google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

いろいろ

f:id:potechitan:20170429094016j:plain

こんにちは。ぺんぺんでございます

 

最近、新聞を読んでいて、いろんな世代の心配事をまとめた記事の中に

60代男性が「年金が少なくなっている」という発言が記載されていました。

Twitterでこの発言について言及されている方がいらっしゃって、内容は

ここでははっきり申しあげませんが、「年金が~」と発言された男性に対して

「それはちょっとひどいんじゃないというより、現実を知らないの?」とびっくりしました。

 

身近に年金受給者の方がいらっしゃなければ、わからない事実なのですが、

実際に、受け取れるはずだった金額の減額はあり、今受給している人も

定期にはがきで「年金減額のお知らせ」が届けられて、うちの両親も節約生活と

貯金を切り崩しての生活をしています。

 

国民年金のしくみをそもそも理解していないというのも原因なのですが、

将来年金制度が崩壊する可能性だってあるわけです。

現実を知った上で、ご老人方の生活、今後の自分達の生活を考えて欲しいです。

 

 

そもそも年金は貯金ではありません

国民年金は、20歳~60歳のすべての国民が入る、公的年金制度で、

もっとざっくり言えば、若者から老人まで全ての人にメリットがある「国が保障する保険と終身年金」と思ってください。

 

加入していてしっかり支払をしていれば、遺族年金や障害年金と自分に何らかの不利益が生じて生活に苦しくなった時に、生きている間に恩恵を受けることもできる

性質を持っています。

  

ですが、国民年金というからには、国は私達から徴収したお金をどう管理しているかというと、個人単位の口座にプールしているわけではなく、国民から集めたお金と税金とのコンビネーションで国としての資産運用をしているわけです。

(これは、高校生か中学生時代に教えてもらっているはず)

 

今、支給されている人で理解している人はいますが、知らない人も結構います。

私は一度国民年機構から定期的に送られてくる支払状況で、おかしい記録を見つけて、

保険事務所で調べてもらっているときに、「どうしてこれだけしかもらえないの?」と

騒いでいる方を見かけました。

 

年金には3段の階段があるって知ってました?。

最近は年金には、3段の階段があると言われています。

まずは、国民年金。厚生年金。(公務員や教員は共済年金

今まではこの2段の階段しかないと言われました。

 

最近「確定拠出年金」が注目されていますがご存知でしょうか?

銀行でも紹介はされていますが、2016年7月時点での利用可能者は、

自営業者(国民年金第1号)、会社に企業年金がない人(国民年金第2号に該当する人)

となっていました。

 

2017年1月から門戸が広くなって、確定拠出年金がかけられる範囲が広くなったと

言われていますが、私個人としては、これもいずれは崩壊するのではと

見ています。

 

もらう前から減額通知、さらに減額通知の連続!

これは、うちの両親で説明します。

私の父は、60歳の退職後も継続採用として役員待遇で働きました。

当時はまだ、支給開始が60歳でしたがまだ働くということで、

支給開始年齢を引き延ばしました。(こういう制度もあることを覚えておいてください)

 

支給開始の2年前ぐらいから会社の労務の方と外部委託の年金担当者が説明に

会社に来て、実際の支給金額の説明を受けました。

シュミレーションをしてもらって、「この金額です」と聞いて納得していました。

 

その後、祖母の認知症がひどくて、会社に十分出勤することができないと退職を決めて、もう一度、担当者の説明を受けたのですが、最初に聞いた金額より100万円減額だと言われて、納得がいかず説明を受けました。

国の税収が悪い為に、受給したい人が受給金額を下げられるのです。

 

さらに不定期に支給額減額の案内が届いて、それを見るたびに、両親は嘆いて

います。今では(父76歳、母75歳)二人で合計年額400万円を切る支給額で

貯金や投資を続けていたので、何とか生活をしていってますが、さらにどんどん

減額される可能性はあります。

 

国民年金第3号もどうなるか?

