google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

入試関連

bce0458888e6445b3aa5a7c86cb17936_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験が終わり、関東圏内の都内23区内の学校も完全に終わりました。そろそろ、採寸や合格者集合日などがあって、進学する学校へよく出向くことが出てきますが、親御さん側でよく手続きを忘れていることがあります。

今まで公立小学校に通っていた子供は、自動的に校区内の公立中学へ進学するのを前提として、市区町村役場から「就学通知書」が中学受験前もしくはもっと早くに自宅に届いていることでしょう。

もし、国立・私立中学へ通うと決定した場合は、「就学通知書」を返却しなければいけません。忘れていると問い合わせの電話が入るので、この記事を読んでいて、気づかれた方は急いで手続きをしてくださいね。



持っていくものは事前確認。

希望していた学校に合格して、進学決定後に「入学許可書」が他の書類と一緒に発行されます。

「入学許可書」がなければ手続きができませんので、もしもらい忘れがあれば、進学先の学校に発行をお願いしてもらいましょう。

あとは手続きに必要なのは、役場から届いている「就学通知書」です。

場合によっては印鑑が必要になるので、念のために持っていくことをお勧めします。

我が家の場合は、進学先で発行された「入学許可書」と「就学通知書」と印鑑が必要と問い合わせた際に聞き、市役所内にある教育委員会へ出向きました。


手続きは至って簡単。

教育委員会の方に「私立校にいくことになったので就学通知書を返却したい」と申し出れば、すぐに持ってきた書類を元に、手続きを始めてくれます。

おそらく手続き自体は5分程度で終わります。

我が家の場合は、進学先の「入学通知書」の原本は教育委員会で保管、コピーを取って控えとして私に返却されました。
就学通知書はその場で回収されて、所定の用紙に住所などを記入し、印鑑を押して完了しました。

そう難しくない手続きなので、進学先が決定してからすぐに行いましょう。

もし提出を忘れていたら!問い合わせの上、すぐに提出

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

市区町村によっては締め切りを設けている場合もあります。入学説明会の都合もあるので、どのぐらいの生徒さんが入学するか、公立中学でも手続きが必要です。

そのためには、国立・私立中学へ進学する子供さんは、就学通知書を返却しなければ、地元の中学にくるものとカウントされて、入学説明会にこなければ「どうしたのだろう?」と問い合わせが入ることになります。

3月は突然の人事異動などがあるので、住所変更を行うご家庭もありますが、進学する学校が公立ではないとなると、手続きが変わってきます。

もし、今も手元に就学通知書がある場合は、一度市区町村役場の就学課もしくは教育委員会に問い合わせの上、返却できるか確認してください。

罰則はありませんが、公立中学校側にご迷惑をかけることになるので、速やかに返却をして、入学許可書の提示をお願いします。

まとめ。他にも忘れていませんか?確かめてみましょう。

受験が終わってほっとしているところですが、意外と細かい手続きが漏れてしまうことは多いです。

私はというと、就学通知書を返却してから、学校への合否合格と学校長へのお願い事項の手紙の引き渡し(6年間の学習記録などの引き渡しなど)をお願いに伺いました。

我が子の受験は、実はいじめが絡んだ上での受験で、11月から不登校状態にしました。内申書なしで受験できましたし、就学通知書は返却していたので、小学校側は唖然としていました。

就学通知書の返却はあっという間に終わりますが、後々役場から問い合わせが入ることを考えると大変です。もし、手元に就学通知書が残っていれば、速やかに返却して、入学手続きを進めてくださいね。

スポンサードリンク

fab38c22c2011f8f0defc9d973de82c9_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ネット上では、有名塾や中学受験コンサルさん、が各私立中学の合格実績人数を発表しています。その中で、中学受験を支えてきた親御さんのブログで、毎年のことながら最終結果を発表しています。

今年、一番気になった言葉があります。「こんなに受験したのに○勝○敗だった。」と子供の受験を将棋か何かの戦いのように表現していることでした。

中学受験とはそういう性質のものでしたでしょうか?子供さんは、将棋のコマだったのでしょうか?

