google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

食事

IMG_1310


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

そろそろ、中学受験を乗り越えて、希望の私立中学に入学する子が、入学式を迎える頃だと思います。ご家庭では、無事に子どもさんが通学できるか、学用品の用意などで心配や親としても新しい生活リズムに馴染めるかと、ドキドキしていることでしょう。

我が家は、この4月から中3になり、今後の進路(高校進学など)を考える時期に入り、新入生時代を思い出します。

さて、うちの子は、基本お弁当でないと困るという子で、学食はありますが、ほとんど利用しません。私の体調が悪い時か、土曜日に特別講義などで居残りをする時に、学食で売られるパンを買って持ち帰るか、通学路にあるコンビニで食事を購入しています。

さて、私立中高生の食事事情ですが、説明会でもお聞きしているかもしれませんが、実情はどうなのかを我が家の例と一緒に紹介します。



私立中学校・高校でも給食導入をしているところはあり

私立中高一貫校(高校からの編入も含む)について、「家からのお弁当でお願いします」という指示を受けている学校も多いかもしれません。

我が子の学校は、「1ヶ月間はクラスメイトや学校生活に慣れてもらうため、学食利用はGW明けから」というルールがありました。

我が家から学校まで通学1時間なので、早朝5時に起きて、朝食とお弁当の準備で大変でした。

IMG_1309

もう、1ヶ月間は親の私が泣きそうになりましたが、おかげで早朝のお弁当作りの段取りはこの2年間で、慣れてしまいました。

インスタグラムで「塾弁」というハッシュタグをみかけましたが、毎日早朝に作るお弁当となると、手の込んだおかずはなしですね。子どもにも、クラスの友達とお弁当のおかず交換会の話を聞きますが、唐揚げであったり、ハンバーグなどで、我が家の「のり入り卵焼き」は人気ありでした。

公立中学には、国からの補助金制度があり、給食費は自治体と保護者で折半するのですが、私立校は国からの補助金制度がないので、自然と「お弁当」という流れになります。

文部科学省で「平成30年度学校給食実施状況等調査」によりますと、国公立および私立中学において、10,151校を対象に調査したところ、89%が給食を導入していると発表しています。

ここで、気にしてほしいのは、調査対象に「私立中学」も含まれていることで、私立中学でも給食を導入しているということです。

給食実施には共働き家庭にも配慮しているということも

どの学校で給食を実施しているかは、個人で調べぬくことは難しいのですが、「エデュナビ」独自で行なった調査によると、東京で19校実施しており、大阪では週1で「ビュッフェスタイル」で一部学校負担で給食を提供している学校があります。(2017年調査ですので、実際はもっと増えている可能性はあります。詳しくは、学校にご確認ください)

※参考:エデュナビ「実は気になる!私立中高一貫校の『給食・お昼事情』」

我が家は、主人は会社員で私は「物書き業」で、半共働きになりますが、家での仕事が基本ですから、食事の用意は、気分転換がてらにできるということになります。

しかし、まれに父子・母子家庭の子どもさんとなると、お弁当を親御さんが作るのが負担になってしまうということもあって、バランスの良いお昼ご飯を提供したいという流れもあって、給食導入をしている私立中高は増えつつあります。

学食についても、今まで食堂がなかった学校でも、おしゃれなカフェテリア風の食堂を作って、低価格で食事を提供しているところはあります。

食堂で提供している食事を、教室に持ち帰って食べられる学校もあり、値段もリーズナブル(300~400円代)と、味もよいという学校もあります。


我が子の学食については、中高生全員で約1300人在籍しているのですが、食堂の広さが2教室(1教室40人収容と考えて)分しかないため、大変混雑して、味もよくないということから、学食の改善申し入れをしています。


基本、お弁当を作れる体制は保っておいた方がいいかも

子どもさんの昼食については、それぞれのご家庭で思うところはあるとは思います。私も、できれば子どもにはお弁当ではなく、学食を利用してほしいと言う時はありますが、「学食の食事がよくない」という事情であれば、お弁当は用意してあげた方がいいと考えています。

特に、入学したての4月は、食事タイムで友達ができやすいので、4月だけでもお弁当を持たせてあげるとよいでしょう。

体調がすぐれない時は、学食が利用してもらうしかないのですが、学校側では、4月の入学ほやほやの時期に、学校生活になじんでもらうような工夫をしています。
遠足や校外学習で用意しなければいけないというのもあるので、いつでもお弁当つくりに戻れるようにしておくとよいでしょう。

