3ff295ce.jpg

どうも、ぺんぺんです。

まだまだこちらでの使い方に慣れず、申し訳ないです。

さてさて、私がこちらに移ってきたことでもあるのですが、最近ブログ運営で困ったことが
多発しています。

それは、こちらに非がないのに因縁をつけられて付きまとわれたうえに、閉鎖に追い込まれる
という「当たり屋」的なユーザーや、Googleアドセンスを付けているユーザへのいやがらせなど
特殊な嫌がらせが増えてきています。

私の例でいえば、私の家庭事情のことをさらっと書いたことについてでした。
突然「詳細を教えて欲しい」とやってきて、見ず知らずの人に教える内容では
なかったので、断るとどんどん状況が悪化して、最終的に私が謝罪文を書かなければ
ならないことになりました。

納得のいかないままに謝罪文を書いてブログは反応があるまで
放置しましたが、相手からの反応もなく、自分自身も気分的につらくなったので、
こちらへ移動する羽目になりました。

スルーするか場所替えをするのみ
よっぽどのこと、例えば自分の名前をニックネームではなく本名を含む個人情報を
さらされたは即運営に申し出れば本人確認は必要になりますが、削除対象にはなります。

当たり屋の場合は、それを熟知していて、わざと削除すれすれで相手の心を
傷つけていきます。

メールフォームからの嫌がらせであれば、IPアドレスから相手の位置情報や利用者の
追跡は可能ですが、情報開示請求が必要です。
運営にも申し立てをすることはできますが、状況次第で長期化して
精神的にも疲れてしまうというウィークポイントはあります。

これらのことを考えると、スルーするしかないのですが、ほとんどの方が
耐え切れず閉鎖しているのが現状です。
もしくは場所替えという方法ですが、もしTwitterと今運営しているブログが
連動しているのであれば、連動を止めて、場所替えをしても連動をさせないと
いうのが賢い方法です。

Googleアドセンスに関する問題
これも最近知ったことで、Googleアドセンスは、コード取得までにかなりの努力が
必要で、しかも広告収入としては高額なものです。

私は今のところ大丈夫ですが、ある日収入確認の為に、専用ページを開いた瞬間に、
異常な数値を示していて、おかしいと思っていたら、Google側から問い合わせが
入ったというものです。

これは、Googleアドセンスつぶしというもので、いたずらでもありますが、
設置している管理者にとっては、致命的なものなのです。

1クリック1円の世界ですが、故意に管理者が何度もクリックしているとみなされてしまうと、
権利を取り上げられて、二度と申請できなくなってしまいます。

最近、アドセンスを利用している人の間でこの話が出ているので毎日チェックを
入れる癖を入れるようになりました。

もし、アクセス数とアドセンスのカウントに差があれば、それはつぶしに入られている
ともいえるので、気づき次第Googleに申し立てをすれば、
コードの取り上げはありません。

まとめ
最近は、本当にどこからどう攻撃されて、自分が悲しい目を見なければいけないか
さっぱりわかりません。

今までこのようなことに遭遇したことがなかったので、びっくりしました。
まともなジャッジをして欲しいのにしてもらえないケースもあり、運営にいう前に
やめてしまうということも少なくありません。

「法的手段を取ります」とブログで宣言されると、そりゃ怖いしね。
私は元のブログは放置して、こちらに移ってきましたし、Twitterとの連動も
やめています。謝罪文を残してきているので、相手にはもう文句をいう権利は
ありません。

とかく、ネットの問題は今の法律では追いついていない状態でもあり、
新手の手段もどんどん出てきているようなので、「自分は大丈夫。」と
いうのは思わないでくださいね。