google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

Instagram

app-icon2

   引用元:インスタグラム公式サイト
https://en.instagram-brand.com/assets


「ペンペンのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

写真などを共有するSNS「Instagram」について基本的な解説をしました。
→くわしくはこちらから

ところが、最近私宛に「ちょっと困るよ」というダイレクトメッセージが続々きたので、
これはInstagramの運用で気をつけて欲しいなことをまとめました。
Instagramの運用の仕方は個人の自由ですが、とんでもないことに
使われることもあるので、ご注意ください。

スポンサードリンク


主婦ネタを狙って近くケース

若いお母さんだと「キャラ弁」や主婦の方であれば「家族のお弁当記録」と
ハッシュタグをつけると、同じお弁当のおかず作りに悩むお母さんから、
「いいね」をもらえることは多くあります。

私は昨日まではお弁当記録がメインに変わってて、手芸品はそんなに
上げないように運用が変わっていました。

同じお弁当で困っている方にとって、よその方のお弁当内容は気になるでしょう。

すると、ある方でお弁当作りのフォロワーさんから、
ダイレクトメッセージがきて、読んでみました。

中身は「いつもフォローしていただいてありがとうございます。
いいお商売があるんですけれど、一緒にやって見ませんか?」

いう内容でした。
(プライバシーの問題があるので、実際の画像掲載は控えます)

すぐに商材商法と見抜いたので、「興味はないのでお断りします」と
いう返事をして、その方を「スパムメール投稿」として報告をしました。


その次は、謎の占い師のフォローきたー!

次に、占い師と名乗る方の画像が上がってきたので、その方のプロフを見ると、
訳のわからない文面と、占い相談、連絡方法が出ていました。

これも、スパムとして報告をしました。
スパム方向をすると、自動的にブロックになり、閲覧できなくなります。

お弁当ネタをし始めてから、急に増えた感じはあります。
お弁当ネタだけではなくて、Instagramで稼ぐ方法という指南書や
サイトも出てきているので、ターゲットを絞って、
主婦層や若い子を狙っているものと考えられます。


ネタを変えたり、更新頻度を変えてみる

Instagramにどっぷり浸かると、同じネタに走りやすいのですが、
主婦層ともなると、どうしても手近なお弁当ネタに
走りやすいものです。

それらの画像で、巧みに近寄って、お弁当マニアかと思わせて、
ダイレクトメッセージで誘導するパターンはあることが
今回えわかりました。

風景だけに切り替えたり、今日の外食をあげる、趣味などを取り入れたり
すると怪しげなフォロワーさんは少なくなります。

更新頻度も毎日だと、狙われることもわかりましたので、
変な勧誘が始まり出したら、すぐに更新頻度を毎日ではなくて、
たまーに更新する程度にしてもいいです。

もし怪しげな勧誘がくればどうするの?

Twitterと同じで、その方のページにたどり着くと、
アプリなら右上に「・・・」というマークがあるので、
そのボタンを押すと、「ブロック」「報告」などのメニューが出てきます。

「報告」をすると「スパムである」「不適切である」などの表示が出てきます。
内容がどっちなのかを選んでタップすると、「報告」ならすぐにブロックが
かかります。
「ブロック」は「その人のは見たくない」などになりますので、
運営に報告されることなく相手の方をブロックすることになります。

怪しげな商売の温床になる前に、スパムや商材販売を受けた場合は、
すぐに「報告」で対応してください。

まとめに

Instagramは使い方次第では、いろんな方の画像や解説から、
素敵な情報をゲットできるので便利ですし、写真共有もできるので、
楽しいのです。

最近、自分を売り込む手段として使われている感じがするので、
怪しげな商売の温床になりかけないです。

気軽に楽しむことはできるのですが、最近の事情を把握しながら、
賢く運用して、楽しんで行きましょうね。

スポンサードリンク


app-icon2

photo by instaguramu   Brand resources
https://www.instagram-brand.com/

どうも、ぺんぺんです。
最近、身近なところで、Instagramブームがきていて、次々とアカウントを作って、
投稿されている方が多いですね。

私も仕事の関係上、Instagramから画像選定を行う場合もあるし、
もう2年以上こっそりと趣味で続けて楽しんでいます。

「何を載せていいのかわからない』「インスタ映えするものを目指している」など
いろんなお声を聞くのですが、使用歴は長いものの、お気楽に使っている方としては、
「まさしくお気楽に自分スタイルで楽しむ」というのが、Instagramを楽しむコツと
みています。

では、Instagramの楽しさって何だろうということで私の使い方の風呂敷を
開けますね。

あくまでも趣味に徹するのみ!

