google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

習い事

IMG_22032019_103518_(720_x_600_ピクセル)

こんにちは、「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

3月からZ会の通信教育を受講し始めて丸3ヶ月。
3教科(国・数・英)を受講したのですが、残念な結果が出て、数学のみをやめることにしました。

Z会自体は素晴らしいのですが、子どもには数学だけ少々辛い面があったのでした。

進研ゼミでダメならZ会の通信講座でと考えて、お試しもうけてもらったのですが、思わぬ落とし穴がありました。

関連記事:中3からのZ会通信講座!受講開始してからの様子を公開

どういういきさつで数学のみをやめることにしたかを紹介します。




実際に受講開始して、嫌そうな顔を始めたぞ

3月からの受講でしたが、中2までの振り返りという内容でしたけれど、国語と英語はついていけるのに、数学だけをかなり嫌がるようになりました。

親側でも、スマホアプリで子どもが画像配信を見て、課題を提出したかというのを確認することはできます。私もスマホアプリで、我が子の学習状況を見ていたのですが、数学だけ1回だけ画像配信を見たきりで、あとは何も見ていないということに気づきました。

英語については、「先生の発音が、学校の日本人の先生よりきれい!」と言って喜んでいました。ちなみに娘の学校の在籍コースは、英語にかなり力を入れていますが、他のコースより重要視しています。

イギリスとアメリカからきたネイティヴスピーカーの先生とのやりとりをしていることと、提携校の生徒さんと英会話授業をしているので、耳が肥えるのです。

英語は、あとは構文をしっかり鍛えれば大丈夫でした。国語は、ちょうど学校との進度があっていたせいかいやがらなかったのですが、数学だけ日に日に嫌がるようになりました。


理由は簡単。進度があっていなかった

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

「これはまずいぞ!」ということで、子どもとの話し合いをすることにして、なぜ数学だけを嫌がるかを聞くことにしました。

話し合いをしたのは、4月後半でした。

子どもは、学校で使っている教科書とZ会のテキストを持ってきて、一度Z会の動画授業を見せてくれました。

Z会の数学の3月は、「代数」で子どものコースではまだ追いついていないところでした。代数でも高1生が習う代数で、主人も話し合いにつきあってくれて、見てくれました。

主人の意見として「正直、学校の授業スピードとZ会とはミスマッチやで」ということでした。主人は、学生時代、高校受験・大学受験をする子の家庭教師の経験があり、仕事でも数学を使わなければ仕事ができない職業です。

主人としては、Z会を続けてもいいけれど、もう少し様子を見て、同時進行で学校の授業進度とマッチする内容で、帰宅後や休み日に教えるということになりました。

その時に、主人が子どもの数学のできと、Z会で自力でできた部分とを考えて、参考書で教えることにしました。

今でも、数学では有名すぎる「チャート式」の青を選びました。




これを買いに行くにあたって、主人もいっしょに本屋へ行って吟味してもらいました。
チャート式は、昔は黄色〜赤色とあり、赤色は医学部などの超難関高校や大学を目指す子が使うことで有名です。

今は、「白色」も登場していて、数学の基礎の基礎から教えるレベルのも出ています。

黄色ぐらいでもよいかと見ていたのですが、「あのZ会の数学になんとかやろうとしていたから、青でちょうどいいよ」という主人の意見で、青色のチャート式を購入しました。


変更してみて......よかった! 

c475f97e93bf7ab57fa2464a07f92153_s

主人の数学指導と、Z会の教材と同時並行で、数学の家庭勉強を再開させました。主人はやはり数学の指導は得意なので、子どもが「わからなかったところが、すんなりわかった!」と喜んでいました。(これで父親の面目は保てたみたい。笑)

主人は、正直青チャートでいけるか心配していたらしいのですが、すんなり理解してくれて、Z会の方にも向き合うようになったので、よかったようでした。

しかし、またZ会でつまづきがはじまりました。スピードが合わなくて、Z会の先生の説明がわかりにくいということが出てきました。

主人にもう一度見てもらったのですが、「あ、これはあの子にはわかりにくいかも」と子どもの性格などを見抜いていたので、「課題の提出期限は1年なんでしょ?もし、もう一度話し合って、どうしてもしんどいと辛いようなら、伸び悩みがでてくるから、やめさせたらどうかな?」という提案でした。