私は、主婦に言われる「130万円の壁」を超えていないので、まだ「国民年金第3号」です。

主人が一般会社員で厚生年金に入っているので、主人が負担してくれていることに

なります。

最近、この第3号を廃止して、本人から直接取るべきだという声も出てきていますので、家計に影響が出る恐れはあります。

要するに「国民全員働け!」ということで、税金を多く取って、年金を維持したいという動きでしょう。

ちなみに、税金からの負担額は3分の1ですが、そのうち2分の1に変更される恐れはあるものの、他の社会福祉制度にも影響は出てきますから、変更はありません。

 

負担額を増やさないかわりに、今受給している人への減額措置はどんどん進んでいくでしょう。貧困ビジネスが出てくる、生活保護の老人が増えている、年金の減額が根本的な原因ともいえます。

 

まとめとして

「今後若い人には年金はない」とも言われていますが、崩壊してしまうと国民の不満爆発なので、年金制度はなんとか保持されるでしょう。

年金はなんとかもらえるけれども、微々たる金額であるということは否定しません。

では、蓄えておくにはというと、投資信託なり、株なり、貯金ということになりますが、預貯金の利率は、現在0.001~0.002%の世界。

定期に入れても増えることはまずありません。

株なども少し勉強は必要になります。

 

ちなみに、年金の支給年齢は自分から申し出れば、早期にもらうこともできるし、遅くしてもらうこともできます。メリット・デメリットは、早期だと支給額が少なくなること、遅くすると支給額は増えるけれども、待機期間中に病気で亡くなるというリスクもあることです。

 

今支給してもらっているご老人たちが怒る理由もご理解して頂けましたか?

まさか減額になるなんて思ってもいなかったことだから、怒るのです。

非難する前に、こういう現実を知ってもらって、自分自身の老後はどうするべきかを

しっかり考えてくださいね。

 

あ、最後に忘れていましたが、保険会社がやっている「個人年金」。

確かにいい面はありますが、終身ではなく期限付きのものですので、国民年金には絶対加入しておくと、いいこともありますから、加入はお忘れなく。

 

 

f:id:potechitan:20170424083352j:plain

 

こんにちは。ぺんぺんです。

 

今日は月曜日でむちゃくちゃ早起きをしなければいけない日でした。

娘の学校は、中一生は学年集会が月曜日にありまして、学年集会の時に、

仏教系学校なので、お経を詠みあげる時間と法話の時間があるからで、

遅刻すると反省文を書かないといけないからです。

 

気分障害」の私には、5時起きというのは非常にきついです。

娘の出産後の旦那の両親がとんでもないことをして、私はそのまま産後うつからこの病気になったわけで、しかもホルモン分泌異常になりました。

なんとか「うつヌケ」をしたいと、いろんな本や民間療法をしましたが、もう羅漢して11年目です。笑うしかありません。

 

ちょっと、噂になっていた「うつヌケ」を買ってみましたので、感想を書かせて頂きます。

 

 

最初に読んでみたうつ関係の本はこちら

私は、5年間単純な「うつ病」とばかり思っていました。

昔、「ツレがうつになりまして」という本が出て、約3年ぐらいで寛解している

と締めくくっています。

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
 

 

この方も、何度も何度も「自死願望」と格闘しながらも、奥さんの為に

会計事務などをするために開業届を出して、それが自信につながって

寛解につながっています。

 

私は、この本で自立支援制度(精神通院)について知って、その当時

通院していた病院の主治医に相談して、手続きをして現在も利用しています。

 

その後、引越しをして、自分の病気が単純なうつ病ではなく、

気分障害ということがわかり、難治性であることもわかって、一機に

落ち込みました。

 

さらに落ち込ませること

女として重要な生理が起きない、もしくは生理の日が始まっても、

2週間以上続いて貧血になって倒れるというものでした。

婦人科で検査を受けた結果、「ホルモンの分泌異常」と言われ、

最初は「高プロラクチン症」とも言われましたが、

そうでもないことがわかり、もう閉経までホルモン分泌をなんとか

促すということでホルモン剤投与しか方法がなく、その薬を飲むと、

精神的不安定が倍増されてました。

 

f:id:potechitan:20170424085132j:plain

イラスト提供:「イラストAC

 

