google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

トラブル

1aa670f2.jpg


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

現在、全国に緊急事態宣言が出ていていますが、給付金などの問題が先行して、教育面の課題が放置されている状態です。あまり情報が入りにくい状態で、各自治体や各校・各塾の対応も様々と収集が難しくなっています。

どこまで、この緊急事態宣言が続くかわかりませんが、勉強面での混乱から中学受験自体も来年冬に実施されるかが見えない状態です。

今回は、今注目されている「在宅ワーク」で、私もライターとしてスタートしたところが「クラウドソーシング」でした。

私は現在仕事はお受けしていませんが、現在続けているライター仲間の方や、久しぶりに見たサイトの様子にびっくりしました。

緊急事態宣言で、休業日数が増えた方は、会社の収入とは別に(副業禁止の会社は要注意)収入を得たいと思うのですが、気をつけて欲しいことがあります。

前置きが長くなりましたが、これからも「クラウドソーシング」いえフリーランスを目指す方で気をつけて欲しいことを、今回は重要点だけ紹介します。



この2社は絶対に抑えておくべし。

私は、主婦向けクラウドソーシングサービス「シュフティ」での登録からスタートしました。

そもそもクラウドソーシングで受注できる仕事はというと、
  • プログラミング
  • アプリ開発
  • サイトメンテナンス
  • ライター
  • イラストレーター
  • 事務代行など
がメインです。

特にライティングの仕事は、人気があるし比較的敷居が低い案件もあるので、チャレンジする方は多いです。

私は、シュフティで少し在籍したのち、「クラウドワークス」に登録しましたが、一度挫折して一旦ライターの仕事から離れました。



依頼主様(クライアント)との条件一致のもとでお仕事をスタートするのですが、自分が書きたいものではなく、「依頼主様が求めるもの」が書けないと、どんなに頑張っても契約解除されてしまいます。

中には相性がよく、気のつく依頼主様がいらっしゃいますが、発注をかける人が対応がよいとは限りません。

私がライターを一度やめた理由は、

「同業者からの嫌がらせ」でした。

どこからどうさぐってくるかは分かりませんが、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に書き込みをされて、たまたま気が付いたので、怖くなってフェイスブックにまで嫌がらせを受けたのが怖くてやめました。

「もういちどライターとして頑張ってみたい」と復活するまで半年かかりましたが、クラウドワークスを一旦退会し、再登録して実績をきれいに0にしてから再スタートしました。


同時に「ここで仕事ができるなら」と噂に聞いていた「ランサーズ」にも登録して、ライターとして仕事を始めました。



どちらがいいかというと、依頼主様の条件などについては、同じぐらいなのではないかと思います。

しかし、どちらも登録していて、尚且つ経験数を積み重ねると、外部から依頼を受けることがあるので、しばらく続けてみて経験を積み重ねると、頑張れば月2万円は稼げると思います。

案件によってはその筋のプロが弾かれる案件が出ている

緊急事態宣言後、知り合いのライター仲間から聞く話として、「仕事が取れない」「継続案件が打ち切られた」という声を聞きます。

企業や個人事業者で、サイト運営にお金をかけることができないことで、仕事を打ち切られるケースが増えています。

外部で仕事を請け負ってきたライターさんも、元々登録していたクラウドソーシング社で仕事を探して、応募しても、はねられると聞きます。

聞けば、高額案件(文字単価2円以上は特に)になると、応募・提案者が多くてその筋のプロのライターさんでさえもダメという状態です。

同時に主婦さんでも楽にできる文字入力系の仕事も、採用者1名に対して700人応募している案件を見かけました。

実際の仕事はというと、スピードと正解さが求められるので、「文字入力なら簡単でしょ」と応募しても、納期が守れない・間違いが多いなどがあれば、修正を求められるし、最悪報酬支払いを渋られることになります。

依頼主さんの指示が怪しいと思った時は運営に相談を

私は、このブログは無料ブログなので、誰かにコピペをされたということは、確認はできません。しかし、WordPressでブログ運営をしている方は、コピペ防止の為に、コピペガードをかけている場合があります。

