042bdb3f767d7431d90e76c39e287a11_s

こんにちは、ペンペンです。

今日(10月7日)が運動会というところも多いようですが、中学や高校は、
9月開催が多いようで、今月は小学校や幼稚園が多いのかな?

今年度に中学受験をする小6の子、来年度にする小5の子、
今が受験校の選択時期なのかもしれません。
小5の子は、まだ参考程度でいいのかもしれませんが、
小6の子は、もう真剣に考えないとまずい時期です。

うちの子の学校は、入試説明会はもう開催されて11月にプレテストを
開く予定です。
入試説明会も1度しかしないところもあれば、プレテストを開かないところも
あるので、不安かもしれません。
一度、受験校を考える時期であるということも、説明しますね。

受験校の偏差値と今の偏差値を見ましたか?

実は、関西の私学希望者限定で中学受験をするお母さんの相談を「ココナラ」さんで
試験的にさせていただいているのですが、
ある小5のお母さんの相談をお受けしました。

ところがどっこいで、レベルの高い学校ばかりで、実際の偏差値は
到底無理といいようがなく、小5から巻き返すには厳しい状況
だったので、多分怒ってくるのを承知で丁寧に説明したのですが、
かなりお叱りを受けてしまいました。

多分、塾で「この受験はやめなさい」と言われたので、
ココナラで相談を探した可能性はあります。

中学受験はどうしてもお子さんにはまだ決定権がないということも
あるので、お母さんがむちゃな受験作戦を組んでしまうケースが
多く、冷静さも無くしやすいです。

ここは、一度いろんな試験の結果と志望校を
見比べる必要性は出てきます。


複数回の入試説明会をしている学校は大風呂敷を広げる場合も!

最近は、昔は男女別々だった学校が、共学校に変わっていて、男子校・女子校ともに
ピンチになってきていて、なんとか伝統を保とうということで、
複数回の入試説明会や体育祭や文化祭の見学、そして、
入試練習会など、呼び込みに必死な学校はあります。

複数回の入試説明会や入試練習会を開いてくれる学校は、
実は、説明会の中で、「入試当日、こんなの出るかもねー」とか
「この教科はこの問題は出ますよ」と少しだけ種明かしを
してくれるケースはあります。

塾側でも情報収集がこまめな先生は把握していますが、
お子さんとお母さんが知っておく方が、ご家庭での学習には
役に立ちますね。

プレテストではなく、入試練習会もその学校の教室で開かれるので、
入試の雰囲気も味わえます。


プレテスト・入試練習会の結果はすぐに塾へ!

塾側が一番欲しがる情報は、入試練習会とプレテストの問題と結果です。
その年のプレテストも合否判定の追跡に使いまして、来年度の中学受験生への
反映にも使いますし、今年受験をする子へのアドバイスにも
なります。

内容は精査されて、お子さんができなかった問題を重点的に
するよう塾側では指導されますが、
実は、志望校先でもプレテストや入試練習会の結果をもとに
どうすればいいかという相談会があります。

その時に、しっかり先生からのアドバイスを聞いておけば、
塾側の意見と食い違う点は出てくるかもしれませんが、
ほぼ同じ意見は出てくるはずなので、相談会があれば
活用するというのもひとつの作戦です。


絶対受験校全滅とならないように逃げ道的な学校は考えておく

受験校をハイレベルばかりに絞ったがために、発表日当日に
親子で喧嘩していたのを、娘の学校で見たことはあります。

私自身も、塾側の受験校選定の説明の時にも言われましたが、
「絶対お子さんを落ち込ませないよう、4校は受験校として
考えておいてくださいね」と言われました。

我が家はたまたま英語特化コースの学校で「特別専願枠」があったので、
それを利用しましたが、学校で同じクラスだったお子さんは、
ハイレベルと偏差値のみで受験校選びをしたのか、
全滅してしまい、公立校に流れています。

落ちてしまったときのショックは大きいです。
それで喧嘩してはたまりませんので、必ずお子さんが気に入ってくれて、
今考えている受験校で少しだけ偏差値が楽になる学校は
一つ滑り止めということで選んでおくのがいいです。


まとめ

とにかく、本人の夢を打ち砕かず志望した学校が全て通れば理想的ですが、
必ずその通りに行くとは限りません。
我が家は、たまたま一つだけで、午後受験で回し合格を狙う作戦でいきました。
なぜそれをしたかというと、プレテストで必ず合格できる確信があったことと、
しょっちゅう相談会に行って、話を細やかに聞いたことでした。

これから、ますます受験熱は出てきて、親子で疲れも出てきますが、
今が踏ん張りどきなので、頑張ってくださいね。