google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

お泊まり会

3dcf521d.jpg
photo by 写真AC


こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験をして合格してからあと1ヶ月で一年。
準備で確かに最初は大変で、早起きライフに切り替わるし、土曜日も
学校あるし(第2土曜日は基本なし)、高校から私立だった私でさえパニックに
なりました。

「中学生になれば楽になるか?」という話をSNSで見かけたのですが、
私としてはケースバイケースだと思います。

特に、中学になってからいろんなものデビューをすると、親は
大変です。(絵がかけたら書きたいぐらい)

というわけで、「びっくらこん!」と叫びまくった話を紹介します。






友達次第でびっくらこん!



いろんな家庭の子がやってくるので、4月中はなかなか
友達ができずに、一人で食べることが多い時期。

入学前か入学後まもないときに、親睦と学力統一の為に、
研修施設でお泊まり会(2泊3日)をするところって多いんです。

その時に、仮の友達ができるケースもあるんですけど、
やっぱりお泊まり会でクラス(コースの場合もあり)に馴染めない
お子さんっているんです。

我が子も、なんだかもやもやした状態で帰ってきて、心配しました。
4月中はしかも毎日お弁当持参で学食利用禁止!

しばらくの間、一人で食べていたようです。
その後、ちょっとしたこと、例えばロッカーの鍵が開かないのを
手伝ったとか、持ち物で「それって知ってる!」など、
些細なことで、気があって友達を作っていっています。

しかーし、その後。
ある有名なアニメのファン繋がりだとか、中高生に人気のライトノベル
繋がりとかになると、女子校特有の「二次元男」に悲鳴をあげるという
現象が起きるんです!!!

我が家では、「文豪ストレイトストッグ」と「傷物語」などなど、
二次元男に子供が黄色い悲鳴をあげています。

その繋がりで固い友人関係ができているし、困っている子を
助けてあげたりしていると、仲良し度パワーアップです。

クラス運営が最初は大変らしい


厳しい中学受験を乗り切ってやってきたせいか、
入学直後から1年間、もしくは中2終了まで、
クラス運営が大変で、先生方も困るそうです。

保護者会でも、「学校で責任を持って対応します」とは聞きましたが、
コース間での些細なケンカやクラス内での小さな嫌がらせは
あると聞きました。

f9972e17442ac14341906b03a046681e_s
photo by 写真AC

クラスでもちろん様々な委員を決めることになるのですが、
級長を決める時に大変だったと聞きます。

結局、もめてもめてもめたあげくに、我が子が「組長」になったのですが、
先生がいない時に、大暴れするので、どこのクラスの組長さんも
任期が終わる9月末までは、集まりがあっても疲れていたと聞きます。

今は、それなりに助け合うようになったのと、学年の担任の先生同士が
注意して管理しているので、もめごとはなくなっているようです。
(このようですに注意)

やっぱりあるあるLINE繋がり

334e9bee879c94c7d25e94e64cf7bee5_s

photo by 写真AC

子供が入学した年度から、スマホ類の持ち込みOKと校則変更がありました。

ただし、学校内・通学路・駅の構内は電源オフとなっています。
学校によっては、電源オンでも許してくれたり、朝礼で預かって夕礼に返却
する学校もあるようですね。

子供もスマホは持っていますが、LINEはやらせていません。
大人でもトラブルがあるぐらいなので、一応高校生になるまでは
許可しないことにしています。

だから、私との電車からのやりとりは、普通のメールでしています。
友達でもLINEをしている子もいれば、スマホ・ガラケーを持っていない
お子さん、様々なです。

お子さん同士のLINEのやりとりで、学校からも注意があったのですが、
恐れていたことが出てきました。

クラスでのグループ作り。これが面倒なんです。

大人が介入できないし、子供が退会すると、また別のグループが
作られていじめの温床になりかねないんですわ。

子供もつい最近知っておびえているものの、友達の一人が
偶然にもグループに入って、情報を流してくれているので、
安心しています。

学力考査や小テストの嵐!これ当然


150415222377_TP_V
photo by 写真AC

私立中学でも中堅校以上となると、学力考査(学力テスト)は、コース制があれば、
学年の節目で行われる「コース変更」にも影響がでますし、定期テストでも
成績が悪いと「はい、学校にきてくださいね」と学校から親は呼び出されます。

小テストの結果も、成績に反映されてきますので、油断禁物。
私も子供に「小テスト、今日あった?」と確認はしていますが、
結果が悪い時は、なにやら隠している時はあります。

どのみち、後日成績表ファイルなるもの(学校によって管理の仕方は違います)
で、すべてがバレるのですが、中高一貫校では、定期テスト・学力考査・小テスト
の全ての中で、何か1つでも赤点を取っていると、高校への進学が
難しくなることもあるので、お子さんのテストについては、しっかりお母さんも
みてくださいね。

まとめ


クラスメイトで、特定の友達ができるまでは心細い面はあります。
ですが、気心のある友達ができて、仲良くなると何かあった時に
心強い味方になります。

これは、女子校特有のイベントになるのかもしれませんが、
バレンタインデーの時に、友達同士でのお菓子交換が
許可されている学校もあって、「百合族だ!」とか言われるかも
しれませんが、手作りで何かを作るという楽しみになりますから、
その学校の特色なども、こまめにお子さんから日頃から聞くといいですね。

成績の悩みだけが残りますが、普段からしっかり声かけはしてあげてくださいね。



PAK105215431_TP_V
 phot by 写真AC

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

ぼちぼちと全国的に中学受験が終わっていき、関東方面にはもうぼちぼち最終の
追い込みではないのでしょうか?

