google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

学校問題

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

初投稿:2018年11月24日
再編集日:2019年11月19日
※この記事は、過去に投稿したものを改めて調べて、再編集しています。

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

現在中3の我が子はというと、2学期も終わりに入り、もうすぐ期末試験対策をする時期になります。
中3となると、中高一貫校であれば、上の高校へ進学するのが普通かもしれませんが、ある程度の人数の子が別の高校を受験するということはあります。

中学受験で希望した学校に入学できた学校のはずなのに、中1で退学する子はいますし、不登校の生徒さんがいるケースはあります。

子供の部活の友人で、医学系コースに入ったのに「ついていけない」と不登校になり、高校から別の学校へいくことを決めている生徒さんもいます。

さて、私立中学でのいじめや不登校について、いざ入学してから取り返しのつかないことにならないようにするには、どういう対策をすればいいか、ブラック私立なるものをどう見るべきかを紹介します。



学校によりけり。いじめ・不登校の学校側での認識問題あり

口コミサイトで、いじめの有無について、公開しているところがありますが、「うちはないですよ」と言う声があれば、「ありました」という声が、同じ学校なのに別れるケースはあります。

最近気づいたことですが、口コミサイトである入学年度から「いじめがひどい」とはっきり別れる学校はあります。詳細を調べてみると、短い年数で校長と教頭が入れ替わりが激しい学校で、「いじめ・不登校者が多い」という評価が高いと、確実にその学校は「何か変だ」と気づきます。

いじめ対策をしていると断言している学校でも、生徒達が首を傾げるような「いじめ調査」を行っていて、無実の生徒さんが「いじめの加害者だ」と呼び出されて、調査を受けることさえあります。

※我が子の学校で、定期的にいじめ調査をしています。ところが生徒間で誤った噂のおかげで、加害者認定を受けてクラス全員で抗議の結果、覆ったケースがあります。

超難関校では、東大・京大などスーパー難関大学を目指すと設定していても、無理な授業数を設定していなければ、部活も普通にできて、勉強に集中するという切り替えが早いので、いじめや不登校は少ないと言われています。

授業数のコマ数や長期休暇の日数で「これって子供は大丈夫だろうか?」という学校では、学校の対応次第ですが、いじめや不登校が多い学校はあります。

結局、いじめ・不登校を作り出しているのは、学校の運営方針がコロコロ変わると、生徒に影響がくるということです。

カウンセラー常駐でも、十分な対応が行われていない


5674e986b802d2b690b961bfeaa3562e_s


いじめ問題が深刻化して、私立校でもスクールカウンセラーを常時配置している学校はあります。

最初は公立校から、「臨床心理士」の資格を持ったスクールカウンセラーが配置されましたが、私立校でもいじめ・不登校などの問題が出てきたために、私立校への派遣もできるようにと、2010年からスクールカウンセラーの派遣をひろげています。
参考資料:「意外と知らない”スクールカウンセラー” 学びの場.com

スクールカウンセラーは、生徒さんからの相談を教員にフィードバックして、問題を解決するように動きます。

しかし、教員が実情を把握しきれていなかったり、問題がいじめのみならず、生徒側での問題も複雑になっているので、なかなか解決に至らない・スクールカウンセラーに対応を頼まないということの方が多いです。

子供の学校にも、カウンセラーは常時2名交代制でいますが、同じカウンセラーに相談することが難しい状況です。女子校では、女性カウンセラーが対応するようにしていますが、まれに男性ということもあって、話しづらいという状況もあります。

私立ならでは問題。不当評価や部活の制限問題

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

この問題は、私が高校から私立校へ入学して3ヶ年を過ごしましたが、その時からあった問題です。

子供もクラスの生徒全員で「これっておかしいよ!」と抗議するほどの話もあります。

よくある事例としては、

  • 特定の生徒に対する個別指導をしている。
  • 小テストで、前の授業で予告されていた箇所と違う問題が出された(もちろん全員ゼロ点)
  • 定期考査で範囲内であるものの、記述式が多すぎて回答が間に合わない
  • 定期考査で習っていない範囲を出された
  • 成績が落ちていると判断されると、部活動を禁止される
といったところでしょうか?

