2eec62656b03ebdffef58f9fe3084f17_s


「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

40歳の5月頃になると、ふらっと1枚大きな封筒でお手紙がきます。
私も40才になって、5月頃に主人の健康保険組合からA4サイズの封筒が届きました。

中身を開けると「特定健診のご案内」という手紙と受診票や様々な資料が入っています。
40歳〜74歳が対象になっているこの「特定健診」。

必ず受けておくことをオススメします!
てわけで、どんなことすんのっということと注意したいことを紹介します。

スポンサードリンク


どういう検査するの?それと費用は?

対象者は、40~74歳までの人でなおかつ、
  • 国保に加入している人
  • 会社に健保があって加入している人の被保険者と被扶養者(奥さんや子ども以外の家族)
  • 共済加入者
が対象者になります。

基本の検査内容は、
  • 問診と診察
  • 身体測定(体重と身長)
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 血中検査(肝機能・血中脂質・血糖値)
前回の検査で見つかった病気で医師が追加する検査としては、
  • 貧血検査
  • 心電図
  • 眼底検査
を追加する場合はあります。持病を持っている場合は、問診票に申告しておくと、
検査結果分析の時に考慮してくれます。

検査代は無料です。

ただし、基本の検査に、それぞれの保険組合で追加できるものが異なりますが、
  • 胸部レントゲン
  • 胃のバリウム検査
  • 大腸がん検査
を追加することはできます。ただし、1000円(消費税抜き)程度それぞれの検査に対して
負担する場合があるので、受診希望の時は、必ず問い合わせしてくださいね。

集団検診がいいか個別検診がいいか?

案内の中に、集団健診か個別検診か選べると書いているはずで、
集団検診の場合は、国保なら保健センターがほとんど。
健保や共済だと、集団では巡回で日にち指定でくるのですが、私の住んでいる地域で
確認すると、毎年11月ぐらいで、忘れてしまいそうになります。

未受検だと、督促の手紙がくるケースがあるので、なかなか巡回検診が来ない場合や、
指定日でどうしても受検するのが難しい場合は、個人病院で、国保もしくは健保と契約している
病院で検診を受けることができます。

その場合は、
  • 集合契約A(「日本人間ドック学会」「日本総合検診医学会」「全日本病院協会」「結核予防会」
    「全国労働衛生団体連合会」に加入している医療機関)
  • 集合契約B(特定健診に対応の地域の医師会など国保の委託機関を中心とした医療機関)
かを調べなければいけないので、国保・健保のホームページで確認するか、窓口に問い合わせると
個人受検受け入れ先を案内してくれます。

郵送されたものは使えなくなるので、個人用の申し込み券を発行をお願いすれば、すぐに郵送して
くれます。

私の場合は、かかりつけの内科医が集合契約AとB両方対応だったので、対象年齢になってから、
ずっと同じ病院でお願いしています。

最寄りの病院で個人で特定健診を受けられるのなら、予約が必要かどうかは聞いて、
予約が必要なら取るのはお忘れなく。

実際の検査・・・涙涙です

d37ab738aac2ab2b204601cf1fb4a65c_s

私の場合は、かかりつけの内科医が特定健診を受けられて、予約不要だったので毎年そちらで
お願いしています。

まず、空腹で行くのは当たり前として、問診票に名前・住所・年齢や気になること、通院歴は
書きます。
大腸がん検診は追加してもいいかなぁといいながらも、毎年断ってしまいます。
大腸がん検診もできれば費用はかかりますが、受けておくと安心です。
(と両親に聞かされました)

身体測定で一番嫌なのが体重で、病院によってはその時期の洋服分を差し引いてくれるのですが、
私のいつもいく病院は容赦無く洋服分は引いてくれませんでした。

それとウェスト測定。メタボ判定に使われます。

尿を取って、それから先生による血圧測定と血液採取、問診が行われます。

大腸がん検診などを希望した場合は、検査キットを渡されるかバリウム検査を受けられる
病院の予約を取ってくれます。
(対応は病院で異なるので、追加検診については、必ず聞いてくださいね)

スポンサードリンク


結果をみては反省するし、重病が見つかることも

個人で受けた場合は、1週間ほどで結果がくるので、指導も受けに
検診結果を聞きにいきます。

毎年受けて、1回だけ文句なしの年はありました。
ただし、私の場合は、仕事で動く時期が少なかったときや、持病で寝込んだ年は、
必ずといっていいほど、「血中脂質」でひっっかるのです。

その時って、必ず太っている時なので結果を聞いてからかなりダイエットに励みます。

私の知人は、特定健診で大腸がん検診をプラスしていて、たまたま検査で
「精密検査必要」となって、切り取った方がいい腫瘍が見つかって、助かっています。

まとめ

あっという間に終わりになりますが、40歳になったら、絶対特定健診を受けることをオススメします。

その前に、受信していなければ国保・健保から督促がきます。
「もし受診しなければどうなるんだろう?」と思われた方はいませんか?

私たち、保険加入者にペナルティはきませんが、国保なら市区町村へ、健保なら健康保険組合に
対してペナルティがかかります。どのようなペナルティかは公表されているサイトもありますが、
受診率が悪いと、将来的に私たち保険者の保険料が値上がりするということになります。

無料で受けられるという美味しい話で、健康管理のために、もし対象年齢になれば、
受診してくださいね。

スポンサードリンク