おそらく、今後の中学受験ブームを考えると、この手の考え方が染み付いていく恐れがるので、これから受験を考えているご家庭に、「中学受験とは?」と問いかけ、考えていただきたいです。



中学受験を「戦い」に例えるのはやめましょう

05891a27c89fe9c35153a3c61ad44f0a_s


もし親御さんが「中学受験は複数校、合格が可能な学校を受験させる」と考えているなら、少し考え方や教育費を異常に使っていることに、気がついていてみませんか?

中学受験が全てではなく、ただ公立中学とは違う教育を受けさせたいという「親心」から生まれたものではないでしょうか?

中学受験を考えた時、子供の将来を心配して「私立中学ならよい教育を受けられる」と期待して、受験を始めたという家庭はあるでしょう。

私が住む関西圏は、受験数が大きくならないようにという配慮から、解禁日は統一されていました。まれに、かなり優秀な生徒さんは、関東の有名校を受験しにいくいことはあります。

受験校が多ければ多いほど、そして「いい教育を受けさせたい欲」が高まると、受験を「戦い」という塾や親御さんが生まれるのでしょう。

それは、大きな間違いだと思います。

子供にも人格があれば、進路を選ぶ権利はあります。その反面、子供は自分が行きたい学校については、まだまだ小学生ではわからないから、親御さんの言われるままにという部分もあります。

学校見学をして気分が盛り上がり、あそこもここもと受験したくなって、ついには親御さんも中学受験の独自ワールドに引きずり込まれます。

塾側も、各年の受験校実績を上げるために、無理な受験を勧めることはあるので、受験校が増やす考え方はあります。

有名中学に合格させたい。その気持ちは、私も理解できますが、子供が行きたいという学校は、子供に選ばせる権利があり、親も冷静になって子供が耐えうる受験校数を選択しないと、親子で精神的に疲弊していきます。

子供は「戦いの道具」と表現するのは、おかしくありませんか?

親のシナリオと子供のシナリオをは違います

親が子供の中学受験に対して、勝敗をつけてしまうのは、同じ中学受験のご家庭に対する牽制やマウンティングではないだろうかと思われます。

冷静に考えて欲しいのは、「中学受験を目指した理由はなんだったのか?」ということです。

最初は「公立よりいい教育を受けられる」という期待から、少々難しい有名塾や個人指導などを選択して、挑戦したはずです。

気がつけば、周りの親御さんの目や、他の子供さんの成績にイライラして、受験校をどんどん増やしていく要因になったのではないでしょうか?

特に、関東圏は情報を得る限り、有名大学と直結している付属中高が多いし、教育の質が高い、そして近郊にも有名な学校があります。

地域での様々な格差が広がるのは、お金や仕事も含まれますが、教育も一極集中型になっています。

一極集中型になれば、親が考える進路のシナリオに幅は出ますが、子供さんが考える将来のシナリオは違います。

そのことに気づいてあげましたか?もし気づいていなければ、子供にとって、今後不幸になるかもしれないです。

これは経験談。子供には受験の勝敗は関係ない。その後の生き方で変わる

これは、私の娘の小学校時代のお友達が、別の学校に中学受験をして、日程を調整しながら、最大3校受験したという話です。

国立大学付属も受験し、日程を変えて受験をしましたが、全て落ちました。

それから、卒業するまでしょんぼりしていていました。卒業後、地元の公立中学に進学しましたけれど、私の娘をボコボコにいじめた子達が一緒に進学し、心がぽっきりと折れて不登校になりました。