私の場合は、怪しげな先生に当たったと1学期に気が付いた場合は、先取りで兄に勉強を教えてもらったり、自分なりの先取り勉強をして、「スキを与えない」対策をしました。

ですが、どうしても定期考査で覆すのが難しいことはありますし、部活動を禁止されることについて、子供から抗議することはできません。

あまりにもひどい対応であるなら、学校側に抗議するしかないのですが、ひとりで抗議すると我が子の今後の成績に響く可能性は高いです。

不当評価や部活動禁止、特定の生徒への特別対応があれば、学校がある都道府県の私学課、もしくは法務局に資料を揃えて対応をお願いするという方法になります。


万が一、入学してからブラックな指導が行われている場合

b68d016d09e071d27f67b9a83d78017b_s


我が子のケースになるのですが、入試説明会の時と入学後の校長先生が変わりました。すると、今まで口コミサイトではいい評価だったのに、最新版をみると、「いじめが多い、不登校も多い」「もうやめたい」という評価に変わっていました。

ある先生の授業でも、生徒に「何かあったら相談しておいで」というぐらい、古参の先生でも学校運営を怪しんでいる先生がいます。

有名大学への進学率アップを狙っているようですが、指定校推薦の枠も徐々に減ってきていることから、学校の評価も下がっているものと考えられます。

部活が活発であっても、部活そのものがブラックで、帰りがかなり遅くなり帰宅が午後9時を超える部があるケースもあります。部活で全国大会を狙っていて、勉強でもコマ数が多いと、相当生徒さんの心がささくれだってしまいます。

本当の「いい私立中高」は、生徒に無理強いはさせないし、先生方の質はかなり違います。

もし、乗り切れない場合は、先生と相談することは大切ですが、複雑化した場合は、学校を休ませても構いませんが、退学処分を下すこともあるので、都道府県の私学課に相談をしてくださいね。

まとめとして

我が子は小学校時代にいじめにあいながら、中学受験をして合格しました。

その後の生活はというと、面白いクラスメイトに出会えたことで、元気になって部活も趣味でしてきたことができる部に入部し、今では生き生きしています。

残念ながら、学校生活になじめず退学する子、不登校になっている子はいて、解決できていないというのが現実です。そもそも、学校運営が変わっている場合では、尚更なじめないということになります。

学校見学会が多くて派手な学校、入試説明会で「なにやらひっかかる、もやもやする」という学校は、なるべく避ける方がいいかもと、最近思うようになりました。

入学してからいろいろとわかることがあるので、どうか今受験勉強中とはいえ、少し心の片隅に留めていただければ幸いです。

スポンサードリンク


fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s


みなさん、こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日から再来年度の大学入試共通テスト問題で、大荒れですね。英語に関しては外部試験利用はなしとしましたが、数学や国語に対しては「記述式」で、しかも採点者はアルバイトを導入するという回答に、びっくりしたのではないでしょうか?

見直しが行われ、配点は変わるものの出題の仕方を変更するということで、大荒れは落ち着きました。この対応は応急処置ですので、最初からの振り出しになって、より公平性があり受験生に取って不利益にならないかというのは、謎です。

我が子は、中3ですが大学へ進学は決めているものの、一般入試か推薦入試かなどはまだ決めていません。今後の見通しとしては、中1時にもう大学入試のことを考えなければいけないという可能性は高いです。

私立中高でも、どう対策をとればいいかと模索中のようですが、すでに私立中高が取り組み始めている話を紹介できる範囲内でお伝えします。



2020年大学入試改革の全容がバレてから

2020年度の大学入試改革から、国語・数学において記述式、そして英語は外部英語試験のスコアで判断という話でした。

今大学1年生あたりの子は、その前置き的といいますか試験的なテストは高校で行われて、再来年に本格的に新入試制度に移行する予定でした。

しかし、某文科省大臣の「身の丈にあった受験」発言が着火剤になって、新大学入試共通テストの全容が見えてきたわけです。

身の丈発言より前に、大学側、高校側の双方から「英語検定において不公平がでる」という意見が出ていて、学生や高校側からの見直し嘆願書が出ていました。

そして、その後国会などで、様々なことがボロボロと出てきました。

国語・数学においては、ベネッセがテストを提供し、記述式なのにアルバイトに採点を依頼することや、さりげなくGTEC(ベネッセが開発した英語テスト)が、外部英語検定に入っていたなど、特定の教育教材会社が参入していたことは、驚くばかりでしょう。

新テストに関しては、応急処置ですが、再来年度まで一新せずに配点などを若干変更して行うとしています。

「身の丈発言」からどれだけ特定の会社が、受験の世界まで入り込んでいたかがバレたということです。

現在、私立中高で採用されているテストやシステムはどうなるか?

