e0f6d8f2.jpg


どうも、ペンペンです。
8月もあともう少しで終了。良い子の子供達は宿題で追われていることでしょうなぁ。

夏は、花火大会シーズンで浴衣が大量販売されて、インスタやいろんな人のブログとか
で、「はぁー」という着付けを見つけたり、
春は春で、入学式でもう少しで帯が落ちそうなお母さんを見かけたり。

うーん、着物はいいんだけど、手直しを申し出ると怒られたりするしね、
困ったんです。
普段、リラコですごしているか、浴衣とか木綿で過ごす私としてはねぇと、
考えたわけですわ。

春の入学式でのいつもの光景

小学校の入学式もそうだったけれど、身丈があっていない人が多いのと、上前と下前を間違えている人、
お太鼓がうまくできてなくて、帯締めでとまっていなくて、墜落している人をたくさん見かけました。

あまりにもひどい人は、こっそりとお声かけをするんですけど、結構怒られるんです。

でも、きちんと説明をして差し上げてると、納得してくれるので、学校の方に教室を1部屋お借りして、
着付けのし直しをさせて頂きました。

髪型は自分でも簡単にアレンジできるけど、まずは身なりから大丈夫かを見て欲しいです。


夏は浴衣で悲鳴をあげる!

IMG_0105

これは、私が普段よく着ている浴衣で、他にもあります。

忘れていましたが、「着付け技能士1級(国家資格)」「某着付学院助教授免除」
「某着付学院着付技能検定1級」もちです。
その関係で、こういう着付練習台(スタンといいます。名前をつけてみどりちゃんと
読んでいます)

最近は、インスタ映えさせる為に白色が好まれるようですけど、白はとても透けやすくて、
本当は避けた方がいいかもっていう色目です。
(どうしても欲しい時は、生地の下に手を入れて、透け具合を確認してね)

気になったのは、肌襦袢や和装スリップを購入しているのはOKなのに、和装ブラもしくは
スポーツブラで、胸を抑えて欲しいことでした。
普段つけているブラはボリュームが出てしまって、お胸がはだけて見苦しい状態になります。
行事で着る小紋や訪問着でも、あれば便利というか着せる人が着せやすくなるので、
ひとつ持っておくと便利です。

洋服感覚で色目や帯の合わせ方はしんどいぞ

IMG_0106

この浴衣の場合は、なでしこ柄の浴衣に、博多献上帯を巻いてます。
文庫結びをしたのですが、これポリエステルのおろしたての帯だったので、
ビシッと決められなかったのです。すみません。

白地に朱色(わかりにくくてすみません。)の帯にしたのは、浴衣の中の色目から
一つとっています。(なでしこが白みがかっていたので)

今年というか最近は、洋服感覚で、白地の浴衣に緑の帯とか、お顔が派手なのに、
浴衣自体に派手な柄を持って着て、ごちゃごちゃした雰囲気になって、
せっかくいい浴衣なんだろうけど、痛いなぁと思う着こなしの方を
見かけました。

黄色か朱赤のどちらか1本持っておくと、年代を問わずに巻きやすいし、
いろんな浴衣に合わせやすい色ですね。

もし、決めにくい場合は、着物の柄の中に使われている色から1色選んで、
実際の着物と合わせるのが正解です。

私が先日見かけた方の浴衣で、白地の浴衣の柄に青色のお花が入っていました。
緑の博多帯を巻いていましたが、本当は、浴衣の柄の青色より
深い色目の青色をもってくるか、濃いワイン色を持ってくるのが、
しっくりでよかったのになぁと見ています。

さてさてまとめだー!

私は写真では基本中の文庫結びをさせてもらいましたが、オーガンジーの兵児帯で
ファンシーにするのも好きです。

最近は、帯締めでかっこいいのも出ているのがあって1本だけ購入しました。
帯飾りで、一時期「あんなのやめて欲しい」という意見を聞きましたが、
私は、さりげないお飾りならいいなぁと観察しています。
さりげないおしゃれの方が、日本の着物のイキですから。

ところがね、最近は若い子がファンシー系に走っているので、昔ながらの
着付けや決まりごとが消えつつあるんです。
昔ながらの着付けは、合理性に基づいてのことだし、
決まりごとは、この頃の日本人が忘れそうな「日本の四季」を
思いおこさせてくれるものだから、大切にして欲しいと思います。

余談
こうして、たまに人に着せる練習は暇な時にしてるんですけど、
今回、この写真を撮るにあたって、かなり緊張しました。
反省点といえば、おはしょりの処理ですなぁ。
かなりごまかしていますので、わかる人にはわかるかもね。