もうどうでもいいよぉになりました

いろんなうつ関連本を読んだり、民間療法も試したけれども治らない。

ストレスが溜まりすぎて、体が動かなくなって入院したこともあります。

子育てしながらの治療ですから、子供が小学校に上がったときは、PTAの

総会に出るとか、授業参観や運動会などの行事は大変苦痛でした。

それを主治医に話すと「軽い対人恐怖症」もあることがわかり、

ますます落ち込むようになって、一時期、自死願望が強くなりました。

 

でも、子供がいるから死ねないということで、その心の整理ができないから、

抜毛行為(自分の髪の毛を大量に抜く)や、自傷行為を大量にしています。

私の左手首や上腕部は傷だらけです。

 

よく自傷行為をする人は、「自分が弱い」「死ねないバカ」という人がいますが、

それは違うと思います。自分の病気が簡単に治らなくてつらい。

死にたいけど死ねない。自分の潔ぎ悪さに耐えきれずに自傷行為

走ってしまうわけです。

 

だから、そういう行為をしてしまう人責めるのではなくて、優しくその人の

辛さを傾聴してあげて欲しいし、自分に自信を持たせてあげて欲しいのです。

これは、私がそういう行為をしたから、言えることです。

 

「うつヌケ」を読んでみての私の感想

ひとそれぞれのヌケ方があるので、総合してみると、「よくあるうつ関連本

よりは優秀かなぁ」と私は感じました。

 

まだ、ちょっと押しがたりないなぁとは思うのですが、「自分になにか自信を

付けさせること」っていうのが、少しでも「うつヌケ」を促進するというのは、

納得できるし、自分があることで、症状が楽になったから、うつ関連本と

しては、現時点では優秀で、漫画なのでとっつきやすい本であると思います。

 

まとめ

私は、この3年間、娘の中学受験で実家の両親の力も借りて、一人で娘と一緒に

立ち向かいました。

 

その間に、いじめ問題もあって、小学校サイドと私で

戦わなければいけないということもあったので、「病気なんていってられない」

部分もあって、無事に志望校に合格して、小学校とは悲しい決別はあったけれども、

病気ながらに、「母親の受験」ともいえる中学受験を乗り切ったことで、

自分に少し自信は付きました。

 

難関校ではないのですが、いじめ問題と並行して受験を進めたから、

他の受験生よりは厳しい条件下でチャレンジしたことになります。

 

中学受験自身も主治医から「やめろ」と言われても「やります!」と宣言してから

主治医もかなり精神面のサポートはしてくださったので、いろんな人に助けてもらいながらも、乗り越えたことが、症状を少し緩和させてくれたのだと思います。

 

この「うつヌケ」が言いたいことは、「自分に自信をつけること。それは時間がかかっても構わないんだよ」と言いたいのだろうと私は思います。

 

どうも、ぺんぺんです。

 

久しぶりの更新になり、大変申し訳ないです。すんません。(ペコリ)

実は、体調を崩してしまい、物書きの仕事はぼちぼちとしているのですが、

ブログになかなか手を付けることができなくて、放置プレイ状態にしていました。

 

でも、ちょっと手をいれないとまずいなぁということで、

体調のいい時を見計らって、カスタマイズする点を調べていたら、

グローバルメニューを設置していないということに気づきまして、

以前からきになっていたので、改造することにしました。

 

 

改造を意識した理由

実は、PV数やどこから検索しているかということを調べていたら、

意外とスマホからのアクセス数が70%であることがわかり、

パソコンから見ている人が意外と少ないということでした。

ということで、スマホからも見る人への配慮が必要とわかり、

グローバルメニューを設置することにしました。

 

デザインのカスタマイズ

この画面がガラッと変わっていることにお気づきでしょうか?

