google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

スルー

9cad7d31abb4f8ee9c2de24c1eab5697_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。
しばらくの間、更新をさぼっていました。
もう中3生となると、上の高校へ進学するかや今後の大学進学についての保護者会の回数が増えます。

文化祭が終わってから、修学旅行と進路説明会も入ってくるので、我が家は忙しくなりつつあります。

さて、昔はさほどきにしていなかったのですが、入学後にいわゆる「マウンティング」をしてくる親御さんや子供さんがいて、娘も入学時から悩まされることは多かったです。

「マウンティング」というのは、「自分が上なんだよ」と圧力をかける行為で、大人の世界でも子供の世界でも、昔よりきつくなっている傾向にあります。

SNS上で繰り広げられているのですが、果たしてそれは平和でいいことなのか?ちょっと考えませんか?



マウティングを取ろうとするご家族はスルーでいいです

結論からいえば「マウンティングを取ろうとするご家庭はスルー」でいいです。

なぜマウンティングを取るかというと、そのご家庭事情によります。
私が最近見かけた親御さんや娘から聞く「もう相手にしたくない」という子供さんは、「自分が一番でなければ気が済まない」という気持ちが先行します。

SNS上でも、偏差値が高く将来はすばらしい職業に子供をつかせたいという親御さんは見え隠れしています。しかし、親御さんや子供さんが思い描くような進路というのは、約束されていません。

むしろ挫折してみた方が、おもしろい人生が待っているかもしれません。

塾で、目先の目標しか言わない塾はありますし、大学までの進路しか伝えない塾も存在します。

超難関の学校へいき、そのまま順調に進んでも、親御さんや学校での情操教育が、おかしい方向にいってしまうと、子供さんはさらに誰かを困らせてマウンティング行為に入ることは、多々あります。

全ての子供さんが当てはまるわけではありませんが、マイペースで自分の道を切り開きたい子やご家庭にとっては、マウンティングされることって、いやなことなんですよね。

でも、「失敗してもいいから、こういう道にいきたい」という考え方の子の方が、様々な経験をした上でたくましさはあります。

もし、中学受験準備中や入学後に、マウンティングを取ろうとする親子はスルーしてもいいし、お付き合いしなくてもいいです。

中学受験以降の教育次第では、モンスター大人を生み出すことに

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

これは最近、いえ今も炎上している話になります。

ある有名高校に進学後、有名大学にいき、大企業に入ったものの、水に合わずに独立して、炎上中だった話にさらに火をつけて、今も燃えているという事案があります。

話を追跡してみると、
  • 自分は中学受験で有名高に合格し、高校受験を抜いて大学受験した
  • 素晴らしい大学と学部に入れた。それは親がいい職業だったから
  • 東京の大学でも、国立が素晴らしい
  • 自分の妻も高学歴、子育ても完璧
  • 英検1級
と自分の高学歴さを自慢していましたが、いろんな人がその人のツイートの痛い部分をつくと、逆ギレされて、ブロックされるという始末。そして、英語で自分の意見を書くと、私も「あれれ?」という文章でした。すると、他の方がかなりきつい指摘をして、すぐにその英文は削除。


自分の本来の仕事をせずに、大炎上させたことの消化活動をせず、さらに炎上させてしまっているという残念なことになっています。

本当に素晴らしい学歴で親御さんの教育もしっかりしていれば、大人になった我が子がこのようなことをすることはないでしょう。

しかし、勉強一筋で頑張ってきた子の中には、世の中が見えなくて「自分の意見が正しい」という子は必ず出てきます。それは、今後成長していくなかで、「誰かのマウンティングをする」という行為に繋がってしまうので、中学受験時代からの子供の精神的な教育は、親がしっかりしてやる必要はあります。


大人になっても恥ずかしくない子供に導くのが親の力

大人になって、協調性のなさや高学歴自慢などをする子ほど、就職したり、独立して起業していくとなれば、マウンティング行為や人を辱める行動をしないよう、親の力が大切だと思います。

私も、子供が中学受験準備中に、説明会や模擬試験の付き添いをしてきましたが、受験時から少し困ったお母さんや子供さんは見かけました。

礼儀が悪い子もいて、嫌な思いをしたことは多々あります。

入学後も、医学系コースの生徒さん達から子供のコースに対して嫌がらせもあって、球技大会で泣かされたということもあります。

しかし、中3となるとそれぞれの道で忙しくなるので、嫌がらせというのも減ります。語学研修旅行で違うコースの先輩と友達になって、そのコースの厳しさを知って、自分が進んだコースも悪くないという自信も生まれています。

