google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

病気

3dcf521d.jpg
photo by 写真AC

どうも、ペンペンです。

先日、「どうも、更年期スタートしたぞ」という話を書きましたが、
本格的になってきました。

今、精神疾患で通院していますが、そちらでもホルモン数値を
調べてくれるので、検査してもらいましたが、
やはり2種類のホルモン数値でいい数字が出ていない事がわかりました。

更年期の治療の方は、婦人科で受けますが、精神疾患の薬に
だるさを増幅させる薬が含まれていたので、
2種類を外してもらいました。

更年期の症状について、一般的に「イライラする」と認識されているようですが、
とんでもない!

今の私に出ている症状としては
・吐き気と嘔吐
・体のだるさ 
・疲労感
・頭痛
です。

どうも、他の人や一般の人には「更年期に女性はイライラして暴言をいう」と
誤解している人も多いようですが、現れる症状は人それぞれで、
私の母は、私と同じぐらいの年齢の時に、肌のかぶれがひどくなって、
皮膚科通いをしていると閉経したと話しています。
その他の症状はなしだったそうです。

多少のイライラはありますが、病的なイライラ感は出ていないとは
思うのですが、気にすると余計悪化するので、
しんどい時は、寝るしかないです。 

寝ると落ち着いてくるので、調子のいい時にガッと家事と仕事を
しています。

更年期は、人それぞれなので、ひとくくりにしないで、
辛くてたまらない人もいるし、女性ならいつかはくるし、
男性でもあるという事なので、「辛いんだぞー!」とだけ、
知っておいてくださいませ。 

PAK93_atamakaraikudon20140322_TP_V
            photo by ぱたくそ


どうも、ペンペンです。
台風接近と選挙と避難勧告で大パニックな我が家と実家でございます。

更年期に突入してるかもっていうことがわかり、
今まで飲んでいた薬は継続して飲んでいますが、
「やっぱりそうかなぁ」という
症状は出てきています。

まず、体がとてもだるくてたまらない。
だから、仕事をしようにも思うように仕事をすることが
できなくなりました。
ちょっとしたことでイライラもするので、せっかく精神疾患の方が
落ち着いていたのに、息苦しさとかイライラが復活しました。
仕事量を自然と減らすしかないですね。

家事はというと、なんとかやってます。
娘は学校では学食があるので、そっちでご飯を食べることもできるのですが、
学食の食事がいまひとつらしく、
「ママのお弁当が美味しい」ということなので、
頑張ってお弁当を早起きして作っています。

そのあとは、よろよろと家事をして、ぐっすりとベッドに潜る。
そんな日々が始まっています。
家事を全て完了したあとは、本当に「明日のジョー」のように
燃え尽きた状態です。

この間までは、普通にごそごそと動けたのに、
冷えのぼせみたいな症状が出てきているし、だるいしで、
気力がなくなっているときもあります。

でも、理不尽なことを見たり、記事を読んだりすると、
結構頭にくるスピードは早いですね。
ただし、文句を言う前には冷静に判断はしますけどね。
それは、やはり長年患っている精神疾患の認知療法で
コントロールできるようになった証拠とも言えます。

今日は仕事をしようとしたのですが、過去に手をつけていない
テーマをしてもいいという許可は出ているし、専門サイトへ
提案書を出しているので、休業日なので明日以降に
結果は返ってくるでしょう。

過去に出されているテーマを選定して、下書き程度で
おさめておいて、あとは趣味の手芸などを楽しむことですな。

あぁ、母はなんともなかったのに、私なんでこんなに
しんどいんだろうと思います。




4bb6dbcc80f246987af477d653d81670_s
         photo by 写真AC

どもども、ペンペンです。

先日から子宮体ガンの話をしていますが、私が子宮体ガンを疑われたのは、
ホルモン異常での治療で飲んでいる薬もひとつの要因なのですが、
ついでにわかったことはあります。

女性なら経験する「更年期」が始まり出しているということです。
「更年期」と男性が聞くと、無知な方は非常に「更年期」を迎える
女性を非難したり軽蔑するのですが、この時期を大切に過ごさないと、
とんでもないことになります。