我が子の学校も、ベネッセが独自提供している学力推移調査と学力テストを採用しています。学力推移調査は、1科目のみ「混合問題」があり、数学と国語など3教科のうち2教科を混ぜた科目がありました。

混合系の科目を用意していたのは、おそらく新大学入試共通テストを意識したものだったはずで、生徒側としては、応用力や実力の高さを調査するにはよいものでした。

今、学校関係に深く入り込んでいるとなると、自分達の子供の成績データをもとに、新大学入試共通テストのベースが作られていくのではないかと、懸念しています。

そして、ICT教育にも深く入っていて、「Classi(クラッシィー)」というアプリが、生徒と保護者に提供されています。これは、成績の推移やクラスの担任からの連絡にも使われているアプリです。

今の文科省との仲良しぶりや、学校への売り込みを考えると、完全にご縁を切るのは難しいものの、少しずつ学力テスト類の提供元を変えることはあり得そうです

ちなみに、高校になるとベネッセから駿台模試に切り替える学校や、学校独自に切り替えるという学校など、高校から対応が変わってくるので、今後のベネッセの学校への立ち位置がどうなるかは、今は様子見というところです。

私立中高だからできる英語などの検定対策

我が子の学校でもそうですが、英検と漢字検定に対して、「高2までにはこのレベルまで取っておいてね」というプリントが渡されたり、先生から指導を受けます。

指定校推薦の最低水準とも言われているのが、「英語検定2級以上」です。英語については、指定校推薦の基準は最低でも準2級と言われますが、これと併せてTOEFLiBTなどのもっと高度な英語能力を問われる試験のスコアも選考基準になっています。

漢検も「できれば2級まで」と言われて、定期的に受験しています。これも指定校推薦対策で、「何かに突出した資格保有があること」とされているので、定期的に受験している学校は多いです。

他にも数学検定を受験する子がいれば、高校生のうちに大人からでも難しい資格や検定を受けている子はいます。そのことについて、学校側では反対はしません。

私立中高では、例えば英検であれば、面接の模擬テストをしてくれる(ネイティヴスピーカーの先生か、日本人英語教師)をしてくれたり、漢検では対策ドリルを渡されることはあります。(ICT教育をしている場合は、対策問題を配信する学校はあります)

欠点といえば、予測していなかった問題が出ることもありますし、生徒が緊張して実力を発揮できなかったということで、何回も受験しなければいけないことはあります。

合否の原因は個人の問題なので、学校側でカバーできないことはありますね。

今後、大学入試についてどうなるか。まとめとして

「身の丈発言」からどんどんバレてしまった大学入試改革ですが、私は子供が通った塾で開かれた講演会から考えると5年の猶予はあったはず。

この5年間、実は全く話があやふやになっていて、今の高2の生徒や親御さん・高校・大学を振り回したことになります。

英語に関しては、外部英語試験の会場が全くないという県もあり、不平等になることは、すでに把握していたはずで、しかも特定業者が試験に深く関わっていたことは問題ですね。

その業者が、今の私立中高の教育にも参入していたので、学校側も今後も継続して利用していくかはわかりませんが、ちょうど転換期かもしれません。

これから、再度大学入試のあり方が見直しされますが、公平性がありこれから専門的なことを勉強したいという生徒さんが泣きを見るような受験はやめてほしいものですね。

スポンサードリンク

school_jugyousankan_parents
こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日、たまたまSNS上でバズっている記事を見かけたのですが、「?????」となる話が出ていました。

実際のツイートは、一個人の方のものですから公開は控えます。その中身は「親が公立中出身で子を私立中に入れると、子供の交際費がとんでもない」という話でした。そのあとは、話は延々と続いていました。

私自身、公立中出身で高校から私立高へいきました。確かに内部進学の子で派手なこと地味な子はいました。我が子(私立中高一貫校、中3・女子)はというと、派手ではなく、かなり地味です。

というわけで、私立中学・高校ってそんなに派手なのでしょうか?



