f16bb554.jpg


更新日:2017年7月19日
加筆・修正日:2018年7月25日


どうも、「ペンペンのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

今日はクライアントさんの都合上、お仕事はおやすみをしています。
ところが、メール連絡が入って、クラウドワークスでかなり前にやってみたタスク形式の仕事について「非承認」を受けました。

「タスク?」「非承認?」ってわからないですよね。

クラウドソーシングでやっている人間には、屈辱でもあり理不尽なことが多々あります。

これからクラウドソーシングの仕事をしようと考えている方、非承認に悩む人への
ヒントにしてください。


タスク形式ってなに?

クラウドソーシング社の仕事では、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」に
分かれます。

「プロジェクト形式」はあらゆる分野を扱いますが、クライアント(依頼主)が提示する金額と
やって欲しい仕事の内容などで自分でできることなら応募(もしくは提案)をして、
選ばれた方ができる仕事で、ライティングや事務サポートでは継続契約もあります。

「タスク形式」は簡単なライティングやアンケート類の仕事がメインで、記事単価と仕事量が決まっていて、早い者勝ちです。

「タスク形式」からスカウトをされて、継続でお仕事をさせてもらえるケースがあります。

「コンペ形式」はネーミングやイラストロゴでの仕事で、1人が採用されれば、そのままお金は
入って来ますけど、採用者なしだと参加者全員で報奨金が分配されます。

私もよくネーミングで参加しますが、キャンセルや該当者なしで分配金をもらいますが、0.1円と
いう分配金の時もありました。

これらの違いを覚えててくださいね。

タスク形式でやられがちな「意味不明な非承認」

タスクのみで20万円稼いでいる人もいますが、私は昔はタスクばかりしていて、プロジェクト形式の案件に手を出さないという傾向が、一時ありました。

ところが、知り合いで「最近非承認が多くて困っている。」と聞きました。

私もたまにするタスク形式で「承認」を確実に取れているものもあったのですが、
最近した「卒業式の袴」で2件書いたのですが、2件とも非承認になりました。
レギュレーションを確認しましたが、問題はありませんでした。

過去にも専門性の高いタスク形式6件を全て非承認にされて、問い合わせをしようとすると
ブロックされてしまいました。
一件も通っていないタスク形式の案件もあります。

初心者だった時の私は、「なぜ非承認にされたか理由を開示して欲しい」とクライアントさんに
問い合わせると、暴言が返ってくるという虚しい結果だけでした。

非承認の数が増えてしまうと、プロジェクトの案件の応募や、タスク形式で高単価の仕事に影響が出てしまいます。

特に、承認率はクラウドソーシングを通じて仕事を受ける場合、重要な面でもあるので、非承認率が下がるのは、困るわけです。

あるクライアントのブログを見て気づいたこと

ライター歴の長い友人に話を聞いてみると、「プロジェクトで稼げているんならタスク案件よりもプロジェクトの案件を大切にした方がいいよ」とアドバイスをもらいました。

確かに思い起こすと、タスク案件は一発勝負という面があるので、文章力が高くなければ、落とされやすいというリスクは高いし、やり直しが効きません。

たまたま調べ物をしていた時に、とんでもないブログを見つけました。
あえて、そのブログは公表しませんけれど、その方はクライアントとして仕事を依頼しているようですが、「なめくさった記事を書いたからだ!」と暴言を書いていました。

初心者なら、レギュレーション無視の記事を書くかもしれませんが、年数の長いライターなら、たくさんプロジェクトで仕事を持っているか、外部からの依頼を多く受けています。

「なめくさった記事を書いた」というのは言い訳で、実際のところは、「自分の意に合わない記事」「自分より知識のある人間が書いていてムカつく」「記事の持ち逃げ」などなど隠れたクライアント側の思惑で非承認になると考えられます。

スポンサードリンク


非承認を避けるにはプロジェクトやコンペが一番!

タスクで非承認にされてしまっては、タダ働きになってしまいます。
まさかとは思いますが、実はタスクで非承認にされた記事があるサイトで再利用されて
いたことがあります。

内容証明を送ってやろうかとも思いましたが、私の手元に記事が残っていないというより、タスクは自分のやった記事が手元に残らないというシステムでもあるので、証明が難しいので、あきらめました。

今回の非承認記事については、今後も記事の持ち逃げはないだろうなぁということでたまにチェックは入れますが、今後はプロジェクトかコンペのみしかしないということにしました。

そうすることで、タスクの非承認を避けることができますし、理由を聞くよりも前へ進むことの方が大切ですからね。

<現在の仕事の状況 2018年7月現在>
今は、外部からのお話をお受けする機会も増えたことや、いろいろと勉強しなければいけないということが増えたので、タスク案件は本当に手が空いたときしかしていません。
手が空いた時にしかしないという程度で十分です。


まとめ

他の方にもいろいろとお話を聞きましたが、「タスクは本当に暇なときぐらい。あまり手を出さない。
理由を聞いても多分暴言がくるだけ」という共通した意見でした。

この件について、クラウドワークスにも聞いてみたのですが、「直接クライアント様にメッセージでお聞きください」でした。
まぁ、予想していた返事でしたので、落ち込むこともありませんが、悪質なクライアントが潜みやすいのは、タスク案件なんです。

プロジェクト形式やコンペだと、「つきあいきれない」と判断できれば契約解除もできるし、ひどいことを言われれば、通報もできるんで、もしクラウドワークスに限らず、他のクラウドソーシング社でも同じことはあるので、お気をつけくださいませ。

スポンサードリンク