しかも、最近は、40後半から50代の男性でも女性とよく似た
「更年期障害」があるという報告もあります。
そりゃ女性ホルモンは男性も持っていますからね


私は、出産して産後5ヶ月で生理が復活しています。
その後、正常に生理が来なければいけないのに、不定期であったり大量出血で
止まらないということから、「ホルモンの分泌異常」ということで、
様々な薬で生理を維持してきました。

生理を維持しなければならない理由としては、
「骨粗鬆症のリスク回避」なんです。

骨と女性ホルモン(エストロゲン)とは関係ないと思う人も
いるでしょうが、実は密接に関係があります。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌があるから、女性の骨の再生なども
守られているとも言われていて、過激なダイエットなどで、
無理な体への負担は、将来的に骨をもろくすることにもなって、
「若年性更年期障害」といって、30歳代で生理が終わってしまうと
いうことにもなってしまいます。

女性ホルモン(エストロゲン)の量が少なくなってくると、
骨粗鬆症になりやすくはなります。

私は、いろんなホルモンの薬を飲んできましたが、
もう出産をしないということで、低用量ピルでホルモンバランスを
安定させるという手法に35歳から変更をかけています。

ところが、その薬を飲んでいて「まぁ、なんとか生理がある」と
なっていたのが、1ヶ月間生理があったり、なかったり、突然の
大量出血があったので、一応子宮体ガンの検査を行なったわけなのですが、
子宮体ガンは白だということは、「更年期」に突入して、
今まで飲んでいた低用量ピルでは、コントロールができないことになります。

12月までは今まで通りの薬を飲みますが、結果次第では、「更年期」への
準備としての療法に変更をかけると決まっています。

その証拠に、夏ぐらいまでヤッホーと元気だった体が、いうことを聞かなく
なってきて、しんどくて朝は寝ていることが多いという点です。
そして、不定期な生理。

「あー、いやだなぁ」とは正直なところだし、嫌な言葉は聞くでしょう。

最近、何も知らない若い男性から「更年期のババァは役に立たない」と
言われることがネットの世界で多く、たくさん聞いてきたからです。

役に立たないのではなくて、体がついていこうにも辛くて、
たまらないし、「更年期のババアはヒステリック」と言われるけれど、
ホルモンバランスがよくないのだから、若い女性にありがちなPMSに
近い症状が出るのですから、ひどい人ではうつ症状が出ます。

私は、幸い精神疾患で安定剤をいただいているので、
ましな方なのかもしれないのですけれども、体への負担は、
精神にストレスをかけることになるので、仕事量も減らしてストレスのない
温和な生活を心がけるように言われました。

45歳以上の女性をバカにする男性諸君とて、実は年寄りになって、
いろんな障害(前立腺肥大が代表的ですよね)は出てくるし、
同性である女性で「更年期の女性」をバカにする風潮はありますが、
自分の身にもやってくることですから、
覚悟をしておく必要はあります。


私は、あともう少し頑張って、プロワーカーやたくさんの仕事が欲しいと
思っていましたが、体がいうことをきかないので、
仕方なくですけど、のんびりした生活を過ごすことにして、
仕事量もさらに下げることにしました。

ただし、更年期を迎えるとしても、思考能力が落ちるわけではなく、
理論的にバシバシといくことには代わりはありません。
ただどんどん体のいたるところにいろんなハンデが出てくるでしょう。

「老い」というのが着実にきている証拠なので、
自分の生き方というのを、徐々に考えるのが40代ということです。

孔子の論語に「40にして惑わず」という言葉がありますが、
私は、40代後半を迎えるに当たって、これは、40代で今後の人生を
見直してこうするんだと決める時期だと解釈しています。
生き方に迷うのではなくて、「自分らしいこれからの生き方」を
さぐる時期、それを「40にして惑わず」というのだと、
確かねぇ、高校の漢文でもそう教えられたんですわ。はい。