学校自体が派手な校風のところはあります

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

見学会や説明会で、いくつかの学校を親子で訪問しましたが、建物が「ここだけ別世界!」という学校は確かにありました。

後から、その学校へ進学した子どもさんのお母さんや、塾の先生からの話で「あそこの学校は、しょっちゅう寄附金を求められますよ」「校則があるようでないので、自由奔放ですね」など話を聞くことはあります。

うちの子が通う学校はというと、目に見える部分は地味ですが、PTA会費が他校より高めということと、PTA主催の春・秋の遠足はありますが、学校からの補助金が少ないので、会費が高くて参加をしたのは1度だけです。(宝塚歌劇観賞会だけは行きました)

中学受験をする為にお金を十分かけられるという家庭は結構多いので、ご家庭の年収が非常に高いてことで、派手な学校はあります。説明会などで親御さんの服装を見ると、すぐにわかるし、持ち物も違うので、思わずひるんでしまいます。

学校外でのママ友付き合いや子ども同士の付き合いで大変な面はあり

38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_s

クラスでの食事会などの付き合いは、我が子の学校はもちろんどこの学校でもありだと思います。


我が子の学校での例では、授業参観や説明会など始まる2時間前に集合して、クラス内の食事会は毎回ありますね。毎回、その時のクラス代表のお母さん方がお店の確保をされていますが、会費が高めだったり、低めの設定だったりとばらつきはありました。

私は、「会食恐怖症」で誰かと一緒にご飯を食べると大量に汗が出て、つらくなってしまうので、いつも”欠席”にしていました。大人数だと無理で、気心のしれた方とだと問題はないのですが、いつも参加しているママ友さんに聞くと、「うーん、無理して参加する必要もないよ」と教えてくれました。

クラスでの悪評や学校に対する不満も出て、それを肴に話をするので、無理に参加することもないと思います。「参加しないと嫌われる」ってのは一切なしで、参加しないことで除け者にされることはありません。

実際に共働きでお忙しいご家庭など、参加しづらいご家庭は結構あるので、クラスでの食事会の参加は無理しなくていいです。

ただし、部活で「保護者会」が存在する時は、コンクールなどで衣装作りの手伝い、食事の世話などがあり、別途食事会があるので、お手伝いをしなければいけないとなると、多少は参加しないと困ると思います。

子ども同士の付き合いでは、確かに派手に遊んでいる子はいて、我が子も中1の時に「遊びに行こうよー!」と誘われて困ったことはありました。付き合うお友達次第では、お金の使い方が荒くなることはあります。

親御さんがコントロールする必要はありますし、子どもも将来のお金の使い方を考えるいい機会になります。

学校の雰囲気に飲み込まれず、独自路線でも大丈夫!

21e97afeec4c84ebda939cb983ebc676_s

前述した方のツイート内容はかなり長かったのですが、

  • 習い事をしているのに、遊ぶお金の方が高い
  • コスメやアイプチを欲しがる。カラコンも欲しがる
  • お友達からお金を借りている(服を買う為)
  • ブランドものの服を欲しがる
  • 遊ぶところが高い(とあるネズミさんのランドですね)
  • お小遣い制にしていない。必要な分だけ渡している。
という内容でした。冷静に読んでいると、「お小遣い制」をしていないというところに問題はあると思います。我が家は、2000円までとお小遣い設定をして、高校へ上がってからは、子供と話し合いをして、値上げするかは決める予定です。

女の子は、どうしても周りがおしゃれをし始めるので、思春期となると私たち親世代と違って中学生でもお化粧をしている子はいます。

私が私立高校時代でも、派手で遊びまわっている子は一定数いました。しかし、後々成績に反映されるので、子供には「適度に遊ぶのもいいけれど、遊びすぎもあかんのやで」と教えています。

派手な校風の学校でも地味な子はいますし、お化粧品やブランド品を買えるお宅は、それでいいのかもしれませんが、お金というのはいとも簡単に消えるものですから、おうちで「お金に関する教育」をする必要はあります。

親御さんがなんでも買い与えてしまう、言われるがままにお金を渡すということは、子どもさんの金銭感覚を育つことができないので、親御さんも「お金の教育」について考えていくのも大切です。