たまに、「誰かに私がブログで書いたことをコピペされた」という話を聞きます。その話がどんどん多く、もしかすると、最近ライターを始められた方やアフェリエイトサイト運営を始めた人が、コピペをしているのではないかと考えられます。

コピペをするのであれば、サイト運営者が「プライバシーポリシー」で禁止しているところもありますし、そもそも著作権侵害になります。

著作権侵害は、かなり厳しい罰則がありますし、依頼主様も詳しいはずなので、コピペチェッカーを使えば、どこからコピペをしたかはバレてしまいます。

まれに、依頼主様のネットリテラシーが低さからコピペをするように指示を出す場合や、引用ルールが曖昧であったりすることがあります。

どこかのサイトから引用する場合は、個人サイトからは許可を得る必要はありますが、公的サイトからでも引用元を明記する必要はあります。

依頼主様から提示される指示書やマニュアルでおかしい点がある場合は、一度依頼主様に相談してください。それでも、納得のいかない話であれば、すぐに運営に相談をしてください。

それよりも、応募したい仕事を見つけた時に、依頼主様が今までに発注した件数と評価、引き受けた人のコメントを見て、引き受けても大丈夫かを確認してください。

まとめとして

クラウドソーシングを利用しながら、外部でのお仕事を引き受けた経験から簡単に紹介しました。

通算5年になりますが、少しずつクラウドソーシングでの仕事は改善されているのかと思ったのですが、まだまだ怪しい仕事の抜け道があって、運営が管理していてもとんでも案件が入り込んでいます。

そして、仕事を引き受けるワーカーやランサーが訴えられるという事案も出ています。特に副業が初めてという方は、仕事の見極め点がわからなくて、支払いを受けられないなどトラブルに巻き込まれている方は多いです。

初めての方は、納得しにくいとは思うのですが、低単価と簡単な内容から応募や提案をして、実績を積み重ねていってください。必ず、実績は次の依頼へと繋がっていきます。

スポンサードリンク

07eaeecc7f7059e3f9a5d8d7ba3a8c41_s


どうも。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ただいま中3の子供の進学について、バタバタしておりまして、上の高校への進学や今後の進路について、動いているところです。

さて、中学受験はというと10月末に近づいてきたので、塾の先生方も生徒さんに喝を入れることが増えるころかと思います。同時に、志望校に行けるかどうかという成績をかなり気にする時期に入ることでしょう。

今通っている塾では足りないかもと不安になる方や、今から中学受験にチャレンジするけれど子供さんの性格からマンツーマンがいいとお考えの方も多いことでしょう。

個別指導塾という道もありますが、家庭教師を雇うという方は結構多いです。そして、家庭教師と大手塾が開く判定テストのみで合格しているご家庭もあります。

しかし、家庭教師関連のトラブルは多く、国民生活センターでの家庭教師に関するトラブルについては、2018年度においては139件、2017年では269件という報告が増えています。

いい家庭教師さんもいらっしゃるのに、悪質な家庭教師もいますので、「家庭教師をやとうべきかどうか?」と迷われているかという方の参考になればと思います。



悪質な家庭教師のやり口とは?

444cce3a91b0e62292a06f4000170784_s

大手家庭教師派遣塾でさえも、トラブルでもめるケースはあります。
しかし、個人で家庭教師業をされていて、SNSやホームページからの検索で、家庭教師をお願いする方も実際にいらっしゃるようで、問題が複雑化する場合があります。

正式依頼をする前に、お試し授業を2回ほどするというのは、塾でもあることです。
しかし、お試し授業もなく、家庭教師の方が事前に用意した資料を提示して、その気にさせた上で、契約書を書かせると。

家庭教師の方との契約を交わし、教材代や授業料を支払ったけれど、
  • 先生が契約した日時にこない。連絡先へ電話をしても普通
  • 大量の教材が届いたので、解約したいのに解約に応じない
  • レベルの合わない教材を使用するので、解約をしたいけれど応じてもらえない
など、国民生活センターによせられている相談は氷山の一角です。

