どうも、ひろむです。

遅い時間に失礼いたします。

昨日、入学金を支払った上で合格した学校で教育方針や

今後のことの説明と制服の採寸を行う入学者集合日でした。

この日に来なかった人は、入学を認めないということにもなる日です。

というわけで、バタバタとしながら、旦那も連れて行って手続きや

採寸に行ってきました。今後の説明でびっくりですがよくあることですので、

御参考までに。

 

 

旦那を始めて合格した学校へ連れて行きました

旦那は、しぶしぶ中学受験を認めた人なので、

見学会や説明会には一切連れていきませんでした。

中学から大学院まで公立と国立なので仕方がないのですが、

高校から短大まで私立だった私とは、温度差があります。

私が通った学校は、宗教教育の強い学校でしたから

娘の合格校の教育方針はいいと思うのです。

しかし、中学からずーっと公立と国立だと、私立ならではの

カリキュラムがないので、宗教教育というのに抵抗感を

感じるようです。

最近は「浄土宗」の学校ですと名乗りながらも、一切宗教教育を

行わない学校もありますし、昔はスーパー進学校でお寺が運営

している学校でも、宗教教育を熱心にしていたのに、最近は

熱心に行わない学校も増えています。

もちろん、宗教法人が運営していないスーパー進学校も

ありますから、学校選びで、親御さんが何を重視するかで、

宗教教育に対して考え方は変わってきます。

でも、今日は旦那を合格校に連れて行って、学校の雰囲気を

見せてみたら、「落ち着いたいい学校だね」と安心してくれました。

そして、校長先生のお話を聞いて、さらにいい印象を持ってくれて、

「ひろむ、ここいいじゃん」と初めて、合格後に褒めてくれました。

 

恐怖の入学までの宿題

通学の証明書と入学誓約書を提出したら、手提げに今後の予定の

資料や後日行われる健康診断の案内が入った紙袋を渡されました。

しかし、そのなかにびっくり仰天のものが!

実は、私立中学校(私立高校もなのですが)では、入学までに

宿題を出すところが多く、なおかつ、クラス編成と学力低下防止のために、

宿題を出すのです。

中身をみると、親の私は余裕でできても、子供が「えー!」という

宿題内容でした。

(そういえば、私も私立高校入学時に宿題で悲鳴をあげました)

びっくりして反発してやらなければ、当然入学後に叱られるのは

当然です。そして、学力テストの勉強にもなるので、一挙両得です。

 

いやな書類がありました

中学受験の際、ほとんどの学校は内申書の提出はなくなりつつあります。

合格校も、出願時はネット出願でしたし、もともと内申書不要でした。

しかし、合格して入学する意思があるということで、集合日にきたのですから、

依頼がきて当然なのですが、今在籍している小学校に、

今までの指導記録全て・健康診断の記録全部・歯科検診の記録全てを

合格校へ渡して欲しいという内容の手紙を校長に渡さなければいけません。

もし、小学校が渡さなければ督促がいきます。

そこで、問題がでました。

うちは、6年生の9月からいじめを受けて、11月から現在まで

学校を休んでいます。

学校側には、「もう地元の中学には行かせずに、引っ越しをして、

隣町の中学に行かせる」と言っているので、まさか私立中学校の

受験をして合格したとなると、今まで休んでいたのは、中学受験の

為に休んでいたのかという疑惑がかけられます。

でも、いずれは学校に報告はしなければいけなかったので、

ちょうどいい機会なので、ちょっとうまい逃げ文句で誤解を与えないように、

資料を送ってもらう依頼はします。

 

採寸はあっという間

制服の採寸はあっという間に終わりました。

夏のカーディガンの色が二色あって、紺色かホワイトでした。

娘は最初ホワイトを選んだのですが、習字の時間があるので

結局紺色を選びました。

制靴も今のサイズをさっと聞かれて、あっという間に終了。

実質すべて1時間で終わりました。

 

まとめ

今回は、娘の合格校などを特定されて嫌がらせを受ける危険がありますため、

一切写真は掲載していません。

本当は合格発表日や学校の写真は載せたいのですが、

クラウドソーシングの仕事をしている都合上、

家族を変な嫌がらせから守るために、入学後の行事などの

写真掲載は差し控えさせていただきます。

ですが、中学受験の厳しさなどはお伝えできるので、

もうじき塾の新学期も始まりますから、それをどんどん

お伝えしていこうと思いますので、今後とも中学受験関連記事を

ご愛読いただければと思います。