周りが派手でも、その家の金銭感覚で地味でいることの方が難しいかもしれませんが、後々子どもさんが大人になった時に助かるということもあります。

まとめとして。

049a5f265c24ce3c6c19420e80f7dedb_s

クラスの保護者会ランチでは、上級生・下級生、違うコースやクラスの情報は手に入ります。私は持病の都合で参加していませんが、自分の職業や年収など「探り」を入れられるのがいやでした。

そして、学校でICT教育の説明会の時に、ちょうどライター業まっしぐらでしたので、学校での設備面の質問をかなりしたので、よく子供からの言伝でパソコンやネット回線の質問がかなりきました。

親同士の付き合いはそれぐらいでよいのです。しかし、子供同士の付き合いは「お金の価値観」がまだ未成熟なので、自分の親がどのぐらいだせるかという意識はありません。それには「お小遣い制」をして、どこまで許せるかというのを、家で線引きしないとどこまでも「欲」は消えません。

思春期で「よその子のファッションやおしゃれが気になる」年頃ですが、大人でも「プチプラファッション」を楽しんでいる方はいるし、お肌が弱くてお化粧すらできない子もいます。

日頃から「お金の大切さ」ということと「周りに流される必要はない」ということを教えることは大切です。

今回は、女の子バージョンでしたが、男の子の場合はというと、少し女の子と同じ傾向に走ることはあると聞きます。日頃持つものや、コンサートに行きたがるなど派手な傾向が出てきた時に、話し合いとなりますが、男の子も女の子も今は案外「派手め」なのは確かなので、日頃からよくお金について話し合いをしておきましょうね。

スポンサードリンク


f82862a5b4e5e47b5a808cd73060f59e_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験もそろそろそろそろ説明会の量がピークになったり、ぼちぼち志望校を決めるなど、忙しくなることでしょう。居住地外の中高一貫校の受験は12月あたりに出てくるかと思います。

さて、我が子も中3になり、来年は高1で内部進学をする予定です。昨日、内部進学予定者の保護者向け説明会がありました。後日、生徒達にも説明会を行います。

内部進学ではどういう手続きをするのか?そして、一部では内部進学をせずに、外部の高校へ進学する子はいます。それはなぜか?中学受験をするご家庭もご一読いただける話です。



内部進学でもほぼ中学受験時と同じ流れ


a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

これは、子供の学校の流れを一例に紹介します。学校によっては一部不要になる場合はあります。

完全中高一貫や高校から入学できる学校に共通していえることは、一応高校入試を行います。(行わない学校も一部あり)

儀礼的なものでもありますが、そうそう落とされるということはなく、日頃の素行もよければ、そのまま内部進学となります。

我が子の学校では、12月に外部進学希望を申し出ない限り、高校から制服類が変わるので、採寸をし、1月はじめに入学要項・入学願書・入学金振込依頼書が渡されます。

3月に入学に関する注意事項や個人票の提出となります。

寄附金については、また納付しなければならないと思っておいてください。

授業料は、国もしくは自治体「私立高校の授業料無償化制度」が適用されます。これは、一旦授業料を一旦納めて所定の書類を提出して、そして完全無償になるか一部負担になるか変わります。しかも、入学後の手続きですので、授業料や諸費用は私立中学入学時とほぼ変わらないと考えておきましょう。

所定の書類提出後、後日還付か相殺となります。

高校1年生から気をつけなければならないこと

7541de3b6de80bef3a1a8485176d84f2_s


我が子の学校については、少し厳しい罰則はありますが、高校からは「義務教育」から外れるために、中学まではなかったことが行われるようになります。

  • 出席日数での評価
  • 成績評価方法と単位制度
  • 原級留置(留年)がある
この3点ですけれど、学校ごとに基準は違います。必ず確認しておきましょう。そして、高校生になると、海外留学で1年間出る生徒さんはいます。1年間空白の期間ができて、留年対象にする学校はありますが、「単位として認める」とする学校はありますので、高校から短期でも留学を考えているご家庭は、学校に確認しておくとよいです。

ちなみに、私の知り合いの子供さんは学校の1年間の留学制度を利用したのですが、出発前は「留年対象になると思っておいてください」と言われ出発しました。帰国後、所定のテストを受けたところ「留学中も継続して日本で習う学科の勉強をしていた」ということで、留年にはなりませんでした。