時々、娘とは他の友達と会っていましたが、結局不登校がひどくなり、フリースクールへ通うようになり、高校過程もそのフリースクールで過ごすという話でした。

我が家の場合、同じ子達にいじめを受けて、私から自主的に不登校にさせて、なんとか合格できたけれども、入学後は厳しい現実をみてきました。

優秀な生徒として特待生待遇に入学しても、今では特待生から外れて落ち込んでいる子、学校の方針が突然変わって、ついていけずに進級時にやめた生徒さんは多々います。

中学受験の勝敗という表現がおかしいというのは、受験には「勝敗」という文字は相応しくなく、親御さんには子供を将棋の駒のように表現して欲しくないのです。

まとめとして

中学受験は、本来は不必要なものかもしれません。でもなぜ受験させるかというと、その地域の公立中学では教育面に信用をもってのことでしょう。

しかし、現実の私立中高一貫校は、そう甘くはありません。かなりの有名中高は自由な校風というところはありますが、勉強面に関してはシビアです。

子供さんの思った現実とのギャップでやめてしまうということはあります。
私の子供も、最初は戸惑ってイライラした日はあったし、今高校進学時の話で「そんなの聞いてない」ということが出てきています。

私立だから公立だからというので、子供の人生は将棋盤にある駒として考えてはいけません。子供には子供の人生がある。それを見守るのが、親の役目だと考えています。

これから、中学受験を考えている親御さん、どうか子供に対しては「様々な選択肢があること」を教えた上で中学受験に取り組むように、一緒に歩いてください。


スポンサードリンク

8ce475a6608f4da64386d358c4ceb4c7_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日あたりまで関東方面及び都内23区の中学受験が終了して、受験倍率や合否発表が行われているはずですよね?

我が家は、来春から関西の私立中高一貫校ですから上の高校へ進学しますが、関西の受験情報は入るものの、地方の受験情報は一切入りにくいのです。関東方面の情報は一切入りませんし、よくネットで公開されるのは、関東方面ばかり。

私がライターとして教育系を書いていた時も、東京方面の記事が最優先されて、「関西系はねぇ、困るんです」と嫌われてしまった思い出はあります。(全国版でも通じる記事は大丈夫でした)

地方の方にとって、都内の中学受験事情は参考にならないとお考えの方もあることでしょう。
最近になり、みる目が変わってきたので、少しでも今後の中学受験の為に、知り得た範囲内ですが、関東の中学事情ばかりの記事について、解説します。



2020年の関東方面の中学受験事情

有名教育サイト及び新聞(ネット版)をみると、老舗でかつ超難関校と呼ばれる学校の受験倍率は変わらなかったようですが、目立つほどではないというものの「有名大学付属」の中高一貫校の受験が増えたとは言われています。



開成などの超有名校はこのサイトではわかりませんが、SNSでの情報を分析していると、今までの受験選定の考え方が変わってきているのが、ちらちらと見え隠れしました。

都内23区からでも、通学が便利な路線にある学校なら、東京近郊の学校を受験した上で、2月の受験にチャレンジしているのは、もうかなり前からです。

今年見られた「有名大学付属」中高一貫校の受験率が上がったのは、大きく揉めた「大学受験改革」への不安からだと予想されます。

有名大学付属生であれば、内部から進学する場合、一般性とは別枠の入学枠があります。内部進学でも試験はありますが、一般性よりはやや緩め(結構厳しいところはもちろんあり)です。少しでも大学受験改革で子供に不利益を与えない為の苦肉の策です。

問題なのは、地方にはない魅力を持つ大学(国公立は別)が東京に全て集中していて、付属中高があれば、地方の子供にとっては不利ですよね。

情報はないし、有名市立大学が少ないのに、優秀な子を東京に出してしまうと「地方の学力低下」には繋がると考えられます。

東京都も動いた。都内の大学の定員増の禁止!

実は2018年5月に、国側も「これはまずい!」として法律でもって大学の受け入れ定員増の禁止を通過させて、10年間都内23区の大学の定員増を禁止しています。



理由としては、東京都内の大学に地方からの学生を一極化させることは、地方創生の妨げになりかねないとし、東京都内の学生を地方大学にも分散させる目的を持っています

平成30年から10年間という期間限定ですが、都内の有名市立大学に地方からの受験者を分散させる効果はあります。地方にも有名市立大学はあります。ところが、地方の私立中学一貫校としては、東京の有名大学を狙わせている傾向はあるので、地元の有名市立大学にも目を向けてもらえるいい機会です。

実は、地方の私立大学で専攻が何にせよ優秀な大学はあるので、政治でも教育でも一極集中は危険だと国も感じているわけです。

地域でも公立中高へ進んだ方がいい場合もあり!