私がInstagramを始めたのは、セルフネイルを趣味で始めたことから、
自分で塗って見たネイル作品を載せるところから始めています。

当時、「しずくさん」という方が100均ショップのネイルで楽しめる
プロ級セルフ本が発売されていて、今でも圧倒的ファンの方は多く
いらっしゃいます。

私はというと、今は忙しくてネイルはたまにしか楽しんでいませんが、
そのほかにしている趣味、例えば編み物作品やつまみ細工の製作工程を
撮影して、公開しています。
その時に、Twitterと同じように「ハッシュタグ」をつけることで、
それぞれの道に詳しい人や、同じ趣味の人と繋がって、情報共有が
できるというわけです。

時々、英語で説明文を書いていると、海外の編み物ファンの方が
フォロワーさんになるという場合があります。

お弁当記録も案外人気

毎朝、旦那様やお子さんにお弁当を作っている方は、よそのお宅のお弁当は
気になるようで、ハッシュタグで「#お弁当」とつけていると、いろんな人から
「いいね」をもらったり、紹介文に「子供のお弁当です」と付け加えておくと、
同じ年頃のお子さんを持つ方と繋がる場合があります。

ただし、キャラ弁連続攻撃となると、どうやらお互いが競争してしまう
傾向もあって、ある保育園や幼稚園のママ友さんでインスタをやっているを知って、
競い合うようになってから修羅場になるケースもあるので、
「やりすぎない」というのがお弁当ものを載せる時の注意するところですね。

旅行先はいいけれど、自宅近辺の写真は位置情報をオフにしておく

旅行先での思い出を撮影して載せることは大丈夫で、アプリの位置情報を設定で
オンにしておけばいいのですが、自宅もしくは近所で撮影するときは、
位置情報をオフにしておくことをおすすめします。

オフにしておかないと、お子さんの写真(必ず顔は加工アプリで保護してくださいね)
や、ハンドメイドの作品紹介、買い物したものをInstagramにアップした時に、
位置情報をオフにせずに掲載されると、個人情報が漏れて、
某いやらしい掲示板でその人を叩くスレッドが出てしまうからです。

その点は必ず気をつけてくださいね。

ハッシュタグが繋がりをどんどん広げる!

Twitterと同じように、「ハッシュタグ」を活用すると、
同じ趣味の仲間やを発見しやすいし、いきなり大物の方から
フォローされる場合もあります。

特にハンドメイドや普段使っているもの(化粧品や機材など)を
ハッシュタグに含めると、意外な展開になることもあります。

私はたまたま買った着物や趣味のレース編みの写真をアップすると、
海外からのフォロワーさんや、染色作家さんとのつながりができたり、
かなり高度な技術を持つ方から教えてもらうこともできました。

もう使われなくなっているかもしれませんが、ブライダルで
出席者がお若い方ならピンとくる方法ですけれども、
出席者しか共有できないハッシュタグを決めておいて、
受付の時に「インスタをしてる人は、このハッシュタグをつけてね」と
いうお手紙を渡しておくと、みなさんそれで写真共有をして
楽しんでいるというのもあります。
(旦那の部下の女の子は、これを使っていて、その子と友達に
なりました)

まとめとして

とにかく「インスタ映え」というキーワードに惑わされず、
自分の興味のあるものを撮影して、みんなで楽しむというのが、
いいですね。

「とにかくきれいな写真を載せなくちゃ」と頑張らず、
気軽なところは、その日の天気やその日の食事とか、
今日買ったものを載せるなど、お気軽に楽しむ「遊び心」ってのが、
一番大切です。

肩の力を抜いて、一度Instagramワールドに入って見ましょう。

最後に注意ですが、コメントにロシア語やアラビア語が出てきたときは、
返信せずに無視でいいです。
実はロシアではInstagramの「いいね」を購入するという自動販売機があって
それを商売にしているというのもあるので、ご注意くださいませ。







↑このページのトップヘ