b84e1914.jpg

イラストbyイラストAC

どうも、ペンペン(@kyusaiwaker23)です。
中学受験に向けて、関西圏はもう残りわずかになっていますし、
関東圏もあと1ヶ月。

冬季講習もあれば、年越し講習を実施する塾もあるはず。
以前、どれだけ最終的に塾にお金をお渡ししたか、そして入学する学校に
どれだけお支払いすることになったかを計算してみました。

今後の中学受験に対することもちらっとお話します。



合格するまで塾にお支払いしたお金の話

これは通塾を開始して、どこから中学受験についての対策を取るかによりますが、
学年ごとにどんどん授業料は上がりますし、クラス変更で授業料が変動することがあります。


それと、集団授業でいくか個別指導のみでいくか、もしくは併用するかでもどんどん
お支払いする授業料は変わっていきます。

我が家の場合は、小4からまず普通のクラスに入ってそれから、中学受験をすることを
お伝えしてから、子供の性格を考えて、個別指導のみで最後まで通いました。

途中でコマ数を増やして、赤ちゃんの時からためていた学資に響きかけたのですが、
実家の両親から20万円ほどの援助は受けたものの、結局そのお金は入学金に
使っています。

有名どころの塾に通っていた今のクラスメイトの子からは聞けませんが、
我が家の例とほぼ一緒なので、仮に小学4年生から中学受験対策を初めて、
4教科受験をするという場合、おおよその金額になりますが、
最低80万円と思いきや、実際は100万円以上は使っていました。

赤ちゃんができて、周辺の学校事情を知っておいて、
「行かせるべきかどうか」と迷ったときは、すぐに資金運用や
学資確保は優先しておくといいでしょう。

入学後にかかるお金

まず合格すれば、複数受験をして合格すれば、その学校に対して「入学金」を
納めなければ、合格とみなしてくれません。
志望校をたくさん考えて、全部合格するととんでもない金額になります。

ちなみに、入学金については、ほとんどが20万円です。

我が家は1つのみの複数コース受験でしたが、複数コース受験しても、
第一希望のところへの回し合格だったので、20万円ですみました。

一度納めた入学金は、ある条件がなければ返金は一切行いません。

ある条件とは、その学校の前期・後期や日程が違いなどの学校側が提示する
条件が揃って入れば、全額とまではいかないのですが、半額返金をしてくれる
学校はあります。
これは、出願案内にも出ているはずですので、確認してください。

忘れはいけないのは、入学後の学費と制服代などの制定品です!

入学案内に制服代などの制定品の金額が書かれていないところが
ありますが、入学後の中一生の学費などの面を考えると、
おおよそ100万円は用意しておくと安心でしょう。

中学生なので教科書は国の無償教科書もあれば、独自教科書を使うケースも
ありますし、体操服がブランドものだったりと、結構お金がかかるので、
最初はびっくりしますが、その後は買い足したりするのみですので、
いいのですが、まだえー!!となることはあります。

「寄付金」!

任意とは書いていますが、任意と思わずお支払いする方がいいです。
だいたい10万円ぐらいのお願いできますが、後々のことを考えておくと、
お支払いしておく方がいいです。

学校によっては、「学校債」を発行して、集めたお金で学校運営に
使ってから、卒業時に返金してくれるという学校もありです。

塾の支払いで困ったとき

塾の支払いでどうしても困った場合、これは、娘の塾で対応してもらえた制度で、
おそらくどこの塾でも相談に乗ってくれるはずなのですが、
おじいちゃんやおばあちゃんからの教育費援助の制度があります。

これについては、税法の問題や書式があるので、塾側と必ず相談の上、
必要書類を揃えて最寄りの税務署に提出してください。

一番の問題が学校に通学してからのお話

なんとか中学生の間もしくは1年間学校への学費をお支払いできたとしても、
経済的な問題でお支払いできないという状況も出てくるかと思います。

国や都道府県で「私立小学校・中学校へ通学する家庭への補助金制度」は
あって、年間10万円の補助金制度はありますが、
所得制限でほとんどの人が補助金を受けられないというのが現状です。

大阪府の場合でも家族の総所得が590万円未満の非課税世帯とされていました。
実は、私立小学校や中学校で非課税世帯の家庭の方はまずいないし、
590万円未満の世帯は中学受験を諦めてしまいます。

さらに、高校生となると、公立高校は無償なのに、私立高校は、
これまた所得制限で590万円未満の所得家庭に対して無償化で、
年収ごとの支給額が確定してしまいます。

これは、娘の学校からも将来補助金制度が打ち切られる可能性が
高いということで、署名運動も行われました。

今後の考察とまとめ

所得格差が出ていますが、今後は学力格差も出てきているので、
小学3年生から4年生にかけて、私立中学にいかせるか公立中学に
進学させるかでかなりの親御さんへの負担金が広がるものと
考えられます。

ということは、小3から小4で教育格差ができてしまうということになります。
これじゃあ、親御さんへの負担というものは大きくなるので、どうか、
所得制限をかけるのではなくて、無償化にして、
教育水準を全体にあげてあげる必要はあると考えます。