IMG_0193


こんにちは、ペンペンです。いててて。
肋間神経痛で、本当は仕事こうして打ち込んでいるのも辛いぐらい痛いのですが、
もやもやしていることでしたし、メルカリで同じようなこのスクショ元の方と
同じ目にあって欲しくないために、法務関連にいた立場と、
実は以前から指摘が多い部分でもあるので、説明します。


今回のこのスクショの経緯を説明

Twitterで公開された画像と公開した人の言い分を総合しました。
あえて、このかたのTwitterのアカウントは非公開とします。
(もうわかってるかもしれませんが、追跡しないでください)

・ある有名なバンドのコンサート限定グッズが高額販売されていた
・その売主に何度か「売るのをやめて欲しい」メッセージ送信。
・売主は応じないので、このアカウント主はメルカリ運営に通報。
・回答はきたけれども、スクショの文面通りで「これ以上すると
 あなたのアカウントを凍結するよ」との返事。
・腹を立てて、スクショをTwitterで公開。拡散を求める。

実は、コンサート限定グッズについては、Yahoo!知恵袋や教えてgooでも
「これって変じゃないの?」という質問は上がっていて、同一の回答です。
私も、知り合いに法務関係者がいるので、見てもらい、私も調べさせて
いただきました。

コンサートチケットの話とグッズ販売とは法律の適用が違ってくると
いうことです。

え?コンサート限定グッズの出品は違法にならない?

残念なことですが、コンサート限定グッズのメルカリなどの売買サイトや
オークションへの出品は、現時点ではあらゆる法律で取り締まることが
できません。

営利目的のチケット出品は都道府県が定める「迷惑行為防止条例」
触れるので、売買サイトやオークション側は禁止します。
(あとで説明しますが、チケットでも売買がいける条件はありますよ)

コンサート限定グッズ販売については、ファンの人には残念なのですが、
「迷惑行為防止条例」は適用されず、売っていいことになります。

難しい言葉でいうと「所有権の譲渡」というのが、コンサートのグッズ
販売コーナーで行われるので、グッズの持ち主はグッズ販売会社から
ファン(じゃないかもしれない人も含む)に移るので、
買い主が保存していようが、どこかに売ろうが自由ということになります。

主催者側もグッズ購入個数の制限をかける、転売禁止などを呼びかけていますが、
条例に含まれないために、売買サイトでも禁止ができないというわけです。


チケットの売買については?

ごく普通の人が購入していたコンサートチケットが「あ、急な用事でいけない」
「仕事入ったー!」で行けなくなったということもあるので、
そういう本当に困っている人の救済策として、「営利目的ではない」と
いう文言を入れることでなら、出品してよしというのが、売買サイトなどの
見解です。(本当に営利目的ではないというのは、その人の他の出品物を
見ると、すぐに見抜けます)


ただし、出品チケットが、顔認証などの事前認証登録が必要な
チケットというケースで、入れなかったということでトラブルには
なっています。

アーティストのコンサートチケットは、事前認証登録がないと
入れないというのがありますから、売る側もそれを確認しないと
トラブルになってしまいます。

チケット専門の売買サイトでは、適正価格で売ることや
事前認証なのかを登録する仕組みにはなっていますが、
事実上法外な値段で売っているケースはかなりあります。

逆に自分が悪者になるケースが今回の例

今回は、先に運営を通じて連絡していれば、運営からこのような
説明は受けられたのですが、しつこく出品者にメッセージを送っていた
ことが、裏目になって、逆に出品者から「嫌がらせを受けている」と
通報されたものと考えられます。

どのぐらいの値段で販売されていたかは、すでに非公開になっているので
わかりませんが、法外な値段でコンサート限定グッズが売られていたと
考えられます。

「これっておかしいよね」とファンの人からすれば、納得できない
出品ですが、そもそも、コンサート主催者側も「コンサート限定グッズ」と
煽ってホームページで公開しているケースもあるので、
主催者側にも責任はあります。

責任はあることはありますが、主催者とて商売ですから、
グッズを売ることで収益はあって、グッズの「所有権の譲渡」は
商売という形で成立します。

出品者にしつこく「売るな」などのメッセージをどんどん流すのでは
なくて、先に運営側に質問をしていれば、納得のいく回答は
もらえたかもしれませんが、おそらくファン側は納得いかないでしょう。

私も宝塚ファンですが、今は購入自体が厳しくなっているので、
見に行くのも諦めていますが、しつこく買い主さんにメッセージを
送ったことが、裏目に出たというのもあります。

こればかりは、メルカリが悪いともいえないところです。
(本当に擁護できなくてごめんなさいね)

まとめ

コンサート限定グッズに関しては、行けなかった人にとっては
喉から欲しいものでしょう。
それを売りに出すということは、本当のファンではなく、「せどり」を
期待して販売しているのでしょう。

実際に「せどり」販売にいいグッズとして、コンサートの限定グッズや
そのほかのイベントでの限定グッズは売れやすいと教えているサイトなどが
多数あります。

ちなみに、将棋界の新星の子が連勝記録を出した時も、日本将棋連盟は
ファイルを1人5点までで販売しましたが、結局メルカリで半額以上の
値段でかなり販売されました。

法律での拘束力が現時点ではない以上は、見かけても
「絶対に買わない!」という方針で無視するのが一番っていうことです。