IMG_0131

こんにちは。ペンペンです。

すでに一部報道で取り上げられていますが、メルカリで新たな問題が出ています。
読書感想文の売買なのです。
この話について、「はぁ?」という教育評論家の意見は出ていますが、
いかがなものかと。

メルカリ側は問題なしという見解

出品されている読書感想文は、小学生向けから中高生むけと幅広く、
一つの作品に対して、複数出品されています。

そして、共通しているのが、すべてワードなどのワープロ打ち。
買い取った人の子供が自筆でかけるようにしているのです。
そうでなければ、学校の先生はそれぞれの子供たちの字の癖は
知っていますから、バレないようにする手段です。

出品者はごく普通の主婦。ライターなどの仕事はしていません。

それと、出品の感想文については、小学生の推奨本であったり、
古典文学物であったりとバリエーション豊富なこと。

これについては、メルカリ側は、「読書感想文を含め、出品者が作成
した文書は自由に出品してもかまわない。ただし、読書感想文に
氏名などの個人情報が記載されている場合は、削除対処にしている」

いう見解を発表しています。

そして、出品者も平然と
「この作文は私が飼いたものであり、ネット引用はありません。
コンクールなどで受賞するほどの作品ではありません」
として、
読書感想文という夏休みの宿題クリアを目的としたお子さんの
親御さんへ買わせようという動きも見え隠れします。

売り手も買い手も、売買サイトで購入したというのがバレないような
最新の注意をしているというわけです。


専門家の見解

作文の出品については、価格はそれぞれ異なりますが、500〜1000円という幅で
販売されています。

このことについて、
「買い与える親にも問題がある。子供と向き合っていない」
まずコメントを出した、教育評論家で石川教育研究所代表の石川幸夫氏は、
私から言わせると、「はぁー?」というコメントを出しています。


びっくり仰天コメント!全員そうしてはいない!

石川氏は、「こうした売買の背景に「受験生や学力の低い生徒」の存在がある」と
断言していて、まともに中学受験でも読書感想文を書かせた親としては、
びっくりしています。

読書感想文や自由研究の完成品を購入しているのは、
中学受験生や高校受験生ではないでしょうか。
忙しくて、学校の宿題をする暇がないのでしょう。
一方、やる気や能力がなく、親に購入をせがむ生徒もいると思います。

やる気や能力がないからと、こういう代筆を絶対買ってはいけないと
私は言いたいです。
日頃から、学校で感想文を書かされている子供が、
読書感想文で、普段書かないような文章を書き写して、
提出しても、先生の目はごまかせません。

うちは絶対代行や代筆、完成品の購入なしでした!

高校受験は別として、中学受験ではかなりの長さの長文読解を出してきて、
読解力を求められた上での問題回答をしなければいけません。

この夏は、中学受験を目指す子供さんにとっては、
受験勉強が最優先ではありますが、私は絶対甘やかすことはなしでした。
学校のことができなければ、中学受験自体を乗り越えることは
できないという考えでした。

幸い我が子は速読コースにいれていたので、読書感想文の
課題図書は夏休み前から販売されるので、子供に選ばせて、
受験勉強の合間に読んでもらって、すぐに書かせました。
速読ができたということもあったので、「アニー」を読ませましたが、
2日半で読んでもらって、速攻で書かせました。

そのほか、夏なのに書道の宿題が出て見本がなく困っていたので、
私(硬筆・毛筆五段もち)が見本を書いて、子供にやらせました。

その程度の親のお手伝いはいいかもしれませんが、
学力などは親が引き出してやって、正当な方法を教えてやること。
感想文をお金で買うのは、お子さんへの教育にはよくないのではと
1人の親として見てしまうわけです。


さいごに

普段から、お子さんの勉強をご覧になっているかで、
この読書感想文などの問題は解決されるのではないかと見ています。

さぼっているような様子を見れば、親なら「いい加減に勉強しなさい!」と
怒るはずです。
受験生だから、学力が低いからと面倒な読書感想文の代行のものを
買い取るというのは、私は単なる「言い訳であり、甘えだ」
見ています。

受験の中で、学校の宿題をこなすということは、大変なのは
私たち親子も乗り越えたことなので、気持ちはわかります。
ですが、今後もこういう問題にぶつかることは確かです。

ちょっと購入をする前に、「子供にやらせるべきでは?」と
考えて欲しいです。