そのおかげで、学年を超えた友人ができて、親としては嬉しいです。

我が子のクラスで、最初はマウンティングを取ろうとしてくるお母さんは確かにいましたが、今は事情をいろいろと知るようになり、結束力は生まれました。というより、普段はお互い「無干渉」というところです。

まとめとして

pp816IMGL0944_TP_V4


こーんな顔で、迫られると怖いですよね。
そして、SNSの文章の中で、いかにも「マウンティング」というのも怖いし......気持ちのいいものではありません。

これは、どうかなと思う面はあるのですが、マウンティングを取ろうとするのは、親よりも子供の方がきついように感じます。

入学後、すぐに問題が起きたのですが、クラスや学年で「自分が最高」と成績面などはそれほどでもないけれど、この考え方を持っている子供さんにマウンティング行動は見受けられました。

もしかすると、親御さんや塾など「大人の世界」からの圧迫に耐えられずに、誰かを下に見下すことで、自分を保とうとしているかもしれません。

「自分が一番最高」と自分をかなり愛してしまう考え方は、将来的には危険なので、中学受験準備中や入学後のしばらくの間は、子供さんの精神サポートは「自分より上はいる。だから謙虚にするべし」という考え方が一番平和だなと思います。

決して、「自分が最高!」という考え方はさせないように。

スポンサードリンク


fcd0bbc1f8758d81859d09a03291f918_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」ペンペン(@penpenwaker231)です。

安倍政権になってから、昨今では「働き方改革」ということで、副業が認められたり、フリーランスのための福利厚生制度が整ってきたりしています。

私は、一応「フリーランスのライター」として、主婦業をしながら活動しています。持病を持っている影響もあり、稼ぎは少ないので扶養抜けをしないで、活動をしています。(確定申告対象者ではありますがね)

いつも、中学受験の話や、学生生活のことを紹介していますが。活動ベースとなっている物書き業の話について、今日は語ります。



最初は失敗ばかりで、一時やめた時期もあります

最初は、「シュフティ」などの主婦向けクラウドソーシングの会社に登録して仕事を始めました。
始めたのは、2016年頃です。

ブログは書いていたので、記事を書くことは大丈夫だろうと思っていたら、そうではなく、厳しい世界だということを思い知らさられました。

今では「仮払い制度」(契約内容に了承すれば、事前に依頼主が入金する制度)は当たり前になっていますが、「シュフティ」さんで初めて仕事を請け負った時に、依頼主さんが思った記事と違いがあれば、支払いを拒否されることや、依頼主さんとの連絡が途絶えた時の支払いで、未払いが出て、何度か泣いたことがありました。

その後、クラウドソーシングの会社では大手の「クラウドワークス」さんに登録をして、仕事を始めました。
今ではよく「文字単価」「文字数」「クライアント(依頼主)さん」の評価を見て、仕事を選ぶようにしていますが、訳も分からず、「好きな分野」でのみしか考えずに受注していたので、クライアントさんと意見が合わずに、契約解除をすることはありました。

そして、いいお仕事などに恵まれずに、自分の腕に自信をなくし、物書き業という仕事にも疑問を持つ出来事があったので、一時、登録を解除して、一般主婦の生活に戻りました。
ちょうど、中学受験の準備期間ということも重なって、気分転換しようと考えました。

その後、ランサーズに登録してからの話

一時、ものを書くという仕事からは離れ、このブログを運営していきたいと考えたのですが、「やっぱり仕事として書きたい」という気持ちがわいて、「ここでやっていけたら、大丈夫!」という評判の高い「ランサーズ」に登録をして、物書き業を再開させました。

クラウドワークスの登録はというと、やめていたのですが、復活させて、ランサーズとどちらが仕事がやりやすいかを比べながら、掛け持ちをしていました。

クラウドワークスでの今までの経歴は、抹消されているので、一からの出発です。

結局、今ではランサーズ一本でお仕事をしていますが、このブログや、ランサーズを通じての依頼、知り合いからの紹介での外部の会社からのお仕事を請け負うようになりました。

