google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

勉強・テスト関連

00be05a0c02aa28cc9a5115f253c8ed3_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今年の春、私立(国立・公立も含む)中高一貫校へ入学された子どもさんは、そろそろ「英検」もしくは「漢字検定」の受験を、学校単位で申し込んだか、個人で申し込んだかになると思います。

我が子も入学してからは、学校側が先に新生活になれることを最優先したので、「英検」「漢字検定」は2学期以降に受験しました。

すでに、教育熱心な親御さんでは、今年入りたての子どもさんに「英語検定最優先」ということで、3級の申し込みをされているケースも見受けられます(すでに4級取得隅で、親御さんが英語での仕事をしている方と見受けられます)

ただ、親がどこまで子どもの検定に口出しできるかってことです。
そして、すでに大学側が採用決定している検定についても紹介していきます。


学校側が受験の指標をたてているケースあり

英検についても、漢字検定についても、学校側が授業や宿題に影響が出ないようにという配慮はしていて、それぞれの受験日や申込日は告知はしてくれるものの、強制申し込みをする検定もあれば、個別申し込みをとる場合があります。

なぜかと言えば、入学前にある程度それぞれの検定を受験していて、受験歴なしの子と、すでに級を持っている生徒さんの差が激しいからです。

とはいえ、強制申し込みをするという場合でも、すでに学校側が提示する級を持って入れば、その時に受験する他の生徒さんのことも配慮して、受験をなしにして、受験料を返金(諸費用から出している場合が多いです)をしてくれる学校もあります。

ここまでは、中2ぐらいまでのお話。

さて、中2の2学期ぐらいになれば、自分の勉強の仕方はしっかりわかるし、どの検定を優先すべきかというのも判断がついてくるので、親は基本「こっちを優先しなさい」と言わなくても、友達や英語や国語の先生に相談に行くので、自分でスケジュールを作る癖ができます。

よって、入学したてのときは、親は「この時期に受験したら?」と言いたくなるものですが、最初は学校に全て一任してよいかと思います。

その時に合格すれば、そこから先は子どもさんの判断に委ねるのがいいでしょう。不合格になった場合は、学校側でも対策は取りますから、親がガミガミ怒るのはやめて見守るのみです。

親世代の英語検定と子どもの英語検定は質が変わっている

前回、我が子は英語3級を受験して、2次試験は不合格でした。次に3級を受験する時は、2次のスピーキングを再試験ということになります。

問題の内容を見せてもらったのですが、私がもし中3で受験するのなら、ちょっとスピーキングは厳しい内容かと感じました。
※今は、海外の友人や学校のネイティブの先生と英語で話しているので、日常英会話は問題なしです。

それだけ、日本の教育界としては「世界に英語力が遅れている」と考えていて、来年行われる「大学入試改革」での英語に求める力のレベルアップを行なっています。

同時に「漢字検定」受験を勧めてくるのは、国語力低下の問題も抱えているからです。
読解力の低下は「数学」「理科」の成績低下にも繋がります。

と同時に、難しい漢字を知っておくことは教養にもなりますが、大学入試の申し込みに書くことができるものにも含まれていきます。

我が子の学校では、高3進学までに、漢字検定と英語検定、両方とも1級をとるのが好ましいと指示がでていて、頑張っている子は、かなり必死になっています。

子どもの友人で、中3で英語検定準2級の子もいますね。

親世代に求められたことと、今の子どもたちに求められていることの質やレベルははるかかなたの世界で、教えるとしても、中1終わりぐらいまでが限界かなと感じます。
(検定と生きた英語は違うので、私が英語を教えるのは、検定からはずれるので、教えないようにしています)


TEAPってご存知ですか?