まぁ、これからどんな症状が出てくるかわかりませんが
休み休みで何か情報発信をしていきますね。

おまけ:市民検診で行われる子宮がん検診は正確には
「子宮頸がん検診」で子宮口近くの頚部に関する
ガン検診です。「子宮体ガン検診」は必要に応じて
子宮本体の内膜組織を掻き出して、組織検査する
ものなのですが実費請求になりますので、
ご注意くださいね。



a0001_017440

こんにちは。ペンペンです。

私自身、物書きの仕事をしていますが、「気分障害」といううつ病と、ホルモン異常を
患いながら仕事をしています。
「気分障害」は一応うつ病ですが、「双極性うつ病」とは違います。


人間にも多少の落ち込みと嬉しい気持ちの感情の波はあります。
「気分障害」は何らかの過重なストレスが原因でうつ病になっていることは
間違いないのですが、激しい憔悴感と、不安感、そして激しい怒りが非常に強く、
投薬治療とカウンセリングで自分をコントロールしていくことになります。

私は娘を産んでから産後うつになって、そしてうつ病と診断をうけて、
それから、「気分障害」ということで正式な診断が出ました。

昨日、マダオ主婦として登場していますが、気分が安定している時は、何にも
問題はないし、今は両親の面倒や娘のことでバタバタしているから、
精神面は安定しているように見えます。

その代わりに、最近、私の主治医がいろんな精神関係の学会の勉強会で、
「HPSではないのだろうか」と私の毎日の様子の話とカウンセリングでの様子から
判断して、治療方針を徐々に変更する方針にするようです。
テストパターンとして。

「HPS」というのは、「Highly Sensitive Person」を略した言葉で、「とても
過敏に反応する人」ということだそうです。
アメリカでアーロン博士によって「生まれ持った優しさゆえに、
非常に心が過敏で傷つきやすい人」
と定義されていて、確率としては5人に1人と
いうデータが出ているといいます。

「1人でご飯を食べるのが好き」「ちょっとしたことで半端なく落ち込む』
「1日が終わると疲れ切ってしまう」「自分はダメ人間だ」
などなど、「HPS」の人に現れる症状は、普通の人が
「なんでそんなことで傷つくの?」とびっくりしますが、
この世の中を生きていくことに「辛さ」を感じている人は、これらの症状が
出てきます。

私が「HPS」ではないかと主治医が気づいたのは、
中学受験が終わって半年経った今でも、「毎日が疲れ果ててしまう」と
いう発言や、保護者会にいくと、みんながキラキラして見えてしまうこと、
SNSでのツイートを読んでいて、自由気ままにキラキラしている
同世代の人の活躍を読んでいて、「自分はキラキラしていない」という
落ち込み度の半端さがひどいということでした。

さらに気分障害が重なっているので、自分の好きな趣味のことの記事を
見てしまうと、「自分も書きたい」という意欲が
生まれて、さらに心に傷つきと必要以上の焦りを
感じさせるということを起こさせてしまうということです。

「HPS」については、根本的な治療はありません。
治療がない代わりに、自分が自分の傷つきやすさや、
何に対して傷ついてしまうかを理解して、「自分を自分の心も大事に
してあげる」ことです。非HPSの人には、このフォローはすることは
よっぽど心の傷つきについて深く理解している人(心理学を専門機関で
勉強したことがある人)でなければ、逆に追い詰めることにもなりかねません。

私からのメッセージとしては、
「ネットが発達して、いろいろ意見をいうことはいいことです。
だけれども、いろんな人があなたが書いた意見を読んでいます。
テレビでの発言もいろんな発言があるのはいいことです。
その先には、人間が存在します。
書いた言葉や、言動によって、いとも簡単に心が傷ついてしまって、
世の中に出ることがつらいという人は、確実に増えています。
私もその1人とわかりました。
これは、治らないということに悲しくもなりました。
自分が強くなるしか方法はありません。
発言や主張は大切ですが、その影で心が過敏すぎてつらく感じる人が
いることも理解して欲しいし、私たちHPSとわかった人間も
自分が楽に生きていけるように、少しずつ努力します。
どうか、こういう人間が徐々に増えてきていることも理解してください。」



どうも、ぺんぺんです。

本日も文章なしでお送りしています。

 