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s


大手さんからの話もあって、トライアルを受けたことはありますが、すぐに打ち切られたり、大手塾さんからの依頼でも、「お子さんが当塾の出身者ではないので」という理由、「予算の都合で」と、契約する前にがっくりすることもありました。

今は、大手さんとランサーズさんの依頼で落ち着きつつありますが、困ることも多々あります。

ニュースサイトでの誹謗中傷

036bf785cc3e3b2796153e9d716abf80_s
有名なサイトに採用されたりすると、ニュースサイトと連動しているサイトがあって、コメント欄に書き込みできるサイトとなると、かなりその筋のプロの方が書いていたり、しっかり調べて書いた記事のはずなのに、「クソコメント」が多くつきます。

クソコメントについては、編集部からは「絶対に相手にしないでください」ということと「ひどい場合は編集部で対応します」と指示が出ています。
編集部宛にきたコメントで意見を求めらるケースはありますが、こちらが調べ上げたことはキチンとお答えしてます。

コメントをよく読んでいると、記事内容が「まだ確定していないので、概要説明です」や「個人差があります」と断り書きを書いているのに、無視して自分の意見のみを書く方は多いです。

実は、ニュースサイト側でも、「クソコメント」については対応を考えていて、ひどい場合は削除するケースはあるので、コメントを書く側も気をつけなければなりません。

しかし、調べ上げて監修もついたものを、ボロクソに書くという心理は「ほとんどがからかいと、ライターいじめ」で、書いている内容をよく見ると、「これって過去に何かトラブった恨みかな?」というものはたくさんあるし、「文章を最後までよく読んでいない」ということはあります。

これで、精神面をやられるライターさんは多いのですが、ニュースサイトのコメントは、有名人に対してもボロクソに書くので、誹謗中傷のコメントに対しては「見ないこと。スルーする。」で通しています。

何か、深刻な問題であれば、編集部から必ず連絡はきます。

ニュースサイトと連動しているライターさんは、かなりライターとして才能がある方や、有資格者で実務知識から書いている方がほとんどですし、有能なブロガーさんが書いているというケースがあるので、非難されても、論破能力は高いです

しかし、文句をいう人は、まず論破で片付かないのが、最近の傾向ですので、無視するか、問題があれば対応しています。

ブログを書くということも、ライター業への道。でも半端な気持ちはだめ

06a3efc7959d7883032b01056e66eb9a_s

実は、ブログ運営をしていて、「うちで寄稿していただきたい」「我が社で書いてもらえませんか?」という道があります。

私自身、このブログを通じて、お仕事を頂いた経験があります。

いいお話であったりもすれば、残念な結果に終わることもあるので、一概に「ブログを書いていれば、お仕事がくる」というわけでもなく、ブログでお話をいただくには、ブログの運営状況や、どういう面に特化しているかは、重視されるのではないのでしょうか?

物書き業として食べていくには、こういうブログは大切で、実際に自分のブログが、仕事の選考材料として認められることはあります。

なぜかというと、依頼があって書いた記事は、納品後に編集さんなどが校正したり、画像編集を行うので、ライターさんの素の文章力や表現力、正確な資料を集められるかの資料になりえるからです。

面白い企画で、なおかつ役に立つサイトの運営者さんでライターさんなら、よくお声がかかりやすいですね。


まとめとし、ブログは貴重な財産です


IMG_0303


ブロガーとして稼いでいる人、すでにライターとして活躍している人、物書き業の方は、ひとつはブログもしくはnoteで何か執筆しておくと、仕事依頼が舞い込んでくることはあります。そして、クラウドソーシングを利用している場合は、提案する時の資料にもなりますから、運営していても損はありません。

書き続けていくうちに、自分の癖が見えたり、過去記事を見ては、加筆・修正をいれていくと、自分の過去記事と向き合うことによって、改善するべき点がわかります。

私もなかなか、きついコメントや質問には精神的につらくなることはありますが、口汚いコメントは無視をして、誠実に丁寧な記事作りを心がければ、大丈夫だと考えています。

今から、「ライターとして稼いでみたい」という方は、クラウドソーシングの「タスク形式(単発の仕事)」からスタートしてみて、一度様子を知っていただければとはっきりと、向き不向きがわかりまうから、チャレンジしてみてくださいね。応援しています。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