2020年から大学入試制度が根本的に変わりますが、すでに高3生が試験導入でテストを高2から受けて、様々な話は聞けています。

英語の力については、大学によって異なりますが、基本は「英語検定」をベースに英語を判定する傾向が強いのですが、現在「TEAP」という高3向けに受験可能なテストを開発しています。

英語について求める「書く」「聞く」「読む」「話す」の4技能を確実に測ることが目的で、このテストを採用すると発表している学校はあります。

関連記事:TEAP申し込みについて 日本英語検定協会

日本の英語協会が開発したテストということで信頼性が高いということから、多くの日本の大学がこのスコアを重視する可能性はあります。メリットは何回でも受験可能であるという点で、一番高いスコアを出せばいいということですよね?

すでに受験申し込みが始まっているので、高3の生徒さんは受験先の大学が採用しているとしっていれば、英検と同時にこのTEAPの日程も見ながら、受験していることは間違いないですね。


ほかにも、TOEIC,TOEFLなど外部英語検定を受験する子どもさんはいますが、私が学生ならTEAPは受験先が不要でも、お守りとして受験はするでしょうし、必要とあれば受験はしますね。

でも、TOEICやTOEFLもできれば、自分の英語能力を知るために受験はしますね。(短大時代に強制受験しているので、問題の難易度とスコアは知っています)


もう中学受験が終われば、ぼちぼち子どもでスケジュールを考えさせること

中学受験は、親も子どもと二人三脚で挑戦するものでしたが、入学してしまえば、もう親があまり口出しをするのは、あまりよくありません。

これは、中3の子供でなおかつ女の子で、私立の少し厳しめの学校に行かせた母親だから言えるのですが、あまりうるさく言い過ぎると、子どもが拒絶を起こして、成績を落とすことにもなりかねません。

一度、自分で考えさせる癖づけを始める必要がそろそろ必要になります。

一回、大失敗をして、自分の計画のなさやどこがいけなかったかを、身をもって教えることも大切です。

それぐらいしないと、子どものやる気に火がつきません。私も、過去に同じようにして、大失敗を子どもに味あわせたのですが、子どもは見事に這い上ってきました。

いまでは、少しチラチラと勉強のことは聞きますが、その結果は、きちんと成績という形で出てくるので、その時に「何がいけなかったのか」という点を聞き出すようにして、次に繋げるようにしています。

中学受験が終われば、もう「ひとりで考える力」を親が突き放すようにはなりますが、どうしても困ったという時にだけは話を聞いて、そして自分で考える力はつけさせましょう。

※ただし、実力テストなどで不平等になることがあるので、この点は後日話します。

スポンサードリンク

IMG_20190420150410


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、4月18日に、小6と中3の子供達に行われる「全国学力調査」が行われました。
本来は国立・私立・公立全ての小中学校が参加するのですが、私立は徐々に参加校は増えているものの、私立のみでカウントすると半数を切っていると言われています。

今年から、我が子の学校(私立・女子中高一貫校)も参加となり、ちょうど中3生ということで、テストに臨みました。

今年から、英語が追加されたことで注目されていたテストですが、実際はどうだったのか?
子どもから聞けた情報をもとに、紹介します。なお、この結果は、7月に発表される予定です。



ざっと問題を親が見てみた感想

すみません。
内容をざっくりと見させていただいたのですが、私立に中3生には、この問題は「軽いかなぁ」というのが感想です。

記述問題について、特に国語での記述問題は、長文で正答を書くのはしんどいかもと感じました。ただ、小6の時に受けた時にも感じたのですが、正答例てのが曲者で、採点者は誰がするかは存じませんけれども、自分の書いたものが正しいのかが不安になるかもしれません。

数学については、計算問題は別として、「証明」の問題は穴埋め方式というのは、意地悪かもと感じました。
本当は証明は一から文章でずっと書き出すものですから、確か子どもも中2の時に、「証明」の単元で、穴埋め方式で出題をされると、少し整理がつきにくいと聞いていました。

英語は、今回からスピーキングが導入され、公立校で実施した学校があると聞きます。
採点は業者が行うということですが、機械の都合上、行わない学校もあったと報道されましたが、我が子の学校では、1学年が多いので、スピーキングを実施することができず、子どものコースではICT教育が導入されているので、実施可能でしたが、公平性という点から実施していません。

子どもからの反応は?

