どうも、ぺんぺんです。

本日も文章なしでお送りしています。

 

昨日から、些細なことからすごく落ち込みが激しいのです。

それは、いろんな女性ライターさんの自分達の出産記録をブログに起こしたという

告知を見て、もう心の片隅に忘れせていた12年前のいやな記録をひきずりだしたからです。

 

本人たちには何も罪悪感はもちろんありません。

共通していえることは、「これから出産する人の心構えに」というところでした。

 

現在子供は12歳になり、元気に学校に通っています。

しかし、この子を産んだ直後に精神的ショックを受けました。

初乳をあげていて、胎盤が出てきて出血が止まるのを待っている

恥ずかしい状態の時に、義父母が病院のスタッフの制止を振り切って、

LDR室に入ってきてわが子を取り上げました。

 

さすがに病院側も注意をして、私に返してくれましたが、それがもう一番原爆級の

ショックで、その日からずっと泣く生活が始まりました。

心配した助産師さんや先生方が産後クライシスの可能性と産後うつへの移行を

考えて、精神的なフォロー可能な助産師さんを付けてくださるようになりました。

 

里帰り出産をしたものの、祖母が認知症で入院し、両親もそれぞれ忙しくなったので、ワンオペ育児になり、一人で全てお世話をしました。

週末に夫がきて、いろいろと娘のお世話をしたがるのですが、

私に「おむつってこうするの?僕わからへん?」

「うんこしてるよ。早くおむつかえてあげてよ!」ともうイライラ極まりない発言

が続いて、ついに発狂!

かなり暴れたので、すぐに母が救急に連絡をして病院で診察を受けたところ、

産後うつだけれどこれはもう本格的な鬱になってるよ。紹介状書くから」と

身近なところで受診することになりました。

 

私にも理想に思っていた出産があって、「たまごクラブ」とかネットで

出産を体験した人のブログを見て、「自分は安産だ」と勝手に思っていました。

しかし、自分のお産は違いました。

 

41週の予定日超過で、しかもMRSA(院内感染菌)が産道にいたので、陰性反応が出るまで陣痛がくるかどうかとの闘いでした。陽性反応のまま出産していたら、
母子ともに他のお母さん達とは隔離されます。

 

もう陣痛促進剤を使って、強制的に陣痛を起こそうかというときにMRSAの診断も陰性と出て陣痛もついたのですが、NSTで検査をすると、予定日超過をしているので、

羊水が減っているので、胎児が胎盤を押し付ける状態になるので、心音が消えるという状態になっていたので、慌てて入院しました。

 

入院はしたけれど、微弱陣痛になり、結局促進剤を使って2日半かけて産みました。

そして、義父母の乱入です。

 

ワンオペ育児になるは、夫はイライラさせるはで、ついに鬱になり、現在は、

気分障害」で通院中です。

頑張って元気になろうとして、仕事も順調に進んでいるところに、

ムーニー問題やら自分の出産記録公開されても、非常にいやな気分になるだけです。

 

産後、協力的になっていた夫も、実家の父や専門機関で理由を白状しましたが、

家庭内DVに合っています。DVと言っても、暴力や言葉ではありません。

ここまで書けば想像はつくと思います。

今は、専門機関での指導などでしないようになりましたが、

その恐怖は半端なく、今でも怖いです。

 

こうして、勇気を出して書きましたが、これを読んでいてどうでしょうか?

今は、娘に対してニコニコしながら相手をしたら、仕事はまじめにして、

家事もして元気に過ごしているように見える私ですが、

そうではありません。

 

最近、産後うつが増えていると聞きますが、それはもしかすると、

出産の記録ブログというものが、自分の出産と得た情報とかけ離れたものであって、

しかも一人で育児をしなければならない状況が出てきている。

その後、身近な人がひどいことをいう。

その悪循環が、せっかく出産して楽しく(ていうのもおかしいなぁ)育児を

楽しみたいと思う心をずたずたにしているのではないのでしょうか?

 

書くのは別に止めるつもりはありません。

その裏に、出産や育児で悲しんでいる人、苦しんでいる人を考えて欲しいものです。

 

参考として、産後うつから双極性障害を乗り越えた方のブログも

是非読んで欲しいです。

sangoutsu.blog.jp