Z会は、学校の進度も考えてくれていて、課題の提出期限は学年が終了までの1年間は有効なのでした。

でも、出すのもつらいと言い出していたので、これはまずいということで、Z会にも相談の上、数学のみ6月分から外すことにしました。

3教科から2教科に減らすと、割引特典は消えますが、いやがって全教科をやめるよりはよいでしょう。

その後、チャート式で勉強していたおかげで、中間試験は余裕でいい点数を弾き出して、今まで苦手としていた単元も、主人に積極的に質問して、覚えて行ったので、無理に続けさせる必要はなかったわけです。

Z会からの返事について

数学を外す前に、Z会の相談窓口にメールを入れていました。私が見るのが遅くなってしまいましたが、結果としては、よかったのではないかと思います。

Z会側として対応できることは、
  • 学校ごとで進度が違うのは十分承知なので、提出期限を1年としている。
  • 子どもの学校ではコースによって、かなり開きがあるようなので、使用教科書を教えて欲しい
  • 進度もわかれば、数学のみ中2の分も併用指導することは可能。ただし追加金がかかります
という回答でした。追加金がかかってしまうのも、家計的に響きますし、すでに青チャートが子どもにマッチングしているのなら、数学のみ抜いても大丈夫だろうということで、思い切って、数学だけを解約しました。

数学を抜いた分、何か他の教科や特別講座を受講することはできましたが、「英語の4技能」は学校ですでに対策済みでしたので、追加なしとして2教科だけ受講することにしました。

まとめとして

c947b34eee41a3bb309908d279da3b7c_s

進研ゼミの私立中高一貫講座をお試しで受講したことはあるのですが、いまいちしっくり来ないということで、授業は取りやめたのですが、Z会の本当のレベルは「東大・京大を目指す子」向けです。

私の兄は、大学受験前にZ会の学舎に通ったことがあるのですが、目指している大学とミスマッチでやめました。

ちなみ、子どもの学校で「医学部・薬学部コース」の子は、授業に赤チャートを使っていて、赤チャートは非常に難しい内容となっています。




チャート式は、私が学生時代の時から存在して、ずっと数学界の有名参考書という座をキープしています。

Z会の教材も悪くはないのですが、通信講座のデメリットは、「学校と講座の内容に開きがあると、子どもがやるきを失うと拒絶する」ということです。

我が子については、主人の青チャートでの指導と自主勉強、Z会の通信講座2教科指導でこの1年を乗り切ります。

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s
photo by 写真AC

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

我が家の子供は中高一貫校の中学で勉強していますが、学力に不安を感じる子や
将来の大学受験対策にと通塾している子はクラスでも数名います。

本当は、学校からは「授業進度とはかけ離れるので通塾はやめてほしい」と
言われています。

それでも、子供の学力テストなどの点数が気になって、通塾禁止なら
通信教育でもいいんじゃないかってことになるのです。

我が家も通信教育を受講させようか考えて、候補としてあがったのが、
「進研ゼミ」「Z会」のふたつで、「進研ゼミ」から資料取り寄せをして
子供に見せたのですが、意外な反応を見せて受講を取りやめました。

なぜ、受講をやめたのか、実際はどうだったのかなどを後日談とともに
紹介します。

スポンサードリンク


進研ゼミの中学講座と中高一貫コースの大きな違い


進研ゼミでも「中学講座」はあるのですが、「中高一貫コース」が
なぜわけて開講されているかというと、
  • 授業進度の違いを配慮
  • 私学独特の英語の教科書の違い
を考慮していると点です。

「私学独特の英語教科書」というのは、公立中や私学(中堅校以下)では、
国の選定教科書を使うのですが、一部の私立校では
「プログレス」「プログレス21」という国の教科書よりも内容の濃い
教科書を使っているからです。

子供の学校は「New Crown」を使用していますが、他校でやはり「プログレス」を
使用している学校はあって、内容やレベルが全く別世界です。

そして、中高一貫校の場合は、中3で高1の授業をすることがほとんどですので、
学校での授業進度に合わせてもらうことはできます。
(複数コースを抱えている学校の場合は、少し難しい場合もあります)

「中学生講座」では使用している教科書にばらつきはあれども、
大きく授業進度に差がでないので、中高一貫校コースとは一線を画することに
なります。

スポンサードリンク


中高一貫コースの資料を取り寄せてみた

到着した時の画像がなくて、大変申し訳ないです。

この理由は後ほど説明するとしまして。
一度どういう問題をするのかなどの資料を取り寄せて
検討することにしました。

資料申し込みは電話でもできますが、ネットから簡単に
申し込みできます。
「進研ゼミ 中高一貫コース」のサイトはこちら

申し込んでから1週間ほどで、実際に使うテキストのサンプルと
コース説明や支払い金額などが書かれた紙が入っています。

ここであれれということが起きてしまいました。
中2コースを申し込んだはずなのに、中1コースがきたのです。
(すぐに電話を入れて中2コースの資料を送ってもらいました)

