google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

マウンティング

2109896_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

一斉休校の影響で、小学校の夏休みが短くなり、中学受験チャレンジ組の子供さんにとっては大事な時期でしょう。

我が子の時も、小6の夏休みは塾漬けの日々が続き、お盆休みの3日間だけ、塾主催の特別勉強会がありました。

入塾すると、合同保護者会があったり、送り迎えをしているうちに「ママ友」ができ始めます。もしくは、SNSでの繋がりもあるようで、情報交換の内容から塾から広報担当をお願いされるケースさえあると聞きます。

私は、塾や学校説明会で知り合ったママさんとは友達を作らないようにしました。というよりもできない環境でした。

なぜ「ママ友」を作らない方がよいか?

すでにお悩みの方もいるかと思いますが、今後の為にご一読いただければと幸いです。



受験。特に中学受験はママ同士のマウンティングの世界

長年、中学受験について取材をされている鳥居りんこさんが「中学受験でのママ友マウンティング」と題して、記事を執筆されています。ご一読いただければ、中学受験のママ同士の付き合いの恐ろしさがわかります。




中学受験は、先が見えない世界なので、母親ひとりで立ち向かうというのは正直にいえば怖いです。

そこで、情報を仕入れたくて始まるのが「同じ境遇のママさんとの付き合い」です。すると、人気校の情報や、塾内部のことなどがどんどん自分の耳に入ります。

情報収集だけで済むはずだったのに、人間というものは、相手が他人には知られたくない世界にまで踏み込もうとします。

そこで、子供の「成績・志望校・塾でのレベル・クラス変更」などの比較試合が始まり、自分の子供が他人の子供より上だと「マウンティング」が始まります。

自分の子供と他人の子供との比較をし、優位性を感じていくと、ママ友同士の付き合いは、あらぬ方向に走ります。

内緒にしていた受験先や成績。バラされて困ることも

我が家のケースでは、たまたま集団指導ではなく個人指導でしたし、説明会でママ友ができることはありませんでした。

今の学校に入学してから、なかなかママ友さんはいませんが、信頼できる方としかお付き合いしないようにしています。

通塾中にママ友さんができた方だと、内緒にしておきたかった受験校がママ友とのやりとり(お迎え時やLINEでのやりとり。保護者会での付き合い)でばれて、「うちもそこに受験する」とライバルを増やすなど、中学受験に影響が出てきます。

なるべくライバルは多くしたくないのに、ちょっとしたことで増やしてしまうこともあります。

さらに、受験時の成績が後日わかる学校があるときは、成績のマウンティングをされることがあり、嫌な気持ちにつながったりします。

入学後も付き合いが続いてしまうケースもあり、何かあれば相談してきて、裏切られることだってあります。

実際に見た、中学受験時のママ友の話

我が家は1校午前・午後受験集中タイプで受験しました。

保護者待機室があったので、午前と午後と利用させていただいたのですが、そこで聞いた会話と合格発表時の会話にぞっとしました。

午後受験で待機していた時に聞こえてきた話です。

保護者A:「午前中に○○中学に行ってきた。うちの子、難しいって嘆いてたから、こっちがいいな」
保護者B:「え〜。そこ受験したの?うちはここが本命だし。でも、明日は〇〇中学へ行く」
保護者A:「そんな話聞いてないよ!むちゃくちゃ偏差値高いよね?」
保護者B:「塾の先生から大丈夫って言われたから、出願したの」

保護者Bさんの子供さんは、さらに偏差値の高い学校を受験することはもともと予定していたらしく、受験本番まで隠していたことになります。

その後どうなったかはわかりませんが、おそらくその後のママ友関係は壊れたと思います。

中学受験のママ友はいらない。ひとりでいる方が動きやすい

子供の合格後、様々なお母さんと話す機会はありました。しかし、クラス全体の保護者のみの食事会は参加していません。

子供の友達のお母さんと、行事でお会いして友達になったということはありますが、あまり深入りしない付き合い方をしています。

私立中高一貫校は、高校以降もどこの大学に入るか、成績がどのぐらいかを親も気にしますから、マウンティングされるのも嫌なので、ある程度の距離をおくようにしています。

たぶん、中学受験はその後もママ同士のマウンティングは続くのだと思います。

マウンティングはどこの世界でもあるのですが、子供がどんどん成長すれば、子供同士で仲良くしながらも切磋琢磨していきます。

中学受験時は、マウンティングがママさんの心を傷つけたり、イライラを生み出すことになり、子供さんに影響を与えるので、ママ友はいらないし、必要なしです。

中学受験が「2人三脚」いわれるのが、このような面も含めて、母親も耐えなければいけないところがあるので、どうかママ友同士のマウンテインングにのまれないように、付き合い方を変えていきましょう。

スポンサードリンク


9cad7d31abb4f8ee9c2de24c1eab5697_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。
しばらくの間、更新をさぼっていました。
もう中3生となると、上の高校へ進学するかや今後の大学進学についての保護者会の回数が増えます。

文化祭が終わってから、修学旅行と進路説明会も入ってくるので、我が家は忙しくなりつつあります。

さて、昔はさほどきにしていなかったのですが、入学後にいわゆる「マウンティング」をしてくる親御さんや子供さんがいて、娘も入学時から悩まされることは多かったです。

「マウンティング」というのは、「自分が上なんだよ」と圧力をかける行為で、大人の世界でも子供の世界でも、昔よりきつくなっている傾向にあります。

SNS上で繰り広げられているのですが、果たしてそれは平和でいいことなのか?ちょっと考えませんか?