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_s

実施日に、問題を見せてくれながら、子どもから聞けた今回の全国学力調査については、
  • 記述がやたらと多くて、時間がギリギリだった(国語)
  • 図形の移動問題は簡単すぎると思う(数学)
  • 証明の穴埋め問題がめんどくさい(数学)
  • 英語は簡単すぎたかもしれない(英語)
  • スピーキングテストを受けたかった(英語)
でした。スピーキングテストの存在は、公立中学校に通う小学校時代に友人から教えてもらったらしく、もし実施していたら、やってみたかったと話していました。

スピーキングテストも含まれた理由

c947b34eee41a3bb309908d279da3b7c_s

スピーキングテストが入った理由としては、来年(2020年)に実施される大学入試改革で、英語について4技能を試すことを重要視しているためではないかと考えられます。

4技能とは、
  • 書く
  • 読む
  • 聞く
  • 話す
この4つです。特に「話す」という技能については、「自分なりの考え方・思いを英語で伝える」という技能を求めていて、単なる単語の羅列ではいけないとしているのです。

私立校なら、ネイティブスピーカーの先生のもとで、英会話の授業を行なっている学校は多いので、もし実施されていても、なんともなかった内容ではないかと推測されます。

今回の結果は、参考資料にするとされており、生徒たちにも結果は伝えられないとされています。

私立校の生徒たちが気になるテストは、学内の実力テストの方

学校でどのように今回のテスト受験について聞いたかはわかりません。しかし、子どもの様子からすれば、「できて当然」のようでしたので、結果は教員には伝えられるかもしれませんが、少し悪い子は注意を受けるかもしれません。

それより、我が子も気にしているのが、学内で行われる実力テストで、こちらの成績や順位を一番気にしています。

中1からずっと受けているので、中3になった今、自分がどのぐらいの成績で、順位がどのぐらいなのかが気になるところでしょう。

関連記事:ベネッセ学力テスト<中2編>の結果。やっぱりきたぞ学力差


定期的に学力テストは実施していますが、春が一番緊張するテストで、ベネッセを使う予定とは聞いています。結果は、5月の保護者会を通じて返されるとは思うのですが、今は学内の学力テスト対策で、精一杯というところです。こちらの方が難易度が高いから。

というわけで、文科省が実施した全国学力テストについては、私立校が参加しても、授業速度や教え方が違うというところから、どうだったのだろうと考えさせられます。

スポンサードリンク

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この春から中3に進級して、早速授業が始まっていますが、年間行事表をもらって帰ってきました。その中で、4月18日(木)に「全国学力調査(中3)」と記述があったので、驚きました。

小6と中3の生徒に行われるテストで、文部科学省が平成19年から、全国の子どもの学力調査を行うというもので、原則、国立・公立・私立の全ての生徒が受けることが義務付けられています。

小6は別として、私立中学の3年生が参加する学校は、全国の学校から言っても半数以下といわれています。

子どもの学校の思惑は、わかりませんが、私立校が文科省が実施するテストに参加しないかを紹介します。



原則として全国の国立・公立・私立の学校で対象学年は参加

文科省の全国学力調査の資料でも紹介されていますが、原則として、全国の小6・中3で、国立・公立・私立の小中学校生が参加することになっています。

現在中学生で、小6の時に受験されている生徒さんをもつご家庭はご存知ですが、中学生については、
  • 国語
  • 数学
  • 英語
の3教科になります。これにプラス学習状況の調査用紙が配布されて、答えるという方式です。

結果については、自治体に通知されて、学校側にも報告があがります。だからといって、個人成績への影響はなく、学校全体の指導改善のために使って欲しいというのが、文科省側の実施理由です。

参考資料:文部科学省「平成31年度全国学力・学習状況調査など)


私立校の中3生でも、参加しない学校があるのは?