「中学受験させなければ、いい高校や大学へは無理!」と心配しているご家庭はあるでしょう。

「いい高校・いい大学」ルートを考えているのは、親御さんばかりではありませんか?
子供さんの希望や夢を話し合ったことはありますか?そして地元の教育環境を調べましたか?

実は、地域によっては中高は公立での指導がよくて、中高一貫の私立校の受験比率が低いところはあります。公立へ進学すれば、塾通いをしながら高校・大学受験対策をしなければいけませんが、教育費のコスト面からいえば、私立中高一貫校と同じぐらいかやや低めに抑えることはできます。

中学受験は、通塾先がかなり有名なところになれば年間100万円という塾は少なくありません。それを平気でできる所得層となると限定されます。

私も、子供を受験させて今は上の高校進学の準備をしていますが、地方でも各家庭の所得差に驚きはあります。しかし、地元の公立中高へ行かせるのはリスクがあったので、私立の中高一貫校へ通わせています。高校になれば、私立高で助成金で救われるので、その間に大学進学に向けての資金作り期間が生まれます。

まとめとして。結局は大学進学時にはトントンなのです

読んでみて、腑に落ちない方は当然いるでしょう。

実際に、私立中高一貫校の学費と公立中高進学で必要な学費類を比べてみると、実は教育費のかけ方次第ではトントン(同じぐらい)になり、大学進学時に実は同じぐらいの金額を使っていたということになります。

確かに私立中高一貫校へ我が子を通わせていて、富裕層の家庭の子はいます。我が家は富裕層でもなく、一般的なサラリーマン家庭なので、今学校からきている留学制度の案内に戸惑っています。

どこでどう教育費をつぎ込むかは、各家庭の収入や援助が関わってきますが、最終的には大学進学時にどうなっているかですし、高校までの就業中にどういう経験をし、どんなことをしてきたかで、その子の人生は大きくかわります。

最終、大学進学を国内でするか国外でするかにもよりますけれども、最終進学先でどれほど使うかを小学生のうち、もしくは遅くとも中3には考えておき、資金を用意しておくことが大切ではないかと思います。

これは私の同級生の話になりますけれど、付属中学・高校に入学できたのに、大学は上の有名大学にいけず、かなり格下の大学にいきました。もちろん中高は有名大学です。必ずしも有名私立中高にいけたとしても、中高時代に学力をしっかりしなければ、どういうことになるかということは、どこかの片隅においておいてくださいね。

スポンサードリンク


74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中国・武漢で大流行していた新型コロナウイルスが日本でも見つかりましたね。そして、発症している人がいるという報道も出ています。

武漢からチャータ便で帰国している人の中で体調のすぐれない人がいるという報道もあります。

私が住む地域は、人から人へ感染した奈良に近いところなので、第一報が入った翌日にはマスクは品薄状態となって消毒液もあまり在庫がないと店員さんも話されていました。

ちょうど、2月1日が東京都内やその周辺地域の私立中高一貫校の受験日のはずで、どう受験まで体調管理をするべきかと戸惑っていることでしょう。

もう間もなく本番に入りますが、すでに対応されているご家庭もご一読いただければと思います。



思い切って学校を休ませて自宅学習でもよし

すでに、インフルエンザやコロナウイルス対策で、学校を早めに休んでいる子供さんはいるとは思います。

本来はギリギリまでいくのがいいのですけれど、今回は、インフルエンザとコロナウイルスのダブル攻撃なので、症状も発表されていますが、人混みにいくのはあまりよくないと言われています。