マウティングを取ろうとするご家族はスルーでいいです

結論からいえば「マウンティングを取ろうとするご家庭はスルー」でいいです。

なぜマウンティングを取るかというと、そのご家庭事情によります。
私が最近見かけた親御さんや娘から聞く「もう相手にしたくない」という子供さんは、「自分が一番でなければ気が済まない」という気持ちが先行します。

SNS上でも、偏差値が高く将来はすばらしい職業に子供をつかせたいという親御さんは見え隠れしています。しかし、親御さんや子供さんが思い描くような進路というのは、約束されていません。

むしろ挫折してみた方が、おもしろい人生が待っているかもしれません。

塾で、目先の目標しか言わない塾はありますし、大学までの進路しか伝えない塾も存在します。

超難関の学校へいき、そのまま順調に進んでも、親御さんや学校での情操教育が、おかしい方向にいってしまうと、子供さんはさらに誰かを困らせてマウンティング行為に入ることは、多々あります。

全ての子供さんが当てはまるわけではありませんが、マイペースで自分の道を切り開きたい子やご家庭にとっては、マウンティングされることって、いやなことなんですよね。

でも、「失敗してもいいから、こういう道にいきたい」という考え方の子の方が、様々な経験をした上でたくましさはあります。

もし、中学受験準備中や入学後に、マウンティングを取ろうとする親子はスルーしてもいいし、お付き合いしなくてもいいです。

中学受験以降の教育次第では、モンスター大人を生み出すことに

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

これは最近、いえ今も炎上している話になります。

ある有名高校に進学後、有名大学にいき、大企業に入ったものの、水に合わずに独立して、炎上中だった話にさらに火をつけて、今も燃えているという事案があります。

話を追跡してみると、
  • 自分は中学受験で有名高に合格し、高校受験を抜いて大学受験した
  • 素晴らしい大学と学部に入れた。それは親がいい職業だったから
  • 東京の大学でも、国立が素晴らしい
  • 自分の妻も高学歴、子育ても完璧
  • 英検1級
と自分の高学歴さを自慢していましたが、いろんな人がその人のツイートの痛い部分をつくと、逆ギレされて、ブロックされるという始末。そして、英語で自分の意見を書くと、私も「あれれ?」という文章でした。すると、他の方がかなりきつい指摘をして、すぐにその英文は削除。


自分の本来の仕事をせずに、大炎上させたことの消化活動をせず、さらに炎上させてしまっているという残念なことになっています。

本当に素晴らしい学歴で親御さんの教育もしっかりしていれば、大人になった我が子がこのようなことをすることはないでしょう。

しかし、勉強一筋で頑張ってきた子の中には、世の中が見えなくて「自分の意見が正しい」という子は必ず出てきます。それは、今後成長していくなかで、「誰かのマウンティングをする」という行為に繋がってしまうので、中学受験時代からの子供の精神的な教育は、親がしっかりしてやる必要はあります。


大人になっても恥ずかしくない子供に導くのが親の力

大人になって、協調性のなさや高学歴自慢などをする子ほど、就職したり、独立して起業していくとなれば、マウンティング行為や人を辱める行動をしないよう、親の力が大切だと思います。

私も、子供が中学受験準備中に、説明会や模擬試験の付き添いをしてきましたが、受験時から少し困ったお母さんや子供さんは見かけました。

礼儀が悪い子もいて、嫌な思いをしたことは多々あります。

入学後も、医学系コースの生徒さん達から子供のコースに対して嫌がらせもあって、球技大会で泣かされたということもあります。

しかし、中3となるとそれぞれの道で忙しくなるので、嫌がらせというのも減ります。語学研修旅行で違うコースの先輩と友達になって、そのコースの厳しさを知って、自分が進んだコースも悪くないという自信も生まれています。

そのおかげで、学年を超えた友人ができて、親としては嬉しいです。

我が子のクラスで、最初はマウンティングを取ろうとしてくるお母さんは確かにいましたが、今は事情をいろいろと知るようになり、結束力は生まれました。というより、普段はお互い「無干渉」というところです。

まとめとして

pp816IMGL0944_TP_V4


こーんな顔で、迫られると怖いですよね。
そして、SNSの文章の中で、いかにも「マウンティング」というのも怖いし......気持ちのいいものではありません。

これは、どうかなと思う面はあるのですが、マウンティングを取ろうとするのは、親よりも子供の方がきついように感じます。

入学後、すぐに問題が起きたのですが、クラスや学年で「自分が最高」と成績面などはそれほどでもないけれど、この考え方を持っている子供さんにマウンティング行動は見受けられました。

もしかすると、親御さんや塾など「大人の世界」からの圧迫に耐えられずに、誰かを下に見下すことで、自分を保とうとしているかもしれません。

「自分が一番最高」と自分をかなり愛してしまう考え方は、将来的には危険なので、中学受験準備中や入学後のしばらくの間は、子供さんの精神サポートは「自分より上はいる。だから謙虚にするべし」という考え方が一番平和だなと思います。

決して、「自分が最高!」という考え方はさせないように。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