文科省側としては、全国の中3生の学力調査を目的としているのですが、私立校は、文科省の管轄外という点と、授業速度が中3であれば、超難関校のお子さんでは、高1以上の授業をすでに開始しているところもあります。

国の教育方針と学校の教育方針が違うことと、管轄外で強制力がないということから、参加しない学校が多いです。

調査から見えること。国のテストに参加して......学校側にはメリットがない

国立教育政策研究所が独自で行なっている調査で、直近の平成29年度分でみると、参加している私立校の生徒さんの国語・数学(A・B)では、やはり公立校と比較すれば、私立校の方がA・Bともに成績がよいわけです。

私立校の参加校は、2007年は60%超えをしていたものの、今は半数を切る数で、毎年実施日の翌日に解答例が出ていますが、有名校の子どもさんがすでに終了している範囲なので、参加しても学校側にはメリットはなく、自治体側として、学力順位をあげる要素にはなります。

ただ、学校側が参考にできるのは、近年生徒の興味が落ちてきている「数学」の評価がわかりやすいということで、思考力」などを問われる「数学B」に対しては、私立校としても興味があるところなのかもしれません。

参考資料:国立教育政策研究所 「平成29年度 学力調査」実施結果
     
我が子の学校が参加することになったのは?

このことについては、まだ学校側から一切説明などはなく、首を傾げるばかりです。

ただ、考えられるのは、「大阪府」にある学校で、大阪府は毎年最下位級をとる自治体とされて、教育をどうするか模索していました。

過去に、学力調査のテスト結果を高校受験時の内申書に反映させるという問題や、テスト結果を上げるために、過去問を解かせるという大阪府内の自治体もあって、問題視はされてきました。

今まで、我が子の学校は参加していないのですが、今年なぜ参加することになったかは、やはり大阪府側からの要請があったのかもしれませんが、後日説明があることを待つことにします。

まとめとしまして

今回は7月頃に、結果発表が行われると言われていますが、行事表をみると、ちょうど期末テスト中でした。子どもたちへの説明が行われるかはわかりませんが、新聞で自分たちの学校がある自治体の順位はわかります。

私立の学校の生徒さんは、日頃から個人同士での成績評価はするので、小6で経験しているとはいえ、見方が違います。自分達の評価がわからないまま、夏休みを過ごすことになるので、ちょっと酷な話になるかもしれません。

スポンサードリンク

fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

2018年もあとわずかになりました。
子どもも、学校の講習会が終わり、やっと冬休みに入り出された宿題や、休み明けに行われるテストの勉強に追われています。
基本としては、お正月3が日はお勉強はおやすみしますけれどね。

さて、私立の中高一貫校でも中堅校に採用されている、ベネッセの「学力テスト」が三者懇談会の時に返却されて、結果などがわかりました。

中2生になると、どのような変化が出るかを、紹介していきます。



中2になると大きな差が出やすくなります

懇談会の時に、見せていただいた成績をみて、「驚き」しかでませんでした。

事前に子どもから聞いていたのですが、成績が1年の時よりかなり落ちていました。

話が後になりましたが、ベネッセの学力テストは、国が行う「学力テスト」とは異なり、
私立の中高一貫校の中堅校が採用しているテストで、一部の公立校でも採用しています。

国の学力テストと異なる点は、小6と中3だけでなく、中1から連続して毎年受けることができるということで、1年間の学力推移が見やすいということです。

私立中学は、実施した時にどこまでの単元を終了させているかで、この学力テストの点数に差が出やすいという弱点はあるものの、国語や英語はそれほど差が出にくいので、1年の時からの学力を知るにはちょうどいいでしょう。

