PP_gekoucyuunojc_TP_V

どうも、ペンペンです。

私立中学校に入った娘も、今は期末テストが始まっていて、今日は明日に予定されている
苦手科目について勉強しています。

子供が通う中学校は、3つコースがあって、「医学コース」「特進コース」「英語コース」の
3つがあります。コース別に定員は違って、教える内容は変わってきます。
カリキュラムも変わってくるのですが、コース内で落ちこぼれてしまって、再テストなどを
しても上がる見込みがない子を、下のレベルのコースに落としたり、
成績が上昇して「医学コース」「特進コース」内に密かにある「ハイレベルコース」に編入
させるケースがあります。

もしくは、コースがなくて成績不振な子については、
学校側から「塾に行ってください」「学校での補講にきてください」と親が懇談会のときに言われます。

その前に、上のコースへの編入をさせたいという親御さんは、学校側からの注意を聞かずに
塾に通わせたりしているケースもあります。
それは私立中学ではOKなのかを紹介します。

1.まず学校が入学時に注意されたことは守りましょう
娘の中学は、入学式後に親だけ講堂に残されました。
今後の学校生活についての諸注意で、携帯電話の扱いや学年変更時のコース変更についての
説明でした。

コース変更のことは、入試説明会のときに、個人的に入試担当の先生にお聞きしていました。
回答としては、「コース変更は若干名で毎年各コースでありますが、コースによって回数が
違うことや、入れ替えをする人数があるので、絶対下克上ができるとは思わないでくださいね
」と
いわれました。

学校はほとんど7時間授業で、土曜日も第2土曜日以外は授業があります。
どのコースに対してもこの授業数ですから、塾にいく暇なんて本来はないし、
公立中学より内容の濃い授業をしているので、本来は塾なんていく必要はないんですよね。

私学の子が塾に通うのは、よっぽど成績が悪いというステータスがつくのと、
公立中学レベルの授業内容なので、差が出てしまって、頭の中で整理のつくお子さんなら
いいのでしょうが、学校の授業に支障が出る可能性があります。

入れ替え人数のことなどを考慮すると、今の学校の授業内容をしっかりやっていて上位に
食い込んでいれば、塾にいく必要もないのです。
塾で学んだことは、子供は素直に出してしまいますので、学校から注意を受けることがあるので、
特に「塾に行きなさい」と言われていなければ通う必要もありません。

2.下克上成功してコースの授業についていくことができるかを考える
自分が最初に入学したコースより上のクラスに上がれたとしましょう。
1年間のカリキュラムで、各コース内容が異なります。
中学校は、「義務教育」なので、その学校がある市町村が選定した教科書を使うのが
原則ですが、私立中学校の場合は、義務教育での教科書を使わずに、準教科書との併用や
学校独自の教科書を使うケースがあります。

子供は「英語コース」で英語教育と国語教育に特化させたコースなので、
英語と国語に対しての教科書と準教科書やワークブックの量は、他のコースより
激しく多く、授業数が違います。
他の科目については、公立中学よりは内容が濃い内容のものになっています。

子供の在籍しているコースは、英語教育に力をいれているので、大学は英語教育の熱心なところか、
英語以外の第2言語を勉強するところとなります。
留学にも力をいれているので、「医学コース」への下克上はできないというわけになります。

特進コースへの下克上はできますが、チャンスが2回程度しかありません。

その間に、どんどんカリキュラム内容で学力や得意な面が変わってくるので、
よっぽど自学するしか下克上はできないということになります
PAK93_atamakaraikudon20140322_TP_V


3.下克上じゃなくて落ちてしまったときの辛さを考えてあげましょう
私は高校から私学で2コースある学校の出身者です。私は標準コースという
特に熱心に「東大にいくぞ!」というコースではなかったので、のんびり
と楽しくしているけれど、上位に食い込んでいる子は、「東大にいくぞ!」という英数コースを
目指している子もいれば、高3になれば、推薦入試を狙う子もいました。
(高3でいきなり上位に食い込んだ私です。)

高2・高3と下克上はありました。
私がいたクラスにも英数コースから標準コースにきた子がいましたが、打ち解けるまでは、
かなり落ち込んでいて、誰とも話したくないという雰囲気でした。
そのかわりに、英数コースにあがった標準コースの子がいるのですから、
その子の落ち込みは半端なかったです。

親御さんが下克上を勧めるのはいいのかもしれませんが、失敗してしまったときを考えて
下克上をさせるかどうかをお子さんと話しながら考えるといいですね。

4.まとめついでに我が家の方針
下克上を狙って塾に行っている友達がいると聞いたとき、「学校からのお願いを守っていない」と
腹は立ちました。
話を詳しく聞くと、第一志望が、特進コースだったのが回し合格で英語コースになったのが
ショックで親御さんが塾に行かせているということでした。

うちはいじめが原因で、英語コースには特別優先枠があったので、英語コースを選んだことや
子供の英語に対する興味を大切にしたかったので、英語コースにしました。

確かに特進に行けば、授業内容が異なるので、競争は激しくなります。
今ようやく小学校時代のいじめから解放されて、楽しく授業を受けて、ネイティブスピーカーの先生を
おちょくって楽しんでいるのすから、彼女の成績次第にしようと考えています。

英語以外の強化で社会が苦手なので、それを教えてくれる何かが欲しいということで、
通信教育をと考えていて、お試しセットを送ってもらって様子を見る予定です。

下克上をして、その子にとって幸せかどうかは卒業して就職するまで、
本当にわからない世界です。
長〜い目で見てあげるのが、一番ではないでしょうか?