学校によって、どういう采配をするかはわからないので、留学制度は十分注意してくださいね。

内部進学せずに外部の高校へ行く子はいます


c09b14878e2932a39fd7d7d723c067bf_s

我が子の学校でも、何人か外部の高校へ進学する子はいると聞きます。私立中高一貫校へ合格しながら、も中学で退学する子もいますが、高校進学のタイミングで、外部に出る子はいます。

数多くのブログで、外部の高校へ進学した生徒さんのお母さんの声が紹介されていますが、

  • 学校の雰囲気になじめない
  • いじめや不登校問題で学校を変えたい
  • 超難解大学への進学を強く進めてきてしんどい
という声がほとんどです。

親御さんとしては、子供さんから「今の学校をやめたい」と聞いてびっくりされるかもしれませんが、ここはしっかり子供さんの意見を聞いてみましょう。

入学してから1ヶ月後に「もうなじめない」「いきたくない」と拒絶反応を出してしまう子はいます。大枚を使って中学受験をしたのにと、親御さんは納得できないかもしれません。しかし、実際の学校生活で、一番大変な思いをしているのは子供さんです。

じっくり話し合って、思い切って外部の高校受験をするのもよいでしょう。違う学校に変わることで、今まで伸びなかった成績が伸びることがありますし、新たな学校の校風があっていたということはあります。

気をつけたいのは、早めに担任の先生に「外部の高校を受験します」ということを伝えておくことです。内申書を用意してもらう必要がありますので、早めに伝えるのがよいでしょう。中には、意地悪をしてなかなか内申書などの書類を書いてくれないところもありますが、学校を選ぶのは子供さんなので、よく話し合ってくださいね。

まとめとして

高校へあがると、学校規則によって「停学処分」があります。何をしたかで停学処分の対象か、期間はどのぐらいか、調べておく必要はあります。

今は、スマホ関連で厳しく処分を下す学校がありますが、停学処分対象となった場合、将来の大学進学で停学処分を一度でも受けたことがあれば、「指定校推薦」が受けられなくなります。

内部進学で厳しい高校入試は避けられますが、高校へ上がってからは、中学より厳しい罰則があるということは覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

b68d016d09e071d27f67b9a83d78017b_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子が通う学校は、基本完全中高一貫校ですが、本年(2019年)から3ヶ年高校過程コースができたので、少々事情が変わってしまいました。

ですが、中学から入学している子と高校からの入学者とでは、指導速度が違うので、高校で同一クラスになることはまずないです。

その前に、どの私立中学でも問題視されているのが「不登校」で、入学してから不登校になる生徒さんが少しずつ増えはじめているとも言われています。

中高一貫校なら、上の高校へ行くことはほぼ強制ですが、どうしても「無理」となることは多いですし、高校進学後に不登校になるケースも出ています。

中学受験準備中に少しでも頭の片隅に入れておいてもいい話ですので、紹介しましょう。



いじめがらみというより環境になじめないケースがほとんど

7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s


過去に当サイトで私立中学校でのいじめ問題に関する記事を掲載しましたが、「不登校の子って結構いるよ」という子供からの話を聞いて、驚きました。その後、冷静になって、不登校から脱出したものの「高校は別の高校へ進学する」という子が、私の子供に打ち明けた話を聞きました。

協力してくれた子は、国公立有名大学の目指す理系コースに入り、部活も大活躍していました。
しかし、違和感を感じたのは中1の後半。徐々に学校での学習についていけなくなったこと、学力定価でご家庭でかなり叱られたことなど、複数の理由から、ある朝突然起き上がることができなくなりました。

学校へ行きたいと思っても、嘔吐を起こすなど体調に異常が出て、学校に通うことができなくなりました。病院で検査をしても分からずで、小児心理に詳しい病院を紹介してもらいました。

受診したところ、「学校と家での成績のプレッシャーでつらい」ということがわかり、カウンセリングなどを治療を受けて、中2で少しずつ別室授業ながらも、学校に通えるようになりました。

その子は、うちの子と同じ部活でしたので、部活が息抜きの場所になっていました。ところが、「高校はもうついていけないから、やめるねん」という話を聞き、他校を受験する準備を始めています。

昔は、学費問題が中途退学や高校への進学をあきらめるのが多かったけれど、最近は「授業についていけない」「学校になじめない」という理由から、不登校になることが私立校で増えつつあります。


親と子の間での考えに隔たりはありませんでしたか?