特に、小学校にいくと罹患しやすい状況なので、毎年のことながら、受験本番前1週間前には休ませている子供さんを休ませているご家庭はあるものの、今年は休ませた上で自宅学習でも構わないです。

通っている各塾からも、受験までの管理について、連絡がきているとは思いますが、本番当日に発熱して、その学校が本命だったとすると、悔やみきれないことですよね。

中学受験に対して寛容な学校や担任の先生なら、中学受験でのおやすみは許してくれるはずですし、塾側も通塾時に人混みを歩くのは危険と判断するので、それなりの対応はするはず。

今年は、特殊ケースですので、学校を休ませてもよいですよ。

マスクと消毒液が品薄。手洗いとうがいだけでもしっかりと

私がいる関西圏でも、すでにマスクと消毒液が品薄状態で、在庫がないというお店が続出しています。

子供がもともとアレルギーもちなので、普段からマスクは着用しているので、買い占めに走られてしまうと困るので、なんとか店頭にあるものは購入しました。

お洗濯ができるマスクも売られていますが、効果の方ははっきりしたエビデンスが出ていないので「買わない」方がいいかもしれません。

もし、マスクや消毒薬が手に入らない場合は、石鹸での手洗いとうがいだけでもしっかりするようにしましょう。

これは、家族全員外出した時に必ずしましょうね。

自学学習に切り替えても人混みは避ける

どうしても、塾側から「塾においで」と連絡があるかもしれませんし、通っている子供さんもいることでしょう。

通塾手段を変更(家族の車での送迎など)に切り替えるのもひとつの手段ですよね。それができないと言う場合は、通塾ルートを変えて、なるべく人混みに入らないようにしましょう。

私の子供が中学受験をした時、塾の入り口に消毒液が設置されたのを覚えています。
今年はさらに厳重な対応を塾側はするはずですから、ご家庭でもできることを考えてみて、行動してください。


まとめとして

今年の東京都内およびその周辺地域の中学受験は、かなりタイミングが悪かったとは思います。

実は海外旅行客のゴールデンルートが東京をスタートとし、次に大阪や京都、北海道へといくと言われています。

もしかすると、これからが東京での罹患者がでる可能性はありますが、十分な対策をしていれば、大事にはいたりません。

今が一番心配な時期ですが、子供さんの体調管理には十分気をつけてください。

もし、風邪っぽい症状が出ていて、せきなど判断が難しい場合は、かかりつけ医もしくは自治体の保健所や厚労省コールセンターへ連絡してください。



では、本番まであとわずか。十分体調管理には気をつけてください。

スポンサードリンク

1a4393f4128e5398155d047e47b569fb_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


中学受験に混じって高校受験・大学受験がスタートしていますね。実は私自身もある資格の受検生として、シャープペンシルと消しゴムと電卓を武器に試験問題と戦っていました。

昨日(2020年1月26日)は、英検の1次試験も開催されたようで、我が子は学校側が強制受験としていたので、受験してきました。

私が受検した資格試験は、毎年意外な問題が出題されることが多く、受検生泣かせです。どれだけ受検本番までに情報を仕入れていたか、実際に一度でも問題を解いているかが鍵になります。

これは、中学受験でも当てはまる話ですので、事前にご存知かもしれない話も含め紹介しますね。



何年も出題していない単元が出ることがある!

俊英社やその他会社から、各学校の過去問題集は販売されていて、ご購入された方は多いでしょう。塾側からも購入するよう指示が出たところもあるはず。

我が子が使った過去問題集は、過去6年間の出題問題が収録されていました。入試説明会では、各教科の出題傾向を教えてくれるというサービスぶりでした。(これはある意味ブラック校が、生徒を集める手口でもあります)