テーマの選択を実は変えまして、しかもグローバルメニューを実装することが

できて、CSSに頼らないHTMLでグローバルメニューを張り付けられるという

おまけがついている「Brookly」に変更することにしました。

shiromatakumi.hatenablog.com

 

変更後、各記事のカテゴリーを見直して、各記事についているカテゴリーを

変更しました。

実に時間がかかりました。

 

本当ならHTMLの記述とCSSの追加が必要なのですが、このデザインテーマはHTMLにCSSの要素が入っているので大変便利です。

あとは、作られた方のサイトで、HTMLの記述をコピーして自分用に

カスタマイズするのみです。

 

グローバルメニューの項目は上位に検索されているもので

このデザインテーマは最大5個までしか入れることができません。

なので、一度どの記事のPV数が高いかを分析して、今現在あるカテゴリーから5つもってくるということになります。

さらに、その5つのカテゴリーに関連するカテゴリーを孫カテゴリーとして持ってきて、5つのカテゴリーの中に入れていくという面倒な作業になります。

 

 

カスタマイズ後は、必ず「変更を保管」にして、動作確認をします。

これで、作業は完了です。最近、このデザインを考えられた方が、最新作を出されているようなので、しばらく様子を見てみて、また変更をしていこうと思います。

 

ではでは、本日はこれにて!

どうも、ぺんぺんです。

先日、自立支援医療(精神通院医療)制度についての記事がツイッターで流れていて、

記事についてコメントを付けたのですが、リツイートが多くあって、

その日とても困りました。

 

decoboco.jp

 

私は、「気分障害」での通院ということで、毎年更新をしていますが、

この方の執筆内容でも書かれていますが、「なぜかどこの医療機関でも

患者に積極的に知らされることがありません」という一文があります。

 

私は今で3件目で2件目の総合病院の精神神経科に通院をしていた時に、

ツレがうつになりまして」で、自立支援医療(精神通院)制度を知り、

主治医に申し出て、申請をしました。

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

 

私のツイートの引用リツイートで皆さん共通していたことは、

「なぜ、病院は教えてくれないの?」というのが共通でした。

 

今日、たまたま受診日でちょうど予約制でも空いていたし、パソコンを修理した

という貸しがあったので、詳しく私で説明できる範囲内で教えて頂きました。

 

 

制度を使うかは患者本人から主治医に申し出ること

自立支援医療制度自体は、「福祉制度」の一環であるということです。

精神科の治療は長期間に及ぶことや、薬代が高くつくという点から、

「先生、私の治療費、3割負担だとしんどいんです。いい方法ないですか?」と

申し出た時点で、主治医が「この人には自立支援医療制度を使った方がいい」と

判断して、初めて手続きが可能になります。

 

ただし、心療内科ではなく、「精神科」で受診していて、「精神保健指定医」の

認定を受けている医師が、所定の診断書を書くことができることになっています。

ですので、心療内科で受診していれば、当然利用はできません。

また、精神科でも、様々な病院が自立支援医療(精神通院)を利用できるとは

限らないので、まず現在かかっている病院の主治医への相談が

最優先です。

 

精神科の先生次第では対応が早くなります

精神疾患の場合、うつ病でも早期に完解(かんかい)するケースがあるので、申請中に必要がなくなってしまうケースがあるので、すぐに自立支援医療の申請をしない方がいい場合もあります。

こういうケースもあるので、医師側としても「申請されますか?」とは言えないのです。

 

ただし、診察の結果次第で「この人には早急に必要」と判断して、すぐに手続きの説明や書類の準備をしてくださる医師や病院もありますが、医師側としては、

本人からの申し出を第一にしていますので、積極的に医師からはもちかけないというわけなのです。

 

市区町村や病名や年齢などで格差が!