21e97afeec4c84ebda939cb983ebc676_s

我が家が3年前いえもっと昔になりますが、小4の時に「中学受験をしてみる?」ということは、子供とはかなり慎重に話し合いをしました。

塾に通い出してから、親である私は確かに「この子にはこの学校に通わせたい」という夢はありました。

実際に通塾を始めてからの成績を見ると、私の思いとは裏腹でお世辞にもいい学力ではありませんでした。子供の考えを聞いてみると、私の考えとは違い、将来の夢も全く違うものでした。

そこで考え方を変えてみて、成績面や学歴面アップだけを考えるのではなく、「学校で何をしたいか」「将来の夢につなげられること教育を受けられるところへ」という考え方に変えました。

小5以降から、塾開催の説明会は多々開催されたのと同時に、ぼちぼちと「通いたい学校」情報を集めてました。小6から見学会などに行きましたが、好き嫌いがはっきりしとした子だったので、本命と第2志望までにとどめました。

実は、小6時に小学校でのいじめ問題で不登校にさせて、親の私が学校側と交渉をしました。いじめられ方がひどかったからです。この時の対応は忘れることはありません。

結局、一番気に入ってた学校に合格・入学後に、結構中1から中2にかけて、学年が変わる時に退学者が出たことや不登校時は出ました。そして中3では「別の学校に行きたい」という生徒さんの話も少し伝わっています。

「私立は面倒見がいい」と言われていましたが、今は「高学歴者を出す大学・学部」への思考が強いのか、子供と親の意見の食い違いが出てくるタイミングが受験前ではなく、志望校合格・入学後に出てきて、親子で悩むということが多いです。

無理をさせると逆効果。環境や親の考えを変えると子供は変わる

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

不登校になる原因のひとつは「心が疲れ切っていること」です。自分に合わない世界で「頑張れ!頑張れ!」とむちを振るうようなことをされてしまうと、子供はとてもしんどいです。

子供の心が疲れているのに、無理に成績をあげようというのは、無理な話です。それでは、もっと成績を下げることにもなるし、「自分って一体なんのために勉強しているの?」という学校へいく意味も分からなくなります。

面倒見がいいという学校でも、最近成績の伸びが悪い生徒を見捨ててしまう私立校もあって、入試説明会などの話と食い違っていることが出てきています。実際、我が子の学校の「エリートコース」で、塩対応があって、コース変更を希望している子さえ出ています。

不登校をなんとか克服しようとして、学校へいくものの、クラスでの指導速度についていけず、別室指導を受けている子も結構います。それでも自信を取り戻せない子はもちろんいます。

親としては、せっかく頑張ったけれど「自主退学」や別の学校に通わせるということは避けたいでしょう。

しかし、子供の気持ちを考えると、仕方のない対応を取らなければいけませんん。

不登校を続けさせるというのはよくありませんが、様子を見ながら、違う道を歩かせるということはできます。

最近注目されているのが、「フリースクール」です。中学は義務教育期間なので、フリースクールに3年間通うとしても、高校からがどうするかになります。

高校は義務教育過程からはずれるので、将来大学に通いたいとなると、大卒認定を受ける必要があります。

最近のフリースクールは、大学進学を希望している子供にも対応できるようにしていますが、「フリースクール」が不登校の子供を救えるかというのはというと、断言はしにくいです。

どうしても外へ出ることができない子もいるので、通信制で大卒資格をとるという道もありますし、もっと子供にあった道は調べるとたくさん出てきます。

大学入学がゴールではなく、成人して独り立ちできるまでが「まず学生時代の一旦終了」です。遠回りになっても構いません。

「自分が求めることを勉強できる。通いやすい環境。」を親も考えてあげて、一緒に見つけていきましょうね。


まとめとして

実は、今日から我が子の学年は修学旅行に3泊4日で出かけています。
帰ってくれば、進路についての調査が入ることになっています。修学旅行中は楽しいけれど、本当は心の中で葛藤している子もいることでしょう。

帰ってきてから、相談するということになるご家庭はありますが、修学旅行中だけは思いっきり楽しんで笑顔で帰ってきて欲しいですね。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