すでに中学受験が終わって、合格をいただいて入学手続きを終えたご家庭では、
制定品の購入や様々な入学前のことで、小学校生活の終わりでも、
新しい学校生活に向けての宿題や、学力テストなどのことで
忙しいことでしょう。

おそらく、入学予定者の集合日などで説明を受けたり、入学後に
親御さんに伝えられるとは思われるのですが、
学校ごとに指定されることは違いますが、代表されることを
紹介します。



春季講習は許されるけれど、入学後の通塾について

入学前に、進学する中学の授業を先取りということで、
通っていた塾が3月まで春季講習への参加を呼びかけてくるケースはあります。

受講しておけば、まぁひとつのお守りとして役に立ちますが、
入学後、学校から「塾へは行かせないでください」と指示がでる場合があります。

なぜかというと、学校の授業ペースと塾の集団授業ペースは全くことなり、
塾はというと、公立中学からの高校受験対策となります。
中学受験専門塾となると、もう私立中学合格となると、もう卒業となります。

そうなると、別の塾へと考えるわけですが、塾が私立中学の授業ペースを
よほど知らない限り、授業内容についていけないということになってしまいます。


学校によっては、高校から特定の塾と提携して学力アップを図るところは
ありますが、よほどの指示がない限りは、通塾や通信教育の必要性は
ないです。

進研ゼミやZ会などの通信教育で、「プログレス対応」と掲載されているケース
がありますが、「プログレス」とは英語教科書なのですが、ハイレベルなので、
一部の学校で副教材もしくはメインで使っている場合があります。
親御さんとしては、子供さんがこの教科書に対応できているか不安にはなりますが、
学校側もしっかりと指導していくので、少し様子を見る程度で大丈夫です。

(もし、学力低下が顕著に出ている場合は、学校側から呼び出しがくるはずです)


どんどん導入されている「自己管理手帳」

大人でも仕事やプライベート管理を、今までスマホのカレンダーに登録していた方が、
手書き手帳に切り替えて、付箋だらけにして管理していますよね?

入学後になりますが、自己管理手帳(学校ごとで呼び名は違いますが)を渡されて、
その日の行動などを記入して、先生のチェックが入り、保護者会でクラス内での
傾向が伝えられます。

私も入学後の初めての保護者会で、自己管理手帳から先生方が分析した
生活について、かなり指導がつきました。

寝る時間が遅いことや、自宅学習の時間が短いことなど様々な指導が入ります。
先生から手紙などで個別注意が入ることもあるので、
あまりうるさくいうと、思春期まっしぐらのお子さんが反発してしまうことに
なるので、書いているかどうかの様子はちらっと入学後見てあげてください。

英検などの外部資格取得が必須となることも

娘が進学した学校は、英検はもちろん漢字検定については、入学後
しばらくしてから、団体受験で強制受験です。

進学した学校が英検などの指定校であれば、慣れた教室で受験できるので、
楽なことは楽ですが、不合格となると、学校ごとで条件は変わりますが、
2回目のトライは学校負担で、また落ちた場合は自己負担で自分で申し込みと
いうこともあります。

今後大学入試改革で、英語関連はTOEICやTOEFLを受験しなければならないことに
なりますが、英検は最低限受験となりますので、もし強制受験ということなら、
いいチャンスと捉えていいでしょう。

ただし、入学したコースの特色上で外部資格がいろんなことに
影響するケースもあるので、強制受験でもそれは拒まずに受験しておきましょう。


入学後の様々な行事後は少し気をつけてあげてください

最近の学校では、クラスメイト同士が馴染めるようにという配慮と、
学力のばらつきをなるべくなくすための目的ということで、
入学後、しばらくしてからお泊まり会がある学校があります。

また、宗教法人の学校では、ゆかりのあるお寺巡りなどの行事が
入ってきます。

その時に多くの生徒さんが馴染めなくて、結束感やちょっとした
いざこざが出やすいのですが、
今までイライラしながらの受験勉強から少しは解放されると
いうことから、この時に友人関係の土台ができるので、
あまり心配する必要はありません。

ただ、お泊まり会などの行事以降から、学校に馴染めないお子さんも
出てきてしまうのも事実なので、しばらくの間は、
子供さんの様子には気をつけてあげて、体調や行動に異変が出た時は、
早めに担任の先生に相談してください。

しばらくすれば落ち着きますが、長引くのはよくないので。


まとめとして

様々な家庭の子供さんが入学されてきますから、入学前から
びっくりされることは多々あるでしょう。
私も娘の学校の制定品購入の時や、入学式、初めての保護者会で
びっくりすることばかりでした。

しかも、お泊まり会が1泊2日であって参加したのですが、
ちょっとしたいざこざに巻き込まれて、落ち込んで帰ってきたので、
理由を聞いて、担任の先生に相談したことがあります。
すぐに解決となって、その時に助けてくれたお友達と今は
大親友となっています。

入学直後は、公立中学とは違う様々な変化や行事などで親御さんも
戸惑いますが、気楽に楽しむのがよいですよ。





↑このページのトップヘ