51fd7a731d060a0ecccf269e51b8a1b9_s


こんにちは、ペンペンです。

32歳で出産して、母乳を出さなくなってから2年に1度していることがあります。
「乳がん検診」です。
初めて乳がん検診を受けたのが36歳だったかな?
それから2年おきに検診を受けています。
2年前になくなった義姉は人間ドッグで乳がんが見つかって、手術をしたり、
抗がん剤治療を受けていますが、転移のスピードが早くて助かりませんでした。

早期発見・早期治療にいけば、生存率も高くなるので是非受診してください。

うちの市の市民検診は40歳からマンモグラフィー追加

市によっていろいろと市民検診での乳がん検診の内容は異なるようですが、
うちの市は30歳代までは、触診とエコーの2つのみ。
40歳からマンモグラフィーの撮影がプラスされます。

先生にお聞きしたのですが、「エコーの方が発見しやすい」そうです。
ですが、実際マンモグラフィーの画像もあった方が安心ですね。

マンモグラフィーって痛い?

img01

引用元:昭和クリニック

私は今まで受けなかった年もありますが、過去数回の中で、2回だけ痛みがなく、
残りは、板が挟まる瞬間というか撮影中「いたーい!」と叫んでおりました。
撮影技師の方(ほとんどが女性が対応してくれます)にお聞きすると、
「撮影日のホルモンの状態や、生理前と生理後、体調などでお胸の状態は
変わりますね」と話されていました。


本日の私の場合
私は、産後うつ発症と同時にホルモンバランスの異常で長年ホルモン剤の治療を
行なっておりますが、もう出産しないということで、低用量ピルに切り替えて
います。
この1年の間に、右胸の脇が痛むことがあるので、定期的にエコーを取っていて、
乳がんではないのは知っているのですが、マンモグラフィーをかけておいた方が
すっきりするので、今年市民検診の予約をして、今日受けてきました。

マンモグラフィーの撮影は慣れているので、すぐに手早く上半身の服を
脱いで、技師さんが機械にきれいに乳房が入るように処置してくだいます。
「では、機械動かしますね」という合図で板にお乳が挟まれます。
これで「痛い!」と悲鳴をあげる人が多くて、マンモグラフィーを嫌がる人が
多いのですが、今日の私は一切痛くありませんでした。

もう片方についても一切痛みなしでいけました。

マンモグラフィーの画像処理が終われば、原本をいただいて、婦人科受付で
渡せば、先生の触診とエコー検査に行きます。
先生は数年前に撮影した画像と、今回の画像、エコー検査と触診で
検診の結果を教えてくれます。

私の場合

私は40代後半ということで、すでに加齢による乳腺の劣化(消滅ともいう)が始まっていて、
かなり進んでいるということ。
だけれども、いつも痛い痛いと訴える乳腺は、加齢で乳腺が消滅していくはずなのに、
ひとつだけ図太く現役ばりばりでいてるので、ピルに含まれているホルモンと喧嘩して
痛みが出るという結果でした。

よく年寄りのおばあちゃまで、しぼんだおっぱいとか見かけたことがある方も
いらっしゃると思うのですが、昔は乳腺が発達していて大きなお乳だったのが、
加齢で乳腺が消滅した為にしぼんでしまうという話でした。

私のこの痛みは、自然に乳腺が年相応に消滅していくのを待つしかないし、
定期的にエコー検査をしてくれるということでした。

市民検診代は1100円で、今度は2年後になります。
他の市や病院では、年に1回のマンモグラフィーを推奨しているようですが、
義姉が生きていた時にちらっと聞いた話では、マンモグラフィーではわからない場合も
あると聞きました。それが「高密度乳腺」で義姉もしこりを感じるのに、マンモに
映らず人間ドッグでのCTで見つかったと生前聞きました。


受ける機会があれば、絶対検診は受けてください!

私の義姉は、早くにご両親をがんで亡くしているし、薬剤師でしたので、
市民検診での受診より、より細かく調べてもらえる人間ドッグで検診を受けて、
乳がんを見つけています。

その時はステージ2でリンパへの転移はわからず、部分摘出という対応を
しましたが、どんどん定期検診で転移がわかり、抗がん剤やらいろいろ
治療を受けました。
ぎっくり腰で入院した時「痛い、痛い」とうなっていたので、様子がおかしいと
思っていたら、全身転移が進んでいました。

6年間の闘病の末、あっけなく亡くなりました。
あの虚しさは一生忘れません。

私の家系も実はがん家系なので、油断はできないので、定期的に検査は受けます。

20代でも見つかる場合があるので、市民検診でも受診できるのであれば、
是非乳がん検診を受けてくださいね。