f:id:potechitan:20170222085304j:plain

 イラスト提供:「イラストAC」

こんにちは。ひろむです。

 

不登校から徐々に私の付き添いのもとで学校へ行き始めていました。

もちろん、教室にはいじめのグループがいますから、教室に入ることを

とても恐れます。

 

ですので、特別室という特殊な事情で教室にいられない子の安全な場所で

勉強をさせてもらっていました。

特別室は、限られた生徒もしくは先生しか入室することができません。

しかも、柵を立てていて、常に専任教員がいるので、絶対クラスの生徒が

誰でも入れるところではありません。

 

ようやく落ち着いたのに、ちょっとしたことがきっかけで、過呼吸発作を

起こして、行けなくなりました。

それは、「卒業式」です。

 

なぜ娘が怖がるかを聞き出せたし、「それは当然だと」思いました。

学校側の対応というのが、本当に生徒に寄り添ったものなのかを考えて

みました。

 

 

学校側の考えの浅はかさ

学校としては、いじめられた子も一緒に卒業式に出て、「いじめがあった」事実を

隠そうというのは、ありありとわかりました。

特別室で勉強している娘に、「卒業式の練習があるんだけど、こういうスケジュール

だからどうしよう」と、担任が練習スケジュールのプリントを持ってきました。

お別れ遠足があることや、歌を4曲も歌うこと、卒業証書授与の練習を厳しくする

ことは、娘は小5の時から知っていましたから、プリントを見ても

別に特別な反応は示しませんでした。

ところが、お別れ遠足の日は進学先の中学校の健康診断があって、指定日を休むと

学校ではできず、外部の機関で予約を取って健康診断を受けなければ

いけなくなります。お別れ遠足を優先してしまうと、その健康診断の手続きが煩雑なので、お別れ遠足は参加できないとつげると、担任はむすっとした反応を示しました。

 

担任も「いじめはなくなった。仲良くみんなで最後のお別れの遠足にいけば、

いじめの事実は消える」と考えたのでしょう。

しかし、こちらとて都合もあるし、いじめたグループがまた不登校状態でいる

娘が遠足に参加することで、せっかく鎮火していたいじめを呼び起こすことに

なるので、きっぱりと断りました。安易に想像がつくことなのに、

どうして、配慮してくれないのだろうと、お断りするついでに

さらっと担任には伝えましたが、結局担任は、いじめられた子供の

気持ちはくみ取っていないようです。

 

学校側の対応は本当に大丈夫か?

娘の学校には、文部科学省のいじめ対策の考え方に添って、

スクールカウンセラーの派遣やいじめ対策専任教員の配置はあり、

娘は、秘密の特別室で、いじめ対策専任教員やそれに準ずる先生が

常にいて対応しています。

 

しかし、担任が娘のことをどう説明しているかというのは、

聞き取り調査をして、一度いじめについての授業を行ったのですが、

どこまで浸透しているかは謎ですし、先日「娘さんが別室で授業を

時々受けにきている。しかし、その場所は教えられないという説明は

してもいいかと、担任から言われました。

そのことは、卒業式の練習の見学のこともあるから了承したのですが、

果たして、子供達の納得のいく説明をしているかという

疑問は拭い去ることはできません。

 

一応、文部科学省が学校側に求めている「いじめ対策」については、

こちらで確認することができます。

学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント:文部科学省

 

結局はいじめ対策は徹底されていない

娘の学校のいじめ対策の先生は、娘のいじめが今まで対応してきたいじめの

中で一番強烈で、ひどすぎたということで、動いてはいますが、

校長や担任が今一つの対応をするが為に、娘の心の傷をより深く

傷つけていることになっています。

 

一部の先生で、いじめについて対応したベテランの先生もどんどん

少なくなっているので、担任で解決するということは非常に難しいし、

校長や担任は自分の身の保身を優先する為、子供の気持ちというものを、

どこまで理解できているのだろうと考えさせられます。

 

毎日報道されるいじめ問題を見ていても、担任や校長に話してもダメで、

教育委員会に申し出てもダメで、ようやく司法の手いわゆる弁護士や

警察の手によって、第三者委員会が開かれてようやく解決するという

道しか今は完全解決はできないということになります。

(私立・国立となると話は変わりますが)

もう、日本の教育界が腐敗してしまっているということと、

今のいじめが巧妙化しているということで、完全解決は難しく

しかも、心を深く傷つけるという結果で、生涯心の片隅に

残る可能性が出てしまいます。

 

まとめ

頑張って学校に休みながらも、特別室でいじめグループから離れて、

勉強できると思ったら、「卒業式の練習を見たいか」という

一言で、せっかく体調が戻ってきていたのに、逆戻りになってしまい、

まさかの反応で、私も戸惑っています。

 

これでせっかく合格した私立中学に行けるのかという心配はあります。

しかし、いじめに関する相談のホームページやいじめられた経験者の

ホームページなどを読んでいると、環境を変えてやることで、

今までの恐怖は消えると言われています。

 

薬物療法という手もありますが、脳の発達の為には避けるべきと

私の主治医が意見を出してくれました。

今は悪い夢を見ていると言い聞かせて、娘と自分に言い聞かせています。