夏場、さすがにお弁当が痛みやすくなるので、持ち込みを禁止する学校もあるようですが、お弁当作りは、学校からの指示に添いながら、無理せずそして頑張らずで、乗り切ってください。

私も、4月9日からお弁当作り再スタートです。

スポンサードリンク


a8b2eb9d44013605c8a27b5f6ec50052_s

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@kyusaiwaker23)です。

我が子は私立の中高一貫校に入学していますが、毎朝と前日の夜に悩むのが「お弁当」。
学食はあるのですが、「おいしくないからいやだ」と完全拒否です。

通学路にコンビニがあるのですが、行きも帰りも寄り道禁止なのでコンビニ弁当も買えず、
どうしてもお弁当作りが辛い時は、学食で食べるか、購買部のパンを買うようにお願いする時は
あります。

受験前に何校か見学して、おしゃれな学食のところもありましたし、学食がない学校もありました。
さて、私立中高一貫校のお昼事情はどうなんでしょう?



私立校でも給食を実施しているところはあるんだけれどね

私立校に通わせているご家庭のお母さんが全て専業主婦というわけではありませんし、ご父子家庭もあります。共働きの家庭もあれば、お母さんが病気の家庭もあります。

公立中学校では、給食実施校は多数ありますよね?
国からの援助があって、給食費は自治体と家庭からの折半としています。
自治体(教育委員会が考えることになるでしょうけれども)が、「食育」ということで、
給食実施をせずに、お弁当を持たせるという考えのところもあります。

反対に、私立校は国からの補助がないので、お弁当を作るか学食で食べるなどの選択肢に
なります。

一部の私立校では、共働き家庭などを配慮して給食を実施している学校はあります。
関東方面のごく一部の学校で給食を提供している学校はありますが、まだまだ全国区に
なることはないようです。
(給食の実施については、各校にお問い合わせをお願いします。)

我が子の学校の場合は?

IMG_1310

うちの子が入学した学校は、お弁当持参・学食利用・学食で売られるお弁当・購買部のパンはOKとなっています。

ただし、入学したての4月が辛かった!

なぜかというと、中高一貫校で生徒数が多く、毎年中学部と高等部で学食利用について
もめることが多いということと、教室で食事をすることで、クラスメイトと交流関係をお昼ご飯時に
深めるということで・・・

1ケ月間は、お弁当持参でした!

しかも、学校ルールで、朝に通学路のコンビニでお弁当を買うということができず、もしコンビニ弁当を持ち込みしたくば、前日に買ったものをお弁当箱に入れてくるようにという、
「なんじゃこれ」ルールでした。

入学1ケ月を乗り切れば、子供も上手に使い分けをしてくれました

とにかく、4月中が一番辛かったです。

中2に進級した今もお弁当作りをしていますが、毎日の話なのでなかなかお献立に悩むのです。
母親も大変な1ヶ月でした。

しかも、キャラ弁なんて通用するのは、小学校低学年まで。
小学校中学年以降は、キャラ弁はさすがに子供は嫌がるかなぁと。
(遠足の時に実際に試したら、あからさまに嫌がって怒られました)

今は、便利なものがたくさん出ているのでフル活用です。

お弁当箱は最初はおしゃれなのを好んでいましたが、徐々に好みが変わって、
今は家電量販店で会員サービスでもらった2段のお弁当箱を使っています。

IMG_1306
小学校までなら、紙のおかずカップでもいいのですが、毎日のお弁当作りとなると紙のカップは勿体無いということで、写真のようなシリコン製のおかずカップを使っています。
油物やお野菜を入れる時に、大活躍!

私が買ったカップは赤とオレンジと黄色・緑とカラフルでして、様々な大きさのものを購入しました。

IMG_1308

これがないと、本当に毎日のお弁当作りを続けるなんて無理!

冷食の存在は偉大!

これは、ナポリタンスパゲッティですが、他にもお弁当用の春巻きやひじきの煮物など買って活用しています。昔なら冷食を使いたがらないお母さんもいたはずですが、電車通学で学校まで1時間かかるので、
私もさすがに使うしかないというわけで使っています。

幼稚園や保育園では、いろいろとお弁当のことでいろいろ指導が入るようですけれども、
中学校に入ってからはそんなことは言ってられないです!