ただし、数学については、学校やコース制次第で、大きく差が出て、我が子のコースの場合、一次関数をする前に、学力テストが行われたので、できなかった子が多く出たと聞きました。
塾に通うのは禁止されているので、どうしようもなかったのですけれど、他のコースと差をつけていたというのは、少し問題があるのかもしれません。

中2は一番中だるみが出やすい時期

中1の時は、成績がよかったはずなのに、がくんと中2の途中になって下がってしまう生徒さんは確実にいます。
私自身も中2の2学期にかなり成績が落ちて、高校受験のために、塾に通っていた時にちょうどドスンと低下したのも中2の2学期でした。


図解で解説しましょう。(下手くそでごめんなさい)

解説図 2
入学時は、中学受験で習った内容が高校生級のことをしてきているのと、まだ中学受験時の勉強癖が残っているので、成績はキープされます。
しかし、クラブ活動や、科目ごとに先生が変わるなどの小学校時代とは違う環境に置き換わるので、勉強方法や生活リズムが変わります。

入学時のレベルをキープすることが徐々に難しくなることと、中高一貫校であれば「高校に余裕で進学できるよね」という油断から、勉強時間や読書時間を減らす生徒さんはいます。

そのつけがくるのが、中2。

中2でキープしているか、成績をあげてくる子もいるのですが、「成績の中だるみ」が出やすいのが、中2です。

子どもも、最近囲碁の腕をあげているのはよいのですが、国語と英語の先生が苦手だということから、読書量が減ったり、文句をぶつくさいいながらやっていました。

先生への反抗心から今まで積み重ねてきたものを、自分で壊していたということになるので、当然のごとく、成績は落ちてしまいます。

学力をあげるなら、冬休みと3学期の勉強次第で大きく変わる

私の経験と、先生からのアドバイスとが一致したので、お話できますが、学力テスト終了後、すぐに「間違えたかも」という単元に対して、見直しをしなければ、いつまでも学力修復にはなりません。

後日、テスト結果を返却されたとしても、間違えた場所の見直しと自分での再テストを行なって、苦手部分の克服をしなければ、学力復活への道にはなりません。

冬休みの宿題は、3学期に対応した宿題や2学期までにした単元のドリルなどが渡されていますが、それを期日前に片付けて、はい終了では意味がありません。

もう一度、見直しをして、間違いがないかのチェックと、宿題をしていて苦手だったところを普段使っている教科書や問題集で、定着させることが大事です。

さらに、3学期になれば、クラスメイトの子などが自分なりの勉強方法で復活してくるので、自分も復活しないと、取り残されてしまうということになります。

親御さんとしては、「ど、どうしよう」と焦るかもしれませんが、勉強方法については、中学受験時に自分の方法ができていたはずなので、お子さんにその時の勉強方法を思い出してもらうしかないです。
特に中2は「反抗期」に入っているお子さんが多いので、親御さんがやいのやいのというと、反抗して成績がさらに下がる要因になります。

まとめとして、あげるもさげるもお子さん次第

簡単にベネッセの学力テスト中2編を紹介しましたが、私立校での進度がはっきりわかるのもこのテストの特徴です。

我が子の成績としては、受験母体数からの計算でいくと、さがったとはいえ中間層のレベルでした。
しかし、子供のが満足している成績ではなく、がっかりした内容でしたので、先生からもしっかりとお説教を受けることになりました。

実は、同時に期末テストもどんと落ちていて、落ち込むことにはなるのですが、自分の勉強の甘さを汁ことになったので、ベネッセの学力テストの返却と、期末テストの返却はいい薬になったといえます。

スポンサードリンク


4216b368aa81f1d33cc13b9a1d13aba2_s

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

昨日は、子供の学校行事に参加させていただいていいお話も聞けてよかったです。

我が子に本当は持たせたくはなかったのですが、スマホを入学時に持たせています。
ただし、SNS系アプリは一切入れさせていませんし、勝手にダウンロードできないように
ちょっとした操作をしました。(Google Playなら実は操作できます。iPhoneの方はまだ検証
していません。)