市区町村で申請をすると、納税金額の調査も入りますし、申請者が国民件保険者か社会保険組合員、そして病名や年齢などで、実際に受理をされて利用可能となった場合、

格差が出てしまう場合があります。

私の場合は、主人の健康保険組合の被保険者で毎週1回通院していますが、カウンセリングと診察と薬代で毎回1000円前後です。

しかし、国保であったり、年齢がかなりの高齢で病名次第では、自立支援を使うと支払額が0円になってしまうこともあるとお聞きしました。

実際の金額面については、主治医でも説明が難しく、事務の方にもお聞きしたのですが、個人個人でいろいろと差があるので、一律いくらということには

ならないですとのお話でした。

 

必ず申請が通るとは限らない

これは主治医からお聞きしましたが、主治医が必要だということで判断して、

診断書を書いても、利用判定をするのは、各都道府県の福祉課になります。

最近は、利用可能な病気について範囲が広がっているようですが、

病名ではいけるはずだけれども具体的な症状や程度などで通らない場合も

まれにあるとのことです。

制度利用可能の精神疾患については、範囲が広がりましたので、申請者も

増加してきています。

この影響で、継続申請は利用期限の3か月前から可能ではありますが、

少々遅れてきています。

 

主治医が意地悪していると思わないでね

積極的に先生が教えてくれない、本で初めて知ったなど、多くの不満を

抱えていらっしゃる方は多くいらっしゃることを、Twitterで初めて知りました。

しかし、あくまでも経済的援助という「福祉面」からの話なので、

医師から積極的に教えるということができないのです。

一部の先生は教えてはくれますが、本人から「自立支援を使いたい」という話が出て、判断を下すことなので、意地悪をしているわけでもありません。

申請しても、市区町村のとりまとめのところで「利用不可」ということになると、

その患者さんを傷つけてしまうので、慎重に対応をしているとお考えくださればと

思います。

 

この記事については、私の主治医も「決して意地悪をしているのではありません。

この制度の理念を理解して頂いて、利用するのならば、主治医に必ず申し出て申請可能かを聞いて欲しい」ということを書いて欲しいとおっしゃっていました。

 

確かにこの自立支援医療(精神通院)制度は、長引く精神疾患

治療には役にたつのですが、医師としては、決して意地悪を

しているのではないといううことをご理解いただければと思います。

 

まずは、困ったら必ず医師に相談してください。

f:id:potechitan:20170309163801j:plain

写真提供:「写真AC

こんにちは。ぺんぺんです。

 

以前、私が「気分障害」「ホルモン異常」の病気を抱えている記事を更新しました。

 

www.potechitanguruguru.com

 

実は、「気分障害」とはっきり分かった3番目の病院で、プラスされた

ことがあります。「若干の対人恐怖症もありますよ」と言われています。

自分としては、全く意識はなかったのですが、臨床心理士の聞き取り検査で

わかったとのことでした。

言われると、産後うつを発症してから「人と会うことが怖い」と

感じることはありました。

今もその感覚はなかなか抜けません。

 

この記事については、「こういう人間もいる」と覚えてて欲しくて、

書きました。

「コミュ障」ということでの理解は、やめて頂きたいと思います。

 

 

対人恐怖症の定義

誰でも、人と会うときに、場合によっては緊張して汗をかいたり

どもったり、うまく会話ができないということはあるでしょう。

「対人恐怖症」となると誰も自分に対して注目していないのに、

「人と会うのが、会うのが怖い」「誰も私を注目していないけれど怖い」と

いう意識が生まれて、どもったり、異常発汗、気分が悪くなったりするなどの

身体的症状が出てきます。

医学書の定義、専門医の意見では、

他人と同席する場面で、不当に強い不安と精神的緊張が生じ、そのため他人に軽蔑されるのではないか、他人に不快な感じを与えるのではないか、いやがられるのではないかと案じ、対人関係からできるだけ身を引こうとする神経症の一種 (新版精神医学事典より)

 掲載元:せせらぎクリニック「対人恐怖症」より

 

主治医から「対人恐怖症」について聞かされたときは、「どうしてかな?」と

思いました。

 

私の場合は?