IMG_1307

中学生になると、好みもありますが写真のようにざっくり盛り付け。
おにぎりの子もたまにいますが、とにかく時間との勝負なので、ふりかけをかけるか写真のようなゆかりご飯にしたりしています。

夏場は暑さでの腐敗が気になるので、家で漬けた梅干しを入れてやったり、保冷剤を使っていますね。

IMG_1309

今日のお弁当は、こんな感じ。

私が気をつけていることは、
  • 冷食は使うけれど、ひとつだけでも簡単な手作りのおかずを入れること
  • 少量でもお野菜は入れてやる
  • フルーツを入れてやる
さすがに体調不良で手作りおかずを入れられない日がありますが、「それは悪いことではない」
割り切っています。

子どもが一番の理解者で、「冷食でも十分おいしいよ」と言ってくれるからです。

中学受験時にお弁当を持って行く日がたまにあったし、持病を持っていることを学年が上がるごとに
詳しく知っていったせいか、たまに詰める時のお手伝いもしてくれてありがたいです。

自分のために作ってくれるということが、子どもには嬉しいようですね。
4月中に友達が固定化されるので、5月以降はいろんなグループでお昼ご飯をとるように
なっていきました。

学食が充実している学校もあるんだけれど・・・

入試説明会や見学会でびっくりしたのは、学食の充実度が学校によって大きく違うということでした。

最近の子ども達の要望に答えて、以前は学食がなかった学校がとても素敵なカフェテリア風な食堂を
建てていたり、メニュー数が多くて美味しそうな献立の学校だってありました。

我が子の学校の場合、中高一貫校で合計約800人の生徒さんを抱えているのに、学食を覗きに行くと

ちっちゃ!

の一言なんです。

広さでいえば、40人程度の教室2つ分の広さで、メニュー表を見ると都会のど真ん中の学校なのに
あまりメニューが豊富じゃないんです。

中高共通での使用で、広さが狭い学食では毎年もめるケースがあって、我が子と友達や他のクラスメイトもなるべく学食でご飯を食べないようにしていると話していました。

それと、ミートスパゲッティーを食べた時に塩辛くてつらかったことや、友達が学食で売られているお弁当のご飯を食べてみて固いとぼやいたことなどを聞くと、これは学食運営を委託している業者に問題があるとみました。

安さで勝負の世界なので、どうしてもいい加減になってしまうのかもしれませんが、せっかくのお昼ご飯なので、改善して欲しいところですね。

そうやって、他の学校で古い歴史のところは、最近の子どもさんやご家庭事情などを考慮して、学食の改善を進めているところが増えているので、我が子の学校も改善されるでしょう。


まとめ

特殊ルールがあるので、登校時にコンビニ弁当が買えないというのは、母親として体調不良の時にはつらいところなのですが、家からお弁当を持って行くほうが経済的な面もあるし、「いろいろと工夫して作ってくれた自分だけのお弁当」ということで、嬉しいようですね。

ご家庭の事情でお父さんが作っているご家庭もあると聞いていて、我が子はその子とも一緒に食べているのですが、お姉さんが同じ学校なので、二人でお弁当を作って楽しんでいるという話です。

どんどん成長すれば、いつかは「今日は私学食で食べるね」と判断もつくだろうし、要領よく購買部のパンとジュースを買って食べたりすると思うので、お弁当作りが必要とされている間は、作る人の苦にならずになおかつ子どもさんにとってバランスの取れた食事を用意してあげるってのが大切ですね。

スポンサードリンク


233209
イラストbyイラストAC

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

我が子は、中学生になってからは、
お弁当持参か学食か売店のお弁当orパンを買うかの選択肢があって、
ほとんどの子は、学食が混むからとお弁当持参が多いです。

小学校時代は給食で、保育園時代から給食だったので抵抗感なくばくばく
入学時から食べていました。

4月に入学したてのお母さんで、お子さんが学校で給食をきちんと食べているか
心配になっている方も多いでしょう。

まぁそんなに心配することはないのですが、我が子が小学校時代に通っていた時の
給食の話を紹介します。

スポンサードリンク


事前のアレルギー調査などは忘れずに提出

就学前に食物アレルギーなど食生活に対する調査は行います。

特に食物アレルギーの調査は、お子さんがなんらかの食べ物に対して
反応が出る場合は、かかりつけ医の証明書と所定の書類で認められます。

ただし、給食センターで対応できる食べ物が市区町村ごとで決まっていて、
私の地域では、
  • パン(中に含まれているものを確認)と牛乳がダメな子は給食費一部減免
  • 卵と乳製品を含む食品については、代替え品を提供
となっています。そのほかのアレルギーを持っている子は、
学校と話し合いの上、お弁当対応をしているお子さんもいました。