まず、中高一貫コースには「オリジナルコース」か「ハイブリッドコース」
の2コース選択制です。

ハイブリッドコースというのは、専用タブレットもしくは
手持ちのタブレット(iPadを推奨)で動画配信も見ての受講に
なるということです。

さらに、在学中学と目指す進路によって「スタンダート」と「ハイレベル」
の選択ができますが、数学と英語の授業内容に合わせてあげる必要があります。
「ハイレベル」ついては、検定外教科書を使っているかと数学の授業内容が
ハイレベルならば、自動的に「ハイレベル」に設定されます。

費用面などについて

支払い方法は、12ヶ月一括・6ヶ月分支払い・毎月支払いと選択できますが、
一番やすいのは12ヶ月一括のオリジナルコースで1ヶ月分換算で
7818円になります。

「あ!動画配信や英語のリスニングもつけたいなあ」となると、
ハイブリッドコースになり、約1000円ほどアップします。

さらにハイブリッドコースを選んだ場合のみ申し込めるのが、
「英語特講コース」でハイブリッドコースを申し込むとオプション価格での
受講になります。(電話でしか金額が聞けませんでした)

ここがポイント!

ハイブリッドコースになると、動画配信や赤ペン先生への質問に
タブレット端末が必要になりますが、iPadを持っていないお子さんには
進研ゼミに申し出れば、専用タブレットがもらえます。

ただし!受講期間が2ヶ月以上超えることが条件ですので、2ヶ月未満で
退会すると、タブレット代金を請求されます。

中高一貫校の中学で複数コースが存在すると、途中でコース変更が
行われる場合があります。

すると授業内容や進度が変わりますから、電話で申し出れば、授業内容に
合わせたテキストに変更してもらえます。

資料などを見て、納得できれば申し込みにとなりますが、
中高一貫コースは電話のみでの申し込みです。

実際に子供にやらせてみるとあれれという結果に

中2対応のテキストのサンプルを、子供に渡してやらせて
みたのですが、「ママ、これもうやってるよ」との一言。

英語のテキストだったのですが、資料請求時に中学名は伝えて
いたし、進研ゼミを運営しているベネッセは、
我が子が通う学校では、学力テストを提供しているので、
授業進度やコースは把握しているのに、テキスト内容と合わないと
いうことに気がつきました。

さらに、数学もやらせてみたのですが、「これ、できるからいらない」
いう反応でした。

通信教育は、小学生時代に一度やらせたのですが、
子供によって合う合わないがあるようで、うちの子は、通信教育に
不向きなタイプとわかり、通塾させました。

中学になっても、勉強スタイルは変わらないし、コース内容が
特殊なので、この講座は合わないということで、
2度ほど電話があったのですが、申し込みはしないと伝えて
受講を諦めました。

まとめ

その後、なぜかこどもチャレンジの資料が毎日のように送られてきたので、
ベネッセに問い合わせをして、DMを止めてもらうようにしたのですが、
それでもどんどんくるので、個人情報抹消をしてもらいました。

それ以降は一切ベネッセ関連のものは届いていません。


さて、通信教育については、中高一貫校の子でも合う合わないとわかれて、
別のお子さんはZ会の中高一貫コースでようやくしっくりした内容だったので、
続けていると聞いています。

Z会も検討したのですが、レベル的にはハイレベルで通塾タイプも
ありますが、東大級を目指す子が通うということと近くにZ会の教室も
なかったということから、通信教育や通塾は一切やめました。

私立校の場合は、よほど成績が悪くない限りは通塾や通信教育をする必要は
ないです。

もし通信講座を取ろうかと決めたときは、資料を取り寄せて
学校での授業進度やお子さんの反応は確認して、検討してください。

86c80d91510b85df4cd741b05dfd5b2b_s
photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験のシーズンもそろそろ終わりというところでしょうか?
東京方面の受験結果についても集計が出ているかもしれませんが、
後日様子を見てみます。

さてさて、私立中学に合格したのはいいけれど、
「もう塾通いをしなくてもいいのかしら?」という心配される
ご家庭は多いでしょう?
私の場合は、「やっと解放される」と思いました。