私が気分障害を発症したのは、産後のトラブルからマタニティーブルーが産後うつ

発展して、さらに環境が変化したことで、うつ病と診断されました。

その時、旦那の実家のいろいろと口出しをしてくる話に、産後うつ

そっとしておいて欲しいのに、意見を求められ、精神的な安定を

完全に取り戻せなかったことがまず一つの原因です。

今の病院のカウンセリングで、もっと深く分かったのは、

「自分の言った意見は正しいはずなのに全部否定されて味方がいない」という

一人で戦わなければいけなかったという苦しさであることも見えています。

そして、引っ越しをして、環境が変わればいいのではと思っていたのに、

結果として悲しいことになったことです。

引っ越ししたときは、ご近所の方々で娘と同じ年頃のお子さんを持つご家庭が多く、

昼間にお友達になれたのに、3月末になったとたん、「私働きに行くから」と

ほとんどの方が働きに行くことを、黙っていて急に働きにでかけられて、

結局一人ぼっちになってしまい、気分障害が落ち着いていたのを

ぶり返らせることになり、マンションでしたから、完全孤独になりました。

子供センターとかにも行きましたが、なじむこともできず、

その結果、私の実家近くに引っ越すことになり、今の病院で「対人恐怖症」

もあると告げられました。

 

実際に告げられてから

「対人恐怖症」のもっと深い部分は「自分の立場が低く評価される恐怖」から

くるそうなのですが、産後うつ中に、かなり主人の実家から低い立場で

かなりいじめられたこともありますから、人と接するということは

恐怖なのかもしれません。

気分障害でホルモン異常でありながらも、「働きたい」というのはあったので、

パートにでかけましたが、すごく「対人恐怖症」がひどかった時は、

お金の受け渡しなど全くだめで、すぐに辞めなければいけませんでした。

しかも、私の気分障害は、難治性が高いと言われていたので、ますます

家にこもるようになってしまいました。

でも、子供がいるのですから、保育園の送り迎えは、克服の為に、

必ず出かけました。

そして、小学校に上がってからは、「怖い」という気持ちを抑えて

懇談会や発表会にも行きました。

クラウドソーシングの仕事を選んでから、最初は失敗ばかりで、

うまく伝えられなくて、文章での嫌がらせを同業者から受けました。

それで対人恐怖症を悪化させたこともあります。

小5から問題になったいじめ問題は、実家の父や主人に入ってもらいました。

相手は、私が気分障害精神疾患を持っているのを知っていて、

差別用語を平気で言ってきたからです。(本当なら法務局に申し立てを

してもいいのですが)

中学受験の当日は、もう泣きたくなりそうで不安で不安で控室で

iPhoneの音楽を聴いて、本を読んで「周りの人が怖い!怖い!」というのを

抑えました。

 

心許せた人は娘

対人恐怖症ですが、私が心を開けたのは娘と母です。私が心を開かなければ、

娘は誰にもいじめを訴えることはできなかったでしょう。

私も、娘の頑張りでなんとか今の人生を持ちこたえさせているようなものです。

気分障害の薬の中に、抗うつ剤は入っていて、恐怖心をや和らげる薬は

含まれていまうし、カウンセリングで気分障害と合わせた療法も

行われています。

でも、一番の最高に今効いているのは、「中学受験をなんとか乗り切った」と

いう必死のパッチで病気持ちの母が協力したという誇りです。

 

まとめ

最近は、Twitterでいろんなライターさんやブロガーさんと交流を

持つようになって楽しんではいますが、実は、本音をいうと、

「自分の発言がその人を傷つけているのではと思うから怖い」と

いうのが本当の部分で、話が食い違ってしまうところもあり、

ご迷惑をおかけしています。

SNSは楽しいけれど、本当のところは怖いし、信頼のできる友人でも

今は会うのが怖くてたまらなくて、実際に会うと早口になって、

「早く帰りたい」とさえ思ってしまいます。

私の発言がたくさんの人を傷つけてしまっているのなら、

どうかこの場を借りて、お詫びします。

こういう不器用な私ですが、どうかこのままお付き合いしてもらえれば

と思いますし、対人恐怖症の方について、「人と会うのが怖い」

「自分のしていることが人を傷つけているかも」と意識していることを、

理解して頂ければと思います。

↑このページのトップヘ