この手続きは、毎年しなければいけない学校と一度出せばいいという学校に
わかれるので、就学時のしおりなどで確認しておきましょう。


うっかり申請を忘れていた、給食が始まってからアレルギーが出た場合は
早めに担任の先生に連絡をして、手続きをしてもらいましょう。

家庭事情などで、保育園や幼稚園に入園していなくて、小学校での給食が初めてと
いうお子さんも、そう珍しくありません。

集団での食事に慣れていないお子さんは、どうしても食べるのが遅くなってしまう
ことがあるので、心配な点があれば、早めに先生に相談してください。

食べ残したものの最近の対応

昭和世代の私ですが、さすがに支柱などの液体ものは食べきれないときは、
戻してもいいとされていました。

パンやデザートで出た果物やゼリーは、私の子供時代は持ち帰ってもよかったのですが、
最近の小学校では、持ち帰った後の衛生面の問題を考えて、
食べ残したものは回収となっているところが多いです。

お子さんが給食をきちんと全部食べきれたかは、帰ってきてから様子を
聞いてあげないとわかりません。

もったいないと思われる保護者さんは多いと思うのですが、
最近は衛生問題にかなり給食センターや学校側が敏感になっているので、
自分時代とは違うということだけ覚えておいてください。

もし、お子さんからの話で「量が多すぎる」など給食を入れてもらう量で
普段家では少食なのに食べきれずにいるとなると、コンプレックスになりかねないので、
お子さんが先生に伝えられない場合は、連絡帳で一度お子さんの食べる量について
お知らせしてもかまいません。

最近は、連絡帳で知らせても対応しきれない面もありますが、
運動量が多くなると、少食だった子が学年が上がると「おかわりー!」と
突撃して食べていることがあります。
(それはうちの子です。)

徐々になれてくると、お子さんも食べられる量がわかってくるので、お子さんから
なるべく当番の子に量を加減してもらえるよう伝えることを教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク


家で無理やり食べる早さの練習は避けてあげましょう

仕事の都合で、小学生のご家庭向けの本を読んでいるのですが、
給食の克服術として、「家で学校と同じ時間で食べきれるように練習する」
と書かれている記事をみました。

家は家、学校は学校。

小1の間は、学校生活に慣れるだけで誠意杯なのに、家でゆっくり食べたいと
思って帰ると、家でも学校生活リズムを行うとお子さんの
給食嫌いがスタートしてしまいます。

小学校での給食は、クラスメイトと一緒にわいわいがやがやと食べるので、
慣れるまでは苦手な食べ物との格闘などで、時間がかかってしまうことがあります。

家は「リラックスする場所」という位置付けが消えると、給食嫌いが始まって、
学校生活ができなくなるケースもあります。

お子さんが連絡帳のお知らせで、給食についての注意を受けても、
急に学校と同じ時間数でご飯を食べさせるのではなくて、楽しみながらも
けじめのある食事タイムをお母さんで決めてあげてください。

特にありありなのが、「ながらぐい」です。
バラエティー番組をみながらの食事は、少しの間控えておきましょう。
(うちは、NHKニュースを流していたので子供が先にあきらめました)

まずは、食べるスピードが遅くても、家でやらなければならないことが
どんどん増えるので、自然と消滅していきます。

お子さんの話次第では学校に申し出なければいけないこと!

小1では入学してまもない子の扱いが上手な先生が配置されるのですが、
学年があがると、癖のある先生に当たるケースもあって、
お母さん方の間ですぐに「あの先生、よくない話出てるよ」と出ることがあります。

最近では、昨年9月に担任が生徒の完食をさせようと、
食べ残しをしているお子さんに対して、無理やり食事を押し入れて嘔吐させたと
いう問題が出ています。
詳しい記事内容はこちらから

私個人も少食時代があって、その日どうしても体調がすぐれなかったので
食べ残しをしてしまったのですが、
無理やり食べさせられて、家で気分が悪くなり、母に伝えて対処してもらったことが
あります。

お子さんが帰ってきてからの様子は、必ずみてあげて、給食の様子なども
聞いてあげてくださいね。

ちょっとした声がけで、学校で問題が出ていることがわかります。


まとめ

子供が通った小学校では、保護者さんの不安をなくすために、
子供たちに提供している給食の試食会を、小1の保護者さん対象に行いました。

今の給食はかなり工夫していて、美味しかったという記憶があります。
「地産地消」という食育方針の地域だったので、地域で取れる野菜などを
積極的に食材に取り入れていて、おいしかったです。

最近は、デザートの中にアイスクリームや特別な日(卒業式前やクリスマスなど)に
ケーキが出る場合もあって、子供は必死になって献立表をチェックしていました。

小1の間は、いろいろと不安な面はあるかと思いますが、
家に帰ってきてからのお子さんを見れば、楽しいかどうかわかりますので、
いろいろと話を聞いてあげてくださいね。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