110ef667.jpg


こんにちは。ぺんぺんです。

もう7月も終わりになり、8月へ突入になります。
すると、中学受験専門塾では、どんどん夏期講習の内容を濃くしていくか、
特別勉強会をどんどん入れていきます。

そのついでですが、志望校選択を迫られてきます。

先日、「高校から学歴が就職を左右するという」記事を見つけたのですが、
偏差値の提供元が某家庭教師派遣会社のもので、女子校が加味されておらず、
抗議はさせてもらいました。
さらに悲しいつぶやきも見つけました。
名門校に入れば、将来は約束されているとかいうのは、私は違うと考えています。
それは、身近でそういう人間をたくさん見てきたからなのです。
ではでは、題名で出てきた内容についてどんどん進めますね。
悲しいつぶやき


確かに、最近私立中学を医学部・薬学部コースを親切しているコースが多いです。
特にコースがなくても、東大や京大を目指す子で医学部・薬学を目指す子に対しての
特別クラスを編成している学校も存在します。

私立中学側としては、東大理IIIか、防衛医科大などのハイパワーなところへの
合格者を大量排出したいので、特別編成授業をしています。

娘の学校も、医学コースではなく、その下の特進コースで成績優秀な子に対して、
数人体制で授業を行うクラスが存在します。

このつぶやきの通り、ずっと勉強を強いられることになるので、
私の主人の同級生で女子校出身で成績優秀な子が同じ講座にいたけれども、
人付き合いが全くだめで、ストーカー行為をした子もいると聞いています。

名門校を出ていても、出身校の指導が勉強一直線ではどうなるのでしょうか?
それと、勝ち組・負け組って誰が決めるのでしょう?



雑誌や塾の結果に出てこないけれど、著名人を排出している学校はあります
関西圏でいえば、「神戸女学院」が代表格に出てきます。
この学校は中高一貫校で、進学実績は非公開ですが、隠れた名門校として
密やかに名前が上がっています。

女子校ですが、著名人を多々排出していて、海外で活躍している人物も
多いとして私も聞き、学校を訪れたことはあります。

ミッション系の学校で本当の女子校ですが、教育の仕方が
強制的てはないということです。
オールイングリッシュの授業を実施していますが、日本人の英語教育に沿った
独自メソッドで、TOEFLのスコアも平均480点取っていると言われています。
単なる受験英語ではなく、またイギリス方式の英語教育でもない、
「神戸女学院」方式での英語指導があるから、できることです。

我が子の学校は「塾には通わせないでください」という話を保護者に話していますが、
神戸女学院の考え方は、「行ってもいいし、行かなくてもいい。ただし地道に勉強
することで成果を出してね」という方針なので、その方針が保護者の
精神的負担を和らげていると思われます。

そして、神戸女学院は、国内の大学へ行かずに、海外の大学へ進学して、
海外で就職するか、国内でも外資系で働くかの子が多いのも特徴的です。

神戸女学院以外にも、秋田にも有名校はありますし、無名でありながらも
優秀な人物を排出している学校はあります。

これ、私の兄の友人達、私の場合のお話

兄も私も高校から私学に通っています。

兄の学校も私の学校も、中学から高校へ上がってきている子とクラスは別れませんでした。
最近は中3で先取り授業をするために、高校からの進学者とクラスを分ける
学校も多いですね。
(ちなみに、うちの子の学校は高校からの入学者はとりません)

兄の友人達は、高校時代はトップクラスでしたが、ガリ勉ではありませんでした。
特にユニークなご友人がいて、いつも通学は電車で駅に降りると、
ゴミ箱を明後日、読み捨てられた少年ジャンプなどで綺麗なものを
クラスの子と読んで売っていたことで、むちゃくちゃ先生に怒られていたと聞きます。
その後、某大学の医学部に進学して、現在は大学付属病院の脳外科医として
活躍しています。
他のご友人もゲームマニアなのに、常にトップを取っていました。

私の場合だと、従姉妹(以前結婚できない40代で登場)の1人がそうです。
1年間文科省の交換留学でアメリカに留学して、その後外国語大学に進学しています。
卒業後、大手商事に就職はしていますが、ヘッドハンティングを受けて、
2社外資系会社の外国人秘書を勤めています。
フランス語もできるので、従姉妹の中では最強です。

私も中学受験はせずにちゃらんぽらんに学校生活を楽しんできましたが、
勉強の要領がよかったせいか、常にトップクラスでいました。
コースは違うけれど、東大・京大専門クラスに移籍した子で、
一発合格をしている子はほんのわずかで、ほとんどが留年しています。


勉強の要領の良さがないと、名門校でも成績は伸びない

いろいろと例をあげさせてもらいましたが、
「勉強の要領の良さ」がないと、名門校や進学校に入学しても、
勉強についていくのは、本当にしんどいし、特に中学から入学した子にとって、
6年間の拷問の日々に変換されます。

だから、「こんなはずじゃなかった」と希望の大学に入れたとしても、
要領よく勉強していなくて、気がつけばひとりぼっちだったということにも
なります。

兄も名門校に高校から入学はしたものの、トップで入学したのに、
卒業時は「浪人するかも」というぐらいまで成績が落ちています。
大学院にも進学できずに慌てて就職しましたが、
趣味がバイクだったので、その分野になんとか就職はできました。

さいごに

「どうすれば要領よく勉強できるか?」というのは、個人差があるので、
「こうすれば簡単にできるよ」と説明するのは非常に難しいです。

あえて私から言えるのは、「だらだら勉強しないこと」「予習と復習の時間は
確保して、普段から勉強したところの内容を叩き込む」「適度に遊ぶ」と
いうことでしょうか?

勉強一直線の子を何人か見てきましたが、どこか狂っていて、
常識が通用しないというところは見受けられます。
社会に1人飛び出した時のことを考えると、
適度な「ばか騒ぎ」は必要かもしれまよ。

さいごに、「決して勝ち組と負け組はないです!」と言いたいです。