d3fff864.jpg

photo by 写真AC

どもども、ペンペン(@penpenwaker23)です。

私も一応物書きの端くれでございまして、中学受験の話をしながらも、
記事執筆をしています。


IMG_0056

なんだか最近クラウドソーシングでいい案件がないような・・・
気のせいかなぁ・・・


IMG_0912彼氏登場!!
いや気のせいだと思うけど、最近フリーランスで働きたいって人
増えてるからどうだろう?



クラウドソーシング会社2社をメインに活動していますが、
ずっと掲載が続いている案件が多いように感じています。

高単価(文字数の単価が高いか、記事の単価が高いかいずれか)の案件には
大量の提案もしくは応募が殺到しています。

仲間の間でも、どう仕事を探して行くかというのが課題のようにもなっているのは
事実です。

今回は、フリーランスの働き方に注目をしてみることにしました。






WELQ問題以降医療系・生体関連が出なくなった


クラウドソーシングで記事執筆をしている人間に、大きなダメージを
与えたのは「WELQ問題」でしょう。

あれは、配られていたマニュアルもひどく、いい加減な執筆作業を
請け負ったクラウドワークスやランサーズの案件チェックは、
あの事件以降は公開する前にかなり審査が厳しくなりました。

一度請け負った仕事でクライアントさんに気に入られた場合、
後日新しい案件を立てた時、スカウトメールがくる場合があります。

メールである程度どういう案件かはわかります。

「さて、提案したいなぁ!」と覗きに言っても、数時間見れない時が
あります。

実は、公開して問題ないかというチェックをかけてて、
公開が遅れているってことで、少し時間がたってからみることはできます。

スカウトメールでも「この人にお願いする!」というのは安心して
いいです。

最近、運営側でチェックをかけていても怪しげな案件はあとを立たず、
通報するケースは多いです。

そして、WELQ問題以降、医療関係のサイトに監修が入るようになったので、
医療資格を持っていても、今後は専門外のことは書きづらい状況になると考えられます。

生体(いわゆるペット関係)も、最近は人間とよく似た病気や
特殊な病気が出ているので、専門の監修(そのサイトに委託されている獣医師)が
チェックをするので、ペット関連でもペット看護師や獣医師そのものが執筆
でないと難しくなっています。

ペット関係でも病気やしつけ関連については、専門サイトがメインになりつつ
あります。

クラウドソーシングでペット系の案件を見つけたとしても、
おしゃれなものを扱っているお店の情報収集や
ペットフードのアンケートぐらいで、単価が非常に安いし、
この案件もあまり出なくなりつつあります。

忘れてた!私の今の状況

先に今減って来ている話を出しました(汗)
すみません。

私は、現状としては一応フリーランスの物書きとして働く一方、
趣味でしている編み物やネイルアートのチップを売る(予定)
というハンドメイド品を作って売る人として動いています。

始めた当初は稼げていたのですが、途中で子供の中学受験があって、
仕事量を減らし、落ち着いてから仕事量を徐々に戻しましたが、
また今は体調の問題で落としています。

最近、外部からの仕事依頼と募集があったのですが、
非常に厳しいレギュレーションと担当者と相性が悪くて
お断りしたものはあります。

反対に、いい条件だったけれども、持病の関係で
取材が難しいということで、取材なし案件が発生すれば、
後日連絡というお約束をとりつけたお仕事もあります。

物書き業二年目ですが、今ちょうど苦戦しているところです。

こっそりと募集しているところあり


クラウドソーシング社を通じての仕事の安全なところは、
仮払い制度(エスクロー制)があることでしょう。

法人ではない方がクライアントさんのケースもあって、
報酬を支払わずに逃げてしまうこともあるので
仮払い制度はいい制度です。

最近、クラウドソーシング社で問題になっているのが、
文字単価が1円を下回って、文字数が2000文字以上と
わりに合わない仕事が多いから、外部の会社に営業をかけている
人は多いです。

女性でおしゃれに興味のある方なら知っているかもしれませんが、
おしゃれサイトのおまとめアプリが登場しています。
その中で、アプリの会社がおしゃれサイトを運営していて、
こっそりと「ライター・編集募集あり」と出ているケースもあるので、
見逃しがちですが、チェックして募集してもいいでしょう。
(興味のあるところは見つけているけれど、募集まだしてない)

営業もいいけど待つことも大切


気になるサイトに営業をかけて、お仕事をいただいている方は
多いですよね。

あまり営業ばかりしていると、精神的に疲れて来ませんか?

実は待っていることで、仕事が舞い込んでくることはあります。

ちゃちゃちゃーん!

「ブログ運営!」

実は、ブログを書いていることが仕事に結びつくことは多いのです。

アフェリエイターの方でも時々話があって、何記事か書いているケースも
あれば、書籍化されているケースもありますし、
私も大手情報会社から、記事執筆のお話を頂いたのは、
ブログ運営でした。

ブログでも、「こういうのが読みたい」と読者層がはっきりしている
分野のブログを運営している人が注目されて、話がくることがあります。

フリーランスの活動をされている方で「ブログ運営なんてしてないよ」と
いう方は、無料ブログでもいいので、仕事のことや
自分の興味のあることをまとめておくと役に立ちますよ。

まとめ



IMG_0912素敵な彼氏、再び登場!

なかなか難しい世界になってきたなぁ。
確かフリーランスを守るうんぬんの話出ただろ?


はい、その通り。
フリーランスの賃金問題などようやく政府が動き出した訳ですが、
今、ライターさんの間で大騒ぎになっているのは、
「国民健康保険」の部分です。

所得が高い人は、主婦でも扶養抜けをして国保に入るわけですが、
所得とその地域などで、えらく高い保険料を支払わなければならないケースも
あります。

昨日、「文芸美術健康保険組合」にライターでも加入できるという情報が
出て来たので、問い合わせしている価値はありますね。

会社に勤めながらライター業をしていて、フリーランスになる方。
「任意継続制度」でしばらくしのぐ方法もあります。
失業してから2年間しか使えない制度で、もしかするとお住まいの市町村の
国保より保険料が高くなるケースもあります。

*退職する前に、2年間とはいえ保険料は調べておきましょう。

主婦の方だと、調べてみて扶養抜けすると家計的にピンチになるケースも
出てくるので、一度収入について考えることも必要でしょう。

IMG_0056
うーん、これからフリーランスは仕事がしにくくなるのかなぁ?
心配するわ。


ようやく政府が動き出したところなので、どういう結果になるかは
わかりませんが、税制面のことも考えつつ、
焦らずに働くこともひとつの選択肢と考えていきましょう。