a0002_005707

どうも、ぺんぺんです。
そろそろ、花火大会やら夏祭りで、呉服屋さんやスーパーの特設会場で浴衣や一式セットなどが
売られていますよね?

私は、着付け講師資格はあるし、和裁もお勉強したので、たまにこの夏のシーズンあたりから、
浴衣の着付け講習の先生のバイトがくる時もあります。
今年はお断りをしたんですけれど、昨晩、とある番組で浴衣に関することで、
きつい一言をいっぱつかました先生がいるらしく、ちょっと炎上しかけていました。


この書き込みを見てちょっと考えて欲しい


このテレビはたまたま用事で見れなかったのですが、
一文だけなかったら完全擁護できるのになぁ。
「浴衣着るだけありがたいと思わないのかな」というこの一文。
すみません。着物好きの方とお見受けしましたが、
個人的にはこう言われると、辛いわけです。
まぁ、その着付けの先生の言い分もわかりますけどね。


時代とともにどんどん変わる着物文化

私自身、今年は浴衣を着たいなぁとは思って、スーパーといつもお世話になっている呉服屋さんに
見にいきましたが、えらく高いですねぇ。
呉服屋さんは早めに秋物とチェンジしないといけないので、半額セールは始まっていました。

お店の方にいろいろと話が聞けたのですが、最近は普通の着物が「お洒落着」なら
浴衣は「Tシャツ」の格のはずなのに、不思議な現象で、浴衣に帯締めや帯揚げをつけると
いうのが流行りだそうです。
帯留めや帯に差し込む飾りも人気だとか。

トルーソーに飾っている見本を見せていただいたのですが、今時の人なら
こういうのを好むかなと感じましたし、実際着付けを頼まれた時に、おつけしたことは
あります。(そのぶん帯結びで悩みましたが)

時代とともにどんどん変わる着物へのこだわりは、着物通の人間でも
止めるのは難しい世の中ですが、新しい発見もあるので、ありじゃないかなぁと
いうのが、私の考え方です。



きつく指摘した先生の気持ちもわかるよ

着付けに厳しい先生は、番組の手前上アクセサリーをつけることに
ダメ出しをしたのではないかと思います。

本来なら「いいんじゃない」と言いたかったけれど、いいか悪いかの
選択を求められる番組だったので、認めてあげたいけれど、
「ダメ!」と言わざるを得なかったんじゃないんでしょうか?

実は着付け講師の先生でも、立派なお着物を着ていても、夏は暑いので、
半襦袢というのを使用していたりするし、帯留めや寝付けで
さりげなくお洒落はしているんだし。

どちらかというと、着物大好きの人はこっそりとしたお洒落を
楽しんでいるんじゃないのかなぁって


まとめ

着る機会や浴衣があるっていいんじゃないですかぁ〜。
私なんて、講師資格を持っていても、体調不良で外出もできないし、教えに行くのも
今はお休み中。

着物大好きなのに、着れないのはとて寂しいことなんです。
その先生も、あとでうまーくフォローを入れとけば、このような着物を愛してくれている
女性がきつい言葉でつぶやくことはなかったはずなのだしね。

浴衣の帯にアクセサリーをさしたり、帯留めをつけたりするのって、素敵だと
思いますよ。
ただ、上前を逆にしないことだけをしなければ、いいことだけだし。
(これはさすがに注意して着付けのし直しをしています)

まぁまぁ、1人の講師に対して目くじらを立てずに、浴衣から着物文化を楽しんでください。