昨日から、些細なことからすごく落ち込みが激しいのです。

それは、いろんな女性ライターさんの自分達の出産記録をブログに起こしたという

告知を見て、もう心の片隅に忘れせていた12年前のいやな記録をひきずりだしたからです。

 

本人たちには何も罪悪感はもちろんありません。

共通していえることは、「これから出産する人の心構えに」というところでした。

 

現在子供は12歳になり、元気に学校に通っています。

しかし、この子を産んだ直後に精神的ショックを受けました。

初乳をあげていて、胎盤が出てきて出血が止まるのを待っている

恥ずかしい状態の時に、義父母が病院のスタッフの制止を振り切って、

LDR室に入ってきてわが子を取り上げました。

 

さすがに病院側も注意をして、私に返してくれましたが、それがもう一番原爆級の

ショックで、その日からずっと泣く生活が始まりました。

心配した助産師さんや先生方が産後クライシスの可能性と産後うつへの移行を

考えて、精神的なフォロー可能な助産師さんを付けてくださるようになりました。

 

里帰り出産をしたものの、祖母が認知症で入院し、両親もそれぞれ忙しくなったので、ワンオペ育児になり、一人で全てお世話をしました。

週末に夫がきて、いろいろと娘のお世話をしたがるのですが、

私に「おむつってこうするの?僕わからへん?」

「うんこしてるよ。早くおむつかえてあげてよ!」ともうイライラ極まりない発言

が続いて、ついに発狂!

かなり暴れたので、すぐに母が救急に連絡をして病院で診察を受けたところ、

産後うつだけれどこれはもう本格的な鬱になってるよ。紹介状書くから」と

身近なところで受診することになりました。

 

私にも理想に思っていた出産があって、「たまごクラブ」とかネットで

出産を体験した人のブログを見て、「自分は安産だ」と勝手に思っていました。

しかし、自分のお産は違いました。

 

41週の予定日超過で、しかもMRSA(院内感染菌)が産道にいたので、陰性反応が出るまで陣痛がくるかどうかとの闘いでした。陽性反応のまま出産していたら、
母子ともに他のお母さん達とは隔離されます。

 

もう陣痛促進剤を使って、強制的に陣痛を起こそうかというときにMRSAの診断も陰性と出て陣痛もついたのですが、NSTで検査をすると、予定日超過をしているので、

羊水が減っているので、胎児が胎盤を押し付ける状態になるので、心音が消えるという状態になっていたので、慌てて入院しました。

 

入院はしたけれど、微弱陣痛になり、結局促進剤を使って2日半かけて産みました。

そして、義父母の乱入です。

 

ワンオペ育児になるは、夫はイライラさせるはで、ついに鬱になり、現在は、

気分障害」で通院中です。

頑張って元気になろうとして、仕事も順調に進んでいるところに、

ムーニー問題やら自分の出産記録公開されても、非常にいやな気分になるだけです。

 

産後、協力的になっていた夫も、実家の父や専門機関で理由を白状しましたが、

家庭内DVに合っています。DVと言っても、暴力や言葉ではありません。

ここまで書けば想像はつくと思います。

今は、専門機関での指導などでしないようになりましたが、

その恐怖は半端なく、今でも怖いです。

 

こうして、勇気を出して書きましたが、これを読んでいてどうでしょうか?

今は、娘に対してニコニコしながら相手をしたら、仕事はまじめにして、

家事もして元気に過ごしているように見える私ですが、

そうではありません。

 

最近、産後うつが増えていると聞きますが、それはもしかすると、

出産の記録ブログというものが、自分の出産と得た情報とかけ離れたものであって、

しかも一人で育児をしなければならない状況が出てきている。

その後、身近な人がひどいことをいう。

その悪循環が、せっかく出産して楽しく(ていうのもおかしいなぁ)育児を

楽しみたいと思う心をずたずたにしているのではないのでしょうか?

 

書くのは別に止めるつもりはありません。

その裏に、出産や育児で悲しんでいる人、苦しんでいる人を考えて欲しいものです。

 

参考として、産後うつから双極性障害を乗り越えた方のブログも

是非読んで欲しいです。

sangoutsu.blog.jp

↑このページのトップヘ