D06D5395-35C8-41F4-A366-83DEBBEAF676


こんにちはー。ペンペンです。

私は、4●歳の主婦兼業の物書きでございまして、ときめき系の記事に
手をつけたことがないんです。

なぜかというと、一番最初に引き受けた仕事が、ときめき系で
デートスポットについて、見知らぬ土地のデートスポットについて
紹介するという内容のテストライティングでした。

テストライティングというのは、クライアントさんが求めているレベルや
知識、文章力などを試すもので、当時初心者の私は、今思い返しても
かなりいけていない記事を書いて、不採用。
さらにひどいことに報酬なしだったといういやーな思い出があります。

それと、結婚して出産してからは、病気のせいもあるし子供の世話で
ゆっくりとときめき系の雑誌から離れてしまいました。

少し余裕が出てきて、年齢相応の雑誌が読みたくても
本屋さんによっては、立ち読みできないように、紐でしばっていたり、
特殊なゴムがかけられているし、付録がついて値段が高くて、
敷居が高く感じられました。

おしゃれにも疎くなって、「かなり乾いているなぁ」と思った時に、
友達や後輩の子から「こういう雑誌、面白いよ」と教えてもらって、
CancamやMORE、WITH、non-noといった、本当に若い10代後半から
30歳代までの雑誌を試しに買ってみました。

先日、Cancamでのびっくり仰天記事には参りましたが、
その他の雑誌をみていると、なんだか心がウキウキしてきて、
最近いい話もなかったので、落ち込んでいたのが、気分が上がって
美容のこともとても参考になりました。

私は全く知らない世界のことも紹介されていて、
「もう、若い子の情報の宝石箱や〜」の世界でした。

おまけも豊富だし、パソコンの周辺機器をまとめておくのにも
便利だし、作りもしっかりしていて本当に便利!

MOREでは、エッセイストなどで活躍されていて、
若い子のご意見番的存在の「はあちゅうさん」の連載エッセイも
読めて、一度はあちゅうさんの本は拝読したことがありますが、
若い子が納得することや「なるほどねぇ、そういう考え方もあるんだ」と
刺激を受けて楽しいものでした。

今は、ペット専門かちょっと特殊なお仕事の記事を執筆していますが、
少しときめき系を勉強して、チャレンジできたらなぁと
お勉強中です。

アラフォーやアラフィフの女性に、結構この手の記事は人気で、
書くのは大変だけれど、面白いという話を聞きましたが、
自分もぜひチャレンジしてみたいですね。