クラスメイトから「なんでLINEしないの?」「インスタ楽しいよ」と誘われるそうですが、
めんどくさいらしく、本人からも拒否しています。

なので、友達とのやり取りは、普通のEメールかショートメッセージになるのですが、
子供からひとつ指摘がありました。

「みんな、主語が文章にない」というのです。

更に、昨日の行事では子供達は感想文を書くことになっていて、すっと書けたのは数名だったと。

子供からの意見と私の見解も含めて、子供とSNSとの付き合い方からどういう影響がでるかを
紹介します。



ある日のメールのやりとり

うちの子とクラスメイトのある日のやり取りを再現しますね。
うちの子は仮の名を「ひよ」とします。(全然ひよこじゃありませんが)

<友達とのメールやり取りの一例>

Aちゃん:「宿題教えて」

ひよ:はぁ?なんの宿題?「何の宿題かわからないから教科教えて?」とメール。

Aちゃん:「あれやあれ !」

ひよ:わからん!(怒る)「Aちゃんが教科がわからないと教えられないよ。」とメール。

Aちゃん:「国語」

ひよ:え?宿題ないのにね。「今日の国語で宿題はないよ。もしかすると英語Gかな?」とメール

Aちゃん:「そう!」

ひよ:「英語Gなら、教科書の(ページ数)からとワークブックの(ページ数)だよ」とメール

その後返事がなく、子供ぶちぎれる。

このようなやり取りで、ふと気づきました。

LINEのようなやりとりは主語・述語が消えてしまう

大人のEメールのやり取りでは、主語・述語がきちんと成立していて、文章になりますよね。

子供同士では、もうLINEが主流になっていて、即返答しなければいけないルールも存在する
せいか、文章を省略する癖がついてしまうようです。

大人でも、LINEをすることはあるかと思いますが、大人同士のやりとりと子供同士のやりとの
大きな点は、「省略形が多い。文章として成立しない」ということです。

国語の授業では、すらすらと記述問題でその物語などが問いかけることを書くことが
できるはずなのに、作文という創作の世界になると、国語で学んだことが発揮できずに、
困ってしまうという現象がでます。

国語の解答は大丈夫なのに、自分で自分の意見を書くという行為は、
SNSの世界に馴染みすぎると、国語の作文能力を削ぎ落とすことになります。

スマホルールとSNSどっぷりにさせない工夫が必要

子供はまだまだSNSの怖さというものを知らないので、安易にいろんなアプリを入れて
やりとりさせることは非常に危険です。

スマホをすでに手渡している場合、子供さんとよく話し合って、SNSアプリが本当に
子供さんに必要なものかを話し合う機会は大切です。

大人でもSNS上でトラブルがあって、犯罪にも巻き込まれてしまうので、
慎重にアプリ導入を考えて、子供さんにも納得してもらう必要はあります。

そして、スマホは夜は取り上げるというルールなど、勉強とフリーな時間の
区切りも大切。

反対に、大人も子供さんにルールを守らせる以上は、自分たちで決めたルールは
守る、要するに「お手本になる」必要はあります。

まとめ

もうすでにかなりやり取りをしている子供さんに、あらためてアプリを削除させることは
非常に難しいのですが、日頃からどういう文章を書くか、お母さんからたまに
ひとつお題を出して、作文をしてもらうことや日記を紙ベースに書いてもらうと
作文能力は、復活といいますか、上がってきます。

我が家は、スマホを持たせた時から「よその子が誘ってきても絶対SNSはさせないよ」と
伝えて、実際にあった話を聞かせたので、話し合いの上、ある程度の年齢になってもう一度
子供と話し合って、SNSアプリは許可するつもりです。

ただし、最近は子供が見ず知らずの人と遭遇して、事件に巻き込まれるケースがあるので、
SNSとの付き合いは、大人である親御さんが慎重にある程度の年齢になるまで管理などを
行なってください。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