私が知った話ですが、中学受験で医学部コースを狙っている子供さんのご家庭で、たまたまインターネット知った個人家庭教師がいたので、経歴や実績を信じて、申し込んだところ、高額な授業料とわかり、
すぐにお断りしたけれど、その後も勧誘が続いているという話も聞きます。

そして、連絡がついたとしても「クーリングオフ制度は使えない」と訪問販売で適用される制度を盾にするところもあります。

ですが、家庭教師については、クーリング制度が適用される制度で、正規の手続きをすれば、家庭教師もしくは教師を派遣する会社は返金と解約に応じなければいけないのです。

家庭教師にも適用されるクーリングオフ制度。なぜ使えるの?


d1dce312adfde05a0d0d0579ab19dfa9_s

「クーリングオフ制度って訪問販売のみじゃないの?」と疑問に思われる方いることでしょう。

実は家庭教師というのは、お金をいただいて継続的にサービス(授業)をするお仕事なので、特定商取引法では「特定継続役割提供」という業種に入ります。

長期的なサービスと高額費用取引が発生するので、エステや語学学校、学習塾とそして家庭教師など7つの業種については、「特定継続役割提供」と認識されています。

ですので、お金を支払っているにもかかわらず、適切なサービスが提供されていない、もしくはサービスが全く発生していない場合には、「クーリングオフ制度」が適用されます。

全く家庭教師が派遣されていない場合は、書面をもって契約した8日以内に解約の申し出をすることで、サービスの解約となります。

もちろん、支払った授業料代などは全額返金で、違約金も発生しません。

もし、授業が始まっていたとしても、適切なサービスが受けられていないということで、ある条件をもとに利用している側が解約することができます。

契約書を交わしたけれど、それはどうなるの?

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_s

契約書を交わすというのは、家庭教師を依頼する場合でもあることですが、中身をよく見てサインしないと、契約解除時に「こういう契約でしたよね」と脅されることがあります。

しかし、適切なサービスを受けていないわけですので、特定商取引法の「特定継続的役務提供」に関する条項」に基づいて、契約解除に応じることと授業料など一定金額を支払わなければいけません。

もし、家庭教師側が解約に応じない、違約金をとるなど、不誠実な対応をとる場合は、速やかにお近くの消費者センターや国民生活センターに相談してください。

早ければ早いほど、悪質な家庭教師が逃げる前に対応しやすくなります。

まとめとして


304d074c83319742fc1d8943814ef588_s


急遽訳ありで、中学受験を考えるご家庭や、学力アップの為にと塾にも通っているのに、家庭教師をつけるご家庭は、私が子供を通わせてから結構多いと知りました。

しかし、その家庭教師が大手であっても安心かといえば、安心ではないケースもあります。

この手の悪質な家庭教師は、自分の学歴を売りにしていますが、実際のところは「教える立場の人間ではない」とはっきり言えます。

私自身は、高校受験で家庭教師の方にきていただきましたが、兄の友達のお姉さん(私立大学英文科)で、数学も得意だということで母がお願いしました。

塾の教科書とお姉さんが独自で選んだ教科書で授業をしてもらい、無事に合格していますし、あとで教えてもらいましたが、毎月1万円程度だったと聞いております。


ご近所で中学受験をされて、家庭教師を利用したことがある方からの紹介や、お試しが必ずあるという家庭教師会社の利用ということで、慎重に選ぶことが大切でしょう。

とにかく、契約後にトラブルが発生した場合は、消費者センターへの相談はもちろん、あまりにも悪質な場合は警察への被害届を検討してもいいですので、泣き寝入りはしないでくださいね。

※参考資料
特定商取引法ガイド「特定継続的役務提供」
特定商取引法とは?
家庭教師・塾サービス付き学習教材 - 国民生活センター

スポンサードリンク


d1dce312adfde05a0d0d0579ab19dfa9_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

