウイルス問題である男子校と仲良しであるとわかり、将来は男女共学となるかもしれないとみています。

しかし、双方とも歴史の古い学校ですから、OG・OBに在校生の保護者からの反対は出てくるので、長い時間をかけて男女共学に変わるのではないかと見ています。

私は、高校から女子のみの私立校へ通ったので、女子校には女子校の、男子校には男子校の教育の仕方があると思います。ただし、今のご時世では性別を分けての教育はどうなんだろうという声があるので、男女共学の教育に変わっていくのではないかと思います。

それぞれいいところがあるので、共学を進めていくのはなんとなく寂しいように感じます。


これからの対策としては

ce8fc462496b188685111f3bcf9d9fab_s

一斉休校になった時に、塾は学校に準ずるスタイルで一定期間休校を行いましたよね?

現在(2020年3月24日)も、徐々に罹患者が増えていますし、4月以降の学校対応も不透明な状況ですので、通常の中学受験対策が難しくなるかもしれません。

塾側からの指示に沿って勉強を進めることになりますが、すでに「Zoom」というツールを使って、遠隔で授業を進めている塾も出てきています。

おそらく塾側でオンライン授業ができるようにシステムを作っている可能性はあります。「Zoom」でも通常は10人しかオンライン会議などができないのを、50人まで期間限定で利用できるようにしています。

コロナウイルスの動き次第で授業の受け方は変わりますが、塾から与えられているテキストで勉強しておくのは基本として、サブの参考書類で補うとよいでしょう。

しかし、志望校がぼんやりとしか決まっていないのに、難関の問題をさせるのは子供のやる気を下げてしまいますし、最後までこなしてくれないことになります。

簡単過ぎるのもいけませんけれど、適度な難しさのある問題集を最後までさせるように、親御さんも考えて工夫してみてください。


まとめとして

今年は、コロナウイルスの影響で、学校も塾の双方から振り回される年になるでしょう。我が子も明日(2020年3月25日)卒業式が行われますが、来賓・保護者出席なしで、在校生は終業式なしとなっています。

明日の卒業式で全ての荷物を持ち帰り、教科書販売もありますので、スーツケースで荷物持ち帰りになる予定です。

4月のある程度の予定は連絡を受けていますが、状況次第で休校になるのではと不安ですね。
幸いICT教育を行っている学校ですので、なんらかの指示などはClassiなどで連絡はくるものの授業の進行にはかなり影響は出そうです。

まともに授業が1学期はできないかもしれませんし、同時に学校も入学説明会や見学会はできないので、苦しい状況にいるのは、関係者全てでしょう。

今年度受験者は、苦しい状況での受験になりますが、地道に勉強は進めておいて、情報収集は常にご家庭でしておきましょうね。

スポンサードリンク


e956ed6484fc7589ba8888dc3090ace7_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

新型コロナウイルスの感染予防で、保育園・幼稚園・小中高が公立私立を問わず、休園・休校となりました。

中学受験を目指す子供達への影響は出ていて、大手有名塾は学校とほぼ同じ対応です。
まだ、中学受験準備は始まったばかりですので、ご家庭で慌てる必要は、それほどないのですが、一番困っているのは塾側です。

塾が休んでいる間の対応などを、今回紹介していきましょう。



大手有名塾の対応は?

すでに大手有名塾に子供さんを通わせている方は、塾側からの指示に従って行動してください。

今のところ、私で把握している各大手有名塾の対応は、早いところでは2月27日から休校、ほとんどのところでは3月2日から休校としているところが多いです。

ただし、塾によって休校期間が休校開始日から2週間としているところと、長めに設定している学校があります。

さらに罹患者が出ていない地域(これから増える可能性もあり)については、入試報告会など密集した会場に集まるイベントを取り止めています。

本来、行われる春季講習会や組み分けテストなども、中止している塾が多いのですが、流行の度合いによっては再開する塾はあるかもしれません。

まだ、入塾テストを受けていない、説明会に参加していないというご家庭は、「我が家は乗り遅れるのでは?」と不安になるかもしれません。

しかし、入塾が遅れたとしても無理な指導対応はしないはずなので、再開された時に必ず授業体勢については確認してください。

個人塾・家庭教師について

個人で、中学受験合格者を多数出している塾はあります。ただし、一斉休校のあおりで塾も休校しているところは多く、ビルの一室をお借りしている場合は、今月の支払いが危ないとお困りの塾さえあります。

ところが、個人塾でも子供さんの様子をお聞きした上で、開いている時間もあり、子供さん自身が家でのひきこもり生活と違って、生き生きしているという話も聞きます。

ただし、個人塾でも一斉休校中に通わせるのが不安であれば、塾長さんも相談にのってくださいます。もちろん休塾中の月謝も返金してくださるはずです。

家庭教師でも派遣タイプの場合は、確認はとれていませんが、派遣を止めていない、もしくは親御さんと相談で一時派遣をストップしている傾向がでています。

その代わり、今塾の休校中代わりとして、オンライン家庭教師や通信教育に人気が集中しています。

今の事情が事情だけに、オンライン系の教室や家庭教師は無理な対応をとりませんが、もし一時的に契約を結ぶ場合は、十分な説明と契約内容の確認、対応していただく期間をしっかり伝えて双方納得の上で、契約書を交わしてください。

無料開放しているオンライン授業を利用する方法もあり!

99c1a7c122b9fef7145113c3c62b5753_s

小学校から宿題が出ていて、塾からも宿題は出ているけれど「これで大丈夫なのかしら?」というお母さんはいらっしゃるでしょう。

すでに情報を得て利用されている方もいらっしゃいますが、期間限定でオンライン授業を開放しているed-techの会社はあります。

代表的なところでは、「スタディサプリ」が3月15日までですが、小4〜小6生対象でキャンペーンコードを入れれば、無償利用できる対応をしています。

ただし、無償開放といっても期間が制限されていて、もし学校の休みが長引いてしまう場合、オンライン授業を無償開放利用できなくなると、入会するとみなされることになります。

もし利用をする場合は、学校・塾再開タイミングとオンライン授業の無償期間を確かめた上で、利用していきましょう。

まとめとして

今年小6生で「さぁー、頑張るぞ!」と考えていたご家庭では、学校が休みしかも塾も休みとなると、不安になるのは当然と思います。

しかし、まだ小6の序盤ですし、これからがどんどん授業内容や精神面できつくなる時期ですので、今は子供さんのこれからの不安を取り除くことだけを考えてあげてくださいね。

大人の不安は、子供の不安に結びついていきます。

親御さんがいろんな噂に飲み込まれないように、十分気をつけて、子供さんの体調や精神面の管理とケアをお願いします。

そして、休塾中の月謝やオンライン授業を利用していて、金銭的トラブルが発生した場合は、一人で悩まずにすぐに消費者相談センターへ相談してください。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