実際のところはどうかということを、今回お伝えします。






学校側からの注意を聞いてから


私の子供が通っている私立中学校(女子校・中高一貫校)で、入学式の
終わりに保護者のみ残されて、たくさんの注意を受けました。

その中に、
「学校側の指導で足りるかどうか不安で塾通いを検討されるご家庭は
ありますが、進度が異なるので絶対にやめてください」と
注意を受けました。

私は学校側の注意を守って、子供はあえて中学校に入学しても
塾や通信教育は一切とりませんでした。

ところが、
クラスの中で何名か塾に通っている子がいるということがわかって、
問題になりました。
なぜわかったかは本人がクラスメイトに話して、先生に伝わったからでした。

これはすぐに先生同士の話し合いになって、警告もプリントが渡されましたが、
本人たちはやめずにいました。
なのに、塾に通ったとしても、本人たちが苦手とする単元になると
手も足もでないということで、みんなに呆れられたというなんとも悲しい
結果が出ています。

単元の進め方などが全く塾などとは学校は違うので、
私立中学校に入学後は学校の方針をよく聞いてから塾に通わせるかは
決めるか、やめておく方がいいでしょう。

塾に通わせるにも集団には入れない!通信教育も微妙!


塾に入ったとしても、まずその塾が中1の私立中学生で、
通っている学校に対応した指導ができるかという問題がまず最初に
出てきます。

さらに、基本、中学からの塾は公立中学で高校受験対応の塾で
集団指導になるので、お子さんの学校が使っている教科書とは
レベルが違ったり、指導速度が違うので、
全くの無意味ということになります。

「集団がダメでも個人があるじゃない」とお考えの方も
いらっしゃいるでしょうけれど、個人指導を私立中学生を
受け入れられる塾は非常に少ないし、もし入れても
学校側でしっかりした指導を行うというところならば、
通塾する時間もないし、お子さんを疲れさせてしまいます。

我が家も、某大手通信教育はどうかと検討のために、
資料を送ってもらい、子供に見せました。

申し込みは電話のみで、どこの中学校かやコースは聞かれ、
英語と数学で使うテキストが変わるようですが、
過去(小学生)の時に、進度が全く合わなかったということや、
参考に送っていただいた、実際のテキストの見本をみてみて、
「あんまり頭に入ってこなさそう」という子供の意見から
見送ることにしました。

通信教育は、小学校時代ならお母さん主導型になりますが、
中学生になると、お子さんがさっとみてみて、「できるできない」を
判断できるようになるし、親がみても「これはガンガン飛ばして勉強できる
テキストじゃないな」とわかれば、無理にしなくてもいいでしょう。

学校側でみっちり指導があれば必要なし!ただし条件あり!


私立中学校の場合、ほとんどの中堅校以上になると、長期休暇中に特別指導を
したり、普段の授業の日でも、放課後に質問コーナーが職員室前にあって、
先生が生徒の質問を受け付けてくれるという取り組みをしています。

もしくは、自習室完備で、時々先生がみにきてくれる学校もあります。

学校側が「塾にいかんでもいい」といいたいのは、これなんです!

「学校側で面倒みるから、塾は必要ないで!」というところです。

ただ、レベルの高い大学に進学率をあげたいと頑張る学校は、
中1時代から塾にいかなければ、授業についていけないというところも
あるので、お子さんの成績次第では通塾を検討しなければいけませんが、
学校側から特定の塾を紹介されるケースもあります。

入学前、入学後に徐々にわかってくるので、様子をみながら通塾を
検討しても遅くないです。

通塾させるなら高2以降から


大学受験でどうしても学校での授業だけでは無理かもと
考えるのであれば、通塾の必要性は考えてもいいでしょう。

私は高校から私学で、高2ぐらいから大学へ行くかどうかを検討し始めて
通い始めたのが高2。でも、学校の勉強内容との隔たりに
高3前にやめて、自力で勉強して学校の特別推薦枠で別の大学に
進学しています。

学校によっては、強制的に集団で特定の塾に入塾させられるようですが、
個人でなら高2以降から考えて、通塾で十分大丈夫で、
中学生でなら、特別なコースでなければ通塾は不要です。

まとめに


子供のクラスで通塾している子の話に戻りますが、
数学でいつも順位が上でくやしいと嘆いた時期がありました。

ところが、座標軸の単元で、いつも順位がトップで通塾している子が
赤点をとるというおかしな現象がでてきました。

その子が苦手な単元だったのかどうか謎ですが、
「塾で習えるから大丈夫」という油断が出やすいとも学校で
聞きました。

それは、結局自分で必死になって覚えようとしないということになるので、
特別に学校から指示がない以上、自分たちで、通塾させるなどは一切
必要ありませんので、家庭学習を重視してあげてください。


↑このページのトップヘ