f:id:potechitan:20170507123240j:plain

 

どうも、ぺんぺんです。

 

今日はGW最終日ということで、ブログ更新ぐらいで済ませようと考えていました。

ブログ更新したら、もうゆっくりとまっりと過ごすつもりでした。

ひとつだけ、もやもやを残して「Googleアドセンス」に通過できないという

ことでした。

 

通過どころか、申請を受け付けてくれません。

申請をしようとすると、「受け付けできません」と出てきて、

「なにおー!」とぷんすか怒っていたことです。

 

これで通るかは不明ですが、一から仕切り直しです。

 

 

一般的に言われてきたアドセンス通過条件が変わった

今まで言われてきた一発通過の定義が昨年からがらっと変わっていることと、

徐々に変わっていることで「うそですよー」ということも

出します。

・審査用の日記ブログが必要!→ウソ。本審査用で審査に出しましょう。

・画像やリンクを張っていては通らない→全員通過しています。

独自ドメインでないとダメ→これは本当!Googleが無料ブログに対して通さなくした

・記事数は5~10記事→ウソというか文字数1000文字以上の3記事でも通過

・運用期間が6か月以上でないと審査を受け付けない→これは日本は該当なし。

・雑記系は通らない→記事の内容次第。お役立ち記事なら通過OK

 

これが、通過した人のブログを読んでいて総合した結果です。

1次審査(独自ドメインじゃないよ)は機械的操作で、2次審査は人の目での審査です。

上記の話は、2次審査に入ってからわかったことを記事にしていらっしゃいますが、

1次審査の段階で「申請できないよぉ」という方も案外多いのです。

私もその一人で原因はわかっています。

 

1次の段階で申請すらできないこともある

Googleアドセンスはブログをやっている人なら、副収入として是非チャレンジしたい

ところ。昔は敷居が低いところがありましたが、どんどんいろんな申請技を紹介されると、Google様としては、「変な情報を垂れ流しにして、広告収入を得ようとはけしからん」ということで、徐々に条件を厳しくしていきました。

 

独自ドメインでないと通さないというのも、Google様が、無料ブログでの情報提供は「質が悪いでー。あかんわー。」ということで、無料ブログのドメインは通さないと

いうことにしてきたわけです。

独自ドメインが使えるのは、「WORD PRESS」か「はてなブログPro」となります。

 

私は、独自ドメインを取得して、「はてなブログPro」へ移行して、内容もチェック

したのですが、審査中に「審査キャンセル」の申請をしてしまいました。

内容に不安があって、「まだまだ見直したい」という理由でした。

実は、これが命取りでした。

 

3か月ぐらい経ってから申請すると、「このURLでは申請できません」と出てきて、

次の画面に移ろうとしません。

「しばらく経ってからもう一度申請をしましょ」と考えて、何回も申請しても

やっぱり通らない。

Googleが掲げるポリシーにもひっかかっていないし、ブラックリスト

入っているわけでもない。(通達はきていませんが、ブラックリストに入っているかを探すツールはあります)

 

何度も申請を繰り返したり取りやめるとGoogle様から拒否をされる

これが最大の私がが申請すらできない原因なのです。

何度も何度も同じドメインとメールアドレス(Gmail)で申請を続けて

キャンセルをすると、Google様が「お前、なにしとんじゃい!はっきりせいや」と

ピシピシお仕置きをする代わりに、1次の申請で通さないようにしてしまうわけです。

 

ある方の話では、1か月以上申請はせずに書き続けること、そして1か月後再チャレンジすると通る可能性があるけれども、このブランクの間に、自分のブログでGoogle様が

「これやるなよー」と書いていることの見直しができるはずなのに、書き続けることで、記事の質の悪化できやすいし、アドセンスの審査基準の変更はどんどん進みます。

 

それなら、思い切ってドメイン変更をして再審査に挑む方が賢いと締めくくっていました。私もこの意見に大賛成で、新しいドメインを取得して、今認ドメインの認証待ちです。

 

まとめ

Googleアドセンスの審査については、情報が大量に出すぎていて、

自分がなぜ通らないのかと悩みます。アドセンスを通すためのコンサル業まで登場しているので、これには辟易としました。

Googleアドセンスは、PV数が多ければ大きな収入にはなりますが、

毎年突然の審査方針変更に申請者は振り回されています。

 

Google側の言いたいことはわかります。

優良でクオリティの高い情報を提供するサイトのみに対し行うもの」と

いうことで、もし審査に合格しても質の低下やとんでも内容を書くと、

すぐに警告メールかはく奪のメールが来ます。

 

それだけ今アドセンスで一攫千金を目指すブロガーが多いということです。

何が正解で何が間違いなのかはわかりませんが、一度ドメイン変更という

ことで、審査にチャレンジします。