b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

こんにちは、ペンペンです。

先日は文化祭が開催され、いろいろとありましたが、
実は文化祭前に、子供の学校では始めての入試説明会が開催されていました。
既に1回のみしか開催しなくて、終了している学校もありますし、
複数回行う学校もあります。

複数回行う学校だと、何回か通ってみると、本試験の内容をちらっと
ネタバラシしてくれる場合もあるし、プレテストといって、
実力試しができるという会も案内してくれるので、
必ず行ってください。


入試説明会でわかること

塾側では得られない情報が得られます。塾側が聞きにいくことができる
学校もあるようですが、基本は受験する子と保護者が行くのが基本です。

一回だけなら、それは外すと一番痛いので必ずチェックしておきましょうね。
もし、気がついたら終わっていたとしても、一度志望校に
連絡を入れてみると、特定の日に見学させてもらえたり、
入試説明会では願書なども配布されるので、願書類一式を頂いて帰れます。

入試説明会でまず教えてもらえるのは、
募集人数と受験科目、出願方法などです。

基本は出願は紙ベースで事務所に提出するのですが、
複数受験をする子や遠方からの受験で事務所に来れない子、
学校側での管理関係などから、最近は「ネット出願」が
どんどん導入されています。
家にパソコンがない場合の救済策は学校ごとで異なりますが、
子供の学校の場合は、事前に予約しておけば、学校でパソコンを
お借りして出願というスタイルでした。

受験科目も、新しいコースが増設される場合など学校事情で
変更がかかる場合もあるので、しっかり入試説明会で
確認することが必要です。

特に2020年の大学入試改革に向けて、英語を受験科目に
含めている学校がたまにあるので注意です。

既に英語に関する資格を持っている、何らかの賞をもらっているなど
特別な資格を持って入れば、合格点に加算される場合もあるので、
特に英語の外部資格保持に関する加点は確認しておくといいでしょうし、
証明する書類の提出方法も聞くといいですね。

内申書について

まだ一部の学校では、内申書の提出は残っていますが、
ほとんどの学校はなしで、後日合格後に学校長宛に、「6年間の指導記録」などの
提出を求めてきますから、「学校の成績が悪くて、塾ではきちんとできている」と
いう子でも、実力で受験できるので、そんなに怖がることはありません。

もし、内申書の提出を求められた場合、受験校でチェックするのは、
出席日数ぐらいで、それはあくまでも参考資料。
「形式的にしか見ない」とお考えくだされば大丈夫です。

特待生制度を設けている学校がありますが、入学試験の当日の成績で決定するか、
特定のコースに対して、小学校時代の成績表の提出はあります。
特待生制度は、親御さんには懐に優しい制度ですが、
これを目的に「ハイレベルを目指すせ!」となると、お子さんが
パニックになるので、この制度利用は考えないようにしてください。

プレテストの案内があれば

ハイレベルの学校では、まず行いません!
中堅校などでは、自分の学校の手の内を「ちらっと」見せるために、
プレテストを行ったり、プレテスト前に、「試験練習会」などを
開いてくれる学校もあります。

手の内が見えるのは、赤本を買うよりもよく見える部分があり、
しかも、自分の今の学力や合格できるかも見えるので、
お得といえばお得です。
この成績で、ある程度自分の学力はわかりますし、
その学校の出題する癖は、はっきりわかります。

塾側は、プレテストが開催されれば、この成績や実際の問題を
非常に欲しがるので、問題の持ち帰りが認められて入れば、
お渡ししていいですよ。
そして、プレテストの成績で、塾側もお子さんの指導方法を
考えるので、プレテストのチャンスがあれば受験はして
おくことをおすすめします。


入試説明会で絶対聞かれること

入試説明会の受付で絶対書かなければならない、もしくは質問した時に
必ず聞かれるのが、「現在通っている塾名」です。

どういう塾の子供が、実際に受験しにくるのか傾向を
知るためで、弱小の塾の子でも受ける権利はあるので、
もし、そういう子がくれば、今後の学校運営にも影響は
出てくるので、難易度をあげるかさげるかという指針にもなります。

聞かれることは聞かれますが、恥ずかしがらずに
現在通っている塾もしくは通塾していないなどは
記録に残りますので、素直に答えてくださいね。


まとめに

今後は、体育祭なども見学ができる学校がありますが、そこの学校の雰囲気が
非常にわかるので、模擬テストなどの都合で見に行くチャンスがあれば
見に行くことをおすすめします。

びっくりすることもありますが、学校の教育方針も見え隠れするので、
体育祭も見に行くことができれば、ぜひおすすめします。

最終的に非常に大切なのは、「入試説明会」ですので、
これだけは、絶対に受験前に行ってくださいね。
実際にあったのですが、受験日当日がその学校へ初めてきたという
親子さんはいまして、受験日当日に学校説明会があったという
ケースはありますので、必ず志望校の今後の予定は
ホームページなどでチェックしてくださいね。