IMG_0252
         photo by ペンペン

どうも!ペンペンです。

ブログにてちらっと語ってしまった、「宝塚歌劇ファン復活!」。

もう、うぇーい!!!と叫びたいぐらいです。

空前絶後のー!宝塚を愛し、宝塚に愛された女!
その名は、ペンペン!ウェーイ!ジャスティス!


と、叫びたいぐらいの大復活祭です。

noteにも特別にまとめ始めているのですが、実は、ヅカファン歴は
すごーく長く、出産した12年前で途絶えています。

宝塚ファンになったのは、高校三年生の9月。
一番進学でややこしいときに、当時のクラスメイト3人で
再演された「ベルサイユのばら〜アンドレとオスカル編」を
観劇に行ってから妊娠までの14年間、通いまくっていました。
(ベルばらは基本オスカル様が主役扱いですが、当時のトップさんが
アンドレ役の方がふさわしい人だったので、オスカルとアンドレ編には
なっていません)

当時、雪組の2番手でのちにトップ男役になる
一路真輝さん(いちろ まきさん)のファンクラブに入り、
ファンクラブの集いにも行き、そして、研究科1年生の娘役さんにも
ファンレターを送ってから、お友達にもなりました。

※一路真輝さん、退団後は、俳優さんの内田●●さんと結婚していますが、
旦那さんの浮気が原因で離婚しています。

宝塚歌劇団の掟で、歌劇団に入団した子は、劇団員とは呼ばず、
「生徒さん」と呼ばれて、研究生ということになります。

進学はというと、私は推薦で短大に入学して、友達は京都の大学に進学
して福祉の勉強をしました。
(実は、宝塚音楽学校も受験しましたが、バレエとか声楽なんて勉強
していないので、速攻で落ちていまーす!うぇーい!)

その間も、ウェーイといろんな組の公演を見まくり、旧大劇場と
当時の雪組のトップ男役の杜けあきさんのさよなら公演にも
レッツパーリーしました。

今の現存する大劇場のこけら落とし公演にも行き、
ファンクラブの集いにもよく行きました。
実は、ファンクラブでの公演チケットの割り当てはあって、
当時は、大劇場のチケットセンターか、大阪・梅田のチケットセンターか
阪急交通社でしかチケットを並んで買わなければならず、チケット並びに
協力した子は、希望した日時の公演でも、最前列にいけるなどの
権利はありました。
(今のファンクラブのルールは謎なので、どうなんだろう)

社会人になってからも友達とよく見に行ったし、VISAカードを持っていたので、
貸切公演の抽選に当たって、よく見に行きました。

忘れもしない、阪神淡路大震災。

宝塚も被害を受けて、大劇場まで続く「花のみち」近辺のお店も
大打撃で、しばらく行けずじまいでしたが、復活してから、また頑張って
友達と観劇していましたが、その友達が急病で突然亡くなり、
行く回数が自然と減りました。

その後、気が向いた時には行きましたが、結婚して、
宝塚市民になってから、「市民劇場」という市からのプレゼントで、
宝塚歌劇を抽選でみることができるようになり、チケットも
取りに行きやすくなりました。

ところが、どっこいで、妊娠。

観劇には結構お金を使うので、節約のために妊娠を期に
ヅカファンを封印することにしました。

仲良しになった歌劇団の子も、退団して海外で結婚して声楽を
教えているそうです。

先日、まさか娘のPTAの遠足で宝塚歌劇鑑賞というチャンスをいただき、
中一からは、私1人しか参加していなくて、さみしかったけれど、
ふつふつと、ヅカファン熱が復活!

もう、懐かしお店はまだあったし、美味しいご飯も食べれたし、
宝塚最高!!!
宝塚友の会の申込書も申し込んだし、とても気に入った娘役さんに
ファンレターも書きたい!
もう高校生の気持ちに戻りました!

これで、自分の今抱えているもやもやが消えると、いいなぁ。

それは、明日、はっきりわかるので。

では、これにて。