私立中学・高校に入学したての皆さんは、電車やバスで通学されている方もいるでしょう。まだ入学したてで、慣れない電車・バス通学で大変だと思います。

しかし、この慣れない時期にいろんな事件に巻き込まれやすく、特に女の子は防犯ブザーを学校からプレゼントされているかもしれませんが、防犯ブザーでは対応できない事例も出ているようです。



結局は、娘さんのお母さんの一言で、ぶつかった男性は逃げたとのことですが、「当たり屋」だったという可能性はあります。

さて、この時期は電車やバスで通う中学生や高校生を狙う困った人が多く、夏休み前までは特に注意が必要です。



同じ路線で通う子となるべく一緒に通学する

私立校の場合は、広範囲からいろんな子どもさんが通います。入学当初は、どの路線でどの子が通っているかはまだわからないです。

4月中に、徐々に同じ路線で通っている子がわかるので、まだ入学したての時期は、同じ路線で通う子と一緒に帰るようにしましょう。

同じ路線で通っている子が一緒にいれば、いたずらをされたり、当たり屋に遭遇した時に、駅員への通報に行きやすいのと、証言者になりますから、一緒に帰るお友達を見つけておきましょう。

気が合わないクラスメイトもいるかもしれませんが、身の安全のためには、一緒に登下校できる友達は作るようにしましょう。

もし、家族に連絡しても、相手がすでに画面が割れているスマホを持っていて、高額請求をしてくるケースがあるので、ご家族は相手の連絡先を聞くことと、契約している携帯電話会社、保証に入っているか、請求書の提示を求めて、すぐに警察に通報する旨を伝えましょう。


Air Dropでのいたずら対策も忘れずに

最近では、小学生でもiPhoneを持つようになりましたが、「Air Drop」という機能がついています。

この「Air Drop」機能を使った嫌がらせがあります。

「設定」の「一般」の中にある「Air Drop」で「連絡先のみ」もしくは「受信しない」に設定しておきましょう。

なるべく入り口近くには乗らないことと自己防衛

特に電車の乗り降りで、終点まで乗らない学校の子どもさんは、入り口近くに乗りがちですが、扉が開く時に、いたずら行為を受けやすい場所です。

なるべく車両の真ん中に乗るようにして、サブバッグなどで身を守るようにしてください。

スカート丈はあまり短くしないのも自己防衛になります。
「校則みたいでいやだ!」と反発される方もいらっしゃいますが、実は痴漢行為を防ぐにはスカート丈をひざ丈にしておくのも有効なんです。

これは、我が子の話になるのですが、スカートは校則でひざ丈と決められています。
スカートの下に、小学校時代からのくせとクラスでのスカートめくりが流行っていて困っていたので、体操服のハーフパンツを履いていました。

ちょうど5月に、地元の駅の階段を登っていた時に、不審者にスカートめくりをされたのですが、その日体操服のハーフパンツを履いていたので、下着を撮影されそうになったのを阻止できました。
すぐに、周りの人が駅員さんを連れてきてくれて、不審者は現行犯逮捕になりました。

これは、たまたま運がよかっただけですが、なんらかの被害を受けている女の子で、現行犯逮捕に踏み切れていないというのが現状です。
子供の友人も、電車で嫌な目にあい、鉄道警察の人が、しばらくの間同乗してくれたそうですが、捕まえることはできずじまいでした。

まとめとして

新学期シーズンは、特に公共機関を使って通う私立・公立の中学生や高校生が、被害に会いやすい時期です。同時に、2年生以降でも、春は様々なトラブルに巻き込まれやすい率が高いです。

冒頭に紹介した「当たり屋」は、中高生に限らず、我々大人も遭遇することでしょう。

今通学し始めの子供さんにとっては、毎日不安だったり楽しいことだと思いますが、一度防犯について、どう対応するかは話し合うか、親御さんから教えてあげてくださいね。


スポンサードリンク


↑このページのトップヘ