ところが、過去問題集で念入りに解いていたはずで、受験校の出題傾向がほぼ変わっていないと分析していたのに、予告なしで出題傾向を変えることはあります。

よくありがちな科目は、
  • 算数
  • 理科
と理系科目で今まで数年間出題傾向を変えなかった学校が、いきなり出題内容(単元)を変更してくることはあります。

社会でもまれに変更される場合はありますけれど、出題パターンを変える理由としては、「いつもバランスよく勉強しているよね」と試したいというのが、学校の本音です。

特に算数や理科は定理や公式を覚えていれば解ける問題を出します。

けれども、基礎部分がしっかりできているか、幅広く勉強をこなしてきたかを知りたいわけで、優秀な生徒を確保したいので、わざとアットランダムである年だけ定番問題が消えることはあります。

社会でも、普段から新聞などでをしっかり見て、社会問題や政治事情などを知っているかを知りたいということはあります。ですから、勉強漬けの子供さんよりも「いろんなことに興味をもつ優秀な子」が欲しいというのが、超難関校で見られます。

特殊なテストで苦手科目を避ける傾向も出始めています

character_program

すでに入試説明会を聞いて、対策をして受験したご家庭はあるかと思いますが、最近小学校の授業で「プログラミング」の授業を取り入れていることはありますか?

今後は、小学校の授業内容に添いながらも、小学校よりもより難しい内容で「プログラミング」をテスト科目とする学校は出てきます。当然ですが、英語も必須科目になっていますから、すでに「英語」が受験科目に入っている学校は更に増えて行きます。

ただし、子供でも「苦手科目」というのがあって、受験前日まで不安感が残るということは多々あります。塾でもテスト結果次第で、リスクを減らす為に苦肉の策はとるはずです。

一部の学校では、ある科目を廃止するか置いておいたままで「小論文」を書いてもらうテストを導入しています。

私が知る学校では、特定のコースで算数との選択科目として小論文を取り入れている学校はあります。

私の住む地域の中学校の出願状況を新聞で見ましたけれど、入学するかどうかは別として「万が一の滑り止め」に小論文を導入している学校への出願倍率が異常に高かったのは見ました。

苦手科目を抱えながら受験するより、安全策を取って受験するというのも、あらゆる受験に共通することでしょう。


え?! そんな馬鹿な! YouTubeで活躍する先生が救うというケースも

最近は、YouTubeなどの動画配信が注目されていますが、いろんなジャンルがある中で、実は資格勉強系の動画配信の他に受験対策の動画配信をしている方が増えています。

有名塾に在籍していた先生や元教員といった方が、配信しているチャンネルが増えて、私自身もある先生の動画配信で、昨日チャレンジした試験で前々日に見ていたことがばっちり出て驚いたぐらいです。

塾の先生の解説だけで少し不安があるという受験生はある一定数いるはずです。
たまたま、私がいろんな教育系の動画配信を見ていたのですが、超有名中学向けの試験対策を配信している先生がいました。

もちろん、某有名塾に在籍していた先生で子供がつまづきそうな分野を熟知している先生でした。今時の利用方法にはなりますが、YouTubeで塾ではできない不安要素を取り除く「お守り」として見るといいでしょう。

注意したいのは、動画配信ばかりに便りきらず、指導してくださっている先生の話は無視しないということで、上手に活用してみてください。

まとめとして。今後はどんどん変わる!

さて、今度は2月1日からが都内の中学受験がやってきますね。

おそらく、全国的に報道されるかもしれませんが、都内の中学受験を見ると、今後の傾向はくっきりと出てくることでしょう。

これは余談になりますが、昨日英検を受検してきた私の子供の話では、英語に対する事前調査があったと聞きます。例えば「今までに海外へ行ったことがあるか?」など、渡航歴などの質問があったと聞きます。

日本の英語教育については、来年実施予定だった大学共通テストが延期になりましたけれど、英語に対しての教育や中学受験の対策は低年齢化するものとみられます。

今まで通用してきたことが、通用しないということが見えてきていますけれど、私個人の考えとしては「慌てすぎると痛い目にある可能性はある」と言いたいです。早期教育はいいのですが、自分が住んでいる国のことや、子供それぞれが持つ個性・特性は違います。

じっくりと子供さんと見つめあいながら、「この子にはどういう教育が必要なのか」とじっくり考えて、子育てを楽しんでください。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