f:id:potechitan:20170302105138j:plain

こんにちは。ぺんぺんです。

「メルカリ」は私もいらなくなった子供のや服や、使わなくなったものは、趣味で作ったピアスやかぎ針作品を売る場として重宝しています。

たまに、無礼者なユーザーさんもいらっしゃいますが、安全と思っていたら、とんでもないことに使っていた輩がいます。

 

いたちごっこにはなりうる話ですが、やっていることは「犯罪」になります。

これは、ユーザーと運営双方に全てが委ねられることにはなりますが、
まともなユーザーが困ることのないよう、違法行為が「楽しい商売」にこれ以上

ならないことを願います。

 

 

4月22日以前に発覚した現金の販売

もうメルカリから削除されていますが、現行の紙幣1万円札が4枚の写真で出ていて、

販売価格が「4万7千円」で売られていて「SOLD OUT」になってました。

私のツイッターのタイムラインにも「こんなのが出ているよ」というのが流れてきました。

 

びくりした私は、すぐにメルカリのアプリを開けて、検索をかけて見ると大量に現行の紙幣が普通に売られていてびっくりしました。

すぐにいろんな意見が飛び交いましたが、有力な説としては、「クレジットカードの

現金化」でした。

 

これは、昔からある貧困ビジネスの手法でクレジット会社は約款で禁止していて、消費者庁は詐欺罪にあたるとして、警告を出しています。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を購入することで、借金の返済に充てるというものなのですが、結局は借金が膨らんでしまうというわけです。

 

利用規約改定の抜け穴が仇になった

以前は、こういう現金販売を恐れて売買禁止を厳格化していたメルカリですが、

古銭や珍しいお金を売買できないかということで、利用規約の改定を行ったのですが、その改定に目を付けて、「規約違反にあたらないよね」いう甘く見ていたユーザーが

メルカリという場所で、クレジットカードの現金化という「貸金業法」に抵触する

行為を始めたわけです。

 

「現金が買える」ってなにも疑いを持たないユーザーさんもいますから、

簡単に、ひっかってしまい、後々ばれたときにには、犯罪の加担者ともなります。

確かに出品者は苦しい生活かもしれませんが、こんなに簡単な方法でお金を得られるのなら、「やめられない止まらない」状態になるのも当然ですよね。

 

それと、マネーローンダ行為にも悪用されるとして、利用規約にも出ていますが、

今回の「現行紙幣の出品」はマネーローンダリング行為として認めるというコメントも

発表されています。

マネーローンダリングとは

資金洗浄とも。麻薬取引や賭博などの不法な手段で得た資金を,金融機関の口座間を転々と移動することでその出所や所有者を隠ぺいし正常な資金として運用でできるようにすること。

出典元:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト

 

 

 4月22日以降からの対応

私も見つけた出品物から通報をして対応を求めました。

すると、4月22日以降から徐々に現行紙幣の出品は削除されていきました。

たぶん、アカウントも永久凍結になったはずです。

 

落ち着くかとおもったら、こんどはSUICAカードやICOCCAカードで、

チャージされたものが出品されはじめています。

購入したカードを駅で解約すれば、現金が得られるので、貧困ビジネスの新しいスタイルといえます。

 

昨日ぐらいからは、領収書の出品がされているというツイートも見かけたので、

確認すると、もう売買成立済みで領収書が売られていました。

領収書も「経費のごまかしに利用される」とことから、売買禁止品になっています。

 

ツイート主の意見は、いたちごっこになって、メルカリの腐った部分を吐き出せた方がいいんじゃないかという意見が出ていました。

 私は、それは間違いだといいたいのです。

 

ユーザーと運営側双方の協力が必要

メルカリには、独特のルールがあり、値下げ交渉なんて当たり前の世界で、私も利用していますが、困った方は多くて、通報せざるを得ない方もいました。

 

良い方もいらっしゃいますが、最近はマナーの悪いユーザーさんが増えていることは事実で、大問題となった今回の「現行紙幣販売」や「領収書」の出品は明らかに

利用規約に抵触するのです。

利用規約を知っていながら、出品しているのなら明らかな犯罪行為です。

 

運営側も、通報や報道を受けて今回の取り締まりに走ったのですが、

本当は、常に監視しておく必要があったのです。

今は目視監視をしているとのことですが、それはずっと続けていなければならず、

今まで運営は何をしていたんだろうと責めは受けなければならないでしょう。

 

まとめ

私はツイッターでこの一連の大騒ぎを知りましたが、その情報を流した人は、

さて通報して注意喚起をしてくれたのでしょうか?

たぶん、ネタだけをふって、「こんなのあるんだね。貧困ビジネス怖いね」で

終了しているのでしょう。

 

別のサイトでメルカリの運営方法にたくさんのケチをつけて、「ハイ次の話題」と

移るのでしょう。

話題だけ降って、どこかへ去っていくというのは、何か間違えていませんか?

 

メルカリには、貧困ビジネスで法律に触れるような行為を行わずに、着なくなった服を

売ったり、本や楽器、ハンドメイド品を販売しています。

もし、法律に抵触する行為が大量に行われていることを知らせずに、まともな利用者が

利用できなくなる状況になれば、それはひどい話ではないのでしょうか?

 

違法ものについては、利用者が通報するということは非常に大切で、それがいたちごっこになったとしても、何度でも通報することで利用規約の厳格化や、システムの改善につながります。

 

これは、SNSを利用する人にお願いしたいのですが、こういう違法ものや貧困ビジネスものを見つけたら、ネタとするのではなく、利用した人を犯罪者にさせないためにも、勇気を出して通報して欲しい、それが私の願いです。